仕事する際には、人によって向き不向きが少なからず有るものです。

現在の多様に存在する仕事の中から自分に合った仕事が見つかれば幸せですが、なかなかそう思い通りには見つかりません。

今回は、多様にある職業の中から呉服屋さんの営業が向いている人はどんな人なのか、そして必要なスキル、適性とはどんなものなのかまで、分かり易く紹介させていただきます。

「呉服屋営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

呉服屋営業とはどんな仕事?

お着物をお求めのお客様が、目的の場所や目的のイベントにふさわしい、お着物をお召しになって頂く為に、日々教養を磨いた呉服のプロが、お見立てやアドバイスをさせていただく、日本伝統のお仕事です。

呉服屋営業の大まかな仕事内容

呉服店を覗いてみると、お客もいなくて暇そうに思えます。

何か作業している様子もなくて、どんな仕事をしているのかよく分かりません。

しかしお給料を頂いてる訳ですから、ちゃんと仕事をしているのです。

掃除から始まり取引会社とのやり取、商品整理、ディスプレイと、専門的な仕事が続きます。

そして、着物の販売からお届け迄の業務、お預かり商品の配達もあります。

呉服屋さんの清掃業務

自社店舗の呉服屋さんの清掃業務は、店先の清掃から始めます。

ホウキで、ほこりやチリを掃いて綺麗にした後、打ち水をして路面を濡らします。

そうすると、ほわっと、アスファルトから立ち上る蒸気の香が、町行く人の鼻をくすぐり、お店のオープンはもとより、商店街のスタートを感じさせてくれます。

そして店内の清掃業務もあります。

畳に掃除機をかけてから、雑巾で綺麗に磨き上げる感じでふき取ります。

その他の備品も、ほこりの無い様に綺麗にします。

着物を掛ておく道具に、撞木と呼ばれている物があり、一つ一つ丁寧に磨き上げます。

取引先とのやり取り

お店によって、商品を仕入れる会社と委託販売の会社の2種類に分かれます。

常時、お店の業務として取引先とのやり取りがあるのは、委託販売の契約を結んでいる取引先です。

店舗型ですと中小企業の呉服屋さんが多いですから、委託契約を結びます。

大体3社位の問屋さんと委託関係を結ぶのが通常です。

営業

お店の中にいてもお客様がどんどん来店してくれる事はありません。

着物をお買い上げして頂く為には外に出て営業をしなければいけません。

その営業のノウハウが、お店の売り上げに大きくかかわってきます。

呉服屋さんの営業とは一体どんなものなのか想像がつかない人も多いでしょう。

営業のノウハウはそれぞれ呉服店ごとに異なり、売り上げにつながる1番の肝になる部分ですから、外に漏れる事はまずありません。

一見すれば、これが営業ですか?仕事ですか?と首をかしげるような営業の仕方も有ります。

しかしそこはプロですから、やる事話す事全てに意味が有ります。

呉服屋営業に向いている人の5個の特徴とは?

