多くの方がスーパーで買い物をしたことがあるのではないでしょうか?

どんな仕事してるの?いくら位もらえるの?やりがいはあるの?

今回は、スーパーのバイトを経験していた私が、皆様の疑問・質問にお答えします。

スーパーのバイトはどんな仕事?

スーパーは食料品や日用品を販売しています。

暮らしに必要な物を販売する仕事です。

スーパーのバイトの大まかな仕事内容

スーパーのバイトには、レジ・商品陳列・店舗管理の仕事があります。

スーパーのバイトはこんな人に向いている!

仕事に就いてから『ちょっとこの仕事合わないな』と辞めていく人は多いです。

しかし、仕事を変わるのは、自分自身も新しい仕事を覚えなくてはならなくなるので負担になります。

応募する前に、いつも行くスーパーは、一体どんな人が働いているのか、どんな人に向いている仕事なのかをよく理解して頂きたいです。

人と接するのが好きな人

商品陳列や店舗管理は、レジと比べるとお客様と接する機会は少ないですが、店舗にいればお客様から質問される事も少なくはありません。

レジじゃないから接客が苦手でもいいというわけではありません。

お客様は、日々の暮らしに必要な物を買いに来店されます。

多くは近所にお住まいの方が来店されるので、いつも来られるお客様はある程度固定されてきます。

こちらが覚えているということはお客様もこちらを覚えてらっしゃるので、世間話をする事も少なくはありません。

ですので、人と接するのが好きな人にはとても楽しい職場だと思います。

メンタルが強い人

これは結構重要だと思います。

多くの方が来店されるという事は様々な方が来られるということ、つまりは『クレームも多い』ということです。

もちろん、店舗や店員に不手際があった場合は当然ですが、中にはどうしようもないクレームを言われる事もあります。

私が1番驚いたのが『あの人(他のお客様)がすごく睨んでくる。すごく気分が悪い!あんな人入れないで!追い出してよ』という苦情です。

こちらとしては手の施しようがありません。

もちろん、どちらのお客様も私達からしたらお客様なので、どうしようもできませんよね・・・。

その時は謝る事しか出来ませんでした。

また、スーパーの仕事は時間に追われる事が多いので、先輩や店長から強く言われる事があります。

『なんでまだ出してないの?!』『早くして!』など急かされることもしばしば…こちらにはこちらの事情があって後回しになってしまっているので『すみません、〇〇の作業を優先したので』と言えればいいのですが、なかなか言えずに溜め込んで仕事が嫌になってしまっては続けて行く事ができません。

要領のいい人

レジで会計する際、店員さんがのんびりしていて苛ついた経験はありませんか?

スーパーのレジは正確さも必要ですが、スピードが命です。

忙しく時間の無い中買い物に来られている方が多いのでなおさらです。

商品をスキャンしカゴに入れるのはパズルと同じ。

何からスキャンする、どこに何を置くなど様々なことを考えながらスキャンしなくてはいけません。

商品陳列にも同じことが言えます。

空いている所にいくつ並べられるか、何を一緒に持っていけば往復回数を減らせるかを常に考える必要があります。

ですので要領の良い人であれば、仕事をスムーズにこなせるでしょう。

スーパーのバイトはこんな人に向いていない!

向いている人をご紹介してきましたが、いががでしたか?ご自分は向いているタイプでしたでしょうか?

ちょっと分からないという方の為に、逆に向いていない人はどんな人なのか?について見ていきましょう。

神経質(潔癖)な人

スーパーではお肉やお魚、野菜などの生鮮食品を販売しています。

お肉やお魚のパックからしみ出た汁、野菜に付いた泥や虫…様々な障害が立ちはだかります。

それをいちいち気にしていては仕事になりません。

ただ…私は元々神経質な人間でした(笑)

