皆さんが、企業に勤めてもらえる給料は、勤め先の業種や学歴、年齢、経験によってそれぞれです。

初任給が少ない給料の業種もあれば、多く貰える業種もありますし、賞与のある会社や貰えない会社と、多様な企業がありますから自分の考える生活設計や生活環境に合わせて、良く選ばなければいけません。

今回は、呉服屋さんの年収について、分かり易く紹介させていただきます。

「呉服屋の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

呉服屋の年収の相場はどの位?

仕事をしていて、ある程度呉服屋の業務になれてくると気になりだすのが自分の頂いている給料の額です。

働きに見合った給料を貰えていないのではないだろうか?

他の人はどれ位の給料を貰っているんだろう?

他の呉服屋さんでは、どれ位の額が支給されているんだろう?

年収で比較したらどれ位の違いがあるのか知りたくなります。

ここからは、呉服屋さんの年収の相場について、紹介させていただきます。

正社員

呉服屋さんに勤めている社員の人が、月に頂いている給料の相場は18万円~25万円ですから、年収は216万円~300万円です。

この基本給の他に各種手当や賞与、特別賞与が支払われます。

中でも特別賞与次第で、大きく年収が違ってきます。

この特別賞与は、高額な着物や帯などを売上げた際に社長さんから頂けるご褒美ですが、その額の取り決めは経営者それぞれで、いちがいにこうだとは語れませんが、相場としては売り上げの数パーセント位です。

同じ金額でも売れた商品の利益率によって評価査定に違いが出てきますし、既存のお客様か新規のお客様かによっても大きく評価査定に違いが出てきます。

パート・アルバイト

呉服屋さんに務めているパートやアルバイトの人の時給の相場は800円~1200円です。

パートやアルバイトの人であっても、社員さんと同じく賞与、特別賞与がもらえます。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

基本給

一月働いてもらえる基本的な給料で、学歴や経験の違いによって初任給の額に差があり、役職や年月によっても昇給します。

他の業種と比較してみると高めの設定です。

カジュアルファッションのお店で働くのと比べれば、衣類販売業の中では、明らかに高額な給料を頂けますが、その分求められるスキルは高いというのも事実です。

賞与

呉服屋さんの賞与は呉服屋さんにもよりますが、賞与のある呉服屋さんでは、その年の売り上げによって大きく変化してきます。

また、呉服商品の売り上げ成績次第では、特別賞与が貰える可能性が非常に高く期待できます。

昇給

勤めている期間によって昇給するのが、基本的な呉服屋さんの給料の昇給ですが、成果次第で実力があれば、一月に支払われる給料の額を、翌月から上げてくれる呉服屋さんもあります。

いずれにしろ、各呉服屋さんの経営方針しだいですが、営業社員や販売社員のモチベーションが高くなければ、決っして売り上げは伸びませんから、昇給してくれる呉服屋さんが多いです。

各種手当

法定福利は、健康保険、厚生年金保険、雇用保険等があり、法定外福利は、通勤手当や住宅手当等の他に、呉服屋さんによって様々な手当てがあります。

大手の呉服屋さんであれば、豊富な手当てがあります。

呉服屋の給料の決まり方

仕事をして行く上で、自分の給料がどのように決められているのかをきちんと把握しておく事は、非常に大事です。

プロとしての仕事に見合った給料を頂くのは、当然の権利ですからきちんと把握し、できるだけ得をして働きたいものです。

後からトラブルにならない様に、就職の初めの段階でしっかりと、給料の事を社長さんや店長さんと、話し合いしておきましょう。

新卒採用と経験者の違い

新卒採用された人の初任給の額は、高卒か大卒かで、初任給の金額に違いがあります。

また、経験者と未経験者とでも違いがあります。

特に、呉服商品についての知識が豊富で販売経験のある人は、呉服屋さんにとても喜ばれます。

実力で昇給

勤務している年月と、役職によって違いますが、新入社員でも成果次第、実力次第で、昇給する可能性が大きくあります。

新たにお客様を開拓する能力も大事ですが、元々の人脈、身内ですとか友人や知人、他には親戚などの、いわゆるコネクションがあるのもまた、実力の内の一つに数えられますから、あらゆる手段を駆使して成績を上げ、自分の給料を昇給してもらいます。

「呉服屋の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

呉服屋で給料を上げる為にやるべき3個の事

どの職業に努めている人も、自分の給料が増えるのであれば仕事に励みます。

呉服屋さんではどうでしょう。

どの様に仕事をすれば自分の給料がアップするのでしょうか?

