スーパーマーケットのお仕事紹介シリーズとして、今回はスーパーの正社員のお仕事について書いていきたいと思います。

スーパーはパートタイムやアルバイトが多く勤務している労働集約型の業界です。

そこで、正社員の仕事内容はパートタイムやアルバイトと比較してどう違うのかについて、特徴や正社員ならではの仕事のやりがいについてもご紹介させていただきたいと思います。

「スーパーの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

スーパーの正社員の仕事内容ってどんな内容?

スーパーの正社員の仕事を一言で言うと「経営に携わる仕事」です。

勿論店舗を運営する為に、商品を仕入れお客様が買いやすいように加工し、気持ち良くお買い物ができるように接客や商品補充、売り場のクリンリネスなどの環境整備をしながら商品を販売していくことも大切です。

一方で、地域ごとに変化していく食文化や刻々と変わる季節や天候、気温、行事催事などのイベントに合わせ、来店されたお客様のニーズに合わせながら満足のいくサービスを提供できるかにおいて、柔軟な企画力と迅速な判断力が求められます。

それでは「経営に携わる仕事」とはどのような内容なのか、内訳を紹介させていただきたいと思います。

インストア・プロモーション

スーパーマーケットは一般的に「内食食材」と呼ばれる、家で食べる食事の材料を販売している業界です。

そして家で食べる食事は、それぞれの地域によって違う食文化や天候、気温、行事催事やトレンドなど、来店された瞬間のお客様の嗜好によって様々に変化します。

目まぐるしく変化するそのような嗜好に対して敏感に反応する為に、スーパーの正社員は店舗ごとに販売の企画を立てることが認められています。

これを「インストア・プロモーション」と呼ぶのです。

チラシなどによる企業全体の販促活動により来店されたお客様それぞれの嗜好を予測して、店独自の販売計画を立てて売込みを行います。

これらの企画は柔軟性と変化対応スピードを上げる為に一日〜三日単位で行うことが多く、いかに素早くその日の顧客志向を掴み、迅速に対応するかが求められるのです。

天候や気温など更に変化が激しいものに関しては半日単位での企画の変更を行うこともあります。

特に天候や気温に関してはお客様の嗜好に対して大きな影響を与えるものです。

その為、ある一定の気温ごとに売れる商品などをデータ化して販売するなどして、天候や気温を一つのカテゴリとして様々な分析が行われています。

このことを「ウェザー・マーチャンダイジング」と呼びます。

仕入れ管理・在庫管理

インストア・プロモーションにより販売企画が完成したら、それに合わせて商品の仕入れを行います。

商品自体の発注は部門によってはパートタイムに任せる場合もあります。

しかしそれぞれの企画や売込みに対して発注数量が適正であるよう、最終チェックは正社員の手によって行われます。

企画は多く発生しますが、売り場の面積は有限です。

全ての企画が成功すれば良いですが失敗する場合も当然あり、その場合は仕入れた商品が在庫として残ってしまいます。

そして在庫が残ると次の企画の為の商品を陳列することができません。

このように、仕入れと在庫は販売企画と売上に密接に繋がっており、いかに企画に対して適正な数量を発注するか、そして仕入れた商品をいかにして「売り切る」かが重要です。

在庫が多くなることを恐れて発注数量を抑えてしまうと、売れ行きが好調だった場合欠品状態となり売上が伸びません。

その為、本当の意味での仕入れ管理・在庫管理は「その商品が余った時にいかにして売り切るか」を前提として行うことが重要です。

利益管理

スーパーマーケットは食品を取り扱う業界の為、価格は安く「薄利多売」の業界です。

また食品には賞味期限がある為、長期間在庫を持つことはできません。

このように、スーパーマーケット業界は構造的に非常に利益の取りにくい業界と言えます。

しかし、そのような環境の中でいかに利益を取るかを考え努力することも正社員の仕事です。

在庫を多く持てばその場での利益は上がりますが、前述したように食品は日持ちがしませんので、いかにして在庫を売上高に変えていくかが重要です。

売り切る為には当然いくらかの「値引き」が必要な時もあります。

一方あまり値引きし過ぎると利益が残らない上に売れ残ってしまい、やむを得ず廃棄になった場合は100%のロスになってしまいます。

在庫と値引きのタイミングを計りながら、商品を販売していくことが必要です。

勿論値引きが出ないように常に適正在庫を保つことや、定価でもお客様に魅力のある商品を販売する為の陳列技術や商品加工技術も必要です。

またメーカーで製造してある加工食品と違い、生鮮食品には賞味期限の表示はありません。

その為、この商品は今どのくらいの価値があるのか、それぞれの商品の鮮度について見極める目を持つことも必要です。

更に魚や果物、野菜などは市場を経由して仕入れる為、日々の商品の入荷状況によっては価格が大きく変動します。

昨日100円で仕入れたものが翌日300円や500円になってしまうことも珍しくありません。

そのような時仕入れ値に合わせて店舗での販売価格を三倍、五倍にすることは、近年の野菜の高騰に見られるようにお客様に負担をかけてしまいます。

天候などによる商品の価格変動を事前に察知し、高騰しそうな時は敢えて数日分の在庫を持ち安い内に買っておくなど、市場価格の予測も利益を確保する為には重要な能力です。

スーパーの正社員の給料は?

