皆さんは、呉服業界でのお仕事の経験はございますでしょうか?

アパレル関係のお仕事された方は、結構いらっしゃると思いますが、呉服店に務めた方は少ないのではないでしょうか。

着物の販売してみたいけど難しいのでは?

居の高い感じで腰が引けてしまう。

詳しく知りたいと言った方へ、分かり易く書かせていただきます。

また、呉服店の仕事内容や職種、向いている人・向いていない人の特徴、お勧め求人のポイント、就職希望の方の、気になる疑問点など裏事情も含めて紹介させていただきます。

「呉服屋の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まずは「呉服屋」の仕事例をチェック

呉服屋のおおまかな仕事内容

皆さんは、呉服店に訪れた事は有りますか?

大型ショッピングモール内にテナントで営業している呉服屋さん、商店街などに単独で店舗を構えている呉服屋さん、それと単独か合同で行う展示販売会、大きく分けると、この3とおりになります。

掃除

店先の掃除

お店でのお仕事と言えば、どの業種でもやはり掃除ですね。

呉服店でも基本中の基本、店先の掃除は、ほうきで丁寧に掃いたり、もしくは、掃除機で吸い取ります。

その時、大事なのがほこりを立てない事です。

ザッザッと強く掃かずに、スウースウーと、ほうきを滑らせながらごみを寄せ集めます。

暑い日は、内水などしたり、花壇など有るお店なら花のおせわもします。

モール内のテナントであれば、モップをかけたり、コロコロで糸くずなどを、一つ残らず綺麗に取ります。

畳の掃除

着物と言えば和、和と言えば畳、畳の掃除では最初に掃除機をかけます。

静かにゆっくり、グッグッと押し込みながら当てゆきます。

掃除機かけるとき大事なのが、本体の中のゴミパックが、一杯になっていないかチェックする事です。

そうしないといくら掃除機をかけても綺麗にならず、やり直しさせられてしまいます。

撞木(シュモク)磨き

着物をディプレイするときに使うのが撞木です。

着物をかけている、黒い棒状の物で、帯をかける小さめの撞木もあります。

布巾などでよく乾拭きします。

電話番

いわゆる留守番ですね。

お店には、各業者さんから電話がかかってきます。

問屋さん、信販会社、仕立て屋さん、お客様、それぞれの御用件を伺い、即座にメモを書き残します。

問屋さんへの対応

問屋さんからの御用件は社長、店長への取次が多いものです。

しかしながら、社長などは外に出ている事が多く、折り返しする事になります。

なのでスマホの操作にたけていて、問屋さんと社長がスムーズにやり取り出来るよう、的確に、素早く対応しなければいけません。

信販会社への対応

お客様が商品をご購入されるときは、殆どがローンを組ます。

その時ご利用されるのが各信販会社です。

審査終了後OK確認の電話が、信販会社からお店にかかってきます。

内容としてはOK番号の確認ですので、伝えられた番号を言い返しながらメモしてゆきます。

最後に相手方が名乗りますので、これも連呼して書留め、次に自分も名乗り、相手に連呼して書き留めてもらいます。

これにより、信販会社からお店の口座に一括入金されるので、気を引き締めて対応します。

仕立て屋さんへの対応

仕立ての完了や、仕上がり期日変更のお願いが電話で来るので、しっかりと書き留めておきます。

ネットでのやり取りしている店舗もあるので、パソコンの操作能力が求められます。

お客様への対応

言葉遣いと、親切丁寧な対応で、お客様に不快な思いをさせないようにします。

クレームの電話が来ることも有るので、しっかり誤りお客様の立場に立って、お客様のご要望をしっかりと聞き、メモを残し、正確に社長又は店長に伝えます。

お茶出し

呉服業界では、お茶だしはとても重用です。

何故ならお客様の中には、お茶の生徒さんや先生が多くいらっしゃるからです。

急須に入れる茶葉の量もさることながら、器をお湯で温めるなどのお茶立の基本を学び、お客様へお出しする際の、作法も出来ていなければいけません。

抹茶を立ててお出し出来れば最高です。

ディスプレイ、展示会場設営

お店のディスプレイは季節に合わせた、着物や帯を選び撞木に掛てゆきます。

それと帯締めなどの小物も並べてゆきます。

展示会の場合は問屋さんと一緒に開催することが多いので、問屋さんが会場設営してくれますが、小売店と問屋さん、共に設営する事もあります。

事務

帳簿記載の業務

呉服商品の、仕入れや、売掛、販売などの金額を記載して帳簿を記載する仕事です。

そろばんや電卓等の資格を持っているとスムーズに事務の仕事が出来ます。

経費の管理をする業務

営業の社員さんや店長さん等が、取引先の方を接待したり、交際したりした際に、お店から領収書をもらいます。

会社の備品、移動の際に支払ったタクシーや電車代等の、交通費も領収書を貰って経費として認めてもらい、その費用分の代金を会社から返してもらう為に会社に提出してきますから、その領収書が経費として認められるかの判断を下したりします。

