カメラマンというととても華やかで個性的な人、あるいは芸術的なセンスがないと出来ない仕事のように思われがちです。

ほかにも「写真の専門学校を出ていないとなれないイメージ」などと、そのプロフェッショナルさに敬遠されることも多くあります。

カメラマンの仕事はどのような仕事なのでしょうか。

そして、向いている人、向いていない人はどういう人なのでしょうか。

今回はそんなカメラマンのお仕事に関して色々とご紹介させていただきます。

「カメラマン」が自分に向いているか診断するにはこちら →

カメラマンの仕事はどんな仕事?

カメラマンは、その名の通りカメラで写真や映像を撮影する人のことです。

カメラマン、と聞くとテレビの取材や撮影をする人や、収録を撮影して編集する人を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、「●●カメラマン」という名前が複数あるように様々なカメラマンが存在します。

ウエディングカメラマンは結婚式や披露宴の写真撮影をする人、ビデオカメラマンは映像を撮影する人、報道カメラマンは事件や事故などの現場や様々な報道の現場で写真や映像を撮影する人など様々なカメラマンがいます。

有名なカメラマンになると、「フォトグラファー」などと呼ばれることもあり、写真集や個展を開いたり、そのカメラマンの名前でコラボ商品が作成されたり、「フォトグラファー●●が撮影したアイドルの写真集」などとそこに付加価値が加わります。

ですが、一般的にはカメラやビデオカメラを使用し、一瞬や、短い時間を切り取り、映像や写真におさめる仕事をする人のことを言います。

カメラマンの仕事はどんな人に向いている?

それでは、カメラマンの仕事はどんな人に向いているのでしょうか。

いくつかの条件をもとに見ていきましょう。

クオリティに妥協しない人

まずは、芸術作品としての写真を撮るカメラマンであっても、報道などの記録としての写真を撮るカメラマンであっても、また、映像などの一瞬ではなく数時間単位での記録をするカメラマンであっても、「クオリティに妥協しない人」である必要があります。

スマートフォンやデジカメ、ハンディビデオカメラなど一般人でも気軽に写真や映像を撮ることが出来る現代において、写真や映像を撮ることは誰でも出来てしまいます。

それでも、プロのカメラマンにお金を払ってでも撮影を依頼する場合というのは、一定以上のクオリティを期待しているからこそなのです。

そこで、どんなものに対してでもクオリティに妥協しない姿勢というのはカメラマンには必ず必要とされる要素です。

ちょっとした色味や明るさの調整、トリミングの場所によっても大きく写真の印象は変わってきます。

その調整にミリ単位でこだわり、時間をかけられる人であるかどうかによってその作品のクオリティも変わってくるため、クオリティに妥協しない人であることは大変重要であると言えます。

自分らしさが出せる人

カメラマンには資格や経験が必要とされるわけではないので、誰でもカメラを持っていれば「カメラマン」と名乗ることが出来ます。

そこで、カメラマンを仕事としお金をもらい生活できるようになるためには写真や映像に「自分らしさ」が出せることが必要となります。

「この写真はあなたにしか撮れないね」

「この映像の撮り方はあなただからこそ」

と言われるようになれば、次からも指名してもらえたり、個展を開いたり写真集を販売してもわざわざ見に来る人がいます。

人とのコミュニケーションが好きな人

様々なカメラマンがいますが、大半のカメラマンは人と関わることが多い仕事です。

風景ばかり専門で撮影する……という場合ももちろんありますが、どうしても人と接することが避けられないのは事実です。

例えば、ウエディングカメラマンは、まず新郎新婦へのあいさつから始まり、2人の仲良しな写真を撮影するために初対面であっても友達のように密なコミュニケーションをとります。

その後式の進行を邪魔しないように司会者や牧師さんとコミュニケーションを撮りながら撮影をし、親族にも挨拶をしたり、参列者の方とも盛り上がっている雰囲気を壊さないように時に一緒に盛り上がりながら撮影をします。