スーパーの正社員の役職は大きく分けて店長、部門長、担当の三つあります。

店長はその名の通りその店舗の長であり、店舗における全責任を負っています。

部門長は店にある各部門の長であり、部門は一般的に魚、野菜と果物、肉、惣菜、加工食品、レジの六部門あります。

担当はそれぞれの部門の部門長の下に就く役職であり、新入社員などもこの担当職よりスタートします。

給料は店長が最も高く、年収500万円〜1000万円が平均的です。

また部門長は年収400万円〜700万円、担当職は年収250万円〜350万円程度が平均的です。

スーパーの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

スーパーの正社員でやりがいを感じたこと

経営に携わる仕事ですので、自身で立てた企画が成功し商品がよく売れて利益が出た時に最もやりがいを感じます。

売上は安く販売すればある程度高くなりますが、その場合は利益が上がりませんので成功とは言えません。

いかに商品を値引きせず適正価格で多く販売できるかが重要であり、能力の見せどころです。

そのようにして商品が販売できて、またお客様からの満足の声などが聞ければ、非常にやりがいを感じることができます。

スーパーの仕事は自分の企画に対する成功・失敗が「素早く」(15分単位でレジでの販売結果が集計されます)「明確に」(商品ごとの販売結果が数字で全て表示されます)「感情を伴って」(目の前にいるお客様から直接お褒めの言葉をいただけます)表れることが特徴です。

自分の仕事の成果をハッキリと知ることがやりがいに繋がっていきます。

スーパーの正社員をやってて良かったこと

食生活が豊かになる

スーパーの正社員は企画を立てることによって、お客様に対して食事の提案を行います。

地方の食文化や季節の旬の食材の調理方法、天候や気温に合わせた料理提案やスパイスや調味料の活用方法など、様々な方法で提案される食事の知識はそのまま自身のプライベートの食生活でも活かすことができます。

そのようにして自身の食生活が豊かになります。

商売の楽しさが実感できる

スーパーの仕事は自分で商品を仕入れて販売し利益を稼ぐ仕事であり、経営に携わる仕事であります。

つまり企業に所属して給与を貰っているサラリーマンでありながら、自身のお店を経営する自営業のような独立性のある仕事ができるということです。

学園祭での屋台経営のように自分で仕入れ自分で儲けるといった商売の楽しさを、組織に所属し会社の資本を使ってリスクの少ない状況で経験できることは、スーパーの仕事の大きな魅力と言えます。

スーパーの正社員で身についたこんなスキル

加工技術

魚や肉の部門は包丁を使用していかに綺麗な商品を作るかといった加工技術の向上が求められます。

自身で魚を捌く、バーベキュー用やローストビーフ用の肉を加工するなど、肉や魚に関する加工技術は一旦身につけると生涯にわたって仕事やプライベートなど様々なシーンで活用することができます。

コミュニケーション能力

挨拶の発生や自然な笑顔の作り方、相手の話を聞く時の相槌の打ち方や目線など接客の為に身につけるコミュニケーションスキルは、スーパーの仕事以外でも多くの場所で活用することができます。

接客業に就いている人は、年を重ねても若々しく見える人が多いです。

これは表情や発声など基本的な接客スキルから来るコミュニケーション能力が高い為です。

このように、コミュニケーションスキルは将来のアンチエイジングの取り組みにも活用することができます。

スーパーの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

スーパーの正社員をやっている中で嬉しかった瞬間

お客様から褒められた時

スーパーの仕事はお客様との距離が近く、仕事に対しての反応が直接いただけるところが大きな魅力です。

自分が作った商品や苦労して仕入れた商品を目の前でお買い求めいただき、直接「美味しかった」と言っていただけることはやはり大変嬉しい瞬間です。

また、自分の仕事の成果を直接個人の感想として聞くことのできる貴重な機会とも言えます。

様々な食品に触れられる時

基本的にお店で取り扱っている商品は全て従業員が試食できます。

試食をすることでお客様に直接その商品の感想を述べることができて、料理提案などの企画を考えやすくなります。

季節に応じて様々な商品がお店には並びますが、そのような商品を全て実際に食べてみることができて、その商品を知ることができるのは嬉しい瞬間です。

食いしん坊な人がスーパーには向いていると言われる理由でもあります。

スーパーの正社員はこんな人におすすめです!

