百貨店は、高級感があって、少し敷居が高い。

だから、特別な贈り物はやっぱり老舗「百貨店」の包装紙でくるまれたものを贈りたい。

そんな風に思う方も多いのではないですか?

百貨店にお買い物に行く時は、少しおしゃれして、少し緊張して、少し浮き足立って出掛けていきませんか?

そんな場所で働く人たちはどんな人たちなのでしょう?

この記事では、百貨店の仕事についてわかりやすく解説致します。

「百貨店の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

百貨店の仕事にはどんなものがあるの?

百貨店は小売業なので、衣類や装飾品をはじめ寝具、雑貨、食品といったさまざまな商品をお客様に買って頂くことで成り立っています。

なので、メインの仕事は、当然「販売」です。

また、お客様に商品を販売することの他に、販売する人たちを後方から支える「事務」や「物流」などの仕事があります。

百貨店の大まかな仕事内容

販売職

販売員

店頭に立って、商品をお客様に説明したり勧めたりする、いわゆる接客をする人です。

お客様のニーズを察知して、的確なアドバイスで商品を紹介し売上に貢献する。

「カリスマ販売員」と呼ばれる人たちがとても注目された時期もありました。

バイヤー

販売するための商品を仕入れる人です。

販売員としての実績を積んだ人がその適性や実力を評価されてバイヤーとなることが多いです。

バイヤーは、売れる商品を見極めて、価格交渉を行い、どの時期にどれだけ仕入れるかを決め、売上や利益のことを考えながら動かねばなりません。

商品を見極めるセンスが良いというだけでなく、選んだ商品でどれだけの売上が取れるのか、利益はどれだけ出るのか、といった数字にも敏感でなければ務まらない仕事です。

マネージャー

売場ごとに配置されているマネージャーは、バイヤーと一緒に商品の構成を考えて、売場を作り、販売員の先頭に立って売上を作っていくことが仕事ですが、それと共に大勢の販売員の人たちをまとめて売場を運営していくことが大切な仕事です。

販売員ひとりひとりのモチベーションを上げることが出来るように適性を見極め指導・教育を担当し、時には悩み事の相談に乗ったりもします。

やはり、まずはいち販売員としてスタートし、仕事ぶりや適性、実力を評価されてマネージャーとなります。

外商

売場で商品を販売するのではなく、年間のお買い上げ額の大きい「お得意様」の個人宅や企業へ訪問して商品を販売する仕事です。

そのお得意先は政治家、一流企業の経営者や役員、芸能人なども多く含まれています。

事務職

売場事務

各売場(営業部)ごとに事務担当が置かれ、その売場に属する販売員たちやテナントの人たちの事務的なことの取りまとめや、会社からの連絡事項の伝達、バイヤーやマネージャーの事務的な補佐などを行ないます。

お客様相談室

お客様からの様々な問い合わせのお電話の対応をします。

物流事務

商品の納品時・返品時の伝票処理、店舗間移動の手続き等を行います。

人事、総務、経理、広報

どんな企業にも共通して置かれる管理系事務です。

入退社の手続き、勤怠管理、労務管理、給料や交通費計算、お店の広告・宣伝、または会社の窓口となって外部とのやり取りをしたりと百貨店で働く人たちを裏でサポートします。

物流関係

多くの取引業者が納品してくる商品の検品や返品される商品の確認、商品の配送、宅配便を利用した商品の発送手続き等を行います。

「百貨店の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

百貨店の仕事はどんな人に向いている?