ここからは、呉服屋さんの仕事をどの様にこなせれば給料が増えるのかを、分かり易く紹介させていただきます。

今の勤務先で出来る事

現在の状況の中で出来る、給料をアップさせる為のコツや代表的な手法を紹介させていただきます。

販売のスキルを上げる

給料の額をアップする為には、呉服商品の売り上げに貢献する事が一番大事ですから、その為にスキルを磨く事をお勧めします。

特に、商品を販売するスキルを上げる事が大事ですが、お客様が次々お買い求めしてはくれませんから非常に困難ではありますが、自分なりのコツを掴む事が出来れば、かなりの額の給料を頂く事が出来ます。

身内や友人に営業販売する

営業成績や販売成績を上げるのには、スキルが必要で中々、簡単には成績を上げる事は出来ません。

手堅く成績を上げる方法としては身内や友人に営業を掛けるのが代表的な手法の一つで、冠婚葬祭などの予定はないか訪ねて回ります。

気を付けなければいけないのが、成績を上げる事に躍起になり過ぎてしまい、しつこい営業をしてしまいますと、親戚や友人から”アイツは着物を売り付けようとしてくるから気を付けろ”と、悪い評判が広まってしまい折角の人脈が失われてしまいます。

ですから言葉使いに気を付けて慎重に、親戚や友人に嫌われないよう営業をしなければいけません。

思い切って転職する

成績を上げるために一生懸命仕事に励んでも、思うように成果がふるわず、長年にわたって悩んでいる人には思いっきって他の仕事に転職する事をお勧め致します。

一つの職業で頑張る事はとても尊敬できる事ですが、結果が出ないまま定年を迎えてしまっては人生損ですから、どこかで踏ん切りをつけて、他の業種に転職してみるのも一つの手段だと思います。

ここからは、転職する際の選び方に付いて分かり易く紹介させていただきます。

転職先の選び方1:給料・雇用条件のより良い同業種を選ぶ

小さな呉服屋さんですと、売り上げの安定性が不安ですから、より集客力見込める大型ショッピングモール内にテナントをかまえて営業している呉服屋さんに転職すれば、収入が安定してくる可能性は高くなります。

転職先の選び方2:業種から選ぶ

呉服屋さんで衣類の販売を経験してきていますから、やはり同じ衣類販売を中心としていて、呉服屋さんで学んだ経験を生かせるアパレル業界に転職するのがおすすめです。

呉服商品よりは購買数が増えてきますから、成績を上げ易いです。

転職先の選び方3:エリアから選ぶ

仕事をしていると人間ですから疲れてしまう時が、多々あります。

その要因の一つに挙げられるのが、通勤距離です。

長距離を移動してから仕事をする訳ですから、近くから通勤して来る人よりも体が疲れるのが早くなってしい、仕事の成果に影響してくるようですと問題です。

ここは思いっきって通勤時間の近い仕事場に転職するのも、良い選択です。

給料をアップさせる為の求人の選び方

仕事を転職する理由はそれぞれあります。

人間関係が上手くいかなくて他の仕事に転職する人や、仕事の適正が合わずに、より自分に向いている仕事に転職する人、それから給料の額に不満があって仕事を辞める人などです。

ここからは、転職する際に給料をアップさせる為の求人選びのコツについて、できるだけ具体的に紹介させていただきます。

給与相場が今よりも高い所を探そう

給料を上げる為には呉服屋さんですと、着物や帯を売り上げるのが一番の給料アップにつながります。

その為には、現在のお客様から商品をお買い求めいただく事も大事ですが、最も評価されるのは新規のお客様を開拓する事が一番大事な事ですから、あらゆる手段を自分なりに考えて、新規のお客様を開拓しなければいけません。