独立心の強い人

自営業の仕事に非常に近く、自身の個性を活かして様々なことに挑戦できます。

その為組織の中で指示されたことをするよりは、自分がやりたいことをあまり拘束されずにやってみたいという人の方がスーパーのお仕事には向いていると言えます。

食いしん坊な人

様々な食品を実際に試食をしながらお客様に魅力を伝えていく仕事になので、季節やトレンドに合わせて多くの食品を食べることができます。

好き嫌いは少ない方が良く、食べることが好きな人、美味しいものを食べたいと常に思っている食いしん坊な人にはぴったりのお仕事です。

人の為に何かしたいと思っている人

スーパーに来るお客様は、高齢化社会の波を受けて現在は60歳以上の方が半数を超えるようになりました。

その為買い物に対して補助が必要な方も多く、お客様の側に立った接客サービスがより求められるようになってきています。

相手を思いやって行動できる人や、人の為に何ができるかと考えている奉仕精神の強い方は、今後のスーパーにとって必要な人材となることでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はスーパーの正社員のお仕事を紹介させていただきました。

スーパーは労働集約型の産業であり、多くのパートタイムやアルバイトを使った単純作業で成り立っています。

正社員はその作業をが「できる」ことは必須ですが、その作業を「する」ことは仕事ではありません。

正社員の仕事はあくまでも経営に携わり、顧客ニーズを捉えながら様々な提案企画を考え、その実現の為に適正な仕入れをし、商品の価値を見抜く目を養い、効果のある販売方法を考えることです。

ヒト・モノ・カネを上手く活用しつつ、最終的に顧客満足を高めながら利益を稼ぐことが目的です。

決まった成功のパターンというものはありません。

常に変化に対応しながら、その時の時流に沿った提案をどれだけできるかが成果を出すポイントです。

安定感はあまりなく常に考え続けないといけない為大変ですが、その分マンネリ化が少なく毎日新鮮な感覚で仕事ができるという面白さもあります。

興味のある方は是非挑戦し、モノを売る喜びや商売の楽しさを実感していただきたいと思います。

実際にスーパーの正社員求人を探すときは、こちらの記事を参考に!



関連キーワード

スーパー求人

スーパー求人についてもっと深堀りした情報を見る

レジの仕事って難しい?仕事のコツから接客のポイントまで詳しくご紹介!

スーパーは普段から利用する人も多いので、「レジの仕事」は仕事内容もイメージしやすい身近な仕事でしょう。求人数も多く、パートでもアルバイトでも気軽に始められる仕事かもしれません。レジの仕事は難しいと思っている方もいると思いますが、レジの仕事内容や注意点などをご紹介していきますので、レジの仕事を検討している方はぜひ参考にしてみてください。レジの仕事内容レジの仕事はほとんどの人が見たことがあり、仕事内容もだいたいイメージがつくと思います。店によって多少のやり方の違いがありますが、作業はマニュアル化されており、慣れてしまえば簡単にできるようになります。レジ打ちレジのメインの仕事はこのレジ打ちです。お客

スーパーレジの仕事が向いている人の4個の特徴や必要なスキル・適正とは?

皆さん、スーパーのレジでの仕事経験はありますか?またスーパーのレジの仕事について興味を持っている方、これからスーパーのレジで働いてみたいと考えている方はいますでしょうか?スーパーのレジの仕事はとても簡単で仕事内容もとても覚えやすく、主婦や学生などの幅広い年齢の方にとってやりやすい仕事です。そして、スーパーはどの家の近所にも一つや二つありますよね。どのような人にも行きつけのスーパーなどがあるものです。家から近いところに職場があると、出勤するのも楽です。そのためアルバイトやパート未経験の方には特に、私はスーパーのレジの仕事をおすすめします!今回はそのようなスーパーのレジの仕事について、向いている人

スーパーの水産部門の仕事内容4個の業務。やりがいや面白いポイントも一緒にチェック!

スーパーでは、アルバイトやパートの求人募集をよく行っています。「レジ打ちの仕事はイメージできるけど、その他のコーナーについては仕事のイメージができない」という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、スーパーの「水産部門」コーナーの仕事内容についてお話していきたいと思います。スーパーの水産部門の仕事は大きく4個の役割に分けられる水産部門の役割は大きく「主任」「調理」「品出し」「掃除」の四つに分けられます。水産部門だけの役割ではこの四つに分けられますが、これとは別に、スーパーの店長からの水産部門への指示も出されます。主任の役割主任というのは、水産部門のコーナーのリーダーです。通常スーパーでは、

ネットスーパーで働くにはどうしたらいい?仕事内容や仕事の探し方を経験者が解説!

