日本伝統の服装を販売している呉服屋の仕事とは、どんなものなのでしょうか?

来店されたお客様に着物を販売しているのは分かりますが、お客さんのいない時には何をしているのでしょうか?

ただ黙って座って待っているだけなのでしょうか?

そんな疑問をいだいている人も多いのではないでしょうか。

外から見ているだけでは中々分からないものです。

呉服屋さんで働いている人は、出社してまず先に何をやるのか、どんな内容の仕事をしているのか、また呉服屋さんで仕事をしている人が感じているやりがいとは一体どんなものなのか、さらには呉服屋さんの仕事が向いている人、向いていない人とは、どの様な人なのか、分かり易く紹介させていただきます。

呉服屋さんの仕事とは

呉服屋さんが取扱い商品は、日本伝統の衣類である着物や反物、帯、襦袢、バッグなどの小物が主ですが、世界一流ブランドの毛皮やコート、バッグ、財布、女性の憧れである宝石なども一緒に販売しているお店のもあります。

これだけ膨大な種類の商品の中からセレクトして、来店してくださったお客様に喜んでもらうために接客するのが、呉服屋さんの仕事です。

呉服屋さんの大まかな仕事内容

呉服屋さんで仕事をしている人が、出勤して来てから出社するまでの間どの様な内容の仕事をしているのか、ここからは大まかではありますが、分かりやすく紹介させていただきます。

商品ディスプレイ

着物の柄には、それぞれ意味があり、縁起の良い柄で着る人の幸せを願った着物や、日本古来の伝統柄で格式の高さや品の良さを示した着物、それから最も良く使われているのは季節を表している柄です。

それぞれの柄の持つイメージやメッセージを知識として持っていること、季節ごとの需要や注目を意識しながら展示することが求められます。

販売接客

着物をお探しのお客様は、殆どの人が自分の予算と好みに合う呉服商品を求めて色んな呉服屋さんを見て回っていますから、来店して下さった、お客様の好みの商品を沢山ある着物や反物の中から的確に素早く、お客様が楽しんでお店を出られるように販売接客するのが、呉服屋さんの仕事です。

呉服屋さんで働いている人の仕事内容(寸法を測る)

呉服屋さんで働いている人の、とても大事な仕事の内容には、お客様の体の寸法を的確に図る仕事があります。

お客様が最も気にしている事には、自分の体形で着た時に、買った着物の柄の出具合が良く見えるのか見えないのかです。

せっかくの着物でも仕立て上がった着物の柄の出具合が悪ければ、頑張って高額な価格の呉服商品を買い求めたのが台無しになってしまいますから、お客様が最も気にしている事に配慮しながら、お客様と相談しつつ、寸法を測る事が非常に大事な呉服屋さんの仕事とです。

呉服屋さんの仕事のやりがい

呉服屋さんの仕事をしていて、どんな時にやりがいを感じているのか?

この事を知っておくと、自分が呉服業界で働く事になった際に、仕事のモチベーションの上げ方が容易になります。

ここからは、呉服屋さんで働いている時に感じる仕事のやりがいについて紹介させていただきます。

展示販売会での売り上げ

呉服屋さんは、年に何度か地方のホテルや旅館の会場を借りて、着物の展示販売会を開催しますが、その際に社員さんやマネキンさんが一番気にしているのが展示販売会での売上金額です。

勿論、売り上げの金額が高い方が有り難いのですが、呉服商品の展示販売会は、通常2日~3日開催されるのですが、毎日売り上げが良いわけではなく、それどころか売り上げが0円の日も珍しくはありません。