初めは『え…これはちょっと…』と思う事がありましたが、仕事をしていくにつれて慣れるもんなんですね、今はもうどれも平気になりました。

ですので、一概に向いていない!と言う訳ではないのかもしれません。

また、商品陳列でピッタリはまらないことがよくあります。

『あと3センチあったらもう一列入れられるのに…』という事も多々あります。

入らないものは入らないと割り切れる位がいいですね。

融通の効かない人

これは向いている人に書いた『要領のいい人』の逆になりますね。

何か作業をしている時に他の仕事を頼まれた時、どちらを先にやるのか判断できないといけません。

いくら先にやっていたこととはいえ、あとから頼まれたことの方が先にやる必要があることもあります。

そんな時、『こっちの方が先だから』と頑なに優先順位を守っているとお店が回らなくなります。

臨機応変に優先順位を考え融通を効かせられるようにならなければ、この仕事は続けていくことはできないでしょう。

また、レジ打ちをしている際に横から他のお客様から声を掛けられることもあります。

本来は、今対応しているお客様優先ですよね。

しかし、その話し掛けてきたお客様はもしかしたら急な用事かもしれない・・・。

ですので、一旦話をお聴きして他のスタッフを呼ぶという事も出来ます。

その場その場の状況に応じて判断・対応をしなければ、お客様が不快な思いをされてクレームに繋がる恐れもあります。

決まった休みの欲しい人

毎週◯曜日は休みたいなど決まった曜日に休みを取ることは出来ます。

ただし、自分が出れる曜日に人が多かったりするとその曜日も休みになる可能性がありますので、出勤日数が減る事になります。

シフトの自由度が高い人は、比較的沢山シフトに入れる事が多いので、『この曜日に休みたい』と希望の多い人はシフトが減ることが多いでしょう。

スーパーのバイトでよくある募集内容とは?

バイトを探す際に募集内容はとても重要となってきます。

そこで、スーパーのバイトに多い募集内容をご紹介します。

時給相場

最低賃金など地域差はありますが、820円〜1,200円が相場です。

時間帯や曜日によって加算がありますが会社によって違いますので、ご自身が働きたい時間帯の加算も確認しておくと良いでしょう。

また、時給の良い会社は通勤手当が出ない場合も少なくないので注意が必要です。

シフトの入れ具合

スーパーのバイトは主婦層が多いので、比較的夕方以降や土日祝は比較的人が足りない傾向にあります。

その為、その隙間に働ける方はMAXまでシフトに入れたり、逆にその時間に働きたい方はあまり入れないということが多いです。

求められる人物像

愛嬌のある方・接客の好きな方

スーパーは地元に根付く事が重要となってくる為、お客様の良いクチコミが欲しいのです。

愛嬌があって気持ちの良い接客をしてもらえれば、『また行きたい』と思ってもらえ、そのクチコミで新しいお客様を獲得することが出来るからです。

協調性のある方

これはスタッフ同士が良い関係性を築くのに必要なことです。

協調性が無く自分のやりたいように仕事をする人がいると、お店が上手く回らなくなり、職場の雰囲気も悪くなってしまいます。

比較的少人数のスタッフで回しているお店が多いので、良好な人間関係は必須となります。

言われた事をきちんと出来る方

自分で判断して仕事をするのは大切な事です。

しかし、スーパーでは言われた事をきちんとする事の方が大切です。

『こっちの方が見やすい』『この商品はここの方が売れる』などを考えるのは正社員です。

バイトが判断して勝手に変える事は出来ません。

その為、言われた事をしっかりとやり、その上で変えた方が良い点があれば提案をする事はできます。

必要なスキルや資格、経験

必要なスキルや資格、経験は特にありません。

要は『未経験OK』の求人が多いということです。

ただ、あると自分にとってプラスになるスキルはあります。

それはPCの操作です。

店舗管理の際にPCや端末を使う事があります。

在庫の管理や発注などはPCで行います。

ですのである程度のPCスキルがあれはスムーズに行えます。

また、レジ操作の経験はあった方が採用の際のアピールにもなりますし、仕事を覚えるのも早くなると思います。

バイトは正社員とどう違う?

どの職場でもバイトと正社員は色々な点で違いますが、スーパーはどのような違いがあるのかご紹介します。

仕事の量や責任の度合いは変わる?