足を怪我して買い物に行けない、店舗が遠くてなかなか買い物に行けない、子どもが小さくて手が離せないなど、買い物したくてもできない状況はあります。そのような時にお客様の代わりに商品を選び、自宅まで届けてくれるサービスがネットスーパーです。インターネット環境さえあれば買い物できてしまうこのご時世に沿ったサービスであり、次々と参入する会社が増えてきています。そのネットスーパーで働くことも勿論できます。それでは、どうすればネットスーパーで働けるのでしょうか。その仕事内容や求人の選び方などをお教えします。ネットスーパーの仕事の大まかな内容は?ネットスーパーは通信販売事業です。お客様から注文を受けその内容に

スーパー品出しの仕事内容7個の業務。経験者が教えます!

スーパーでの品出しの仕事内容について詳しく解説していきます。いつも何気なく行くスーパーには、いつも綺麗に商品が陳列されていて、賞味期限が早いものが手前で遅いものが奥にあったりする光景をよく見ますよね?こういう細やかな仕事も品出しの業務内容の一つです。スキルを要されるような仕事内容ではないので、アルバイト未経験の方や、隙間時間に働きたい主婦の方にはピッタリの仕事です。ぜひ今後の仕事探しの参考にしていただければと思います。スーパー品出しの仕事は大きく3個の役割に分けられます品出し文字通り、スーパーの品出しの仕事がメインです。スーパーの仕事は品出しに始まり、品出しに終わります。品出しの目的は、常に在

スーパーの品出しの仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

生活する上で欠かせないものといえば食事ですが、食料品を揃える為にはスーパーに行く方が多いと思います。「パートで働くなら社員割引が効くスーパーにしようかな」「スーパーのアルバイトの求人が多いけど、実際働くとどうなんだろう」と思っている方に、今回は「スーパーの品出し」の仕事をピックアップしてお話していきたいと思います。スーパーの品出しはどんな仕事?まずスーパーの品出しとは、食品コーナーに商品を出し、ある程度時間が経ったものをコーナーから戻して廃棄する仕事です。スーパーに行くと、店員が厨房から商品を載せた業務用カートを押して来て商品を並べているので、容易に想像ができるかと思います。スーパーの品出しの

ネットスーパーの仕事はどんな人に向いている?楽しい?きつい?自分は向き不向きどっち?

ネットスーパーは自宅に居ながら買い物ができる、ネット社会ならではのサービスです。子育てで手が離せない、高齢で車もなく買い物に行けないなど、あまり外出できない人に役立つサービスです。いわゆる「宅配サービス」ですね。中でも、共済や組合などを持つスーパーの宅配サービスが有名です。しかしその実態は働いてみないと分かりません。また仕事である以上、適性が求められるのも当然です。意外に続かない人もいるような、ある意味難しい仕事でもあります。ではそのネットスーパーの仕事を、宅配サービスであるという側面を交えて紹介します。意外に知らないことが多い仕事を根掘り葉掘り見ていきましょう。ネットスーパーの仕事はどんな仕

ネットスーパー求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

今や小売業界の部署として欠かせず、そしてサービス競争も激化しているネットショッピング、それがネットスーパーです。これは通信販売とは少し違います。毎日の食事の為の食料品をメインに、安心且つ安全で新鮮な生鮮品や買い置きしたい日用品などを最短即日で自宅まで届けるサービスです。これから更なる拡大が期待され、今注目されているネットスーパーのお仕事は、大手小売店でも応募が出されている状況です。それではその求人の特徴、応募内容などを見ていきましょう。ネットスーパーでの仕事の大まかな内容ネットスーパーの仕事は客注から始まり配達で終わる、日用品配達サービスです。一日分の客注の確認から始まり、商品の選別や鮮度や品

スーパーの仕事がきついと言われる6個の理由とそれを乗り越える方法。経験者が解説!

皆さんこんにちは。今日はスーパーマーケットの仕事の話をします。スーパーマーケットの業界は昔は「3K」と言われていました。つまり「きつい、汚い、危険」ということです。最近はかなり改善されてきましたが、それでもデスクワークと比較するとまだまだ辛い面も残っています。そのようにスーパーの仕事がきついと言われる理由と、それを乗り越える方法を紹介していきたいと思います。スーパーの仕事がきついと言われる6個の理由体がきついスーパーの仕事は基本的立ち仕事です。トラックで入荷されてくるカゴ車といわれる車輪付きのカゴの重量が約100キロ、商品の入った箱1個あたりの重量は5キロ〜30キロあります。そのため、持ち運び

スーパーの人間関係はどうなの?経験者が教えます!