チラシ折り込みの業務

事務の仕事として呉服屋さんで仕事をしていると、事務以外の作業を頼まれる事もあります。

その業務はダイレクトメールのチラシ折り込みの業務です。

ダイレクトメール折り込み専門に、アルバイトを雇う場合もありますが、数がそれほど多くなければ事務の人に頼んで折り込んでもらいます。

営業

お店の中でただ黙って待って行ってもお店の業績アップは難しく、営業の人にお店の外に出て新たにお客様を開拓してもらわなければいけません。

営業をしに外に出かけて行っても扱う商品が着物ですから営業出来る幅が広いとは言えず、成果を出すのはかなり難しいですから知恵を絞って高度な営業力を考え出し営業の仕事をして、呉服屋さんの売り上げの拡大のための大事な役割りです。

「呉服屋の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

呉服屋の仕事の募集職種にはどんな種類があるの?

呉服店ですと、店舗営業と大型ショッピングモール内のテナント営業に分かれます。

両店での違いも比較しながら、募集職種の紹介をさせていただきます。

店番

店舗の営業ですと社長と販売員が外回りに出ることが多いので、お店のオープンから閉店迄の店番をしてくれる方が必要となります。

テナント営業ですと店長さんがおりますし、大型ショッピングモールの場合は販売員の方が勤務してますから、それで事足ります。

販売員

店舗営業の販売員

店舗営業ですとお店での販売は余りありませんから、接客中心です。

洋服よりも購買決断までの時間が長いので、長時間接客になります。

展示販売会での接客ですと、複数のお客様に商品をお勧めしているので混乱しないように接客してゆきます。

テナントの販売員

テナント営業ではショッピングモール内ですから、平日と休日との差が店舗営業より大きく、祝日などは大変混み合います。

そこで通路を歩くお客様が商品に興味を抱いて頂く為に、声出しを行います。

大きな声でお客様が訪れて下さるような、情報をお知らせします。

営業

こちらは外回りでアポイントのあるお客様宅に、お勧めの商品を持って営業させていただきます。

お店に来られないお子様や成人式近くの、お年頃になるお嬢様がいるお宅では、その場で着物を羽織ってもらい、ご家族で検討してもらいます。

チラシ折り込みアルバイト

展示会を行う時は、展示会開催のお知らせをする封筒を、送ります。

チラシ、特別割引券など封筒に入れて数百~数千枚程折り込みします。

数が多くなりますから、アルバイトを頼みます。

呉服屋でよくある募集内容とは?

ここからは、呉服求人の内容を紹介させていただきます。

呉服屋さんの時給はいったいどれ位なのか、月給の相場、福利厚生迄詳しく書いてゆきます。

給与相場

パート、アルバイトで時給900円~1300円で幅がありますが、展示会でのパート、アルバイトは高めです。

正社員で月給20万円前後です。

チラシ(DM作り)のパート、アルバイト

時給900円~1000円:作業内容の割には良い時給です。

展示会設営スタッフのパート、アルバイト

時給1000円前後:着物の入った段ボールなど、体力勝負なので高めです。

販売員のパート、アルバイト

時給1000円~1300円:やはり直接の売り上げになる仕事ですから、高時給になります。

勤務時間や休日、残業販売経験、ここからは、呉服屋さんの勤務時間や休日、気になる残業について自身の残業販売経験からどんな感じか書いていきます。

店舗営業の勤務時間

始業時間は午前8:00~9:00で終了時間は午後5:00~6:00の呉服屋さんが多いです。

テナント営業

始業時間は午前8:30~9:00で終了時間は午後10:00~11:00で早番遅番の交代制です。

パート、アルバイトの勤務時間

フルタイム~2時間程の短時間勤務迄、色々な希望に答えてくれる呉服屋さんも有りますから、気軽に相談すると良いでしょう。

残業販売

お客様とのやり取りが長くなると1時間位は有りました。

福利厚生

ホテル内レストランのお食事券、ディナーショーのチケット、お茶会の招待券などです。

求められる人物像

品性のある方,長時間の接客が苦にならない方,幅広く教養、世間の話題、経済界の話題,特に地元経済について語れる方,綺麗好きで素直な方,こんな人物であればどの店舗でも求められます

