皆さん、スーパーのレジでの仕事経験はありますか?

また、スーパーのレジの仕事について興味を持っていたり、これからスーパーのレジで働いてみたいと考えている方はいますでしょうか?

スーパーのレジの仕事はとても簡単で仕事内容もとても覚えやすく、主婦や学生などの幅広い年齢の方が働きやすい仕事となっています。

そして、スーパーはどの家の近所にも1つや2つあったりしますよね。

行きつけのスーパーなどあったりしますよね。

家から近いところに職場があると出勤するのも便利なものですよね。

そのため、アルバイトやパート未経験の方には特に、私はスーパーのレジの仕事をとてもおすすめします!

今回はそんなスーパーのレジの仕事について、スーパーのレジの仕事が向いている人の特徴や必要なスキル、適正などについて詳しくお話ししていきたいと思います。

スーパーのレジの仕事が気になる方やこれからアルバイトやパートを始めようと考えているアルバイト、パート未経験者の方はここから要チェックです!

スーパーのレジの仕事に向いているのか確認してみてください。

「スーパーレジの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

スーパーのレジとはどんな仕事?

まず初めに、スーパーのレジの仕事について簡単に説明していきたいと思います。

スーパーのレジの仕事はスーパーのレジに立ち、お買い物を終えたお客さんの荷物を預かりレジで会計をするという仕事内容です。

スーパーやレジによっては、セルフパックレジと袋詰めレジに分かれているところがあり、お客さんの購入する商品をレジでお会計をしながら袋詰めするところもあります。

スーパーのレジの仕事はたったのこれだけです!

とても簡単な仕事だと思いませんか?

スーパーのレジの大まかな仕事内容

次に、スーパーのレジの大まかな仕事内容を説明したいと思います。

スーパーのレジの仕事はとても簡単で覚えやすい仕事内容となっています。

お買い物を終えたお客さんがレジまでやってきます。

そのお客さんの商品をレジでお預かりしたところからレジの仕事は始まります。

お客さんから商品を預かり、かごに入っている商品を1つ1つ手に取り、商品のバーコードを機械でスキャンしていきます。

機械はバーコードを読み込むとレジで商品の合計金額を自動的に計算していきます。

商品のバーコードを全てスキャンし終わると、レジの画面にはお買い物の合計金額とお客さんが支払う合計金額が表示されます。

お客さんにお会計の合計金額を伝え、お金を預かります。

預かったお金をレジに入れるとレジが自動的にお釣りを計算します。

お釣りの計算が終わるとレジにはお釣りの合計金額が表示され、お釣りが出てきます。

そのお釣りとレシートとお会計を終えた商品をお客さんに渡すところまでがレジの一通りの仕事内容となります。

「スーパーレジの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

スーパーのレジが向いている人の4個の特徴とは?

スーパーのレジの仕事が向いている人の特徴についてまとめてみました。

以前にレジの経験がある方

以前にスーパーやコンビニなどでレジの経験がある方はスーパーのレジの仕事に向いていると思います。

やはり、レジの仕事を一度すべて理解していると、レジの仕事は楽だし、経験があると他のスーパーでレジを触ってもすぐにレジを使いこなせるようになります。

レジはスーパーにより違うものを使っているところがありますが、一度レジの仕事を経験しているとだいたいのレジは使いこなせるようになります。

また、以前にスーパーやコンビニで働いていなくても、以前にレジを触ったことのある方やレジを触るような仕事をしていた方だとやはりスーパーでのレジの経験がなくても、レジすら触ったことのない未経験者の方よりはすぐにレジを使いこなせるようになると思います。

仕事にまじめに取り組む方

どの仕事でも、仕事にまじめに取り組む方は何をするのにも向いている性格だと思います。

スーパーのレジの仕事でもレジの仕事をまじめに取り組んでいると、レジの仕事の楽しさややりがいを見つけ出すことができてついついレジ打ちに夢中になってしまうこともあります。