スーパーで働く際の人間関係について詳しく説明していきたいと思います。スーパーでの仕事は社員が数名とパートやアルバイトが複数所属して運営されている為、店舗にもよりますが、割と少ない人数という、濃い人間関係の中で働く場合がほとんどかと思います。より人間関係を円滑にノーストレスで働くにはどうすればいいのでしょうか?今回は、そんな状況で注意すべき人物や辛い時の対処法までを具体的に解説していきます。スーパーの人間関係ってどうなの?食品スーパーマーケットは基本的に水産、青果、畜産、惣菜、販売、レジの6部門に分かれており、それぞれの部門にその部門を統括する部門長がいます。そして部門長の下に社員が2名〜5名、

スーパー鮮魚の仕事内容3個の業務。辞めたいと思わないためにどんなことをするか確認してみよう!

皆さんこんにちは。今回はスーパーの仕事シリーズの一つとして、鮮魚部門の仕事の内容をご紹介させていただきます。生鮮食品の部門の中でも畜産部門と並んでメインのおかずを構成する鮮魚部門には、どのような特徴があるのでしょうか。どうぞ最後までお付き合いください。スーパーの鮮魚部門の仕事は大きく3個の役割に分けられる商品手配鮮魚は季節によって獲れる魚が異なる、旬のある食材です。また養殖物と天然物がありますが、野菜や果物、精肉と違って安定的に生産できる体制にはなっておらず、自然の状況に最も左右されやすい商品と言えます。それ故価格や品質の変動が激しいので、安くて良い品を見つける目利きの能力が必要です。商品手配

スーパー青果の仕事内容4個の業務。経験者が教えます!

皆さんこんにちは。今回はスーパーマーケットのお仕事紹介シリーズとして、青果部門の仕事内容や、やりがいについて紹介させていただきます。どうぞ最後までお付き合いください。スーパー青果の仕事は大きく4個の役割に分けられる商品手配青果部門は野菜と果物を取り扱う仕事であり、生鮮食品と呼ばれる生ものを取り扱う部門の一つになります。まずは販売する商品を確保するために、商品の発注を行います。発注先は地方市場と呼ばれる、各都道府県に配置されている食品卸市場に店舗を構える仲卸と呼ばれる業界です。日々収穫された農産物は農協などを経てまずこの市場に集まってきます。品質や鮮度を見極めるために、直接市場に出向いて自分の目

スーパー惣菜の仕事内容3個の業務。経験者が教えます!

皆さんこんにちは!今回はスーパーのお仕事紹介シリーズとして惣菜部門の仕事内容について語ってみたいと思います。どうぞ最後までお付き合い下さい。スーパー惣菜の仕事は大きく3個の役割に分けられる商品手配スーパーの惣菜部門の商品は大きく「アウトパック」と「インストア」に分かれます。「アウトパック」とは例えば惣菜工場などであらかじめ作られた商品のことであり、サラダやお弁当、麺類など作り置きをしても味や品質の劣化しないものです。それに対し「インストア」は店内で調理するものを指します。揚げ物やお寿司などでき立てでないと美味しくないものや、時間が経つと色が変わるなど劣化してしまう商品です。まず商品手配業務とし

スーパー店長の仕事内容2個の業務。経験者が教えます!

スーパーマーケットの店舗の年間売上高は平均約10億円、従業員数はアルバイトも含むと約100名と、ちょっとした中小企業並みの規模を誇ります。そのような店舗を統括する店長の仕事内容とはどんなものでしょうか。スーパー店長の仕事は大きく2個の役割に分けられる営業政策まずは基本となる売上高と利益の管理を行います。スーパーは肉や魚、野菜などそれぞれの部門が独立して利益管理を行う「部門別管理」制度をとっている為、店長が単品の利益まで管理することはありません。店長は店としてのコンセプトを企画しそれに沿った営業政策を行う為に、各部門の足並みを揃えて施策を実行することが求められるのです。常に各部門の商品力・販売力

スーパーの総務とはどんな仕事?その仕事内容や役割、なり方など詳しく解説します!

