皆さんこんにちは。

今回のテーマは「スーパーのアルバイトがコンビニと比べてお勧めできる理由」と言うことで、日本が誇る2大食品小売業であるスーパーマーケットとコンビニエンスストアについて、その業態の違いと仕事内容、及びスーパーマーケットで働いたほうがお得になるポイントについて解説させていただければと思います。

スーパーマーケットとコンビニエンスストアの違いについて

「食品小売業」と言えば誰もが思い浮かべるスーパーマーケットとコンビニエンスストア。

日本全国にはスーパーマーケットが約3万店舗、コンビニエンスストアが約5万店舗あると言われており、世界的に見ても異常なオーバーストア状態になっています。

これはスーパーマーケットやコンビニエンスストアが生活していく上で欠かすことのできない「食」を取り扱う業界であり、広大な売場スペースを有し100km以上遠方よりお客様が来店するGMS(ジェネラル・マーチャンダイズ・ストア)と比較して、半径5km程度の比較的狭い商圏で、少ないお客様で成り立つことが可能であるからです。

その特性を活かして、人口が少なく他の業態では採算が合わない地域でも出店し、「買い物難民」が問題となっている過疎地域でのライフラインになったりなど、社会的貢献性を強めていると言う側面もあります。

そんな食品小売業の代表格と言われるスーパーマーケットとコンビニエンスストア。

両者の明確な違いは何でしょうか?

その違いが、仕事をする上でのお勧め度になってきますので、まずその違いについて解説させていただきます。

皆さんは「食事の種類」が何種類あるかご存知でしょうか?

あまり食事に種類があるという認識も少ないと思いますが、答えは3種類。

「外食」「中食」「内食」です。

「外食」はレストランなど家の外で食べる食事、「中食」はお惣菜やお弁当など、できあがったものを買って帰り、家でレンジでチンして食べる食事、そして「内食」は、魚や肉、野菜など材料を買って帰り、家で調理して食べる食事のことを指します。

スーパーとコンビニ、その違いの一つ目は「取り扱う食材の違い」です。

先ほどお話しした、食事の種類の3種類のうち、スーパーマーケットは「内食」と「中食」に対応した食材、コンビニエンスストアは「中食」に対応した食材を取り扱っています。

つまりスーパーマーケットは家で作る食事、コンビニエンスストアは家に買って帰って食べる食事のシーンを請け負っているということです。

そして違いの二つ目は「店舗スペースの違い」です。

店舗のスペースはスーパーは平均400坪に対し、コンビニは100坪です。

このようにコンビニエンスストアはスーパーマーケットと比較して更に狭い売場で店舗を運営します。

このことにより、違いの三つ目「働く人1人がこなす仕事の数の違い」が生まれます。

スーパーマーケットは「部門別管理」と言われる手法で、肉、魚、野菜などそれぞれの商品ごとに部門を持ち、部門ごとの担当者が運営を行い、また仕事内容も商品の加工を専門に行う人、発注を専門に行う人など分業されているのに対し、コンビニは部門が分かれていませんので、1人が発注し、惣菜を作り、レジを打つなど、何役もこなさなければいけなくなります。

スーパーのアルバイトはコンビニとどう違う?

この様な違いがあるスーパーとコンビニですが、次にスーパーのアルバイトはコンビニと何が違うのかという点を説明します。

まず一つ目は先ほど述べた「仕事の数の違い」です。

コンビニは1人で何役もこなす、いわば「何でもできる人」を目指すのに対し、スーパーは部門別に分かれた職場で仕事の内容も分業制ですので、全てを器用にこなすのではなく、一つの事柄を専門的に極める「一芸に秀でた人」を目指すことになります。

そして違いの二つ目は「お客様へのサービス内容の違い」です。

先ほどお話ししましたように、コンビニは「中食」つまり惣菜などの既にできあがったものを販売するのに対し、スーパーは「内食」つまりこれから調理するものを販売します。

これから調理するということは当然調理方法に対しての情報が必要になってきます、スーパーの顧客である「家でご飯を作る人」つまり主婦の方は、最近は専業主婦の方が少なくなり、仕事をしながら家事もこなす人がほとんどです。

その為、買い物にかける時間、料理を作る時間が少なくなり、毎晩の献立を決めたり、調理方法を考えたりすることに非常に負担を感じています。

スーパーはこの様な顧客の悩みを解消するために、食材の調理方法や栄養素、または電子レンジなどを活用し調理時間の短縮ができる方法などを店舗で発信することを強化しています。

この様に、コンビニは「販売業」という言葉がぴったりくるのに対し、スーパーは「販売業」に加えて「料理提案業」という側面も色濃く持ちつつあります。

提供するサービスも、「お客様への情報発信」という目的が多く含まれています。

スーパーのアルバイトが、コンビニや他の小売よりおすすめ出来る3つの理由

それではここからは先ほどまでに述べたスーパーとコンビニの違いから、コンビニと比較して「スーパーで働くとこんなところがお得ですよ」と言う点についてご紹介させていただきます。