お客様の幸せそうな笑顔

お客さまは着物を購入しようと思った時には、長い時間をかけて各所の呉服屋さんを見て回ります。

着物は非常に高額なお買い物ですから、お客様は慎重に選ばれる事から呉服屋さんで働いている人達は、とても気長な人達が多いのです。

カジュアルファッションの様に「これは良いわね、買いましょうか」とはいきません。

そこで呉服屋さんで販売営業の仕事をしている人は、一生懸命にお客様が気に入って下さるよう何回も何回も訪れて下るお客様に、これはと思った呉服商品を紹介します。

その期間が長い時には、何か月にもわたる事も珍しくはありません。

それもそのはずで、着物は非常に高額ですし、着物や帯の柄には一つ一つに意味があって、どれでも好きな着物を着ても良いという訳にはいきません。

ですから、お買い上げ下さった際には気持ちが高揚する位、呉服屋さんの仕事のやりがいを感じます。

お客様からの相談

呉服屋さんで働いている人は何も、着物を販売する為だけに、お客様に接客する訳ではなく、時には体の悩みとか家庭の出来事の相談、経済の事など、幅広くお話ししますから、お客様が最も気にいる事に、とても敏感にアンテナを張っていて、情報収集を常に心掛けています。

そうして話題の幅を広げておく事で、日常からのお客様との信頼関係を強く築いておくのです。

呉服屋の仕事で大変な事は?

呉服屋さんで働いている人が大変だと思う事の中には、皆さんが知らない事が結構沢山あって、その内容に驚く他の業種の人もいます。

ここからは呉服屋さんで働いている人が、大変だと思う仕事の内容とは一体どんな内容なのか、分かり易く紹介させていただきます。

無数にある呉服商品

呉服屋さんで働いている人が大変だと思う仕事の内容には、呉服商品の選択業務と言う仕事があります。

呉服商品を選択する機会は、呉服屋さんで働いている人には多々訪れます。

呉服屋さんで働いている人が最も気にしいる事には、自分の呉服商品の選択のレベル、センス、能力が他の販売営業の人と比べて劣っていないか、それとも他の販売営業の仕事をしている人よりも優れているのか?を強く気にしていると言えるでしょう。

何故なら、呉服屋さんで働いて行くうえで、適切なものを選び取っていく力が優れている事は、とても重要なスキルの一つです。

長時間話し込む接客

長時間話し込むお客様は意外と、自信の話が長い事を気にしていられます。

接客してくれている呉服屋さんの人が、このお客は、何時間も着物を買うでもなく、関係のない話ばかりで接客しているのが嫌になってしまうと思っているのではないだろうかを気にされております。

お客様の目から見て、接客しているのが大変そうだと思われない様に、お客様がそんな事を思い起こす事にならない様な、お客様を楽しませる接客対応が必要です。

接客の仕事が苦手な人が呉服屋さんで働いているて、長時間に渡るお客様とのお話しは、かなり大変だと思う仕事だと言えます。

呉服屋の仕事に向いているのはこんな人

仕事を始める前に知っておきたい事の中に、自分がこの仕事に向いているのか向いていないのか、知っておく事が現代の社会では非常に大事な事ですから、どんな人が呉服屋さんの仕事に向いているのか、具体的な内容の中から皆さんに知っておいて貰いたい部分を、ここからは分かり易く紹介させていただきます。

きめ細やかな清掃業務が出来る人

呉服屋さんの仕事の基本は、なんといっても掃除です。

呉服屋さんの仕事に限らず掃除が仕事の基本になっている会社が殆どですが、他の業種の掃除よりも呉服屋さんの掃除の方がより丁寧ですから、きめ細やかな掃除ので来る人は呉服屋さんの仕事に向いています。

自発的に業務のスキルを向上出来る人

経営者が最も気にしている事には、自分の呉服屋さんで働いている社員に自発的向上心があるのか無いのかです。

呉服屋さんの仕事では、経営者が先頭を切って現場で働いていますから、中々ゆっくりと社員に仕事を教えている暇がないのです。

ですから、自発的向上心のある人は呉服屋さんの仕事に向いています。

呉服屋の仕事に向いていないのは?

呉服屋さんで働いている人が、仕事に向いていないのを知らないまま呉服屋さんで働きつづけていたとしたら、とても不幸な事ではないでしょうか?