今回のテーマは「スーパーの総務とはどんな仕事か」というものです。他の業種と比較してスーパーの総務部ならではのお仕事や仕事の探し方、向いている人などについて説明していきたいと思います。スーパーの総務はどんな仕事?一般的に総務や人事の仕事はほぼ全ての業界にあり、その仕事の内容は大きく「採用」「教育」「労務管理」「福利厚生」の四つに分けられます。これについては、スーパーマーケットが食品を取り扱っているという特徴から、基本的に「低利益」な経営体質である点が理由として挙げられます。「労働集約型」である為人の出入りが多く、入社および退社に伴う事務が増えていく傾向があります。また時給制度で働く人が多い為、タ

スーパーバイトの時給はどのくらい?私の周りの相場や時給が上がるのはこんな時!

バイトを探す際に気になるのが時給です。仕事内容も勿論気になると思いますが、一番先に見るのは時給ではないでしょうか。同じ時間働いても時給が100円違うだけで収入は大分変わってきます。ここでは「スーパーのバイトはいくら貰えるの?」「どうしたら給与アップするの?」ということについてお話していこうと思います。スーパーのバイトの時給の相場はどのくらい?スーパーのパート・アルバイトの時給相場時給は地域の最低時給~1,200円が相場です。スーパーのバイトと言っても、品出しをする人・レジ打ちする人など雇用の段階から役割が分かれている場合もあります。その場合はレジ打ちの求人の方が時給は高めに設定されていることが

スーパーマーケットの職種には何がある?品出しやレジ打ち以外にも沢山ある5個の職種

皆さんこんにちは!皆さんはスーパーの仕事と聞くとどんな仕事を思い浮かべるでしょうか?普段店舗で買い物をしている際に働いている人の姿を見て、レジや商品の品出しなどを想像することが多いかもしれません。しかし、スーパーには営業時間中に行われている仕事の他にも様々な仕事があり、それぞれにやりがいと面白さがあります。今回はそのような普段は見えないスーパーの職種について紹介していきたいと思います。スーパーマーケットの職種には何がある?スーパーの主な仕事は「商品手配」と「販売」の二つがあり、皆さんが普段目にしている仕事は「販売」の仕事です。「販売」の仕事には「レジ精算」と「売場管理」という職種、「商品手配」

スーパーパートを辞めたいと思う6つの瞬間。経験者が解説します!

スーパーでパートとして働いている人の中には、パートを辞めたいな…と思う人もいると思いますしかし、その原因になり得ることがある程度分かっていたら、すぐに辞めたくなるということは減らせるのではないでしょうか。この記事では、スーパーのパートを辞めたいと思ってしまう時とその対処法について、私の経験談を交えてお話したいと思います。スーパーのパートを辞めたい…6つの瞬間とは?スーパーのバイトやパートは、初心者や初めてバイトをする高校生に向いていると言われていますが、比較的辞めていく人が多い仕事でもあります。私の経験や周りから聞いた「辞めたいと思った瞬間」をご紹介します。立ちっぱなしが辛いレジ係は常に立ちっ

業務スーパーとはどんな仕事?その仕事内容や普通のスーパーとの違いなど詳しく解説します!

今回は、今や完全に一つの業態として定着したように見える「業務スーパー」のお仕事を紹介させていただきたいと思います。そもそも業務スーパーとは株式会社神戸物産様の登録商標です。「プロの品質とプロの価格」を謳い文句に、当初は飲食店などの業務での利用を目的に購買する層をターゲットに店舗展開をしていました。それが一般の消費者からも指示を得ていき、一般的に大容量、低価格での商品販売をその販売形態の中心にしています。また、広い意味で言うのであれば、コストコなどのMWC(メンバーシップ・ホールセール・クラブ)などの業態もこのカテゴリに入ると思いますので、今回はそれらも併せて仕事内容のご紹介をさせていただこうと

業務スーパーアルバイトのメリットや、そこで身につく力とは?

今回はアルバイトの一つとして、皆様の身近にもあるスーパーマーケット業界の中から「業務スーパー」と呼ばれるカテゴリーのスーパーマーケットのお仕事について紹介させていただきたいと思います。食品スーパーと比較して、お客様に対するサービスの展開方法が異なる点もある業界ですので、通常の食品スーパーにはない特徴や魅力についても併せてご紹介していきます。業務スーパーのアルバイト内容は?業務スーパーは加工食品や冷凍食品を中心として販売しているスーパーマーケットです。一般的な食品スーパーと比較して、肉や魚、野菜などの生鮮食品はあまり取り扱っていません。その為、アルバイトの仕事で包丁を使っての加工作業や惣菜などを

