花屋のアルバイトは見た目ほど華やかではありません。

体力勝負のきつい仕事ではありますが、それでも花屋のアルバイトをやっていてやっぱりよかったと思えることがたくさんあります。

花屋のアルバイトをやっていてよかったことについてご紹介していきます。

花屋のアルバイトをやってて良かったこと

花屋のアルバイトをやってて良かったことはたくさんありますが、なんといっても一番良かったことは、色とりどりの大好きな花に囲まれ、花のいい香りを楽しみながら、癒される空間で仕事ができるということです。

そんな素晴らしい環境の中で、ほかにもたくさんの良かったことがありますので続けてご紹介します。

花について詳しくなった

花が好きで、ある程度の知識がある方でも、花屋でアルバイトをするとまだまだ知らない花があったり、新しい品種が続々と発売されることに驚くかもしれません。

花言葉や季節の花についての雑学なども増え、花について詳しくなることで生活が豊かになります。

また、鉢植えの育て方などもお客様から聞かれることがありますので、そういった知識もどんどん増えていきます。

簡単なフラワーアレンジメントを作れるようになった

最初はなかなか思い通りのアレンジメントが作れません。

自分の好きな花ばかりで作ろうとしても、なかなかいいものはできないのです。

花や葉のバランスがあり、それぞれの役割があり、それがなんとなくわかるようになる頃から、お客様にも喜ばれるようなアレンジメントが作れるようになります。

ある程度アレンジメントが作れるようになると、友達へのちょっとしたプレゼントからお祝いのアレンジメントまで自分のイメージ通りのものを相手にプレゼントできるようになり、「あなたのイメージで作りました」というメッセージとともにプレゼントすると相手からも大変喜ばれます。

コミュニケーション能力が向上した

お客様がプレゼント用などに使う花束やアレンジメントを注文される時は、どんな用途か、どんな人に贈るのか、その人はどんなイメージかなど質問をしながらそのイメージに合った花を選んでいく必要があり、コミュニケーション能力が必要となってきます。

最初のうちはなかなか情報を引き出しきれず、お客様がイメージするものができないこともありますが、徐々にこのコミュニケーション能力が身についてきて、お客様に喜ばれるものが作れるようになってきます。

必要な情報を引き出すコミュニケーション能力は花屋だけでなく、日常生活においても様々な場面でとても役に立ちます。

また、お客様の年齢層はまちまちですので、今まであまり話したことのない年齢層とお話をする機会があり、最初はちょっと戸惑うこともあるかもしれませんが、花という共通の話題から徐々に会話も広げることができ、コミュニケーション能力が養われます。

咲いてしまったお花を持ち帰れる

こちらはお店によると思いますが、花屋の花は咲ききってしまう前に売らなくてはいけません。

満開の花はその時はきれいですが、買ってから数日も持たないということが多いからです。

咲ききった花をディスカウントで売ることもありますが、捨ててしまうこともあり、それらを持ち帰らせてくれるお店もあります。

ただ、もったいないと思ってすべて持ち帰ると部屋の中がお花であふれてしまうことになりますので、徐々に持って帰るお花を厳選するようになったりしますが、家に帰ってからも花に癒される空間で過ごすことができます。

花屋のアルバイトで身についたこんなスキル

花屋のお仕事は大きくは花の手入れと花の販売の2つに分けられると思います。

花屋ですから、当然、花に関する知識やスキルは身につきますが、それ以上に、お客様への対応が重要となる花の販売において、経験を積むほどお客様への対応スキルが磨かれます。

それらについて詳しくご紹介します。

接客スキル

花を買いにくるお客様はたいてい心に余裕のある方なので、会話も弾みやすく、自然と笑顔で明るい接客が身に付きやすいです。

自分がイメージする花束やアレンジをうまく伝えられるような、花を買うことに慣れている方はあまりいらっしゃらないので、お客様との会話の中で、どんなものをお好みかなど探っていくことが重要となり、雑談を交え、必要な情報を聞き出すコミュニケーションを図りながら、花を選び、楽しくお客様と過ごす接客スキルを身につけることができます。