スーパーのアルバイトが他の小売よりおすすめな理由1:専門性が身につく

スーパーはコンビニと比較して分業による専門的な仕事を行うとお話ししました。

アルバイトとして一つの部門で専門性の高い仕事を数多くこなすことによって、それぞれの部門の専門的な仕事のスキルが身につきます。

惣菜の揚げ物を作る専門家、寿司を作る専門家、加工食品の陳列の専門家、レジの接客の専門家など、仕事を通じて身につけたスキルは、アルバイトを辞めた後でも保持することができ、またアルバイトを始める場合や、正社員としてスーパーに採用された場合などに役立ちます。

コンビニもスーパーも共通していますが、作業は業界全体でほぼ統一されており、他の企業のスーパーやコンビニに行った場合でも、問題なくスキルを活用することができます。

一度覚えてしまうと、長くそれを使うことができる専門的なスキルが身につくことはお勧めポイントと言えます。

スーパーのアルバイトが他の小売よりおすすめな理由2:料理知識が身につく

スーパーの仕事はコンビニと比較して販売だけではなく、料理提案の要素も多く含むと述べてきました。

食材に関する知識だけではなく、その商材をどう調理したら美味しくいただけるか、栄養価を損なうことなくいただくことができるか。

また、どの様にすれば手軽に短時間で調理することができるか、お客様に提案するこの様な知識は、「食」というテーマを通じて、自身のプライベートにもそのまま活かせます。

つまり仕事で料理知識を高めるということは、そのまま自身のプライベートの食生活も充実するということになります。

例えば食事はコンビニ弁当ばかりで自炊をしない人や、料理が不得意で友人や恋人に対してコンプレックスを抱いている人は、スーパーのアルバイトを通じて料理知識を高めることで、自身の料理や食生活に関する問題を解決することができることもお勧めポイントです。

スーパーのアルバイトが他の小売よりおすすめな理由3:食材の旬や季節催事の知識が身につく

日本は比較的歴史の古い国ですので、季節催事に応じた様々な食生活、食文化があります。

皆さんは「二十四節気」というものを知っていますでしょうか?これは1年を月ではなく二十四の季節に分類したものです。

皆さんも「冬至」や「立春」などといった言葉は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

そして日本には「五節句」という暦もあります。

これは「人日(1月7日)」「上巳(3月3日)」「端午(5月5日)」「七夕(7月7日)」「重陽(9月9日)」の5つの節句の事です。

この様に日本には古くからの行事催事が色濃く残っており、それに伴う食文化が形成されています。

「例えば冬至にはかぼちゃを食べる」「1月7日には七草がゆを食べる」などです。

また日本は四季がはっきりしている国であり、周囲を海に囲まれていますので、春夏秋冬の美味しくて量が多く、かつ安い「旬」の食べ物がたくさんあります。

また「大阪といえば?」「名古屋といえば?」「博多といえば?」という質問に複数の「食べ物」を答えることができる様に、地域ごとに様々な食文化が残っている国でもあります。

そしてこの様な食文化や旬が最も色濃く現れるのは「家で作る食事」つまり「内食」です。

ですからコンビニや他の小売業と比較して「内食」に関する食材を最も取り扱っているスーパーマーケットで働くことにより、食材の旬の知識やその地方の食文化、日本に古くからある季節催事などの知識が身につきます。

例えば学校で「文化人類学」などの勉強をしている方などには、地域の食文化というテーマで「フィールドワーク」ができる職場と言ってもいいのではないでしょうか。

スーパーのアルバイトはこんな人におすすめ!

それではこれまでの「スーパーで働くメリット」をまとめて、向いている人を紹介していきたいと思います。

スーパーのアルバイトにおすすめな人1:手に職をつけたい人

例えば魚や肉の加工、惣菜の調理などは専門的な技術ですので、アルバイトを通じてそういった技術を身につけた方は、その技術を活かして小売業や外食産業に応募する際に有利に就職活動を進めることができます。

また会社を辞めても身についた技術は残りますので、資格と同じ様にその技術を活かして転職を容易にできるなど、生涯を通じてメリットが生まれてきます。

スーパーのアルバイトにおすすめな人2:料理が得意になりたい人

スーパーマーケットは家庭で調理をする内食食材を中心に販売しており、顧客である主婦の要望から、「食品販売業」より「料理提案業」への転換が新たなサービスとして求められていると紹介しました。

スーパーマーケットで働きその様な料理提案の知識を身につけるということは、食材の調理方法など料理全般の知識が身につくことであり、料理が得意になりたい方、美味しい料理を作って自分で食べたり、誰かに食べさせたいと思う方にはオススメの仕事になります。

スーパーのアルバイトにおすすめな人3:日本の行事催事や地域の文化、歴史などに興味がある方

スーパーマーケットは料理提案業の側面を持っていますので、季節の旬や行事催事、地域の食文化などを加えてお客様に提案しています。

その為、スーパーマーケットで働いていると、その様な日本に古くから残る行事催事や地域の食文化などの知識を身につけることができます。

歴史や文化に興味を持っている方や、自分の生まれ育った地域に関してより深く知りたいという方にはオススメの仕事です。

また例えば他の地域に遊びに言った時、その地域のスーパーマーケットに入ってその地域にしかない独自の食材をお土産に買うなど、観光地のお土産ではなく、本当にその地域に根ざした食文化を感じたりなどの楽しみを見つけることもできます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はスーパーマーケットとコンビニエンスストアの違いについて、また働くことをお勧めできるポイントについて紹介させていただきました。