仕事には向いている人向いていない人とに分かれ、その人の特徴によって違いが有りますから、人それぞれに適した仕事に付くのが最も自分の能力を発揮する事が出来ます。

では、呉服屋さんの仕事に向いている人の特徴とは、一体どんな特徴なのか、具体的な例を5個紹介させていただきます。

元気な人

極端な話、知識が薄くても元気であることが第一です。

元気が無いと嫌われます。

性格や具合の悪さなどはお客様からすれば関係ありません。

お客様はたまの休みにお出かけして、お気に入りのお店で好きな物を見たり触れたりしながら商業施設や商店街を楽しみます。

何よりお店の人との楽しい会話、おしゃべりが、普段のストレス解消であり楽しみでもあります。

折角おめかしし、わざわざ出かけて来て、お店の従業員が疲れた顔で接客してきたら、ガックリするものです。

日頃の体調管理も大事ですし、何より心身ともに元気な人、そんな人が呉服屋さんの営業に向いています。

清潔感のある人

特に女性は何よりも清潔感を望みます。

それは想像以上に重要な部分です。

清潔感があるのと無いのとでは全然違います。

清潔感が無ければ何をやっても受け入れてもらえません。

特に女性は、清潔感が無かったりする人を生理的に拒否するという部分があるようです。

そのために呉服屋さんの店員は頭のてっぺんから足元まで、全てに気を使いお客様に臨まなければいけません。

お酒の飲める人

呉服屋さんの営業ではよく、お客様に食事のお誘いを受けます。

呉服屋でお買い物してくださるような裕福なお客さんは、お食事のお誘いをしてくださる方もいます。

お酒の席でお酌するのは当然ですが、継がれたお酒も飲めなければいけません。

私はお酒が飲めませんでは、無理強いこそしてきませんが、お客様のご機嫌が明らかに悪くなり、そうなると接客をしても相手にされなくなります。

やはりお酒を飲める人の方が呉服屋さんのお仕事に向いています。

カラオケの得意な人

カラオケの得意な人、これは必殺の特技となります。

どうしてもお客様は商品の知識だけでなく、社交性の優れた人物を好むので、バブル期ほどではありませんが、昨今の日本の経済傾向からくるお客様の購買意欲は上昇傾向ですから、商品の価値、プラスアルファを求めてきます。

購買単価が高くなるほどその傾向は大きくなります。

人柄の良い人

お客様は営業マンの人柄を敏感に察知します。

お客様が一番嫌うのは、お客様の気持ちを一切考えずに売れればいいんだと、販売のみに気持ちが行ってしまっている営業マンです。

どんなに知識があっても人柄に問題がある人から着物を買いたくないと思うのが、お客様の心理だからです。

なぜそのようなお客様真理が働くのかと言えば、着物はお店で買えばそれで終わりではないからです。

その後も寸法を測ったり、仕立てをしたり、振袖の着物であれば20を過ぎてから袖を落として、訪問着としても着れますし、長くお付き合いする事になります。

その場だけの中身の薄い接客では通用しないのです。

日柄からにじみ出てくる好感度が、お客様を引き付けるのです。

「呉服屋営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

呉服屋営業に向いていない人の3個の特徴とは?

仕事の中には様々な職種が有り、会社に勤めると人事部長の判断でそれぞれの部署に振り分けられます。

その中でも営業職は花形の職種と言えます。

しかし残念な事に、営業に向いていない人がどうしてもいるものです。

自身が営業の仕事に向いているのかいないのか理解しておきたいです。

ここからは、呉服屋の営業に向いていない人とはどんな人なのか、その特徴を具体的に紹介させていただきます。

お酒が飲めない人

呉服屋さんの仕事では、お客様相手の仕事と、お客様の相手をしない仕事とに分けられます。

どちらも大事な仕事ではあるのですが、呉服屋さんの仕事ではお客様の相手をする接客が非常に大事になってきます。

洋服などに比べるとお買い上げ頂く機会が非常に少なく、人生の中の重大なイベントの際に購買機会が限られてくるからです。

お買い上げ頂いたお客様を連れ立ってお食事などにご招待したり、逆にお客様からお誘いを受けたりもします。

勤務時間外に無理して付き合う必要はありませんから、嫌なら行く必要は別にないのですが、呉服屋さんの仕事に向き不向きで言えば、お酒も飲めないので飲みの席などは遠慮している人や、中には日本酒の匂いだけで具合が悪くなる人もいますから、お酒の飲めない人は向いていないと言わざるを得ません。