仕事をまじめに取り組む方はその仕事の面白さなどを見つけ出すことができ、それがまた仕事でいい成績を残すという結果にもつながったりします。

そのため、スーパーのレジの仕事もそうですが、どんな仕事もまじめに取り組む方は働くということに対し強みを握っている人だと思います。

仕事覚えが早い方

仕事覚えが早い方もまた、スーパーのレジの仕事に向いていると思います。

仕事覚えが早いと仕事にもすぐに慣れてきます。

仕事に慣れると自分にも余裕が出てきます。

余裕が出てくるとお客さんに対しても自分の仕事に対してもプラスで何かをする時間が生まれます。

そういった余裕の時間が持てるのなら少し角の曲がった商品や、汚れのついている商品に気づくことができ、お客さんが購入する前に商品を交換してあげることもできます。

仕事覚えが早いだけでお客さんや自分の仕事に余裕をもって目を向けることができます。

スーパーのレジ打ちはただレジを打つだけでなくお客さんをよく見てお年寄りや妊婦さんだとかごを袋詰めの台に運んであげたりという気配りも必要になってきます。

仕事覚えが早いとこういった余裕も持てるようになってきます。

仕事に対し正確性のある方

仕事に対し正確性のある人もスーパーのレジの仕事に向いていると思います。

スーパーではお客さんがかごに入れて持ってきた商品のバーコードを機械にスキャンした後、新しいかごに商品を詰めなおしたり、その場で袋詰めをしたりします。

その時に正確性がある人とない人では少し変わってきます。

正確性のある人だと綺麗に商品をかごや袋に詰めることができますが、正確性のない人だとかごが1つに収まらなかったり、袋詰めの際に何枚も袋を使ってお客さんの荷物を増やしてしまうことだってあります。

そのため、スーパーのレジの仕事では正確性があると仕事もスムーズに進みます。

スーパーのレジが向いていない人の3個の特徴とは?

スーパーのレジの仕事が向いていない人の特徴についてまとめてみました。

1つのことに集中できない方

スーパーのレジの仕事では、レジ打ちをしている際には仕事に集中しなければなりません。

レジ打ちの際に他のことを考えたり気がそれていると1つの商品を2度スキャンしてしまって誤ったお会計をしてしまうことがあります。

これは2度打ちというのですが、たまに1つの商品を2度スキャンしてしまうことがあるのです。

しかし、レジ打ちに集中しているとそのミスに気づくことができます。

ですが、もしその際にレジ打ちに集中できてないとそのミスを見逃してしまうこともあります。

そのため1つのことに集中できない方はミスが多くなったりして、レジの仕事に向いていないかもしれません。

接客が苦手な方

接客が苦手が苦手な方もスーパーのレジの仕事にはあまり向いていないかもしれません。

レジでの仕事はただひたすらレジを打つだけでなく、時にはお客さんとコミュニケーションを取らないといけないこともあります。

むしろ、レジの仕事にだけ集中するのではなく、お客さんのことをしっかりとよく見てコミュニケーションを取れている人の方が仕事がうまくいっていたりします。

そのため、レジの仕事はただレジさえできていればいいのだと思わないでください。

接客も必要となってきます。

接客が上手な人ほどレジの仕事もうまくいきます。

立ち仕事が苦手な方

立ち仕事が苦手な人や、足腰が弱い方はレジの仕事にはあまり向いていないかもしれません。

レジの仕事は休憩が入るまで同じ場所で何時間も立ちっぱなしで仕事をすることになります。

仕事を始めてすぐのころはもちろん足が痛くなってきます。

また、レジ打ちをするときは下を向いた状態になるので首や肩などが凝ったりもします。

仕事を始めてすぐのころは体が全身痛くなったり、凝ったりすることもよくあります。

長時間立ちっぱなしで仕事をしていると少し気分が悪いだけでも結構なダメージを受けたりします。

そのため立ち仕事が苦手な方にはレジの仕事はあまりおすすめしません。

スーパーのレジの仕事経験は、その後どんな職種・仕事に活かせる?