責任の度合いはかなり変わります。

バイトは、正社員からの指示で仕事をこなします。

ある程度はバイトの判断で出来ますがあまり勝手は許されず、最終的には正社員の指示になります。

その為、ある程度は言われた事をそのままやります。

逆に正社員はバイトへの指示、更には自身も同じ様な仕事をするので、仕事量は多くなります。

また、責任も同じで、バイトはほぼ責任を問われる事はなく正社員が責任を取る事になるので、正社員とバイトの差は大きいです。

仕事内容は変わる?

基本的なレジ・商品陳列・店舗管理はバイトも正社員もやりますが、正社員はバイトに指示を出す立場で自分でそれらを行うことは少ないように感じます。

そこに更に正社員しか権限の無い、シフト管理や給与管理が加わってきます。

それぞれ求められるスキルは?

正社員に求められるスキルは『人をまとめるスキル』です。

バイトがそれぞれ今何の業務に就いているかを把握し、仕事の振り分けをします。

また、バイトに信頼される器が無ければナメられてしまい、業務をスムーズに行うことが出来なくなります。

バイトに求められるスキルは『言われた事をキチンとやるスキル』です。

これは簡単なようで案外難しいことです。

自分なりに判断して仕事をする事は素晴らしいことですが、スーパーでは言われたことをその通りにやる方が重要です。

どこにいくつ陳列するのか・いくら値引きをするのか等、自己判断でやってはいけない事が沢山あります。

収入面は?

スーパーで働く時にどう働くのがいいのかを収入面から見ていきましょう。

正社員

月給制となっています。

大抵が店長やエリアマネージャー候補なので、昇進するとそこの手当も加わります。

しかし、勤務時間外の業務を余儀なくされるケースもあるようです。

例えば他店の備品が足りなくなり自店から移動させる際に、帰宅がてら配達するという事も少なくありません。

規模によっては常時正社員がいるわけではないので、正社員が帰宅しようとした際にお客様とのトラブルが起き、時間外でも対応をしていることもあります。

要はいいことではありませんが、サービス残業が発生してしまうということです。

ですので、そういったことが許容できない方にはオススメできません。

派遣

派遣会社からの派遣になるのでバイトよりは時給が高くなる傾向にあります。

ですので収入制限無く働きたい方にオススメです。

ただ、スーパーで派遣を使っている場合は足りないシフトの補填という形で使っているケースをよく目にする為、勤務日数は少なくなり、収入もその分減るのではないかと思います。

バイト

時給制になっており、当然ながら頑張ってシフトに入れば入る程収入は増えます。

しかし扶養内限定など、収入制限を設けている企業もあるので、沢山働いて沢山稼ぎたいという方は満足できないかと思います。

スーパーのバイトはやりがいとは?

どんな仕事でもやりがいがあればやる気が出るもの。

スーパーで働くとどんなやりがいが感じられるのか、私の経験をお話します。

頑張りが認められる

商品陳列・レジ・店舗管理のどれにも当てはまることです。

商品陳列の場合、いかに早く沢山の商品をキレイに並べるかが重要になります。

一度の移動で荷台に何をどの位積めば効率よく作業できるかを考える必要があります。

自己判断で出来るものもありますが正社員に指示をされる事が多いので、その作業を完璧に出来た時に『早いね!キレイに並んでるしいいね!』と褒められると『もっと早くキレイに陳列したい』と意欲が湧きます。

さらにキレイに陳列されているとお客様から『ここはほんと見やすくて買い物しやすいわね』とお褒めのお言葉をいただく事もあります。

お客様と仲良くなれる

先にも書きましたがスーパーは常連のお客様が多いので、来店された際にわざわざ自分を探してくれて『こんにちはー』と声を掛けてくださることもあります。

『元気?』とか『お仕事頑張ってね!』など激励のお言葉を頂くこともあり、そんな時は疲れも吹き飛びますし、常日頃から頑張っててよかった!と感じ、やりがいに繋がります。

