皆さん、スーパーのレジでの仕事経験はありますか?

また、スーパーのレジの仕事について興味を持っていたり、これからスーパーのレジで働いてみたいと考えている方はいますでしょうか?

スーパーのレジの仕事はとても簡単で仕事内容もとても覚えやすく、主婦や学生などの幅広い年齢の方が働きやすい仕事となっています。

そして、スーパーはどの家の近所にも1つや2つあったりしますよね。

行きつけのスーパーなどあったりしますよね。

家から近いところに職場があると出勤するのも便利なものですよね。

そのため、アルバイトやパート未経験の方には特に、私はスーパーのレジの仕事をとてもおすすめします!

今回はそんなスーパーのレジの仕事について、スーパーのレジの仕事が向いている人の特徴や必要なスキル、適正などについて詳しくお話ししていきたいと思います。

スーパーのレジの仕事が気になる方やこれからアルバイトやパートを始めようと考えているアルバイト、パート未経験者の方はここから要チェックです!

スーパーのレジの仕事に向いているのか確認してみてください。

「スーパーレジの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

スーパーのレジとはどんな仕事?

まず初めに、スーパーのレジの仕事について簡単に説明していきたいと思います。

スーパーのレジの仕事はスーパーのレジに立ち、お買い物を終えたお客さんの荷物を預かりレジで会計をするという仕事内容です。

スーパーやレジによっては、セルフパックレジと袋詰めレジに分かれているところがあり、お客さんの購入する商品をレジでお会計をしながら袋詰めするところもあります。

スーパーのレジの仕事はたったのこれだけです!

とても簡単な仕事だと思いませんか?

スーパーのレジの大まかな仕事内容

次に、スーパーのレジの大まかな仕事内容を説明したいと思います。

スーパーのレジの仕事はとても簡単で覚えやすい仕事内容となっています。

お買い物を終えたお客さんがレジまでやってきます。

そのお客さんの商品をレジでお預かりしたところからレジの仕事は始まります。

お客さんから商品を預かり、かごに入っている商品を1つ1つ手に取り、商品のバーコードを機械でスキャンしていきます。

機械はバーコードを読み込むとレジで商品の合計金額を自動的に計算していきます。

商品のバーコードを全てスキャンし終わると、レジの画面にはお買い物の合計金額とお客さんが支払う合計金額が表示されます。

お客さんにお会計の合計金額を伝え、お金を預かります。

預かったお金をレジに入れるとレジが自動的にお釣りを計算します。

お釣りの計算が終わるとレジにはお釣りの合計金額が表示され、お釣りが出てきます。

そのお釣りとレシートとお会計を終えた商品をお客さんに渡すところまでがレジの一通りの仕事内容となります。

「スーパーレジの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

スーパーのレジが向いている人の4個の特徴とは?

スーパーのレジの仕事が向いている人の特徴についてまとめてみました。

以前にレジの経験がある方

以前にスーパーやコンビニなどでレジの経験がある方はスーパーのレジの仕事に向いていると思います。

やはり、レジの仕事を一度すべて理解していると、レジの仕事は楽だし、経験があると他のスーパーでレジを触ってもすぐにレジを使いこなせるようになります。

レジはスーパーにより違うものを使っているところがありますが、一度レジの仕事を経験しているとだいたいのレジは使いこなせるようになります。

また、以前にスーパーやコンビニで働いていなくても、以前にレジを触ったことのある方やレジを触るような仕事をしていた方だとやはりスーパーでのレジの経験がなくても、レジすら触ったことのない未経験者の方よりはすぐにレジを使いこなせるようになると思います。

仕事にまじめに取り組む方

どの仕事でも、仕事にまじめに取り組む方は何をするのにも向いている性格だと思います。

スーパーのレジの仕事でもレジの仕事をまじめに取り組んでいると、レジの仕事の楽しさややりがいを見つけ出すことができてついついレジ打ちに夢中になってしまうこともあります。