さらに、全員からのお祝いコメントをもらうときには全員に「新郎新婦にひとことお願いします!」と声をかける必要があります。

このように、初対面の人とでも楽しく会話が出来るコミュニケーションが好きな人でないと厳しい場面も多々あります。

機械を使うことが苦にならず、大切に扱える人

言うまでもなくカメラマンはカメラやビデオカメラがなくては仕事をすることが出来ません。

そのため商売道具であるカメラは大切に扱う必要があります。

近年カメラはどんどん性能が良くなり、電子化しつつありますのでちょっと乱暴に扱うと壊れてしまうことがあります。

また、撮影したデータはフィルムではなくSDカードなどに保管しますが、このSDカードも乱暴に扱うとデータが飛んで消えてしまうことがあります。

さらにそのデータを調整するパソコンや印刷機など機械に囲まれて仕事をすることになりますので、機械の扱いが苦にならず、さらに丁寧に扱える人であることはとても大切な条件になります。

カメラマンの仕事の中でもブライダルカメラマンに向いている人は、こちらを参考に!

逆にカメラマンの仕事に向いていない人の特徴は?

それでは逆にカメラマンの仕事に向いていない人の特徴はどのようなものがあるのでしょうか。

体力がない・自信がない人

カメラマンは華やかに見えますが、とてつもなく体力勝負の仕事です。

撮影中は基本的にはずっと立ちっぱなしですし、報道カメラマンなんかは狙っている写真が撮れるまでずっと張り込みを続けるなんてこともあります。

また、撮影やクライアントに合わせて自分のスケジュールが決まることも多く、不規則な生活が続くことがあります。

さらに、カメラマンがプロとして使用するカメラはとても重いものが多く、それによく光るフラッシュを付属でつけることもあり、とても腕に負担がかかります。

その重たいカメラを長時間持っている必要があるので体力がかなり消耗されます。

また、一瞬を切り取るためには即座に走り寄って瞬間をカメラに収めたり、重い三脚を一緒に持ち歩いたりと腕力・瞬発力ともに使う仕事です。

そのため、体力がなかったり自信がない人はあまり向いていない仕事ではあります。

細かい作業が苦手な人

カメラマンは、撮影だけでなくその後の写真の現像や調整などもする必要があります。

昔は暗室で印画紙を現像液に着けて……といった作業を行い写真の現像をおこなっていましたが、近年デジタルカメラが主流になってきましたので主にパソコン上での作業がメインとなってきています。

そのため、逆にパソコン上で細かく色味や明るさの調節を行い、写真を最高のものにする作業が出来るようになりました。

この細かい調整作業や、カメラのメンテナンスのために丁寧にカメラのホコリなどを取り除く作業が苦手な人はカメラマンにはあまり向いていないでしょう。

リスクヘッジが苦手な人

カメラマンは一瞬を切り取る仕事です。

映像であっても絶対に逃してはいけない瞬間をカメラに収めることが必要です。

そのため、「あっ、しまった!カメラを落として壊してしまった!」といったことは許されないです。

大半のカメラマンは常に2台カメラを持ち歩き、不慮の事故などでカメラが万が一1台壊れたり故障したりしていても、大切な瞬間を1枚も撮影出来ていなかった、といった事態に備えています。

また、撮影現場への到着も渋滞や電車の遅延などに備え、かなり早めに現地に着くようにしています。

そんなリスクに備えたリスクヘッジが苦手な人には大切な瞬間を任せることはできず、カメラマンには向いていないと言えるでしょう。

「カメラマン」が自分に向いているか診断するにはこちら →

カメラマンの仕事で活かせる経験

それでは、これからカメラマンを目指す方がこれまでの経験でカメラマンになるために生かせるのは何があるでしょうか。

今までチャレンジしたことがなくても、カメラマンを目指す方はやってみることをおススメします!

インスタグラムをやってみる

学生さんでも主婦の方でもいまやインスタグラムでお金を稼げる時代です。

自分の撮影した写真を加工したりして公開したくさんの人に見てもらう経験が出来るのは現代ならでは!