スーパーのレジの仕事経験は、その後どんな職種や仕事に活かせるかまとめてみました。

コンビニ店員

スーパーのレジの仕事経験を一番に活かせるのはコンビニ店員ではないでしょうか?

コンビニはスーパーが小さくなったようなものですよね。

スーパーではレジの仕事はレジしか担当しませんがコンビニではコンビニの仕事全般を担当します。

レジをしたり商品を並べたり。

それでもコンビニでもやはりレジを触る時間が長いです。

そのため、スーパーのレジの仕事を経験しているとコンビニのレジも簡単にこなすことができます。

先ほどもお話ししましたが、レジを触ったことのある人はたとえお店やレジが変わったとしてもだいたいの使い方などを理解しているためすぐに使いこなすことができるのです。

そのためスーパーのレジの経験を生かした仕事をしたいのならコンビニ店員が一番スーパーのレジに近く、経験を活かせると思います。

レジを取り扱う仕事

スーパーのレジの仕事経験を活かした仕事といえば、やはりレジを使う仕事なのではないでしょうか?

スーパーのレジの仕事は主にレジの仕事しかしません。

簡単に言うとレジ以外の仕事はしません。

そのためスーパーのレジの経験を活かしたいならレジを使う仕事が一番だと思います。

レジは飲食店や販売店員として働くとレジを使う機会はよくあります。

その他にもレジを使う仕事はたくさんあるためスーパーのレジの経験があるとレジを使うような仕事ができるようになると思います

これからスーパーのレジの仕事をはじめるには、どうしたらいい?

これからスーパーのレジの仕事(アルバイトやパート)をはじめるには、どうしたらいいのかまとめてみました。

スーパーのレジの仕事を探すためには?

スーパーのレジの仕事を探すには求人誌やインターネットの求人サイトなどで探すか、スーパーにアルバイトやパートの募集のポスターや張り紙をしているところがあるのでそこから応募するのが一番だと思います。

スーパーの張り紙には時給なども詳しく書いてあるので、応募する前によく確認することをおすすめします。

また、スーパーの入り口などによく求人誌を置いてあるところがあるので、スーパーの張り紙をチェックしに行った際には求人誌も一緒にもらって帰るのもいいかもしれませんね。

インターネットの求人サイトは最近だとindeedが有名ですよね。

インターネットの求人サイトもチェックしてみるのもいいかもしれません。

必要なスキルや経験は?

スーパーのレジの仕事は未経験者大歓迎のところも多くあり、特にこれといって必要なスキルや経験はありません。

しかし、スーパーではレジで働くので以前にレジを使ったことのある経験があるといいと思います。

スーパーのレジはバーコードをスキャンする機械とメインのレジと2つありますが、バーコードをスキャンする機械はスキャンする以外はあまり使わないので、メインのレジさえ使わない使えればいいのではないかと思います。

「スーパーレジの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はスーパーのレジの仕事について、スーパーのレジの仕事が向いている人の特徴や必要なスキル、適正などについて詳しくお話ししてきました。

スーパーのレジの仕事について少しでも知っていただけたでしょうか?

また、スーパーのレジの仕事はいったいどういった人に向いていて、どういった人に向いていないのかなどもわかってもらえたかと思います。

皆さんはどうでしたでしょうか?