スーパーのレジの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

レジ打ちの仕事はパートやアルバイトの求人も多く、スーパーは一般の人がよく利用する店でもあるため、身近な仕事の一つだと思います。レジに立ってただひたすら商品をスキャンしてお金を受け取るだけのように見えますが、実際はレジ打ちでもいろいろな仕事があるのです。スーパーによって違いはありますが、レジ打ちの仕事の内容や、どんな人にこの仕事が向いているかなどをご紹介していきたいと思います。スーパーのレジの仕事はどんな仕事?スーパーには、野菜・肉・魚などのパック詰め担当、品出し担当、惣菜の調理担当、清掃担当、そしてレジ打ち担当など、多くの人が働いています。他の業務はバックヤードで仕事をしたり、店頭に出ることは

スーパー早朝品出しバイト求人の仕事内容や時給は?早朝だから時給は割増されるの?など気になる疑問に答えます

スーパーでの早朝品出しバイトは、気軽に短時間働くことができるオススメのバイトです。朝の準備運動がてら気持ち良く働くこともできますし、他のバイトとの掛け持ちもしやすい点が魅力的です。私がスーパーの早朝品出しバイトをしていた時も、他のバイトと掛け持ちしていました。今回は私の実際の経験をもとに、スーパーの早朝品出しバイトに関する様々な情報を紹介していきます。スーパーの早朝品出しバイトのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容スーパーの早朝品出しバイトは、その名の通り早朝の品出し業務に特化した仕事です。開店前の業務ですので、接客はありません。ひたすら品出しに集中することになります。スーパーの早朝品出しバイ

スーパーの仕事内容や向いている人・向いていない人の特徴、キャリアについて解説

スーパーは一番身近にあり、誰でも働きやすい職場だと思いませんか?住宅地の近くには必ずあるスーパー。だいたいどのお家からも30分以内で行ける距離にあるのではないでしょうか?また、スーパーで働いている人を見ると年齢の幅が広く、高校生のアルバイトもおり、主婦の方であればパートでも働けます。身近にあって働きやすい職場での仕事。今回はそんなスーパーの仕事について、仕事内容や向き不向きなどについてお話していきます。皆さんが知らないスーパーの仕事内容などについても詳しくご紹介します。これからアルバイトを始めようか悩んでいる高校生や、パートでの仕事を検討している主婦の方、その他のスーパーでの仕事を考えている方

食品スーパーの求人内容と普通のスーパーマーケットと違いは?お店のコンセプトによりお客や仕事内容が違ってくる!

皆さんこんにちは。今回は食品スーパーと普通のスーパーの違いについて、求人や仕事内容の視点から紹介させていただきたいと思います。因みに食品スーパーと普通のスーパーって何?全部スーパーマーケットじゃないの?という疑問をお持ちになるかも知れませんが、その様な普段使っている言葉と業界における定義のギャップについても合わせてご説明させていただきます。食品スーパーの定義とはさて、皆さんは「スーパーマーケット」と言うと、どのお店を思い浮かべるでしょうか?実は純粋な意味で日本全国すべての人が知っているスーパーマーケットのお店というのはありません。業界的にスーパーマーケットの定義とは、「販売している商品の70%

食品スーパーの転職を成功させるためにやるべきことと、上手な転職方法を解説します

昨今、世の中は人手不足が続き、大きな売り手市場となっています。そのような転職しやすい時期において今回は、食品スーパーへの転職を希望される方々のために、転職を成功させるために何をすべきかを紹介していきます。食品スーパーの転職で注意したほうが良いこと食品スーパーの転職で注意したほうが良いこと1:これまでのスキルが役に立つかスーパーマーケットの業務には大きく分けて「販売」と「商品手配」があります。「販売」の業務には「接客」のスキルが必要となる仕事があり、「商品手配」の業務の中には「商品加工」や「調理」のスキルが必要となる仕事があります。全く異なる業種から転職する場合はこの「接客」「商品加工」「調理」

バイトでレジ打ちは一番大変?スーパーのバイトでよくある一番大変な仕事を内部の人が匿名で解説!

こんにちは、今回のテーマは「バイトでレジ打ちは一番大変?」です。スーパーのレジ打ちというと、どの様な印象を持たれるでしょうか。重いものを持つわけではなく、接客が好きなら肉体的には楽かな?などといったイメージでしょうか。今回はそのレジ打ちの仕事の魅力について、その他の大変な仕事と比較して述べていきたいと思います。バイトでレジ打ちは一番大変?結論から言うと、バイトでのレジ打ちは「大変ランキングの上位」にきます。レジ打ちの仕事の特徴は「人を相手にする」という点でしょう。十人十色と言いますが、性格も価値観も違う人に対して常に笑顔で接し、感じの良い接客を行わなければいけません。加えて、お客様にとっても会