必要なスキルや資格、経験

接客経験者、販売経験者、営業経験者、マネキン経験者、電卓技能資格、着付けの資格

「呉服屋の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

呉服屋のおすすめ求人のポイント

呉服店で働いてみようと思っている方は、数ある求人の中からどれを選べば良いのか悩んでる人もいらっしゃるでしょう。

ここからは、どんな呉服屋さんの求人がお得なのか詳しく紹介させていただきます。

宝石.バッグなども販売してる呉服店

着物だけですと接客が難しいものですから、宝石やバッグなども販売している呉服店がお勧めです。

初心者ですと、着物をお買い上げして頂くまでに、羽織らせたり、絵柄の説明や生地の説明など憶えなくてはいけませんが、宝石などは、その輝きからお客様のとっかかりもいいですし。

バッグも鏡を見て自分であわせるので、お勧めです。

小規模小売店

職場の人間関係が苦手な方には、小さな規模の呉服屋さんがお勧めです。

小規模店ですと社長一人、留守番一人の所が結構あり、留守番交代での求人だと、採用されれば、授業員貴方お一人となり、人間関係に悩まずにすみます。

芸能人着物お見立て会

展示会に芸能人を呼んで、お客様に着物や帯をお見立てして頂きます。

ですからアルバイトの求人などが有ればお勧めです。

その名の通り芸能人と共に、仕事が出来るからです。

コンサートと販売会、抱き合わせで開催する場合も有るのでお得です。

「呉服屋の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

呉服屋の仕事に向いているのはこんな人

仕事を始める前に知っておきたい事の中に、自分がこの仕事に向いているのか向いていないのか、知っておく事が現代の社会では非常に大事な事ですから、どんな人が呉服屋さんの仕事に向いているのか、具体的な内容の中から皆さんに知っておいて貰いたい部分を、ここからは分かり易く紹介させていただきます。

きめ細やかな清掃業務が出来る人

呉服屋さんの仕事の基本は、なんといっても掃除です。

呉服屋さんの仕事に限らず掃除が仕事の基本になっている会社が殆どですが、他の業種の掃除よりも呉服屋さんの掃除の方がより丁寧ですから、きめ細やかな掃除ので来る人は呉服屋さんの仕事に向いています。

自発的に業務のスキルを向上出来る人

経営者が最も気にしている事には、自分の呉服屋さんで働いている社員に自発的向上心があるのか無いのかです。

呉服屋さんの仕事では、経営者が先頭を切って現場で働いていますから、中々ゆっくりと社員に仕事を教えている暇がないのです。

ですから、自発的向上心のある人は呉服屋さんの仕事に向いています。

礼儀作法がしっかりした人

学生時代に茶道部などの、お稽古事をして礼儀作法を学んだ人や、親に厳しくしつけられた人は、呉服屋さんの仕事にとても向いています。

心の穏やかな人

来店されるお客様は、人を見る目がとても優れていますから、従業員の心の内を見透かしてしまいます。

もともとの性格が悪い人は、取り繕っていてもお稽古事の先生にですと沢山のお弟子さんを教えていますから、人間性の根っこの部分を見ぬいてしまうのです。

呉服屋の仕事に向いていないのは?

呉服屋さんで働いている人が、仕事に向いていないのを知らないまま呉服屋さんで働きつづけていたとしたら、とても不幸な事ではないでしょうか?

その様な残念な事にならないで済むのならば、それにこした事はありません。

ここからは、呉服屋さんの仕事に向いていない人の特徴とは、一体どんな特徴があるのか具体的に紹介させていただきます。

じっと人の話を聞いていられない人

呉服屋さんで働いている人が大変だと思う仕事の中に、ご年配のお客様の会話を長時間しなければいけない事です。

話の内容としては、生活の事や健康の事から世の中の出来事と、長時間つづきますから、販売営業の人には、とても辛い事かもしれません。

話の内容は、お客様が最も気にしている嫁姑関係の話になる事が多く、男性の場合ですと中々話を合わせるのに苦労してしまうかも知れません。

ですから、人の話をじっとして聞いているのが苦手な人には、呉服屋さんの販売営業の仕事が向いていないと言えます。

呉服屋の仕事のやりがい

お客様の求める商品を提供する

お着物をお探しになられている人は、あちこちの展示会や呉服屋さんを幾日もかけて渡り歩いて、自分の好みの商品をお探しになられますから、自分の勤めているお店や展示会で、お客様の好みに合う商品を提供できた時は、とてもやりがいを感じます。