じっとしているのが苦手な人

呉服屋さんの常日頃の接客は、御年配のご婦人のお客様の世間話から、家族の事、長時間どころか長期間会話を弾ませ、呉服店まで足を運んで頂かなければなりません。

そのためにはじっと畳の上に正座をして背筋をピンと伸ばし、接客しなければいけませんから、大変なものです。

人によっては1日でつぶれてしまう人もいます。

特に若い人は辛く、じっと動かないことが逆に辛いと感じる人もいるようです。

若さからくる、あり余る体力があだとなってしまう訳です。

笑顔の苦手な人

接客が重要度を占める呉服屋さん仕事では、致命的な欠点となります。

笑顔の苦手な人は、作り笑いも出来ないからです。

笑顔なくしては女性のお客様がほとんどを占める呉服屋さんの客層ですから、直ぐにクレームが社長のもとへ届きます。

接客を要する仕事では笑顔が全てなのです。

仕事の出来る出来ないは二の次です。

知識が豊富な人より、愛嬌満点の人の方がお客様には気に入られます。

笑顔の苦手な人は呉服屋さんの仕事に向いていないと言えます。

呉服屋営業に必要なスキルや適性は?

どの職業にも覚えていなくてはならない重要なスキルが有ります。

ここからは呉服屋さんの仕事で必要なスキル、適性を、紹介させていただきます。

着付けのスキル

着物をお買い上げ頂いた後、商品をお店で預かりお客様がお召しになるその時に、店内で着付けをするお店も有りますから、着付けのスキルがあればとても役に立ちます。

そろばんのスキル

現代では電卓からパソコン、スマートフォンと、計算するのにツールがあるので特に苦労する事は有りませんが、持っておきたいスキルにそろばんのスキルが有ります。

計算するのには別段必要ありませんが、大きなそろばんをバシバシ弾き、値段のやり取り、つまりは値引きのやり取りを行った時のインパクトは、各段にお客様の購買意欲を掻き立てます。

車の免許

車の免許は欠かせません。

着物の展示会にご招待する訳ですが、ご自分で展示会場までお越しできないお客様は当然お迎えに上がらなくてはいけません。

ですから車の免許は是非とも獲得して置く必要が有ります。

「呉服屋営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

呉服屋営業のやりがいはコレ!

日本伝統の仕事呉服屋さん。

呉服屋さんの営業をしていて、喜びの沸き上がるときが有ります。

そんな仕事のやりがいについて紹介させていただきます。

高額の商品が売れた時

着物の購買単価は、洋服などと比べると格段に高価な額になりますから商品が売れた時の喜びはひとしおです。

着物と帯で十万円、良いものになると100万円を超えてきます。

さらに結城紬になれば反物だけで400万円以上の額になります。

高いものが売れればいいという訳ではありませんが、それだけの商品を購買して頂くだけのお客様に出会えた喜び、高額な結城紬をお召しいただけるお客様と出会えた喜び、まさに呉服屋営業のやりがいと言えます。

商品とお客様のマッチング

営業をしていると何万着の着物を目にしている訳ですが、これは素敵だ是非とも売りたいと思う商品に出会うものです。

何かいいのが無いかしらと、お客様が迷われていらっしゃる時や、その商品にまさにお似合いのお客様がご来店した時などは、日ごろから目を付けている商品をお勧めしてお客様の好みと一致し、お買い上げ頂いた時などは日頃の仕事の成果を感じる事が出来て非常にやりがいを感じます。

お客様の喜ぶお顔

着物をお召しになって頂き、最もお客様が感動の笑顔を御見せになられる時は、お嬢様が振袖をお召しになられた姿です。

お子様が生まれると、この子に振袖を着せてやりたいと思うものです。

花嫁姿は見たくない御父様でも、振り袖を着せる事が大きな子育ての目標になり、誕生から20年を大きな一つの目安に掲げて日々の辛い仕事に励みます。

娘さんの振り袖姿をご覧になられて、満面の笑顔の姿お目にした時、これこそ呉服屋さんだけが感じられる仕事のやりがいです。

呉服屋営業の仕事経験は、その後どんな仕事に活かせる?