今回は一番初めにもお話ししましたが、スーパーのレジの仕事はとても簡単で仕事内容もとても覚えやすく、主婦や学生などの幅広い年齢の方が働きやすい仕事となっています。

その理由も今回こちらの記事を読んでいただいてよくわかってもらえたのではないかなと思います。

経験者でも、未経験者でも、また主婦でも、学生でも、スーパーのレジの仕事は簡単で仕事内容もとても覚えやすく、働きやすい仕事になっていると思うので、特に未経験者やこれから初めてアルバイトやパートを始める方にはおすすめの仕事です。

今回こちらの記事を読んでスーパーのレジの仕事に挑戦していただけたらなと思います。

スーパーのレジバイトを探すときは、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

スーパー求人

スーパー求人についてもっと深堀りした情報を見る

スーパーの品出しの仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

生活するうえで欠かせないものといえば食事ですが、食料品を揃えるためには、スーパーに行く方が多いと思います。「パートで働くなら社員割が効くスーパーにしようかな」、「スーパーの求人のアルバイト多いけど、実際働くとどうなんだろう」と思っている方に、今回は「スーパーの品出し」の仕事についてピックアップしてお話していきたいと思います。スーパーの品出しはどんな仕事?まず、スーパーの品出しとは、食品コーナーに商品を出したり、ある程度時間が経ったものをコーナーから戻して廃棄する仕事です。スーパーに行くと、店員が厨房から商品を載せた業務用カートを押して来て、商品を並べているので、容易に想像ができるかと思います。

ネットスーパーの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

ネットスーパーは、自宅に居ながら買い物が出来る、ネット社会ならではのサービスです。子育てで手が離せない、高齢で車もなく買い物に行けないなど、あまり外出出来ない人や買い物に行けない人に重宝してもらえる仕事です。いわゆる「宅配サービス」といったところです。共済や組合などを持つスーパーの宅配サービスが有名です。しかしその実態は働いてみないと解りません。また仕事である以上、適正があるのも当たり前です。意外に続かない人は続かない、続く人は続くある意味「難しい」仕事でもあります。ではそのネットスーパーの仕事を、宅配サービスであるという側面を交えて紹介します。意外に知らないことが多い仕事を、根掘り葉掘り見て

ネットスーパー求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

今や小売業界の部署として欠かせず、そしてサービス競争も激化しているネットショッピング、それがネットスーパーです。これは通信販売とは少し違い、毎日の食事の為の食料品をメインに、安心安全で新鮮な生鮮品、ちょっと買い置きしたい日用品などを、最短即日で自宅まで届けるサービスです。これから更に拡大が期待される、今注目のお仕事であるこのネットスーパー、大手小売店でも応募が出されている状況です。ではその求人の特徴、応募内容などを見ていきましょう。ネットスーパーでの仕事のおおまかな内容ネットスーパーは客注から始まり配達で終わる、日用品配達サービスです。一日分の客注の確認から始まり、商品の選別、鮮度や品質の目視

スーパーバイトの時給はどのくらい?私の周りの相場や時給が上がるのはこんな時!

バイトを探す際に気になるのが時給ですよね。仕事内容ももちろん気になると思いますが、真っ先に見るのは時給ではないでしょうか。同じ時間働いても時給が100円違うだけで収入はだいぶ変わってきます。ここではスーパーのバイトはいくらもらえるの?どうしたら給与アップするの?ということについてお話していこうと思います。スーパーバイトの時給の相場はどのくらい?パート・アルバイト時給は最低時給~1,200円が相場です。スーパーバイトと言っても、品出しをする人・レジ打ちする人など雇用の段階から分かれている場合もあり、その場合はレジ打ちの求人の方が時給は高めに設定されていることが多いです。しかし注意してもらいたいの

スーパーマーケットの職種には何がある?品出しやレジ打ち以外にも沢山ある5個の職種

皆さんこんにちは!皆さんはスーパーの仕事というとどんなイメージを思い浮かべるでしょうか?「レジ」であったり、「商品の品出し」であったり、一般的に店舗で買物をしている際に、働いている人の姿を見て想像することが多いかもしれません。しかし、スーパーには営業時間中に行われている仕事の他にも様々な仕事があり、それぞれにやりがいと面白さがあります。今回はそんな普段は視えないスーパーの職種についても紹介していきたいと思います。「スーパーマーケットの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →スーパーマーケットの職種には何がある?スーパーの主な仕事は「商品手配」と「販売」の二つがあり、皆さんが普段目にして