高額商品が売れる

呉服屋さんの商品には、とても高額な着物もあります。

総絞りや結城紬、著名な着物デザイナーの作品等があり、その値段は、数百万円以上にもなりますから、高額商品を御買い上げして頂いた時には、お店のスタッフ全員で喜びます。

また、資産の豊かなお客様は数百万の札束を直接お店に持っていらっしゃることもありますから、お金を数える時に慣れない人ですと手が震える事もあります。

更に、自分が販売したとなればただならぬ感動で身震いする程です。

場合によっては、特別賞与の対象になる事もあり喜びがわいてきますし、周りの社員さんの仕事んお励みと目標にもなります。

成人式

着物を販売していて、おめでたい行事にお召しいただく商品を紹介する際には、お宅に足を運んだり、当日に着付けをする呉服屋さんもありますから、非常にやりがいに満ちています。

中でも成人式は、特別やりがいを感じます。

ご両親の中でも特に父親のお客様は、女の子が生まれると、この子が成人するまで「一生懸命働くぞ」と誓いを立てるものですからその成人式当日に選びに選んだ振り袖を着ている娘さんを目にした時の喜びの表情を見る事が出来るのは呉服屋さんで働いている人の、とてもうれしい部分です。

展示販売会での売り上げ

呉服屋さんは、年に何度か地方のホテルや旅館の会場を借りて、着物の展示販売会を開催しますが、その際に社員さんやマネキンさんが一番気にしているのが展示販売会での売上金額です。

勿論、売り上げの金額が高い方が有り難いのですが、呉服商品の展示販売会は、通常2日~3日開催されるのですが、毎日売り上げが良いわけではなく、それどころか売り上げが0円の日も珍しくはありません。

お客様の幸せそうな笑顔

お客さまは着物を購入しようと思った時には、長い時間をかけて各所の呉服屋さんを見て回ります。

着物は非常に高額なお買い物ですから、お客様は慎重に選ばれる事から呉服屋さんで働いている人達は、とても気長な人達が多いのです。

カジュアルファッションの様に「これは良いわね、買いましょうか」とはいきません。

そこで呉服屋さんで販売営業の仕事をしている人は、一生懸命にお客様が気に入って下さるよう何回も何回も訪れて下るお客様に、これはと思った呉服商品を紹介します。

その期間が長い時には、何か月にもわたる事も珍しくはありません。

それもそのはずで、着物は非常に高額ですし、着物や帯の柄には一つ一つに意味があって、どれでも好きな着物を着ても良いという訳にはいきません。

ですから、お買い上げ下さった際には気持ちが高揚する位、呉服屋さんの仕事のやりがいを感じます。

お客様からの相談

呉服屋さんで働いている人は何も、着物を販売する為だけに、お客様に接客する訳ではなく、時には体の悩みとか家庭の出来事の相談、経済の事など、幅広くお話ししますから、お客様が最も気にいる事に、とても敏感にアンテナを張っていて、情報収集を常に心掛けています。

そうして話題の幅を広げておく事で、日常からのお客様との信頼関係を強く築いておくのです。

呉服屋の仕事の大変な点

掃除

商売をされてる人は、お店を綺麗にしておくのは当然の事ですから、常にきれいに掃除をしていますが、一生懸命掃除をしていても常に人が動いていたり、商品の出し入れ等をしてる内にほこりが立ち、幾ら掃除をしていても追いつかない事があります。

繁盛店は、その忙しさからどうしても掃除が完全に行き届きませんから、少しずつほこりがたまってしまいます。

しかしながら、呉服屋さんではそうもいっていられません。

どんな状況下で会っても、呉服屋さんのお店の中は完全にほこりの無い状態を保つのが常ですから、呉服屋さんの掃除はとても大変な仕事です。

行儀作法

呉服屋さんのお客様には、行儀作法の極みである、お稽古事の先生が多くいらっしゃいますから、呉服屋さんで働くすべての社員さん~アルバイトの人まで、行儀作法を身に付けて仕事をしなくてはいけません。