コメント欄での多くの人の意見も自分らしい写真を撮ることに役立つこと間違いなしです。

まずは気軽にスマートフォンで始めてみるのはいい経験になるのではないでしょうか。

誰も気が付かないような細かい点に常に注目してみる

例えば道に落ちているゴミの気持ちになってみたり、誰も気づいていないような面白い形の雲を見つけたり、そういった個性的な自分ならではの感性はカメラマンにとってとても大切です。

普段から日々の生活に忙殺されてしまうとなかなかその完成を磨くことが難しいですが、出来るだけ意識して過ごすことによって少しずつ磨かれてゆきます。

色彩検定など色の資格を取ったり勉強する

報道カメラマンではあまり必要がないかもしれませんが、芸術系のカメラマンや個展を開くなどを目指している方は、色彩検定などの色の勉強をしておくとよいでしょう。

風景やモデルさんを撮影する際に、一緒に画角の中に収める小物や衣装の色など、写真を撮影する上で色は避けては通れない大切な要素です。

どの色を組み合わせると美しいのか、あるいはどの色がどのような印象を人に与えるのかといったことを知識として知っていて撮影するのと、なんとなく撮影するのとでは、作品の仕上がりには大きな差が生まれます。

さらに、パソコンで加工するときにも、「少し青みがかった」「少し赤みがかった」など調整が出来ますので、色の要素を知っていればとても役に立つことでしょう。

その後のキャリアについて

カメラマンをしたのちにその経験を活かせるキャリアにはどんなものがあるのでしょうか。

基本的には専門職ですので、すぐに転職に活かせるということはありません。

ですが、プリンターや機械に強くなりますので、印刷会社やデザイナー、機械修理の仕事などについている方も多くいるようです。

また、実際にカメラを扱っていた立場としてカメラを製造するメーカーの販売員や、製造する企画者などになることもできます。

電機屋さんで、ただのメーカー販売員に説明されるよりも、実際に使っていた立場として説明されるほうが説得力があるように、カメラなどの精密機器メーカ-にとってはカメラマンの存在はかなり嬉しい存在となります。

体力的にはもうしんどいけれど、カメラや写真には携わっていたいという方が、ご意見番や顧問としてコメントをすることもあるようです。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

例えば企業の広報の仕事などは、イベントや自社商品の撮影をする機会が多くありますので、カメラマンとして撮影のスキルがあると、とても重宝されます。

どれだけ自社商品やイベントなどを魅力的に撮影できるかが勝負のお仕事ですから、カメラマン経験者であれば大変優遇されることでしょう。

また、広告代理店などはカメラマンを雇う側ですが、カメラマンの気持ちや状況などを把握していると、交渉や手配などにも有利になるので、カメラマンの経験は生かすことが出来るといえます。

ここまでカメラマンをしたのちのキャリアについてみてきましたが、カメラマンというのは体力を使う仕事ではあるものの、特に定年やこの歳を超えるともう出来ない、ということはありません。

報道のカメラマンはもうできないけれど、モデルの撮影は出来るからスタジオ撮影系の仕事を探す、などといったように、カメラマンからほかの仕事に転身するというよりは、カメラマンの中で別ジャンルの仕事に徐々に変更してゆく方が多くいる印象を受けます。

カメラマンというのはそれだけ一生続けたい魅力的な仕事であるともいえます。

だからこそ余計に、出来るだけ自分の名前だけで勝負できるようになりたいと願う方が多いのでしょう。

「カメラマン」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

ここまでカメラマンの仕事や向いている人、向いていない人の条件などをご紹介してきました。

芸術的なイメージや、職人のようなかっこいい側面などなにかと人から憧れる職業のカメラマンですが、実際にはとても体力勝負で競争の激しい世界です。

憧れの気持ちだけではとてもやっていくことが難しいのが現実です。

ですが、写真を撮ることが日常的かつ誰でも出来る現代においてはそのプロフェッショナルともいえるカメラマンは、誰からも尊敬され憧れられる職業と言えるでしょう。

  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
最初に、年収診断をしてくれるのがウリ!7万人の転職者データを元にしてちゃんとした適正年収を提示してくれます。 公式サイト 公式サイト
転職支援実績NO.1。41万人以上の転職支援を誇る。No.1だからこその充実サポートでキャリアップを支援してくれます。 公式サイト 公式サイト
【裏技紹介】リクナビNEXTに会員登録したら、TOPページのフリーワード検索で「探したい職種」を入力して検索を!そうすると、自分にあった求人がたくさん見つかります。