スーパーのレジの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

レジ打ちの仕事はパートやアルバイトの求人も多く、スーパーは一般の人がよく利用する店でもあるため、身近な仕事の一つだと思います。レジに立ってただひたすら商品をスキャンしてお金を受け取るだけのように見えますが、実際はレジ打ちでもいろいろな仕事があるのです。スーパーによって違いはありますが、レジ打ちの仕事の内容や、どんな人にこの仕事が向いているかなどをご紹介していきたいと思います。「スーパーのレジ仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →スーパーのレジの仕事はどんな仕事?スーパーには、野菜・肉・魚などのパック詰め担当、品出し担当、惣菜の調理担当、清掃担当、そしてレジ打ち担当など、多くの人が働い

スーパーの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

スーパーって一番身近にあって、誰でも働きやすい職場だと思いませんか?住宅地の近くには必ずあるスーパー、だいたいどのお家からも30分以内で行ける距離にあるのではないでしょうか?また、スーパーで働いている人を見ると年齢の幅が広く、高校生のバイトもそうですし、主婦の方なんかはパートでも働けます。身近にあって働きやすい職場での仕事。今回はそんなスーパーの仕事について、スーパーの仕事内容や、向き不向きなんかについてお話していきます。皆さんが知らないスーパーの仕事内容などについても詳しくお話ししていきますので、これからバイトを始めようか悩んでいる高校生や、パートでの仕事を検討している主婦の方、その他スーパ

食品スーパーの求人内容と普通のスーパーマーケットと違いは?お店のコンセプトによりお客や仕事内容が違ってくる!

皆さんこんにちは。今回は食品スーパーと普通のスーパーの違いについて、求人や仕事内容の視点から紹介させていただきたいと思います。因みに食品スーパーと普通のスーパーって何?全部スーパーマーケットじゃないの?という疑問をお持ちになるかも知れませんが、その様な普段使っている言葉と業界における定義のギャップについても合わせてご説明させていただきます。食品スーパーの定義とはさて、皆さんは「スーパーマーケット」と言うと、どのお店を思い浮かべるでしょうか?実は純粋な意味で日本全国すべての人が知っているスーパーマーケットのお店というのはありません。業界的にスーパーマーケットの定義とは、「販売している商品の70%

食品スーパーの転職を成功させるためにやるべきことと、上手な転職方法を解説します

皆さまこんにちは。世の中は人手不足が続き、大きな売り手市場となっています。今回はその様な転職しやすい時期において食品スーパーへの転職を希望される方々のために、転職を成功させるために何をすべきかを紹介していきます。「食品スーパーの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →食品スーパーの転職で注意したほうが良いこと食品スーパーの転職で注意したほうが良いこと1:これまでのスキルが役に立つかスーパーマーケットの業務には大きく分けて「販売」と「商品手配」があり、「販売」の業務は「接客」のスキルが必要となり、「商品手配」の業務の中には「商品加工」や「調理」のスキルが必要となる仕事があります。全く異業

食品スーパー正社員求人の年収や仕事内容は?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

こんにちは。今回は食品スーパーの正社員求人のよくある年収や仕事内容についてご紹介させていただきたいと思います。スーパーは全国に約3万店舗展開しており、また業界として作業がマニュアル化されており、一度仕事の能力を身につければ、汎用的に他のスーパーに行っても違和感なく仕事ができたりなど、一生を通じて働きやすい業界になります。「食品スーパーの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →食品スーパーの正社員はどんな仕事?食品スーパーの仕事は大まかに分けて「販売」と「商品手配」の2つになりますが、正社員はそれぞれの仕事に関しての管理業務が中心になります。「販売」の管理業務は「シフト管理」、「商品手配


スーパー求人に関するコラム

スーパーの水産部門の仕事内容4個の業務。経験者が細かく教えます!