普段にも、お店の方にお茶のお師匠様から生け花のお師匠様が、顔をお出しになって下さいますから、行儀作法のしっかりとした接客が求められます。

言葉使い

社長さんや店長さんの接客の様子を勉強の為に見ていると、割とざっくばらんに冗談など交えながらお客様とお話になられていますから、それを真似てお客様と話す際に、かたっ苦しくなく会話をしてしまうとと、後でお客様から苦情を頂く事になります。

あくまで基本はしっかりとした言葉使いで、お客様と話さなければいけません。

しっかりとした言葉使いと、しっかりとした行儀作法でお客様をおもてなし、信頼を十分に得た店長さんや社長さんだからこその接客ですから、同じようにはいかないのです。

上司に教えられた以上の接客をしなければいけないのが、呉服屋さんの仕事の大変な点です。

無数にある呉服商品

呉服屋さんで働いている人が大変だと思う仕事の内容には、呉服商品の選択業務と言う仕事があります。

呉服商品を選択する機会は、呉服屋さんで働いている人には多々訪れます。

呉服屋さんで働いている人が最も気にしいる事には、自分の呉服商品の選択のレベル、センス、能力が他の販売営業の人と比べて劣っていないか、それとも他の販売営業の仕事をしている人よりも優れているのか?

を強く気にしていると言えるでしょう。

何故なら、呉服屋さんで働いて行くうえで、適切なものを選び取っていく力が優れている事は、とても重要なスキルの一つです。

長時間話し込む接客

長時間話し込むお客様は意外と、自信の話が長い事を気にしていられます。

接客してくれている呉服屋さんの人が、このお客は、何時間も着物を買うでもなく、関係のない話ばかりで接客しているのが嫌になってしまうと思っているのではないだろうかを気にされております。

お客様の目から見て、接客しているのが大変そうだと思われない様に、お客様がそんな事を思い起こす事にならない様な、お客様を楽しませる接客対応が必要です。

接客の仕事が苦手な人が呉服屋さんで働いているて、長時間に渡るお客様とのお話しは、かなり大変だと思う仕事だと言えます。

呉服屋の仕事を通して得た経験はどんな事に活かせる?

呉服屋さんで働いていて学んだ経験は後々、他の仕事で働く事になった時やその後の人生において活かす事が出来ますから、教えられた呉服屋さんでの仕事の内容は、よく覚えておくのがおすすめです。

ここからは、呉服屋さんで働いて得た経験はどんな事に生かせるのか、具体的に紹介させていただきます。

地元経済界人とのお付き合い

お客様が日常の生活の中で気にしている事の一つには、地元の経済の行方や景気の事があり、呉服屋さんで働いているて、景気が大変だと、お客様の購買力も落ちますから、景気の動向を把握しておく為にも地元経済界の人達と食事やお酒の席で交流をよくします。

高級ホテルでの仕事

呉服商品は高額ですから、その高額な価格に見合った会場に展示する事が、呉服屋さんの展示販売会を開催する際の大事な事です。

借りる会場も高級ホテルの会場を利用する事になりますから、おのずと高級ホテルの利用の仕方のスキルが身に付きます。

団体行動の管理

呉服屋さんで働いていると、温泉旅行と着物の展示販売会のコラボイベントが年に何回か企画されますから、呉服屋さんで働いている人は仕事の内容を添乗員に変えて、大勢のお客様をご案内しますから団体行動の管理の経験が身に付きます。

呉服屋の仕事についてよくある疑問

皆さんが疑問に思われる事に、売れてます?

お客さん来てます?

売るのが難しいんじゃない?

など、販売レベルの高さがあげられます。

そのような疑問を分かり易く紹介させていただきます。

着物はどれくらい売れるの?

買い物の途中に、お店やテナントをのぞいても、お客さんがいないように見えるのが呉服屋さんです。

いつ売れてるんだろうと思う人も少なくないのでは?

店舗で営業している呉服屋さんですと、実は殆どありません。

中には売れてる呉服屋さんもあるんでしょう。

そんなお店は、とても少ないです。

売り上げの多くを占めるのが展示会です。

ホテルなどの会場を借りて開催したり、地域の温泉などでもします。

月に2回位開催して、お買い上げくださるお客様の組数は、1開催につき数組です。

お買い上げ組数0の時もありますし、お客様が誰もいこない事もあるのです。

そんな訳ですから長時間待てる人が向いてます。

着物知識は必要?

無くても大丈夫です。

誰でも最初は初心者ですから、掃除等しながら先輩や社長の動き、営業トークを良く見聞きして、盗み憶えて下さい。

着物の畳方や反物の巻き方、羽織らせ方、ディスプレーの仕方など、分からない所は素直に聞きましょう。

但し、社長さんは忙しい事が多くすぐには教えてもらえません。

呉服の営業ってどんな感じ?