売り上げが上げやすそうな呉服屋さんを探し出すことも必要でしょう。

賞与、インセンティブや昇給制度をチェック

どんな仕事をしていても、賞与が貰えるのはとても嬉しい事です。

基本的に賞与は年に2回貰えますが、それよりも嬉しいのが着物や帯などの高額商品が売れた際に貰える、特別賞与です。

売り上げに対してのパーセンテージに合わせて貰えます。

特に、新規のお客様を開拓した際のパーセンテ―ジは高くなりますから営業の社員さんは、それを狙ってひごろはたらいています。

残業代が出るかチェック

残業代は貰えますが、呉服屋さんの場合は特別賞与の方が、うま味が大きいのであまり気にしている人はいません。

しかしながら、事務や経理担当の人は残業代にシビアにならなければいけません。

何故なら、販売などの特別賞与につながるチャンスが無いからです。

それと、呉服屋さんは月に何度か展示販売会を県内の市町村にあるホテルや式場を借りて開催しますから、日帰りでの開催や最終日の際には展示会終了後に後片付けをしますから、その日の勤務終了時刻はだいぶ遅くなる事もあります。

福利厚生をチェック

働く上で気になるのが、自分の勤めている会社の福利厚生です。

後で後悔の無い様に、求職段階でどのような福利厚生があるのかを良くチェックしておくことが大事です。

福利厚生の事をないがしろにしてしまうと、後々後悔してしまう人が多いです。

若い頃はさほど気になりませんが、年齢を重ねていくと体も衰えてきますし、他の会社で行われている福利厚生を耳にすると何故、自分の会社には無いのだろう?

損をしているんじゃないかと、仕事に身が入らなくなるからです。

この働き方は、こんな人におすすめ!

呉服屋さんで働く際には将来、自分で独立する人を覗けば社員にこだわる必要もないでしょう。

パートで働きながら自分でお客さんを開拓して歩合を頂ければ、主婦の人にとってはとても良い収入源になります。

また、将来は自分のお店をもって独立をしたい野心のある人でしたら、社員として働いていれば将来の為のスキルやノウハウを身に付ける事が出来るので、正社員として働くのが良いでしょう。

それぞれの働き方についてここからは、より詳しく紹介させていただきます。

正社員

じっくりと腰を据えて仕事をし、呉服屋さんの仕事のノウハウを学んで将来は独立も視野に入れた呉服業界で成功を収めたい、そんな人に向いています。

毎月貰える給料の額も多く、無駄使いをしなければドンドン貯金もたまります。

独り暮らしをして働いているとアパート等の住宅費が結構な負担になりますから、将来の結婚や夢の為にお金を貯めたい人でしたら、住宅手当てがもらえる呉服屋さんに勤める事を是非、お勧めいたします。

パート・アルバイト

家庭の主婦や、以前に呉服屋さんで働いていた経験を活かして仕事をしたい人、着物の知識があって、その知識を活かして働きたい人に向いています。

お稽古事の先生方が、店舗にお客さんとしていらっしゃいますし、地域の上流階級のご婦人の皆さんも多くいらっしゃいますから、セレブな会話や上品な世界に触れる事が出来ます。

教養といった意味でも学びがあり、女性の人にとっては、呉服屋さんのアルバイトやパートのお仕事はとてもおすすめです。

「呉服屋の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

ここまで、呉服屋さんの給料事情について紹介させていただきました。

他の業種と比べても比較的、高めの給料を貰えるのではないでしょうか、昇給のチャンスも多いのが呉服屋さんの給料事情ですから、やる気のある人や興味のある人にとっては、とてもやりがいのある仕事だと言えます。

かつてのバブル好景気時代のように、右から左に飛ぶ様に呉服商品が売れる時代ではありませんが、東京オリンピックに絡んでの景気回復や、何かしらのきっかけで売れ行きが急上昇する可能性も無くはありません。

意欲のある人や興味のある人は、今回の記事を参考にしていただいき、呉服業界で活躍して頂ければ幸いです。


関連キーワード

呉服屋求人