仕事をまじめに取り組む方はその仕事の面白さなどを見つけ出すことができ、それがまた仕事でいい成績を残すという結果にもつながったりします。

そのため、スーパーのレジの仕事もそうですが、どんな仕事もまじめに取り組む方は働くということに対し強みを握っている人だと思います。

仕事覚えが早い方

仕事覚えが早い方もまた、スーパーのレジの仕事に向いていると思います。

仕事覚えが早いと仕事にもすぐに慣れてきます。

仕事に慣れると自分にも余裕が出てきます。

余裕が出てくるとお客さんに対しても自分の仕事に対してもプラスで何かをする時間が生まれます。

そういった余裕の時間が持てるのなら少し角の曲がった商品や、汚れのついている商品に気づくことができ、お客さんが購入する前に商品を交換してあげることもできます。

仕事覚えが早いだけでお客さんや自分の仕事に余裕をもって目を向けることができます。

スーパーのレジ打ちはただレジを打つだけでなくお客さんをよく見てお年寄りや妊婦さんだとかごを袋詰めの台に運んであげたりという気配りも必要になってきます。

仕事覚えが早いとこういった余裕も持てるようになってきます。

仕事に対し正確性のある方

仕事に対し正確性のある人もスーパーのレジの仕事に向いていると思います。

スーパーではお客さんがかごに入れて持ってきた商品のバーコードを機械にスキャンした後、新しいかごに商品を詰めなおしたり、その場で袋詰めをしたりします。

その時に正確性がある人とない人では少し変わってきます。

正確性のある人だと綺麗に商品をかごや袋に詰めることができますが、正確性のない人だとかごが1つに収まらなかったり、袋詰めの際に何枚も袋を使ってお客さんの荷物を増やしてしまうことだってあります。

そのため、スーパーのレジの仕事では正確性があると仕事もスムーズに進みます。

スーパーのレジが向いていない人の3個の特徴とは?

スーパーのレジの仕事が向いていない人の特徴についてまとめてみました。

1つのことに集中できない方

スーパーのレジの仕事では、レジ打ちをしている際には仕事に集中しなければなりません。

レジ打ちの際に他のことを考えたり気がそれていると1つの商品を2度スキャンしてしまって誤ったお会計をしてしまうことがあります。

これは2度打ちというのですが、たまに1つの商品を2度スキャンしてしまうことがあるのです。

しかし、レジ打ちに集中しているとそのミスに気づくことができます。

ですが、もしその際にレジ打ちに集中できてないとそのミスを見逃してしまうこともあります。

そのため1つのことに集中できない方はミスが多くなったりして、レジの仕事に向いていないかもしれません。

接客が苦手な方

接客が苦手が苦手な方もスーパーのレジの仕事にはあまり向いていないかもしれません。

レジでの仕事はただひたすらレジを打つだけでなく、時にはお客さんとコミュニケーションを取らないといけないこともあります。

むしろ、レジの仕事にだけ集中するのではなく、お客さんのことをしっかりとよく見てコミュニケーションを取れている人の方が仕事がうまくいっていたりします。

そのため、レジの仕事はただレジさえできていればいいのだと思わないでください。

接客も必要となってきます。

接客が上手な人ほどレジの仕事もうまくいきます。

立ち仕事が苦手な方

立ち仕事が苦手な人や、足腰が弱い方はレジの仕事にはあまり向いていないかもしれません。

レジの仕事は休憩が入るまで同じ場所で何時間も立ちっぱなしで仕事をすることになります。

仕事を始めてすぐのころはもちろん足が痛くなってきます。

また、レジ打ちをするときは下を向いた状態になるので首や肩などが凝ったりもします。

仕事を始めてすぐのころは体が全身痛くなったり、凝ったりすることもよくあります。

長時間立ちっぱなしで仕事をしていると少し気分が悪いだけでも結構なダメージを受けたりします。

そのため立ち仕事が苦手な方にはレジの仕事はあまりおすすめしません。

スーパーのレジの仕事経験は、その後どんな職種・仕事に活かせる?