百貨店は多種多様な商品を扱い、老若男女問わないお客様と接する場所です。

その職業柄から言葉遣い、礼儀作法はとても重視される職場です。

好奇心旺盛な人

さまざまな商品を取り扱っている百貨店ではたくさんの職場があり、どこに配属になるかはわかりません。

自分の希望の職場に配属になるとは限らないので、どこに配属されても好奇心を持って、プロの販売員になるべく勉強をする必要があります。

百貨店で婦人服を販売したかったのに、配属は寝具売場だった…などということはよくあることです。

また、販売員になりたかったのに事務職や物流の仕事に配属されることもあるのです。

どこに行っても仕事に対して好奇心を持って積極的に取り組むことが出来る人はその姿勢が認められて、希望する職場へ異動が叶うこともあります。

ルールに従順な人

老舗の有名百貨店ほど独特のルールがあります。

例えば、身だしなみについても髪の色やメイクなどに規定があります。

百貨店における主役はお客様なので、お客様を引き立てるために、働く人間は控えめで清潔感のある身だしなみが求められます。

装飾品は結婚指輪だけが認められ、時計なども高級ブランド物を身につけるのはご法度です。

扱う商品によっても、その売場ならではのルールがあるので、それらに反発せず、きちんと守れることが大切です。

話題豊富で聞き上手な人

百貨店は女性客が大半を占めます。

年齢層はやや高めです。

女性はやはりおしゃべりが好きですね。

買いたい物や探してる物について話をすることはもちろんですが、そこから話の内容が派生して家族の話になったり、昔話になったり、世間話になったりと会話が弾んでいくことも多々あります。

そんな時は要所要所で相槌を打ちながらお客様の話相手になることも重要です。

そして、話の内容からお客様の好みを知ることが出来ればそのお客様にピッタリのものをお勧めすることが出来るでしょうし、お勧めしたものを気に入ったことで、それをきっかけに自分のお得意様になってもらえる可能性もあります。

「あなたに会えるからこのお店に来てるのよ」と言って頂けることは販売員冥利に尽きることですね。

逆に百貨店の仕事に向いていない人の特徴は?

百貨店は毎日不特定多数のお客様やお取引先が出入りする場所です。

たくさんのお客様の接客をして、より多くの商品をお買い求めいただくためには、売場そのものの雰囲気を良くすることも大切です。

空気を読むのが苦手な人

今、このお客様は販売員に声を掛けてもらいたいと思っているか?

それとも、声を掛けないで欲しいと思っているか?

その微妙な空気を読み取ることは難しいですが、毎日の接客業務の中で磨いていかねばならないスキルの一つですね。

何かを探していて、販売員に聞いてみようと思っているお客様にタイミング良く声を掛けることが出来たらとても喜んでもらえるでしょうし、売上に繋がることにもなるでしょう。

また、それは事務職であっても同じことです。

多数のお取引先や他部署とのやり取りの中で、相手が今どんな状況にあるのか察知して、忙しい時には端的に的確に用件を伝えることが必要でしょうし、場合によっては膝を突き合わせてとことん説明をしなければならない場面もあるでしょう。

それが今なのか、またあとでなのかを判断して仕事を進められることが必要です。

無愛想な人

販売することは接客業ですから、販売員はいつも笑顔で感じがいいことが大切です。

仏頂面で不機嫌そうな人には誰だって話し掛けたくないものですし、話し掛けられたくないですから。

それに一緒に働く人が無愛想では、コミュニケーションが取りずらいですね。

共同作業が苦手な人

例えば、婦人服の売場は、カジュアルウェア、フォーマルウェア、大きいサイズ、小さいサイズやテナントでさまざまなブランドが入っていたりして、一口に婦人服売場と言ってもさらにいくつかのカテゴリーに分かれていて、そのカテゴリーごとにいわゆるチームのように何人かの販売員で構成されています。

勤務はたいていがシフト勤務になりますから、自分の勤務が始まる時や終わる時には仕事の引継ぎがあります。

お客様がお待ちの商品がいつ入荷するか?とか、これからお得意先様がお見えになるとか、この伝票はいつまでに処理しなければならないとか…。

そうした業務を一緒に働く人たちとコミュニケーションを取りながら漏れのないように進めて行かねばなりませんから、ひとりで黙々と作業したいという人では務まらないのです。

守秘義務の守れない人

有名百貨店には政治家や芸能人といった有名人が頻繁に訪れます。

テレビ番組や雑誌の取材で訪れることもありますが、当然プライベートでご来店のこともあります。

立場をわきまえずその方に声を掛けたり騒いだりすることは当然いけないことですが、そのことをSNSにアップしてプライベート情報を流してしまうなどの行為は絶対にしてはいけないことです。