スーパーでは、アルバイトやパート求人をよく募集していますよね。レジ打ちはイメージできるけど、その他のコーナーについては、仕事のイメージが想像できない、という方も多いと思います。そこで今回は、スーパーの求人の中から、「水産部門」コーナーの仕事内容についてお話していきたいと思います。スーパーの水産部門の仕事は大きく4個の役割に分けられる水産部門の役割は大きく、「主任」、「調理」、「品出し」、「掃除」の4つに分けられます。水産部門だけではこの4つの役割に分けられますが、これとは別に、スーパーの店長が水産部門に指示を出しています。主任の役割主任というのは、水産部門のコーナーのリーダーです。通常、スーパ

スーパーの人間関係はどうなの?経験者が教えます!

この記事では、スーパーでの人間関係について紹介していきたいと思います。スーパーの人間関係ってどうなの?食品スーパーマーケットは基本的に水産、青果、畜産、惣菜、販売、レジの6部門に分かれており、それぞれの部門にその部門を統括する部門長がいて、部門長の下に社員が2名〜5名、パートタイムやアルバイトが2名〜10名程度所属しています。店舗の規模や商品の数にもよりますが、比較的小さな組織の中で仕事をすることになる為、一人一人の人間関係がより濃密になり、合う人、合わない人がはっきり出てくる場合があります。部門長の人間性に注意仕事に厳しい人や職人肌の人が部門長であった場合、態度や言動により厳しく指導される場

スーパー鮮魚の仕事内容3個の業務。経験者が教えます!

皆さんこんにちは。今回はスーパーのお仕事シリーズ第3弾として、鮮魚のお仕事内容についてご紹介させていただきます。生鮮食品の中でも畜産部門と並んで「メインのおかず」を構成する鮮魚部門は、どの様な特徴があるのでしょうか、どうぞ最後までお付き合いください。スーパー鮮魚の仕事は大きく3個の役割に分けられる商品手配鮮魚は季節によって獲れる魚が違う、旬のある食材です。また養殖物と天然物がありますが、野菜や果物、精肉と違って安定的に栽培できる体制にはなっておらず、自然の状況に最も左右されやすい商品と言えます。その為、価格や品質の変動が激しいので、安くて良い品を見つける目利きの能力が必要になります。自身で市場

スーパー青果の仕事内容4個の業務。経験者が教えます!

皆さんこんにちは。今回はスーパーマーケットのお仕事紹介シリーズとして、青果部門の仕事内容や、やりがいについて紹介させていただきます。どうぞ最後までお付き合いください。スーパー青果の仕事は大きく4個の役割に分けられる商品手配青果部門は野菜と果物を取り扱う仕事であり、生鮮食品と呼ばれる生ものを取り扱う部門の一つになります。まずは販売する商品を確保するために、商品の発注を行います。発注先は地方市場と呼ばれる、各都道府県に配置されている食品卸市場に店舗を構える仲卸と呼ばれる業界です。日々収穫された農産物は農協などを経てまずこの市場に集まってきます。品質や鮮度を見極めるために、直接市場に出向いて自分の目

スーパー惣菜の仕事内容3個の業務。経験者が教えます!

皆さんこんにちは!今回はスーパーのお仕事紹介シリーズとして惣菜部門の仕事内容について語ってみたいと思います。どうぞ最後までお付き合い下さい。スーパー惣菜の仕事は大きく3個の役割に分けられる商品手配スーパーの惣菜部門の商品は大きく分けて「アウトパック」と「インストア」に分かれます。「アウトパック」とは例えば惣菜工場などであらかじめ作られた商品のことであり、サラダやお弁当、麺類など作り置きをしても味や品質の劣化しないもの、「インストア」は店内で調理するもので、揚げ物やお寿司など出来立てでないと美味しくないものや、時間が経つと色が変わったりなど劣化してしまう商品を指します。まず商品手配業務として、ア