関連キーワード

カメラマン求人

カメラマン求人についてもっと深堀りした情報を見る

カメラアシスタント求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

カメラアシスタントの仕事と聞いて思い浮かべるのはどういう仕事でしょう。文字通りそのまま捉えるならカメラマンのアシスタントということになりますよね。では、あなたは「カメラマン」と聞いてどういった仕事を思い浮かべますか?テレビ局ので番組制作に携わったり、中継や報道で動画を撮ったり、はたまた結婚式や写真館などで写真を撮ってあげたり、綺麗な風景や植物を映して写真集を出したり。このように一口にカメラマンと言った奴の仕事は多岐にわたります。そもそも動画を撮るのか、それとも静止画を撮るのかで仕事の内容は大きく変わります。業界用語では動画を撮るカメラマンを「ムービーカメラマン」と言い、静止画を撮るカメラマンを

カメラマンバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

「カメラマン」と一口に言っても、その活動内容は様々。動画を専門とする方もいれば、静止画を専門とする方もいます。さらに、それぞれ被写体とするものも異なります。料理を専門とするカメラマン、人物を専門とするカメラマン、植物や動物など自然を専門とするカメラマンなど、その専門分野は数え切れないほど。そうなると、カメラマンになるためにはまず何から始めたらいいか分からなくなってしまいますよね。そんな方はまず、カメラマンのアルバイトを始めることをおすすめします。今回はカメラマンアルバイトの内容や向き不向き、求人の特徴についてまとめますので、カメラマンとしての活動をご検討中の方はぜひ参考にしてみてください。カメ

ブライダルカメラマンの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

女性が人生で最も美しく輝く花嫁さんになる瞬間を、撮影するブライダルカメラマンの仕事に、憧れの気持ちを持った方も多いと思います。そんなブライダルカメラマンの仕事内容や、向いている人・向いていない人の適性について説明します。ブライダルカメラマンってどんな仕事?ブライダルカメラマンは、その名の通り結婚式や披露宴での写真撮影をするカメラマンのことを言います。結婚式場や写真館によっては、ビデオの映像撮影をするビデオカメラマンのことも含めて、ブライダルカメラマンという場合もあります。基本的には、結婚式や披露宴の当日に、新郎新婦につきっきりで結婚式や披露宴の様子を撮影し、また親族写真や二人の立ち姿の撮影も合

ブライダルカメラマンが向いている人の3個の特徴や必要なスキルとは?

結婚式や披露宴の写真を撮影するブライダルカメラマンの仕事内容は、どのようなものがあるのでしょうか。どのような特徴を持つ人が向いており、どのようなことに注意をして仕事に臨んでいるのでしょうか。ブライダルカメラマンとはどんな仕事?ブライダルカメラマンとはどのような仕事をしているのでしょうか?フリーでブライダルカメラマンをする場合と、式場やブライダルカメラマンの専属の会社に所属する場合がありますが、基本的には仕事内容は同じです。式当日の前には新郎新婦や会場との事前打ち合わせを行い、当日は式開始の約1時間前に直接会場入りし、撮影の準備を行ないます。そして式・披露宴が終了すると現地解散となります。場合に

ブライダルカメラマン求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

ブライダルカメラマン求人は、どのように探せばよいのでしょうか。また、ブライダルカメラマンの雇用形態にはどのような種類があるのでしょうか。実際の給与相場や、気になる疑問点に答えた裏話などもご紹介します。ブライダルカメラマンの求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容ブライダルカメラマンの仕事内容はどのようなものがあるのでしょうか。式当日、会場へは現地集合・現地解散であることがほとんどです。機材一式を持ってスーツで会場には1時間ほど前に入ります。その後新郎新婦やご両親へのあいさつや、新郎新婦のメイクシーンの撮影などを行い、その後式・披露宴・お見送りまでを撮影します。合間に立ち姿や親族写真の撮影や、

▼記事をスキップして見たい人向け▼
カメラマンの仕事を探すにはこちら >