呉服屋さんで働いて経験した事が、他の業種に移っても役に立つ時が有ります。

一体どんな仕事に活かせるのか、具体的に紹介させていただきます。

洋服屋さんの販売

着物と洋服では、仕事の仕方も違いますし、洋服屋さんにはまた違った仕事の難しさも有りますが、呉服屋さんでの仕事の経験は必ず役に立ちます。

介護施設の仕事

呉服屋さんの仕事では、ご年配のお客様の接客が多く、長期間にわたってコミニケーションをとって信頼構築して行きますから、お年寄りのお世話をする介護の仕事に、呉服屋さんでの経験が活かせます。

まとめ

呉服屋さんの仕事を深く探求していくと、その奥深さに夢中になります。

黙っていてもお客様がいらして商品をお買い上げしてくださいません。

難しくもありますが購買単価の高額さや、お客様の人生の重要な節目に携わって、その感動を感じる事ができ働く人を夢中にさせる仕事、それが呉服屋さんのお仕事です。

今回の記事を読んで、自分に呉服屋さんの仕事が向いていると思った人は、是非チャレンジして下さい。

実際に呉服屋の求人を探すときは、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

呉服屋求人

呉服屋求人についてもっと深堀りした情報を見る

呉服屋の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、やりがいについて解説します

日本伝統の服装を販売している呉服屋の仕事とは、どんなものなのでしょうか?来店されたお客様に着物を販売しているのは分かりますが、お客さんのいない時には何をしているのでしょうか?ただ黙って座って待っているだけなのでしょうか?そんな疑問をいだいている人も多いのではないでしょうか。外から見ているだけでは中々分からないものです。呉服屋さんで働いている人は、出社してまず先に何をやるのか、どんな内容の仕事をしているのか、また呉服屋さんで仕事をしている人が感じているやりがいとは一体どんなものなのか、さらには呉服屋さんの仕事が向いている人、向いていない人とは、どの様な人なのか、分かり易く紹介させていただきます。

呉服屋の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

皆さんが、企業に勤めてもらえる給料は、勤め先の業種や学歴、年齢、経験によってそれぞれです。初任給が少ない給料の業種もあれば、多く貰える業種もありますし、賞与のある会社や貰えない会社と、多様な企業がありますから自分の考える生活設計や生活環境に合わせて、良く選ばなければいけません。今回は、呉服屋さんの年収について、分かり易く紹介させていただきます。呉服屋の年収の相場はどの位?仕事をしていて、ある程度呉服屋の業務になれてくると気になりだすのが自分の頂いている給料の額です。働きに見合った給料を貰えていないのではないだろうか?他の人はどれ位の給料を貰っているんだろう?他の呉服屋さんでは、どれ位の額が支給


呉服屋求人に関するコラム

呉服屋の仕事内容9個の業務。経験者が教えます!

日本伝統の服装と言えば、季節の花や御所車などの柄で豪華に装飾された着物ですが、現在では普段に着る人は少なくなり、ほぼいません。お稽古事であるお茶の生徒さんや、生け花の生徒さんですとかその先生であれば、着物を羽織る機会もありますが何と言っても成人式や冠婚葬祭では着物を着る人は多く、まだまだ代表的な服装ですから呉服屋さんの販売ターゲットの主な部部を占めています。今回は、日本の心の美をお客様に紹介している仕事の呉服屋さんに付いての記事になりますが、呉服屋さんでの日常の業務である掃除の部分から事業の肝である販売や営業など、呉服屋業務の基本の部分になる業務から、社員をまとめて店を切り盛りする店長業務、そ

呉服屋を辞めたい…と感じる人の5個の理由と乗り越え方とは?

呉服屋さんの仕事をしていると様々な理由から辞めたくなったり、他の仕事に転職したくなる時が有ります。いろんな仕事をしていて、どんな時に辞めたくなるのか、呉服屋さんの仕事ではどんなスキルが身に付いて、どんな仕事に転職すれば良いのかを、分かり易く紹介させていただきます。呉服屋の大まかな仕事内容一見すると呉服屋さんの仕事は退屈そうに思えます。一番の理由は、敷居の高さから、ふらっと立ち寄ってウィンドウショッピングするような感じではないからです。しかし、そこは仕事ですからやらなければいけない事は当然有ります。ここからは呉服屋さの仕事の内容について、分かり易く紹介させていただきます。商品のディスプレイ問屋さ