求人サイトや求人誌でよく見かける電話を使った営業の募集ですが、自分でもできるのか、どんなお仕事なのか、分かりにくいことも多いですよね。

今回は電話営業求人でよくあるお仕事について気になる疑問を解説していきます。

電話営業のおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

電話営業は名前の通りお客様に電話をかけて営業をするお仕事になります。

電話をかける方のお名前や企業名の載ったリストを貰うことが多く、場合によっては住所や年齢・担当者のお名前など、その他の個人情報・企業情報を確認して電話を架け、繋がったら就業した会社の商品を勧めます。

電話営業は会社でどういう役割を求められる?

営業ですからどうしても売り上げを求められることが多くなります。

また、電話でお客様とお話をするので話し方など、会社のイメージを担う役割も出てきます。

電話営業にはどんな種類があるの?

営業をする『お客様』は、『既に会社の商品を使ってくださっている方(企業)』と、『会社の名前も知らないかもしれない新規の方(企業)』に大まかに分けられます。

どちらのお客様に営業をするかで難易度が変わってくることもあるので、募集の内容を是非よく見てみてください。

個人相手か企業相手かもポイントです。

一般的に特に個人相手で、既に会社の商品を使ってくださっている方には電話が架けやすく、お話もしやすいことが多いです。

電話営業の求人募集でよくある職種

企業への営業

企業を相手に営業をする職種は、企業向けの商品を取り扱っている会社になります。

部品販売などを行う企業、広告収入を求めるフリーペーパーの会社や出版社、電気設備の取り扱いがある会社、パソコンやコピー機などを貸したり売ったりしている会社などによく見られます。

個人への営業

個人を相手にする職種は様々です。

健康食品・お酒・下着・その他通信販売など物を売るものと、教育関連やカード会社などサービスを売るものに分けられます。

どういう事業形態や職種が良いか決まっていますか?

自分の求める給与や性格にもよりますが、電話営業に関してはなるべく大きな企業の募集の方がおすすめです。

中小企業ですと電話をかける相手の情報が少なかったり、電話を架ける際のマニュアルが徹底していなかったり、手探りでの営業が多くなる可能性が高くなります。

また、大企業ですと電話を架けた相手もその企業のことを知っていることが多く単純に話がしやすくなる、ということもあります。

また、職種に関しては自分が勧められないものを売っている職種は避けた方がいいかもしれません。

仕事と割り切れる方はいいのですが、自分のいらないものを相手に勧めるのはストレスになりがちです。

電話営業の求人でよくある募集内容とは?

長期の募集が多い傾向にあるようです。

正社員や、派遣社員であっても正社員登用予定というものも多く、特に経験のない方のパートタイマー募集は比較的少なくなっています。

給与相場

どんな形態での雇用でも高めに設定されていることが多いです。

勤務時間や休日、残業

企業によりますが、休日出勤や残業が発生することも多い傾向にあります。

特にお客様とお話をする立場なので話が長引いて定時を越えてしまうことも。

また、営業という立場上売り上げが悪かった場合や、またはより高い売り上げの為に長時間の営業を求められることがあります。

福利厚生

正社員や準社員扱いの雇用が多く福利厚生もしっかりしている傾向にあります。

勤務場所

複数の人と同じところで働く可能性が高いです。

本社とは別にコールセンターを構えている企業も多く、規模が大きければ百人以上と同じフロアになることも。

インターネット環境やパソコン設備が整っている傾向にあるようです。

求められる人物像

対面ではないとは言え営業職ですから、物おじせず明るく話せることが求められます。

コミュニケーション能力のある人

商品を売るには一時的にでも相手に信用をしてもらう必要があります。

相手を楽しい気持ちにさせたり、自分の気持ちを伝えたりとコミュニケーション能力は必要になるでしょう。

また、大人数の職場になることが多いので社内でも個人主義ではいられない場合もあります。

メンタルの強い人

給与相場が高いのは人が辞めやすい証拠でもあります。

突然見知らぬ人に電話を架けることになりますし、営業には実績がつきものでプレッシャーもあります。

メンタルの強さはどうしても必要です。

パソコン操作のできる人

電話を架けるための情報を得たり、新しく情報を入力したりと、パソコンを使う企業が多くなっています。

独自のシステムを利用している場合もありますので、ある程度機械に慣れている方が有利になるでしょう。

必要なスキルや資格、経験

資格や経験が重要視されないところも多い仕事です。

面接があるのなら、明るさやはきはきと話せるかを特に見られるでしょう。

電話営業の雇用形態による違い

雇用形態による違いが少ないことも多い職種です。

電話を架ける以上、話す相手には正社員かどうかなど関係がありません。

その分正社員と同じスキルを求められることも多くなります。

営業目標や残業に関しても正社員と他の社員に差をつけない場合も。

給与面でも大きい差がつかない場合が多く見られます。

自分にあった電話営業の求人の選び方や注意点

人と話すのは好きだし電話営業に興味があるけど、どの企業を選べばいいのか迷っている、という方は是非以下を参考にしてみてください。

【選び方①】雇用形態から探す

自分の希望するスタイルがあるかどうかで見てみましょう。

正社員を希望する場合、正社員予定の準社員や派遣社員を募集している場合もあります。

【選び方②】職種から探す

個人と話す方が向いているのか、会社を相手にする方が向いているのか考えてみましょう。

後者は特に大きな取引になる場合が多くやりがいがありますが、プレッシャーも大きくなります。

【選び方③】会社の業態から考える

会社の規模を特によく見てみましょう。

先に大きな会社を勧めていますが、小さな会社の方が自由が利く場合もあります。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

給与はやはり重要視したいところ。

また、残業がどの程度あるのかは見ておきましょう。

【選び方⑤】エリアから考える

なるべく自宅から便のいいところで選びたいですよね。

勤務地の確認は重要になります。

【選び方⑥】好きなものから考える

商品を売るお仕事ですから、少しでも好きなものの方が営業しやすくなる傾向にあります。

注意点

電話営業とだけで企業名が書いていないという募集もあります。

これは特に大量募集の場合辞める方が多い企業である場合もあるので多少注意しましょう。

ただ、そう言った企業の方が福利厚生などが手厚かったりマニュアルがしっかりしているという面もあります。

まとめ

電話営業のお仕事を考えている方、少しはお役に立てたでしょうか。

実績を求められたり、お客様と直接話さなければならなかったりとプレッシャーのかかるお仕事ですが、その分やりがいもあります。

迷っている方は一度ご応募されてみてはいかがでしょうか。


関連キーワード

営業求人