また、花を買いにお店にやってくる人の年齢層はまちまちです。

母の日に小さな子供が500円玉をもってやってくることもありますし、おばあちゃんが仏壇の花を買いに来ることもあります。

年齢を問わず、様々なお客様と接することで幅広い層に柔軟に対応できる接客スキルが身につきます。

販売スキル

花束やアレンジメントを買いにいらっしゃるお客様には、お客様が選んだ花をまとめながら、自分ならもう少しボリュームをだす花、華やかさを追加する花、こんな花を追加するなど、実際に追加したらいいなと思う花を選んで、まとめたものに合わせて見せてあげることでお客様がより多くの花を買ってくれることがあります。

工夫次第でよりたくさんの花を買ってもらったり、リピーターになってもらえることもあります。

お店によっては、咲いてしまった花を小さな花束にしてディスカウントで販売したり、あるいはおまけとしてお渡ししたりします。

販売の仕方も勉強となりますが、それらをどう喜ばれるように販売するのかという販売スキルも身につきます。

どうしたら喜んでもらえるか考えるスキル

お客様は花束やアレンジメントに対するイメージは持っていらっしゃることがほとんどですが、イメージ通りに仕上げる花を選ぶことはなかなかできません。

お客様のイメージを丁寧に聞いてあげて、どうしたらイメージに近い仕上がりの花を選べるか様々な工夫が必要になります。

お客様のイメージに寄り添い、仕上げていくことでお客様は大変満足しますし、喜んでもらえます。

イメージ通りにいかないと露骨に顔に現れるお客様もいらっしゃり、お客様が笑顔で花を買って帰られるための工夫を常に考えるスキルが身につきます。

花屋のアルバイトをやっている中で嬉しかった瞬間

花屋のアルバイトをやっている中で嬉しかった瞬間は、どの場面をとってもお客様に喜んでもらい、お客様の笑顔と結びつく瞬間だと思います。

どんな時にお客様の笑顔に出会えたかを紹介いたします。

お客様に喜んでもらえた時

お客様がプレゼント用のアレンジをご希望され、どんな花がいいかわからないとお任せされたときに、どんな用途なのか、どんな方にお送りするのかなどを聞きながら一緒に花を選んで作成したアレンジに対して、「プレゼントする人のイメージ通りです」と大変気に入ってもらえた時は、自分の中でも満足するし、嬉しく思う瞬間です。

また、限られた予算でより見栄えよく、華やかにアレンジができると「こんなに豪華にできるのですね」とにっこりとされ、喜んでもらえてよかったなと嬉しくなります。

リピーターになってくれた時

定期的に花を買いにくるお客様は何割かいらっしゃいます。

毎週、お部屋に新しい花を飾る人は素敵だと思いませんか。

そのような人が自分のアレンジメントを気に入ってくれて、毎回お任せで注文していただけるようになると本当に嬉しくなります。

また、卒業の記念、入学の記念、母の日などイベントごとに毎回、自分のアレンジでお願いしていただけると、自信にもつながりますし、お客様と一緒に様々なイベントを経験しているような気分になり、次はどんな風にしようかなとこちらまで楽しみになってきます。

リピーターのお客様は花に詳しい方も多くいらっしゃるので、新しい花が入ったときなど「こんな花を入荷したんですよ」と花の話題で盛り上がることも多く、自分との雑談も込みで花屋を訪れてくれるようになるリピーターが増えてくると本当に嬉しくなります。

自分の作った花束のプレゼントの結果報告を受けた時

彼女にプロポーズをするにあたり、花束をプレゼントしてプロポーズをしたいとおっしゃったお客様がいました。

彼女のイメージをあれこれ伺いながら、お客様が選んだお花と、さらに彼女をイメージできるような花を追加していき、花束を仕上げました。

お客様は大変満足されて彼女との待ち合わせ場所へ向かわれました。

数日後、そのお客様が彼女とともにお店に現れました。

「先日は素敵な花束をありがとうございます」とお二人から言われて、「ああ、幸せになられるのだなぁ」とこちらまで嬉しい気持ちになりました。

お客様と一緒に花束やアレンジを作っていくと、そのプレゼントがとても喜ばれたとご報告に来てくださるお客様がいらっしゃいます。

お客様に寄り添い、一生懸命に仕上げた甲斐があったと本当に嬉しくなる瞬間です。

花屋のアルバイトはこんな人におすすめです!