食品スーパー正社員求人の年収や仕事内容は?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

こんにちは。今回は食品スーパーの正社員求人のよくある年収や仕事内容についてご紹介させていただきたいと思います。スーパーは全国に約3万店舗展開しており、また業界として作業がマニュアル化されており、一度仕事の能力を身につければ、汎用的に他のスーパーに行っても違和感なく仕事ができたりなど、一生を通じて働きやすい業界になります。食品スーパーの正社員はどんな仕事?食品スーパーの仕事は大まかに分けて「販売」と「商品手配」の2つになりますが、正社員はそれぞれの仕事に関しての管理業務が中心になります。「販売」の管理業務は「シフト管理」、「商品手配」の管理業務は「利益管理」が主になります。それでは次にそれぞれの

スーパーのバイト面接では何を聞かれる?スーパーの人事担当者が教えるスーパーマーケット面接あれこれ

皆さんこんにちは。春休みも近くなり、アルバイトを探す活動が盛んな時期となりました。また4月からの新生活に向けてアルバイトを探そうと考えられている方も多いと思います。今回は、そのようなアルバイト先としては多くの人の需要を持つスーパーマーケットの仕事に関するお話です。スーパーバイトの面接対策や仕事内容などをご紹介させていただこうと思います。スーパーのバイトはどんな仕事?スーパーマーケットのアルバイトの仕事内容は細分化されており、やりたい作業や働きたい時間に合わせて、多くの選択肢があることが特徴です。仕事をする時間帯はその店舗の営業時間によって違います。24時間経営店舗であればそれこそ丸一日仕事に対

スーパーのアルバイトが、コンビニや他の小売よりおすすめ出来る3個の理由。スーパーマーケットの人事が解説!

皆さんこんにちは。今回のテーマは「スーパーのアルバイトがコンビニと比べてお勧めできる理由」と言うことで、日本が誇る2大食品小売業であるスーパーマーケットとコンビニエンスストアについて、その業態の違いと仕事内容、及びスーパーマーケットで働いたほうがお得になるポイントについて解説させていただければと思います。スーパーマーケットとコンビニエンスストアの違いについて「食品小売業」と言えば誰もが思い浮かべるスーパーマーケットとコンビニエンスストア。日本全国にはスーパーマーケットが約3万店舗、コンビニエンスストアが約5万店舗あると言われており、世界的に見ても異常なオーバーストア状態になっています。これはス

スーパーマーケットの求人で確認したいチェックリスト7選。裏側を知るスーパーマーケットの人事担当者が教える!

皆さんこんにちは。今回のテーマはスーパーマーケットの求人で確認したいチェックリストと言う事で、実際に採用を担当することもある私にとってはあまり紹介したくないテーマでもあります。ですが、自身の反省点も含めて、このような採用があれば良いなという希望も加えた内容で進めていければと思います。スーパーマーケットの求人で確認しておくポイント!一口に求人と言っても、正社員よりも、パートタイム、アルバイトといった求人があり、特に月給制度が中心である正社員と時給制度が中心であるパートタイム、アルバイトではチェックするポイントが違います。今回は「正社員」と「パートタイムとアルバイト」の2種類に区分して紹介させてい

スーパーレジバイト求人の時給や仕事内容、募集内容とは?やりがいや主婦や高校生にも向いている理由などを解説!

スーパーでの仕事と聞くと、まず「レジ」が思い浮かぶのではないでしょうか。そのくらいレジの仕事というのは花形でもありお店の顔でもあるので責任重大です。今回はそんなスーパーでのレジバイトについてご紹介いたします。スーパーのレジバイトはどんな仕事?お客様が購入される商品をレジに打ち込み、お会計をする仕事です。スーパーのレジバイトの大まかな仕事内容メインは商品のスキャンと会計です。スーパーによっては会計がセルフで、スタッフとお客様の間で金銭の授受をやらない場合もあります。スーパーのレジバイトはこんな人に向いている!どんな仕事にも向き、不向きはあるものです。スーパーのレジバイトにはどんな人が向いているの

スーパーバイト求人の時給や募集内容にはどんなものがある?向き不向きややりがいなどを解説!

多くの方がスーパーで買い物をしたことがあるのではないでしょうか?どんな仕事してるの?いくら位もらえるの?やりがいはあるの?今回は、スーパーのバイトを経験していた私が、皆様の疑問・質問にお答えします。スーパーのバイトはどんな仕事?スーパーは食料品や日用品を販売しています。暮らしに必要な物を販売する仕事です。スーパーのバイトの大まかな仕事内容スーパーのバイトには、レジ・商品陳列・店舗管理の仕事があります。スーパーのバイトはこんな人に向いている!仕事に就いてから『ちょっとこの仕事合わないな』と辞めていく人は多いです。しかし、仕事を変わるのは、自分自身も新しい仕事を覚えなくてはならなくなるので負担にな