日々成長出来る

レジ打ちは慣れるまでは時間が掛かり長蛇の列ができることも…

しかし日が経つにつれて少しずつ早く打てるようになり、長蛇の列も作る事なくスムーズにこなせるようになります。

そしてレジ打ちスピードが数値化されて張り出されるスーパーもあるので、『昨日より早く打てた!』『1か月前より平均が上がった!』など成長が目に見え、やりがいを感じることが出来ます。

更にはレジ打ちしながらお客様と雑談をできるようにもなります。

スーパーのバイトをするために他にも知っておきたいこと

思ったよりも重労働が多い

スーパーではお菓子などの軽い物から2Lペットボトルや酒類・米も取り扱っている為、かなりの重労働になることもしばしば…

それに加えてスーパーバイトには男性よりも女性が多い為、重労働から逃げることはできません。

腱鞘炎や腰痛になる人も少なくはないので、働く際は予防が必須です。

基本冷暖房は無い

『屋内だから冷暖房完備でしょ!』は間違いです。

スーパーは生鮮食品を取り扱っている為、巨大な冷蔵庫と考えておいた方が良いでしょう。

夏場は冷房が無くても肌寒いくらいで冬場はかなり寒いです。

私自身働くまでは気付きませんでしたが、スーパーの天井にはエアコンが無いんです。

スーパーに行った時にでも見てみてください。

店舗によっては設置されている所もあるかもしれませんが、私が今まで見てきた店舗にはありませんでした。(レジ付近のみ設置されているお店はあります。)

ですので、勤務中はカーディガン・ホッカイロが手放せません。

自分にあったスーパーのバイトの求人の選び方や注意点

スーパーでバイトすると言ってもお店は様々。

働き始めて『ここ合わないな』と感じて辞めていく人も多いので、自分はどの求人に応募したらいいのかしっかり把握しておきましょう。

【選び方①】雇用形態から探す

まずはどの雇用形態で働きたいかを考えます。

正社員・派遣・バイト、それぞれ特徴があります。

  • 正社員は店長・エリアマネージャー候補になることが多いです。

初めは店舗内でバイトと同じ仕事を学び、ゆくゆくは管理する立場になります。

発注したり陳列を考えたり、店作りをしていきたい方は正社員をオススメします。

  • 派遣とバイトはほぼ変わらないと考えていただいていいでしょう。

商品陳列・レジ打ちなど時間毎に与えられた仕事をします。

シフト表に書かれた通りの仕事を時間内でやるというものです。

従業員をを管理するのは苦手な方は派遣・バイトをオススメします。

【選び方②】職種から探す

仕事には様々な職種があります。

例えば、営業・事務・販売などです。

スーパーでバイトをしたいと思ったら、販売で探してください。

【選び方③】会社の業態から考える

スーパーの業態には、大型スーパー・小型スーパー・総合スーパーなどがあります。

それぞれにメリット・デメリットがあるので、その点をしっかり把握しておきましょう。

例で人間関係の特徴をご説明します。

大型は品揃えが多く従業員も多いので色んな方と知り合えますが、広く浅くという感じになります。

小型は従業員が少ない為仲良くなると楽しいですが、少し躓くと辛いところがあります。

また客層も変わってくるので、そこの店舗に足を運んで雰囲気を見ておくと良いでしょう。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

バイトを探す時に1番ネックになるのが給与と雇用条件ですよね。

しかし仕事量と給与は比例する物。

給与が少なくてもゆっくりのんびりと働きたいのか、忙しくても沢山稼ぎたいのかをよく考えましょう。

妥協すると後から後悔して転職…ということになるので、しっかりと自分の条件を決めておきましょう。

週に何日入れてもらえるのか、何時間働けるのかも面接時に確認してください。

また、通勤手当出ない所もありますのでよく確認してくださいね。

【選び方⑤】エリアから考える

『多少遠くても時給いいからここにしよう』と考えることもあるでしょうが、それはやめておいた方がいいです。

月に数回なら問題は無いかもしれませんが、毎日の事となると少しずつ苦痛になってくるかもしれません。

自分が毎日でも苦痛無く通勤できる範囲で探しましょう。

スーパーのバイトで働くメリット

仕事をするにしても何かメリットがあると働きがいがあるものですよね。

様々な仕事がある中でスーパーで働くことのメリットをご紹介します。

新商品を早く知れる

SNSやサイトを見ていて『こんなの出てたんだ!』と思うことはありませんか?