スーパーのレジの仕事経験は、その後どんな職種や仕事に活かせるかまとめてみました。

コンビニ店員

スーパーのレジの仕事経験を一番に活かせるのはコンビニ店員ではないでしょうか?

コンビニはスーパーが小さくなったようなものですよね。

スーパーではレジの仕事はレジしか担当しませんがコンビニではコンビニの仕事全般を担当します。

レジをしたり商品を並べたり。

それでもコンビニでもやはりレジを触る時間が長いです。

そのため、スーパーのレジの仕事を経験しているとコンビニのレジも簡単にこなすことができます。

先ほどもお話ししましたが、レジを触ったことのある人はたとえお店やレジが変わったとしてもだいたいの使い方などを理解しているためすぐに使いこなすことができるのです。

そのためスーパーのレジの経験を生かした仕事をしたいのならコンビニ店員が一番スーパーのレジに近く、経験を活かせると思います。

レジを取り扱う仕事

スーパーのレジの仕事経験を活かした仕事といえば、やはりレジを使う仕事なのではないでしょうか?

スーパーのレジの仕事は主にレジの仕事しかしません。

簡単に言うとレジ以外の仕事はしません。

そのためスーパーのレジの経験を活かしたいならレジを使う仕事が一番だと思います。

レジは飲食店や販売店員として働くとレジを使う機会はよくあります。

その他にもレジを使う仕事はたくさんあるためスーパーのレジの経験があるとレジを使うような仕事ができるようになると思います

これからスーパーのレジの仕事をはじめるには、どうしたらいい?

これからスーパーのレジの仕事(アルバイトやパート)をはじめるには、どうしたらいいのかまとめてみました。

スーパーのレジの仕事を探すためには?

スーパーのレジの仕事を探すには求人誌やインターネットの求人サイトなどで探すか、スーパーにアルバイトやパートの募集のポスターや張り紙をしているところがあるのでそこから応募するのが一番だと思います。

スーパーの張り紙には時給なども詳しく書いてあるので、応募する前によく確認することをおすすめします。

また、スーパーの入り口などによく求人誌を置いてあるところがあるので、スーパーの張り紙をチェックしに行った際には求人誌も一緒にもらって帰るのもいいかもしれませんね。

インターネットの求人サイトは最近だとindeedが有名ですよね。

インターネットの求人サイトもチェックしてみるのもいいかもしれません。

必要なスキルや経験は?

スーパーのレジの仕事は未経験者大歓迎のところも多くあり、特にこれといって必要なスキルや経験はありません。

しかし、スーパーではレジで働くので以前にレジを使ったことのある経験があるといいと思います。

スーパーのレジはバーコードをスキャンする機械とメインのレジと2つありますが、バーコードをスキャンする機械はスキャンする以外はあまり使わないので、メインのレジさえ使わない使えればいいのではないかと思います。

「スーパーレジの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はスーパーのレジの仕事について、スーパーのレジの仕事が向いている人の特徴や必要なスキル、適正などについて詳しくお話ししてきました。

スーパーのレジの仕事について少しでも知っていただけたでしょうか?

また、スーパーのレジの仕事はいったいどういった人に向いていて、どういった人に向いていないのかなどもわかってもらえたかと思います。

皆さんはどうでしたでしょうか?

今回は一番初めにもお話ししましたが、スーパーのレジの仕事はとても簡単で仕事内容もとても覚えやすく、主婦や学生などの幅広い年齢の方が働きやすい仕事となっています。

その理由も今回こちらの記事を読んでいただいてよくわかってもらえたのではないかなと思います。

経験者でも、未経験者でも、また主婦でも、学生でも、スーパーのレジの仕事は簡単で仕事内容もとても覚えやすく、働きやすい仕事になっていると思うので、特に未経験者やこれから初めてアルバイトやパートを始める方にはおすすめの仕事です。

今回こちらの記事を読んでスーパーのレジの仕事に挑戦していただけたらなと思います。

スーパーのレジバイトを探すときは、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

スーパー求人