「花が好き」ということは必須ですが、花が好きなだけでは続けることができないと思います。

「花が好き」で、かつ体力のある人、人と接することが好きな人、こんな人なら花屋のアルバイトを楽しく続けることができるのではないでしょうか。

花が好きな人

花が嫌いな人を私は聞いたことあがありません。

「花は好きですか」という質問に、大抵の人は「はい、好きです」と答えると思います。

「花が好きな人」にも度合いがあり、例えばピンクの薔薇が好きな人で、自分が求める「ピンク」がなんという種類の薔薇かまで知りたいような人などにはおすすめです。

また、花をいつまで眺めていても飽きないというような「花が好きな人」にもおすすめです。

花が徐々に咲き始める様子や、花びらの色の繊細なニュアンスに感動できるような人なら、どんなにきつい仕事でも常に癒されながら仕事ができます。

体力仕事が苦にならない人

とにかく体力勝負です。

体力に自信がある人にはおすすめです。

まずは、花を仕入れてからお店に出すまでを考えてみましょう。

仕入れてきた花は大抵数十本から百本単位で箱に入って届きます。

このずっしりと重い箱をまずは急いでお店に運びこみます。

お店にすぐに出す分については、水を張ったバケツで10本単位くらいずつ急いで水切りをしていきます。

水切りした数十本の花を店頭用のバケツに入れて店頭に並べていきますが、仕入れたばかりの花はたいてい奥の方へ置き、咲き始めている花をお客様からすぐ見える位置に移して並べていくことが多いので、花の入ったバケツを移動させレイアウトしていくことになります。

これだけでも、握力、腕力、背筋、腹筋、相当鍛えられる重労働だということが想像つくと思います。

お店が開店すると閉店までずっと立ちっぱなしですし、切った茎や葉っぱが床に散らかったり、足元が水で滑ったりするので、掃除をこまめにする必要があります。

ぼーっとしているより、こまめに動くことが好きな人、そんな人におすすめです。

人と接することが好きな人

花を売る仕事はお客様とのコミュニケーションがとても大切です。

人と接することが好きな人でなければ難しい仕事です。

お店を訪れるお客様の年齢もまちまちですし、どんな人とも気軽に楽しく会話ができて、お客様に興味をもって接することができる人にむいていると思います。

卒業、入学シーズンや母の日、敬老の日などのイベント時にはお子様からおじいちゃん、おばあちゃん世代まであらゆる年代のお客様がそれぞれの思いをもって花を買いにいらっしゃいます。

一人ひとりのストーリーを一緒に楽しんで接客ができるような人なら、お客様のイメージする花を一緒に束ねることができて、お客様にも喜ばれ、自分もまた楽しく仕事ができます。

花屋の仕事はどんな人に向いているかは、こちらの記事を参考に!

まとめ

花屋のアルバイトは体力が必要ですが、季節ごとの色とりどりの花に囲まれ、常に癒される空間の中での楽しいお仕事です。

入学、卒業シーズン、母の日や年末などイベントごとに休む暇もないくらい忙しい日があります。

そんな忙しい日には殺伐とした雰囲気になりそうですが、色とりどりの花と優しい香りに囲まれていれば、自然と穏やか気持ちを取り戻して気持ちよく働くことができます。

自分の好きな環境で働けるというのは本当に気持ちのいいものです。

そんな恵まれた環境の中で、花に関する知識やスキルだけでなく、体力もつき、接客やコミュニケーションのスキルも身につき、人として成長できるのが花屋のアルバイトのよいところです。


関連キーワード

花屋バイト求人

花屋バイト求人についてもっと深堀りした情報を見る