毎日スーパーで買い物していれば気付けますが、なかなか新商品に気付くことはできませんよね。

でもスーパーで働くと新商品をいち早く知れて試すことができます。

更には数量限定商品なども知ることができ、ゲットできる可能性があがります。

従業員割引で節約できる

会社によって無い所もありますが、お金を稼いで仕事帰りに買い物も出来、生活費を節約できるなんて美味しいですよね。

値引き作業もあるので、何か値引きされているのか把握できるので、値引き商品を探して店内をウロウロ…ということが減るので買い物時間も短縮できますね(笑)

生活の知恵など学べる

これは主婦に限定されるかもしれませんが、毎日の献立を考えるのは苦痛ですよね…

お客様が購入される商品を見て『あ、今日は肉じゃがにしよう』など献立をパッと閃くことが多いです(笑)

またお客様との会話の中で、知らなかった食品の保存方法や様々な調理方法を教えてもらえることも多いので、その日の献立や生活の知恵などを学べるというメリットがあります。

スーパーのバイトで働くデメリット

メリットがあればデメリットもあるもの…そのデメリットは何なのでしょう。

知り合いによく会う

職場で知り合いに会う事はスーパーでなくてもあることですが、スーパーはその頻度が高いんです…

自宅の近くのスーパーなら尚の事。

ですので仕事中に知り合いに会うのは嫌だという方にはデメリットになります。

そして仕事中に話し掛けられ、なかなか仕事が進まないということもあります。

仲の良い友人なら『仕事中だから』と言って話をやめる事はできますが、近所の人や少し知ってる程度の方と会ってしまうと断るにも断りきれません。

腱鞘炎になりやすい

レジ打ちの業務は特になりやすいです。

商品を手に取りスキャンしカゴに入れる作業を何時間もやっていれば仕方ないかも知れません。

商品陳列も重い物をいくつも並べていると手首や肘、肩などを傷めやすく、更には腰を傷めてしまいます。

ですので、ならない様に予防しておかなければ暫く仕事に出られない…という事も起こりえます。

手が荒れる

商品には冷凍の物など冷たい物が多いですし、お肉や魚など手が汚れる物もあるのでよく手を洗います。

しかしハンドクリームを塗る事は出来ないので必然的に手が荒れてしまいます。

様々なサービスを覚えるのが大変

スーパーによってポイントシステムやドライアイスのサービスなどありとあらゆるサービスがあります。

お客様はもちろんそういったサービスを把握されている為、説明忘れなどがあるとクレームにも繋がるので神経を遣います。

また、使えるクレジットカードやプリペイドカードなども沢山あるので大変です。

しかも変更されたりなどもあるので、自分が働いているスーパーが現在どのようなサービスを行っているのかしっかりと把握する必要があります。

経験者がよくある質問にお答えします!

経験の無い仕事は疑問が沢山あるでしょう。

そんなよくある質問をご紹介します。

未経験でもなれますか?

はい、なれます。

経験があれば仕事を覚えるのが楽になりますが、スーパーの仕事は特に難しいものではないので慣れればスムーズに仕事を出来るようになります。

またスーパーバイトは、接客・商品整理などまんべんなく仕事がある為、高校生など学生の初めてのバイトに向いていると言われています。

スーパーでバイトをして接客のスキルを身につけましょう。

面接ではどういうことを聞かれますか?

