こんにちは。

今回は食品スーパーの正社員求人のよくある年収や仕事内容についてご紹介させていただきたいと思います。

スーパーは全国に約3万店舗展開しており、また業界として作業がマニュアル化されており、一度仕事の能力を身につければ、汎用的に他のスーパーに行っても違和感なく仕事ができたりなど、一生を通じて働きやすい業界になります。

「食品スーパーの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

食品スーパーの正社員はどんな仕事?

食品スーパーの仕事は大まかに分けて「販売」と「商品手配」の2つになりますが、正社員はそれぞれの仕事に関しての管理業務が中心になります。

「販売」の管理業務は「シフト管理」、「商品手配」の管理業務は「利益管理」が主になります。

それでは次にそれぞれの管理業務について述べていきます。

食品スーパー正社員の大まかな仕事内容

食品スーパー正社員の大まかな仕事内容1:シフト管理

パートタイムやアルバイトの作業シフトを組み、それぞれのオペレーションが円滑に回るように管理する業務です。

時間帯ごとの作業シフトや客数の増減によるレジシフトを把握し、販売促進計画や曜日に合わせて必要人員を予測しシフトを企画します。

食品スーパー正社員の大まかな仕事内容2:利益管理

各部門における売上高と利益高を管理する業務です。

利益管理は発注と在庫管理からなり、発注は販売促進計画や曜日、天候などを予測し発注数量を決めます。

在庫管理は販売数量が予測と比較して多すぎたり、少なすぎたりする場合に返品をしたり、値下げをするなど、常に鮮度の良い商品を販売する為に行う一連の調整行為になります。

食品スーパー正社員のおすすめ職種2選

それではここからスーパーの正社員のおすすめ職種に関して述べていきたいと思います。

食品スーパー正社員のおすすめ職種1:店長

店舗の長である店長は平均して年商10億程度の店舗を、100名程度の従業員を使用しながら稼ぐ仕事であり、中小企業の社長クラスの管理能力が問われる業務です。

仕事内容は売上、利益管理に加えて人件費や水道光熱費など店舗運営に関わる経費の全てをコントロールする業務であり、責任も大きいですが、経営に直接携わり、やり甲斐もある職務になります。

店長の役割については、こちらの記事を参考に!

食品スーパー正社員のおすすめ職種2:部門長

部門長は店舗にある水産、青果、レジなどの部門の管理を行う仕事であり、店長よりはスケールダウンしますが年商1億〜5億、従業員5名〜30名程度の組織の管理者として売上管理、利益管理、シフト管理などを行う仕事です。

店長と異なり部門に特化した仕事となりますので、専門的な商品知識や加工技術を身につける必要もありますが、その食材のプロとして様々な料理提案を行うことができるなど、専門性の高い役職でもあります。

食品スーパー正社員のおすすめ求人の特徴とは?

ここからは食品スーパーの求人でおすすめの要件について、いくつかの項目に分けて紹介させていただきます

年収

地域や企業によって異なりますが、店長で500万〜1000万、部門長で350万〜600万、役職のない担当職で250万〜400万程度が相場になります。

休日

年間休日は完全週休2日制で年間104日ですので、それ以上は欲しいところです。

最近は3日以上の連続休暇があり、かつ年間休日110日以上の求人もありますのでチェックしてみてください。

変形労働時間制、固定残業時間制

残業の多い少ないでチェックするポイントは変形労働時間制の有無。

この制度を導入している場合は残業時間が少なくなります。

また固定残業時間制度を導入している場合は、固定残業代として1ヶ月の給与は高くなりますが、固定されている残業時間は必ず働かなければいけないので残業時間は多くなります。

食品スーパーの正社員はこんな人に向いている!

それではここよりスーパーの正社員に向いている人について、いくつか紹介させていただきます。

食品スーパーの正社員に向いている人1:自立心の強い人

スーパーマーケットの業務は変化対応業であり、天候や気温、またお客様のご要望に応じ臨機応変に対応しなければいけません。

その為自分で判断し行動する機会が多いので、人に言われて行動する人よりは、自分で考えて行動したい人の方が向いている業界になります。

食品スーパーの正社員に向いている人2:食べることの好きな人

スーパーは内食食材と呼ばれる家で作る食事の材料を主として販売しています。

その為料理を作ることが好きだったり、美味しいものを食べることが好きな人はプライベートの食生活を仕事に活かすことができます。

また、仕事で得た知識をプライベートに持ち込むことができるなど、食を通じて仕事とプライベートの両方を充実させることができます。

\「自分でも出来そう!」と思ったら/

「食品スーパーの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

食品スーパーの正社員になるために他にも知っておきたいこと

食品スーパーの正社員になるために知っておきたいこと1:食品スーパーは料理提案業務

先ほど述べましたように、食品スーパーはその日の家で食べるご飯の材料をメインで販売している業種です。

そして主となる顧客は家でご飯を作っている「主婦」の方々です。

最近では仕事を持つ主婦の方が多く、買い物や料理にかける時間が減ってきていると言われています。

時間がない中でそれぞれの食卓を充実させるお手伝いをする為に、食品スーパーは食材をどのように料理するか、味付けや栄養成分、調理時間の短縮など料理に関わる知識を提案することがサービスの一環として求められています。

食品スーパーの正社員になるために知っておきたいこと2:生鮮食品が中心

コンビニエンスストアやドラッグストアの食品販売に対抗する為に、食品スーパーは生鮮食品の充実に力を入れています。

生鮮食品は肉、魚、野菜、惣菜などの食材のことであり、コンビニやドラッグストアではいわゆる「生もの」の取り扱いは少なくスーパー独自の商品として差別化ができる分野とされています。

特に最近では惣菜部門の高品質化が進んでおり、イタリアンや中華などは、外食に負けない商品が開発されており、レベルアップが進んでいます。

食品スーパーで他にも知っておきたいことは、こちらを参考に!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はスーパーの正社員求人について紹介させていただきました。

スーパー業界はパートタイマーやアルバイトが多く作業のマニュアル化が進んでおり、正社員の仕事は作業というよりは「管理」や料理などの「提案」業務にシフトしてきています。

特に料理提案や惣菜の商品開発に対しては強化されていますので、食に興味があったり、調理技術や料理知識を持っている方には、これからおすすめの仕事となりますので、チェックしてみてください。

「食品スーパーの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

  販売の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  販売の仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
女性のための転職サイト!一般事務・営業事務・データ入力など色々なタイプの事務仕事がたくさん募集中! 公式サイト 公式サイト
あのLINEのグループ会社が運営!1200万人以上の会員が既に登録して利用してます。 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

スーパー求人

▼記事をスキップして見たい人向け▼
食品スーパー正社員の仕事を探すにはこちら >