女性の方で、子供の頃の将来の夢は花屋だったって方は多いのではないでしょうか?

今回はそんな誰もが子供の頃に憧れていた花屋の仕事について少しマイナスな面についてお話ししたいと思います。

花屋の仕事を始めて辞めたいと言う人の良くある理由や、またその対策についてなど詳しくお話ししていきます。

「花屋の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

花屋の仕事を辞めたい…2つのよくある理由とそれの対策とは?

花屋の仕事を始めたけど思っていたのと違った、辞めたいという方がいるかもしれません。

理由があり続けられなくなる人がいるかもしれません。

花屋の仕事を辞めたいと思う良くある理由や、それに対する対策をまとめてみました。

手荒れ

花屋では仕事上水を使うことが多いです。

花に水やりをしたり、花を水につけたり、水につかっている花を取ったり。

花にとって水は必要不可欠のものです。

そのため水を使わない日はなく、仕事をしていると手がよく水で濡れます。

それが原因で手が荒れることが多いです。

冬には寒さと冷たさから、手がしもやけ状態になることもよくあります。

もともと肌が弱くてすぐに手が荒れてしまう人なんかは、仕事を続けられなくなって辞めてしまう人もいます。

手荒れで花屋の仕事を辞めたいと思う人もいれば、手荒れがひどくて辞めないといけなくなる人もいるのです。

それに対する対策とは?

手荒れに対する対策として、軍手やゴム手袋を使うことです。

あまり手が荒れることはないが、少し手荒れが気になるという人は軍手を使うぐらいで大丈夫だと思います。

また、手荒れがひどい人にはゴム手袋を使うのがおすすめです。

ゴム手袋だと水を通さないため手に水が直接触れることがありません。

水から手を守ってくれるため、ゴム手袋は必須アイテムになります。

こちらは気休めかもしれませんが、水を使わない間、休憩中やレジをするときなど、こまめにハンドクリームを塗るのもおすすめです。

水を使うのにハンドクリームを使っても、すぐに水で落ちてしまうので、水を使わない間はこまめにハンドクリームを塗るのもおすすめします。

寒さ

花屋に入ると少しひやっと冷たさを肌に感じませんか?

花屋の中には花用の冷蔵庫もあるため、店内は外の気温よりも低くなっています。

そのため冬がとても辛いです。

花屋では花を取り扱っているため暖房を使えません。

先ほどもお話ししましたが、冬は寒さと冷たさから水を使うと手がしもやけ状態になります。

ひどいときは小指なんかは感覚が麻痺することもありました。

店内でも常にジャケットやコートを着ながら仕事をしたり、寒い日には足も冷え、その上立ち仕事のため足の指の感覚が麻痺することもよくありました。

こんなに寒い思いをしながら仕事を続けるのは無理と言って辞めてしまう人もいます。

冷え性の方などは辛いかもしれませんね。

それに対する対策とは?

花屋では暖房を使えないと言いましたが足元に小さなヒーターを置くぐらいは可能です。

花に向けておくのではなく、自分の足に向けて花から遠ざけて置くと、やはりヒーターがあるのとないのとでは寒さが全然変わってきます。

小さいヒーターだと体全体を温めることはできないため、しっかりジャケットやコートを着て、服の中にはカイロを貼るのもいいかもしれません。

しもやけを完全に防ぐことはできないかもしれませんが、ゴム手袋の上から軍手をするなど工夫しながら働くのもいいでしょう。

しかし、軍手は水に濡れるとすぐに冷えてしまうため、こまめに交換する必要がありますので工夫してください。

花屋の仕事は大変でも、辞めないために皆さんに伝えたいこと

花屋の仕事が大変で辞めたいと思っても簡単に辞めないで、本当に辞めてしまってもいいのか自分の中で考えてみてください。

自分の憧れていた仕事

花屋の仕事、もしかしたら昔からずっと憧れていた仕事ではないのでしょうか?

もし花屋の仕事がずっと働きたいと思っていた仕事だったのなら、簡単に辞めてしまってもいいのでしょうか?

毎日たくさんのお花に囲まれながら働くのなんてきっと花屋以外にありません。

もし今ここで、花屋の仕事を辞めたいと思い辞めてしまってもいいのでしょうか?

自分の憧れていた仕事以上に素敵な仕事に簡単に出会えるのでしょうか?

辞める前にもう一度よく考えてみてください。

辞める以外にも自分で仕事を続ける方法を見つけ出すことができるかもしれません。

お客さんの笑顔

もし花屋の仕事を辞めたいと思ったら、その時に思い出してもらいたいものがあります。

それはお客さんの笑顔です。

お花を買っていくお客さんの笑顔や、自分が作った花束を目にしたときのお客さんの笑顔やその嬉しそうな顔。

そんな笑顔をお花を通して作っているのはあなたです。

お花を通し、たくさんのお客さんに笑顔と幸せを作っているのは紛れもなく、花屋で働くあなたの仕事なのです。

花はそこにあるだけで幸せない気持ちになります。

そんな素敵なお買い物のお手伝いをする仕事、素敵だと思いませんか?

辞めたいと思い簡単に辞めてしまってもいいのでしょうか?

辞める前にお客さんの笑顔もう一度思い出してみてください。

花屋の仕事は辛いことばかりではないはずです。

「花屋の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は花屋の仕事について少しマイナスな面をお話ししました。

働いてお金を稼ぐのは決して楽なものではありません。

ときには辛いことやしんどいことがあり、辞めたくなることがあるかもしれません。

しかし、続けることに意味があります。

辛いから、しんどいから、といって時には仕事を辞めるのも正しい選択かもしれません。

しかし、毎回毎回じ理由で仕事を辞めていてはスキルも知識もなにも身に付きません。

辛いことやしんどいことから目を背けてばかりいてはだめなのです。

辛いから、しんどいからといって仕事を辞めるのではなく、辛くてしんどいけどどうしたら仕事を続けられるかということを考えるのも時には必要になってきます。

今回お話しした以外にも、花屋の仕事を辞めたいと思う理由が個人により違ってくるかもしれません。

しかし、だからといってすぐに仕事を辞めるのではなく、自分で少しでも仕事を続ける努力をしてみるのもいいのではないかと思います。

また、もし自分がその仕事が好きなのに辞めようか迷っているときは、自分でどうするのが正解なのか、好きな仕事を辞めてこれ以上にいい仕事に出会えるのかなどもよく考えてみてください。


関連キーワード

花屋バイト求人

花屋バイト求人についてもっと深堀りした情報を見る