面接ではよく『なぜここで働きたいと思いましたか?』と聞かれます。

面接に来る人は”仕事を探している人“の前に”お客様“なのです。

お店にどんな印象を持っているのか、そして何故働きたいと思ったのかを聞きたいんでしょう。

事前にお店を利用しておくと答えやすいです。

あとはシフト希望を聞かれます。

週何日何時間働けるのかを面接前にしっかりと考えておきましょう。

よくやりがちなのが『少なく言うと採用されないかもしれないから多めに出れるって言っておこう』と考えて少し無理でも多めに申告してしまうという事です。

キャパを越えた申告をすると店側にも迷惑がかかりますし、自分も働き始めてから無理だ…となってしまうので素直に申告して下さい。

このお仕事をしていて嬉しかったことはなんですか?

やはりお客様からお褒めのお言葉を頂いた時はとても嬉しかったです。

『このお店はホント安くていいわね』『色んな種類の商品が置いてあるから嬉しいわ』などお店に対してのお言葉もそうですし、一言の『ありがとう』は毎回嬉しくなります。

私が1番嬉しかったのは『このお店であなたが1番感じ良くて好きだわ』と言われた時です。

毎日笑顔で頑張ってきて良かった!と思いました。

このお仕事をしていて一番辛かった業務はなんですか?

日付チェックです。

食料品には賞味期限・消費期限が設定されています。

この日付チェックは、その期限の長い物を毎日は確認せず定期的に確認するという作業です。

中には冷凍肉や冷凍魚があり、そのチェックが本当に辛いです。

滑り止の付いた手袋をしていてもてが氷のように冷たくなり、更に冷凍庫を開けてチェックするので全身凍えます。

この業務が1番辛いですね。

正社員、派遣社員、アルバイトの募集があるの?

はい、あります。

ただ派遣社員は派遣会社から来るので、その会社で募集されることはありません。

また、正社員の募集は無い時もあります。

シフトの自由度ってどうなの?

これはその会社によって様々ですが、私が今まで勤めてきたスーパーはどれも自由でした。

1ヶ月毎に自分が休みたい日を申告します。

よっぽどのことが無い限りはそのまま休みを入れてもらえました。

ただ、人が足りない時に『ここ入れる?』と聞かれることがあります。

その時は出られるようなら出ておいた方が後から自分も助けて貰えるようになるので

快く受けた方がいいですね。

初心者でもできるの?

できます!色んな沢山のお客様が来店されるので、むしろ接客の練習になると思います。

割引商品とか限定商品を優先的に買えるの?

これはよく聞かれる質問ですが、それは出来ません。

出来ないと言うよりやってはいけない事です。

商品はあくまでもお客様に買っていただくための物。

それをよけておいて自分で買う事は許されません。

中にはそのような事をしている従業員はいます。

しかしルールはルール。

必ず守らなければいけません。

自分の好きな物を入荷出来るの?

これもよく聞かれます。

『発注出来るならこれ入れれる?』と。

しかし出来ません。

会社によっては出来るところもあるかもしれませんが、大概はバイヤーがいたり本部で決められていたりしますので、出来ないと思っておいてください。

バイトでも発注する量位は多少変えれます。

賞味期限切れとか裏に下げてるやつは貰えるの?

貰えません。

買う事すら出来ません。

会社によって…というか店舗責任者によっては『廃棄が貰える』というお店はありますが、基本は貰えないです。

少しの箱潰れとかも廃棄にしますが『これ半額なら買うよね、もったいないねー』とバイト仲間と話すことがよくあります。

しかしそうやって買う事はできません。

スーパーで働くと沢山の商品が廃棄されているのを目の当たりにしますが、本当にもったいないなと思います。

ただスーパーによっては格安で従業員に販売している所もあるので一概には言えません。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございます。

スーパーバイトの求人や仕事内容・やりがいなど働く前に知っておきたいことは解決できましたでしょうか?

スーパーは日々色々な商品が入ってくるので毎日に変化がありますし、楽しんで仕事が出来ると思います。

ご自身にあった求人を見つけ、素敵なバイトライフをお過ごしください。


関連キーワード

スーパー求人

スーパーバイト求人についてもっと深堀りした情報を見る

スーパーバイトの時給はどのくらい?私の周りの相場や時給が上がるのはこんな時!