「百貨店の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

百貨店の仕事で活かせる、今までの経験

百貨店は多種多様な商品を扱い、国内だけでなく海外での仕事もあり、そしていろいろな国のお客様の接客をします。

接客経験

接客といってもいろいろありますね。

小売店や量販店、外食産業、ホテルのフロント業務などなど…そのどれもが百貨店の中にはあります。

接客業務を経験している人の強みは、お客様への接し方、言葉遣いが出来るだけでなく、その経験からクレームの初期対応が出来ることです。

語学

お店にいろいろな国の方がお客様として来店されるので、英語だけでなく、最近は中国語、韓国語が堪能な方はその語学力を発揮出来ます。

大手百貨店では海外の支店へ赴任ということもありますし、バイヤーは商品の買い付けなどで海外へ行くということもあります。

食品衛生

百貨店の中には「デパ地下」と呼ばれる食料品を扱う売場があります。

百貨店の職員が調理を行うことはほとんどありませんが、イートインコーナーや店内厨房で調理を行うテナントさんへの衛生管理や指導・指示といった業務がありますから、衛生面での知識や資格が活かせます。

たとえテナントが出したクレームであっても、今の世の中で食品クレームは百貨店の命取りにもなりかねない事柄ですから、どこの百貨店もその管理には力を入れています。

パソコン

インターネットで買い物をしたり、動画を見たり…ということが出来る人はたくさんいますが、WordやExcel、更にはAccessやPowerPointまでを使いこなせる人は結構いないものです。

現在どんな職種であっても事務作業にパソコンは必要不可欠なものですから、その経験はとても有効です。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

販売員であれば、その販売実力や適性を評価されてバイヤーやマネージャーといった職務に昇進します。

事務職にもその部署での主任・係長・課長そして部次長・部長といった管理職へ昇進していきます。

そのどちらからでも能力を認められれば、店長や役員となり最終的には社長となります。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

百貨店の経験はその配属された場所によって偏りが出てきますが、配属された売場の商品についての知識の他に一般的な慶弔儀礼についての知識も身に付きますから、その経験を考慮して選択すればどこへ行っても活かすことができるはずです。

例えば、百貨店と言えばラッピング(包装)講習を希望者に行っていますから、その技術を身に付けていれば小売店やギフト商品を扱うお店でも重宝されます。

慶弔儀礼の知識は、会社の総務部などでも必要ですし、仕事だけでなく普段の生活の中でも知っていて損のないものです。

和服売場で和服や和装小物の知識を身に付けて、その後着付けを習って、ブライダル関係の仕事で活躍…という方もいます。

長く続けられる仕事?

どの会社も定年制を採用していますが、定年後も能力、意欲、健康状態などの本人の状態と会社の意向が合致すれば仕事を続けることが出来るのが大半です。

特に長年販売員を経験されてきた方は、商品知識も豊富で多くのお得意様を抱えている方が多いので、その顧客を手放したくないこと、またその販売知識で若い従業員の教育にも一役買ってもらいたいと考えています。

その他に、定年退職後にテナントで入っている会社から誘われて再就職される方もいます。

まとめ

百貨店という華やかな場所は、そこで働く人たちの「お客様を喜ばせたい」という気持ちで出来上がっています。

お買い物がより楽しくなるような企画や何度も行きたくなるような演出を常に考え、来店下さるお客様が満足のいくお買い物が出来るように、上質な商品を取り揃え、心配りの行き届いた接客技術を日々勉強しています。

百貨店の仕事そのものは決して華やかではありませんが、地道な努力の積み重ねで「たくさんの人の笑顔を作り出す」仕事です。

そして百貨店で働くにあたっては特に必要な資格はありません。

大切なのは百貨店で働きたいという「熱意」と多くの人に接するために必要な感じの良い「人柄」です。

実際に百貨店求人を探すときは、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

百貨店求人