女性の方で、子供の頃の将来の夢は花屋だったという方は多いのではないでしょうか?

今回は、誰もが子供の頃に憧れていたであろう花屋の仕事において、少しマイナスな面についてもお話したいと思います。

花屋の仕事を辞めたいという人のよくある理由や、またその対策についてなど詳しくお話していきます。

「花屋の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

花屋の仕事を辞めたい…2つのよくある理由とそれの対策とは?

花屋の仕事を始めたけど思っていたのと違った、辞めたいという方がいるかもしれません。

様々な理由によって続けられなくなる人がいるかもしれません。

花屋の仕事を辞めたいと思うよくある理由や、それに対する対策をまとめてみました。

手荒れ

花屋では、仕事上水を使うことが多いです。

花に水やりをしたり、花を水に浸けたり、水に浸かっている花を取ったり。

花にとって水は必要不可欠のものです。

そのため水を使わない日はなく、仕事をしていると手がよく水で濡れます。

それが原因で、手が荒れることが多いです。

冬には寒さと冷たさから、手がしもやけ状態になることもよくあります。

元々肌が弱くてすぐに手が荒れてしまう人は、仕事を続けられなくなって辞めてしまう人もいます。

手荒れで花屋の仕事を辞めたいと思う人もいれば、手荒れが酷くて辞めないといけなくなる人もいるのです。

それに対する対策とは?

手荒れに対する対策として、軍手やゴム手袋を使うことです。

あまり手が荒れることはないが、少し手荒れが気になるという人は軍手を使うぐらいで大丈夫だと思います。

また、手荒れが酷い人はゴム手袋を使うのがおすすめです。

ゴム手袋だと水を通さないため、手に水が直接触れることがありません。

水から手を守ってくれるため、ゴム手袋は必須アイテムになります。

こちらは気休めかもしれませんが、水を使わない間、休憩中やレジをするときなど、こまめにハンドクリームを塗るのもおすすめです。

ハンドクリームを使ってもすぐに水で落ちてしまうので、水を使わない間はこまめにハンドクリームを塗るのもおすすめします。

寒さ

花屋に入ると、少しヒヤっと肌寒さを感じませんか?

花屋の中には花用の冷蔵庫があるため、店内は外の気温よりも低くなっています。

そのため冬がとても辛いです。

花屋では花を取り扱っているため、暖房を使えません。

先ほどもお話しましたが、冬は寒さと冷たさから、水を使うと手がしもやけ状態になります。

酷いときは、手の指先の感覚が麻痺することもありました。

店内でも常にジャケットやコートを着ながら仕事をしたり、寒い日には足も冷え、その上立ち仕事のため足の指の感覚が麻痺することもよくありました。

こんなに寒い思いをしながら仕事を続けるのは無理と言って辞めてしまう人もいます。

冷え性の方などは辛いかもしれませんね。

それに対する対策とは?

花屋では暖房を使えないと言いましたが、足元に小さなヒーターを置くぐらいは可能です。

花に向けて置くのではなく、自分の足に向けて花から遠ざけて置くと、やはりヒーターがあるのとないのとでは寒さが全然変わってきます。

小さいヒーターだと体全体を温めることはできないため、ジャケットやコートをしっかり着て、服の中にはカイロを貼るのも良いかもしれません。

しもやけを完全に防ぐことはできないかもしれませんが、ゴム手袋の上から軍手をするなど工夫しながら働くのも良いでしょう。

しかし、軍手は水に濡れるとすぐに冷えてしまうため、こまめに交換する必要がありますので工夫してください。

花屋の仕事は大変でも、辞めないために皆さんに伝えたいこと

花屋の仕事が大変で辞めたいと思っても、本当に辞めてしまっても良いのか自分の中で考えてみてください。

自分の憧れていた仕事

花屋の仕事はもしかしたら昔からずっと憧れていた仕事ではないのでしょうか?

毎日沢山のお花に囲まれながら働ける機会は、きっと花屋以外にありません。

もし今ここで、花屋の仕事を辞めてしまったら、自分の憧れていた仕事以上に素敵な仕事に簡単に出会えるのでしょうか?