その様な残念な事にならないで済むのならば、それにこした事はありません。

ここからは、呉服屋さんの仕事に向いていない人の特徴とは、一体どんな特徴があるのか具体的に紹介させていただきます。

じっと人の話を聞いていられない人

呉服屋さんで働いている人が大変だと思う仕事の中に、ご年配のお客様の会話を長時間しなければいけない事です。

話の内容としては、生活の事や健康の事から世の中の出来事と、長時間つづきますから、販売営業の人には、とても辛い事かもしれません。

話の内容は、お客様が最も気にしている嫁姑関係の話になる事が多く、男性の場合ですと中々話を合わせるのに苦労してしまうかも知れません。

ですから、人の話をじっとして聞いているのが苦手な人には、呉服屋さんの販売営業の仕事が向いていないと言えます。

お金の計算が出来ない人

呉服屋さんで働いていると、とても複雑なお金の計算を瞬時にしなければいけない時があって、普段から電卓やそろばん、暗算などの計算能力を鍛錬しておく必要がありますが、呉服屋さんで働いている人の中には、どうしても計算が苦手と言う人がいるものです。

電卓やそろばんを使って数人で数字を合わせるのですが、計算が苦手な人が中にいると何時間経っても数字が合わずに、夜どうしかかる事もあって、呉服屋さんで働いている人同士の仲が険悪なものになってしまいます。

高額な呉服の商品をお買い上げになったお客様が、ローンの支払いの契約される際には、さりげなく月づきの支払いの額や手数料の額を暗算して、お客様に伝えなくてはいけませんから、お金の計算が出来ない人は呉服屋さんでの仕事が向いていないと言えます。

呉服屋の仕事を通して得た経験はどんな事に活かせる?

呉服屋さんで働いていて学んだ経験は後々、他の仕事で働く事になった時やその後の人生において活かす事が出来ますから、教えられた呉服屋さんでの仕事の内容は、よく覚えておくのがおすすめです。

ここからは、呉服屋さんで働いて得た経験はどんな事に生かせるのか、具体的に紹介させていただきます。

地元経済界人とのお付き合い

お客様が日常の生活の中で気にしている事の一つには、地元の経済の行方や景気の事があり、呉服屋さんで働いているて、景気が大変だと、お客様の購買力も落ちますから、景気の動向を把握しておく為にも地元経済界の人達と食事やお酒の席で交流をよくします。

高級ホテルでの仕事

呉服商品は高額ですから、その高額な価格に見合った会場に展示する事が、呉服屋さんの展示販売会を開催する際の大事な事です。

借りる会場も高級ホテルの会場を利用する事になりますから、おのずと高級ホテルの利用の仕方のスキルが身に付きます。

団体行動の管理

呉服屋さんで働いていると、温泉旅行と着物の展示販売会のコラボイベントが年に何回か企画されますから、呉服屋さんで働いている人は仕事の内容を添乗員に変えて、大勢のお客様をご案内しますから団体行動の管理の経験が身に付きます。

呉服屋の仕事でよくある疑問とは? 

着物の柄の意味

着物の柄は、ただ単に綺麗な花や伝統的、歴史的な絵柄を付けている訳ではなくて、とても大事な意味を持っていますから、呉服屋さんで働いている人は様々にある着物や帯の柄の意味を常に勉強していなければいけません。

しかしながら、複雑に組み合わされた柄の意味が分からず疑問に追われているのが現状です。

多額のローン

お客様に着物をお勧めする時に、新人の人が最も気にしている事には、お客様のローンに余裕がまだあるのか無いのかです。

これを買ってもお客さんが支払出来るのだろうか?

疑問に感じてしまう事とが多く、呉服屋さんで働いている人が大変だと思ってしまうと着物をお勧めする事が難しくなります。

まとめ

今回は呉服屋さんの仕事の大まかな内容、呉服屋さんの仕事をしていて感じるやりがい、向き不向きな人とは、どんな人なのか、紹介させて頂きました。

初めての職場に出勤する時は、非常に緊張するものです。

緊張からくるストレスもあって何時もの自分が出せません。

しかし、あらかじめ仕事の内容や先輩の人が感じている事を皆さんに知って貰えれば、初出勤の緊張も和らぐと思います。

今回の記事を参考にして頂ければ呉服屋さんの仕事に向いているのかいないのか、判断の材料になるかと思います。

日本の伝統の仕事である呉服屋さん、向いている人は是非とも就職してみては如何でしょう。

実際に呉服屋の仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

呉服屋求人