スーパーとコンビニの違いは一言でいうと、「専門性」と「料理提案」であり、「料理提案」の副作用として「行事催事」と「食文化」の知識が身につくという点があります。

またスーパーマーケットは地域に密着しその地域の食文化や食生活を守るという使命も担っています。

その為、地域ごとに特色があるお店が多く、旅行に行った時、その地域のスーパーを見学することは、その地域の食文化を直接感じることができ、観光地のお土産屋を回るのとはまた違った楽しみを見つけることができます。

専門技術や料理知識を身につけることも良いですが、スーパーで働くことで、是非この「地域性」を肌で感じていただきたいと思います。

皆さんが地元から離れて生活している場合は、その地域性の違いに驚きを持つでしょうし、その事によってそれまで気に留めていなかった自分の故郷の食文化や食生活の大切さも実感することができるでしょう。

現代はIT技術の発達により交流が増え、地域固有の文化がどんどん少なくなっていますが、「食」に関する文化はまだまだ地域ごとに色濃く残っています。

その様な地域性に触れ、大切に思い、次の世代に継承していくことは日本という国のアイデンティティを保つ上で重要なことだと思いますし、是非その様な価値観を持ってスーパーで働いていただきたいと思います。


関連キーワード

スーパーバイト求人

スーパーバイト求人についてもっと深堀りした情報を見る

スーパーバイトの時給はどのくらい?私の周りの相場や時給が上がるのはこんな時!

バイトを探す際に気になるのが時給ですよね。仕事内容ももちろん気になると思いますが、真っ先に見るのは時給ではないでしょうか。同じ時間働いても時給が100円違うだけで収入はだいぶ変わってきます。ここではスーパーのバイトはいくらもらえるの?どうしたら給与アップするの?ということについてお話していこうと思います。スーパーバイトの時給の相場はどのくらい?パート・アルバイト時給は最低時給~1,200円が相場です。スーパーバイトと言っても、品出しをする人・レジ打ちする人など雇用の段階から分かれている場合もあり、その場合はレジ打ちの求人の方が時給は高めに設定されていることが多いです。しかし注意してもらいたいの

スーパーレジバイト求人の時給や仕事内容、募集内容とは?やりがいや主婦や高校生にも向いている理由などを解説!

スーパーでの仕事といったら『レジ』が思い浮かぶのではないでしょうか。そのくらい、レジの仕事というのは花形でもあり、お店の顔でもあるので責任重大です。今回は、そんなスーパーレジバイトについてご紹介いたします。スーパーのレジバイトはどんな仕事?お客様が購入される商品を打ち込み、お会計をする仕事です。スーパーのレジバイトの大まかな仕事内容メインは商品のスキャンと会計です。スーパーによっては会計がセルフで金銭の授受をやらない場合もあります。スーパーのレジバイトはこんな人に向いている!どんな仕事にも向き不向きはあるものです。スーパーのレジバイトにはどんな人が向いているのかご紹介します。愛嬌のある人お客様


スーパーバイト求人に関するコラム

スーパー早朝品出しバイト求人の仕事内容や時給は?早朝だから時給は割増されるの?など気になる疑問に答えます

スーパーでの早朝品出しバイトは、気軽に短時間働くことができるオススメのバイトです。朝の準備運動がてら気持ちよく働くこともできますし、他のバイトと掛け持ちもしやすい点が魅力的です。私がスーパー早朝品出しバイトをしていた時も、他のバイトと掛け持ちしていました。今回は、私の実際の経験をもとに、スーパー早朝品出しバイトについての様々な情報を紹介していきます。スーパーの早朝品出しバイトのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容スーパーの早朝品出しバイトは、その名の通り早朝の品出し業務に特化した仕事です。開店前の業務ですので、接客はありません。ひたすら品出しに集中することになります。スーパーの早朝品出しバイト

スーパーのバイト面接では何を聞かれる?スーパーの人事担当者が教えるスーパーマーケット面接あれこれ

皆さんこんにちは。春休みも近くなり、アルバイト活動が盛んな時期となりました。また4月からの新生活に向けてアルバイトを探そうと考えられている方も多いと思います。今回は、そんなアルバイト先としては多くの需要を持つスーパーマーケットのお仕事についてです。スーパーバイトの面接対策や仕事内容などご紹介させていただこうと思います。スーパーのバイトはどんな仕事内容?スーパーマーケットのアルバイトは仕事内容が細分化されており、やりたい作業や働きたい時間に合わせて、多くの選択肢があることが特徴です。仕事をする時間帯はその店舗の営業時間によって違いますが、24時間店舗であれば、それこそ丸一日対応OKですし、自身の