辞める前にもう一度よく考えてみてください。

辞める以外にも、自分で仕事を続ける方法を見つけ出すことができるかもしれません。

お客様の笑顔

もし花屋の仕事を辞めたいと思ったら、その時に思い出してもらいたいものがあります。

それはお客様の笑顔です。

お花を買っていくお客様の笑顔や、自分が作った花束を目にしたときのお客様の嬉しそうな顔。

そんな笑顔をお花を通して作っているのはあなたです。

お花を通して沢山のお客様に笑顔と幸せを作っているのは、紛れもなく花屋で働くあなたの仕事なのです。

花はそこにあるだけで幸せな気持ちになります。

そんな素敵なお買い物のお手伝いをする仕事、素敵だと思いませんか?

簡単に辞めてしまっても良いのでしょうか?

辞める前にお客様の笑顔をもう一度思い出してみてください。

花屋の仕事は辛いことばかりではないはずです。

「花屋の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は花屋の仕事について、少しマイナスな面をお話しました。

働いてお金を稼ぐのは決して楽なものではありません。

時には辛いことやしんどいことがあり、辞めたくなることがあるかもしれません。

しかし、続けることに意味があります。

辛いから、しんどいから、と時には仕事を辞めるのも正しい選択かもしれません。

しかし、毎回毎回じ理由で仕事を辞めていては、スキルも知識も何も身につきません。

辛いことやしんどいことから目を背けてばかりいては駄目なのです。

辛いから、しんどいからといって仕事を辞めるのではなく、どうしたら仕事を続けられるかということを考えることも時には必要になってきます。

今回お話した以外にも、花屋の仕事を辞めたいと思う理由は個人により違ってくるかもしれません。

しかし、だからといってすぐに仕事を辞めるのではなく、自分で少しでも仕事を続ける努力をしてみるのも良いのではないかと思います。

また、もしその仕事が好きなのに辞めようか迷っているときは、どうするのが正解なのか、まずは対策を考えてみましょう。

好きな仕事を辞めて、これ以上に良い仕事に出会えるのかなどもよく考えてみてください。

リクナビNEXTに会員登録をした後、自分の経歴やキャリアプランを匿名で登録してみましょう。そうすると、企業から好条件のスカウトを受けることがあるのでお得です。転職の成功確率も上がりやすくなります。




花屋バイト求人についてもっと深堀りした情報を見る

花屋バイトの時給はどのくらい?私の周りの相場や時給の決まり方を紹介します

皆さん、花屋のバイトについて興味はありませんか?花屋と言えば、女の子は誰でも一度憧れた仕事だと思います。でも実際花屋のバイトってどうなの?稼げるの?と思う方もいるかと思います。今回は、実際に花屋で働いていた私が花屋のバイトの時給は一体どのくらいなのか、花屋の仕事はハッキリ言って稼げるのか?稼げないのか?など、皆さんが気になるところを解説していきたいと思います。花屋の仕事に興味がある人や、これから花屋で働こうと考えている人はぜひ参考にしてみてください。花屋の仕事について花屋の仕事について簡単に説明すると、店内で花を売ったり、花の手入れをしたり、お客さんの注文や予約を受け付け、花束や花かごを作った

花屋のアルバイトをやってて良かったこと。メリットや身につく力など!

花屋のアルバイトは見た目ほど華やかではありません。体力勝負でキツい仕事ではありますが、それでも花屋のアルバイトをやっていて良かったと思えることが沢山あります。この記事では、花屋のアルバイトをやっていて良かったことについてご紹介していきます。花屋のアルバイトをやっていて良かったこと花屋のアルバイトをやっていて良かったことは多々あります。なんと言っても一番良かったことは、色とりどりの大好きな花に囲まれ、花の良い香りを楽しみながら、癒される空間で仕事ができるということです。そんな素晴らしい環境の中で、他にも沢山の良かったことがありますので、続けてご紹介します。花について詳しくなった花が好きである程度