例えばお得意のお客宅に、ご挨拶がてらに顔を出してみるとか、チラシのポスティング、カレンダー配りの際に伺うとか、その人独自に営業の仕方を考えたりもします。

お客さんがいない時は何してるの?

普段お店の中では関係業者さんとのやり取りや、DM作りをしたり着物の勉強したりします。

信販会社の営業の方が挨拶に来た時に、業界や経済について話もします。

あと、お店の外に出て銀行回り、信販会社に書類を届けたりします。

商品を買わされたりしますか?

お年頃の娘さんがいたり、結婚式などが近い方は、勧められる可能性は高いです。

お断りするのも気まずいですし、そのような話はなるべく控えた方がいいでしょう。

とは言え話を引き出すのがプロの呉服屋さんですから、油断禁物です。

ノルマはありますか?

お店にもよりますが、営業や販売員ですとノルマがない所でも売れなければ居ずらい事は確かです。

それでも積極的に仕事している人には、社長さんや店長さんも目をかけてくれるでしょう。

どんな芸能人に会えますか?

展示会などでお見立てしてくれる芸能人は、女性演歌歌手、女優さんなどが多いです。

私がご一緒した芸能人の方は浜夕子さん、五月みどりさん、などです。

それとコンサートと抱き合わせもあるので、歌を聴く事も出来ます。

私が聴いたのは森進一さん、堺正章さんなどでした。

「呉服屋の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

いかがでしたでしょうか?

アパレル業界と比べて難しいところもありますが、購買単価がとても高く、やりがいが有ります。

最高級紬ですと5、6百万円になりますし、お客様の中にはお茶の先生や華道の先生、地元経済会の上位を占める奥様など、強力な人脈も築けます。

ですからやる気のある方には、今後の人生での大きなプラスとなります。

是非ともチャレンジして下さい。

「呉服屋の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →



呉服屋求人についてもっと深堀りした情報を見る

呉服屋の年収はどのくらい?今より給料を上げたい人も要チェック!

皆さんが、企業に勤めてもらえる給料は、勤め先の業種や学歴、年齢、経験によってそれぞれです。初任給が少ない給料の業種もあれば、多く貰える業種もありますし、賞与のある会社や貰えない会社と、多様な企業がありますから自分の考える生活設計や生活環境に合わせて、良く選ばなければいけません。今回は、呉服屋さんの年収について、分かり易く紹介させていただきます。呉服屋の年収の相場はどの位?仕事をしていて、ある程度呉服屋の業務になれてくると気になりだすのが自分の頂いている給料の額です。働きに見合った給料を貰えていないのではないだろうか?他の人はどれ位の給料を貰っているんだろう?他の呉服屋さんでは、どれ位の額が支給

呉服屋を辞めたい…と感じる人の5個の理由と乗り越え方とは?

呉服屋辞めたいと思っている方はぜひ最後までご覧ください。呉服屋さんの仕事をしていると様々な理由から辞めたくなったり、他の仕事に転職したくなる時があります。そんな辞めたくなる原因とはいったいなんなのでしょうか?今回は5つの辞めたくなる理由とその乗り越え方、転職で呉服屋を辞めたい方にはおすすめな別の職種もご紹介します。ご一読いただき、参考にしていただけたらと思います。呉服屋の大まかな仕事内容一見すると呉服屋さんの仕事は退屈そうに思えます。一番の理由は、敷居の高さから、ふらっと立ち寄ってウィンドウショッピングするような感じではないからです。しかし、そこは仕事ですからやらなければいけない事は当然有りま

呉服屋の営業が向いている人の5個の特徴や必要なスキル・適性とは?

仕事する際には、人によって向き不向きが少なからず有るものです。現在の多様に存在する仕事の中から自分に合った仕事が見つかれば幸せですが、なかなかそう思い通りには見つかりません。今回は、多様にある職業の中から呉服屋さんの営業が向いている人はどんな人なのか、そして必要なスキル、適性とはどんなものなのかまで、分かり易く紹介させていただきます。呉服屋営業とはどんな仕事?お着物をお求めのお客様が、目的の場所や目的のイベントにふさわしい、お着物をお召しになって頂く為に、日々教養を磨いた呉服のプロが、お見立てやアドバイスをさせていただく、日本伝統のお仕事です。呉服屋営業の大まかな仕事内容呉服店を覗いてみると、