バイトを探す際に気になるのが時給ですよね。仕事内容ももちろん気になると思いますが、真っ先に見るのは時給ではないでしょうか。同じ時間働いても時給が100円違うだけで収入はだいぶ変わってきます。ここではスーパーのバイトはいくらもらえるの?どうしたら給与アップするの?ということについてお話していこうと思います。スーパーバイトの時給の相場はどのくらい?パート・アルバイト時給は最低時給~1,200円が相場です。スーパーバイトと言っても、品出しをする人・レジ打ちする人など雇用の段階から分かれている場合もあり、その場合はレジ打ちの求人の方が時給は高めに設定されていることが多いです。しかし注意してもらいたいの

スーパーレジバイト求人の時給や仕事内容、募集内容とは?やりがいや主婦や高校生にも向いている理由などを解説!

スーパーでの仕事といったら『レジ』が思い浮かぶのではないでしょうか。そのくらい、レジの仕事というのは花形でもあり、お店の顔でもあるので責任重大です。今回は、そんなスーパーレジバイトについてご紹介いたします。スーパーのレジバイトはどんな仕事?お客様が購入される商品を打ち込み、お会計をする仕事です。スーパーのレジバイトの大まかな仕事内容メインは商品のスキャンと会計です。スーパーによっては会計がセルフで金銭の授受をやらない場合もあります。スーパーのレジバイトはこんな人に向いている!どんな仕事にも向き不向きはあるものです。スーパーのレジバイトにはどんな人が向いているのかご紹介します。愛嬌のある人お客様


スーパーバイト求人に関するコラム

スーパー早朝品出しバイト求人の仕事内容や時給は?早朝だから時給は割増されるの?など気になる疑問に答えます

スーパーでの早朝品出しバイトは、気軽に短時間働くことができるオススメのバイトです。朝の準備運動がてら気持ちよく働くこともできますし、他のバイトと掛け持ちもしやすい点が魅力的です。私がスーパー早朝品出しバイトをしていた時も、他のバイトと掛け持ちしていました。今回は、私の実際の経験をもとに、スーパー早朝品出しバイトについての様々な情報を紹介していきます。スーパーの早朝品出しバイトのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容スーパーの早朝品出しバイトは、その名の通り早朝の品出し業務に特化した仕事です。開店前の業務ですので、接客はありません。ひたすら品出しに集中することになります。スーパーの早朝品出しバイト

スーパーのバイト面接では何を聞かれる?スーパーの人事担当者が教えるスーパーマーケット面接あれこれ

皆さんこんにちは。春休みも近くなり、アルバイト活動が盛んな時期となりました。また4月からの新生活に向けてアルバイトを探そうと考えられている方も多いと思います。今回は、そんなアルバイト先としては多くの需要を持つスーパーマーケットのお仕事についてです。スーパーバイトの面接対策や仕事内容などご紹介させていただこうと思います。スーパーのバイトはどんな仕事内容?スーパーマーケットのアルバイトは仕事内容が細分化されており、やりたい作業や働きたい時間に合わせて、多くの選択肢があることが特徴です。仕事をする時間帯はその店舗の営業時間によって違いますが、24時間店舗であれば、それこそ丸一日対応OKですし、自身の

スーパーのアルバイトが、コンビニや他の小売よりおすすめ出来る3個の理由。スーパーマーケットの人事が解説!

皆さんこんにちは。今回のテーマは「スーパーのアルバイトがコンビニと比べてお勧めできる理由」と言うことで、日本が誇る2大食品小売業であるスーパーマーケットとコンビニエンスストアについて、その業態の違いと仕事内容、及びスーパーマーケットで働いたほうがお得になるポイントについて解説させていただければと思います。スーパーマーケットとコンビニエンスストアの違いについて「食品小売業」と言えば誰もが思い浮かべるスーパーマーケットとコンビニエンスストア。日本全国にはスーパーマーケットが約3万店舗、コンビニエンスストアが約5万店舗あると言われており、世界的に見ても異常なオーバーストア状態になっています。これはス