オフィス移転への転職を成功させたい方は必見です。

オフィスが移転するための準備を一括でサポートするオフィス移転業。

今回はオフィス移転の転職で狙い目なおすすめな会社の5個の特徴と、上手に転職するための4個の注意点ポイントをご紹介していきます。

オフィス移転業界への転職で年収を上げて、より良いビジネスライフを送ってみましょう。

ぜひ最後までご覧いただけたらと思います。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「オフィス移転」の仕事例をチェック

オフィス移転業への転職を成功させるために心がけることは?

資格の取得

オフィスの移転・新設に際して、内装工事を行うことが多々あります。

その際に役立つ資格が建築施工管理技士という資格です。

略して「セコカン」で業界内ではおなじみの国家資格で1級と2級があります。

合格するのは容易ではありませんので、持っているだけで入社時の印象が違うと思います。

1級はかなりハードルが高いのでまずは2級があるとベターです。

建築施工管理技士の資格を持っていると入社した後で職種の変更ができるはずです。

デザイナーはセンスが一定以上必要なので難しいですが、営業職か施工管理職かは選べるのではないでしょうか。

ただし、2級の施工管理技士の資格取得には最低でも1年以上の実務経験が必要ですのである程度同業種からの転職をお勧めします。

施工管理職は専門職ですので、資格はなくても仕事をすることはできますが、おそらく知識がないと現場で困ることばかりです。

ですので資格がない人は営業職などで入社する方が良いです。

施工管理職に就きたければ、営業職をしながら勉強をして資格取得後、配属替えを希望する方が好ましいです。

またデザイナー・設計職は規模が大きい仕事もあるので施工管理技士以外にも2級建築士の資格があるとベターです。

その他、図面作成などにCADを使用することがあるので建築CAD検定などを持っておくと有利です。

准1級、2級、3級、4級の4等級に分かれていて、いずれも受験資格は必要ありません。

4級は高校生用検定のため、3級または2級程度を持っておくと良いでしょう。

他にもインテリアコーディネーターやカラーコーディネーターの資格があるとデザイナーとしての信用度が上がります。

最低限の業界知識を勉強

オフィス移転業はワンストップサービスを謳っているため、数多くの商材・サービスを提供することになります。

内装・家具・通信・引越しなどなど。

幅広い知識が必要です。

もちろん入社した後、仕事をしながら覚えて行くのは大前提ですが、内装関係であれば、資材の名前、家具では国内メーカーの名前とブランディング、通信機器の役割や用語などをある程度知っておくと入社後の仕事がスムーズになります。

また不動産(とりわけオフィスビル)についての知識もあるとベターです。

知識の飲み込みが早いと入社後の同僚や上司からの評価が変わってくると思いますので頑張りましょう。

会社の規模・雰囲気を確認

オフィス移転業をしている会社のホームページをのぞいてみましょう。

ほとんどの会社が施工実績として取引をした会社とそのオフィスの写真を掲載しています。

純粋に東京に本社があるような大きな会社での実績がある会社が太いパイプラインを持っているので、会社の行く末などに関しても安心です。

なるべく大きな会社に就職して安泰を好む人は大企業と取引をしている会社を選ぶと良いでしょう。

反対に新興のベンチャーなどと取引が多い会社は顧客がどんどん規模を大きくして移転をしたり、事業所を増やしていく可能性があるため、大企業とは別の意味で将来性があります。

また大企業よりもカジュアルなオフィス作りを目指す風潮があるのでオシャレさや最近っぽいオフィス作りに携わりたい人にはオススメです。

緑や自然多めに提案している会社やユニークなアイデアを具現化しすることに長けている会社、IT機器を使って業務効率化を図れるように特化している会社など、オフィス移転業の会社にもそれぞれの会社の色がありますので、自分もこんなオフィス作りに携わりたいという直感に従って雰囲気に合いそうな会社を選びましょう。

狙い目な会社の5個の特徴

都市部にある

B to Bビジネスが基本なのでオフィスビルの密集した地域に会社の所在があったほうが利便性が良いです。

打ち合わせや工事に赴く際の移動時間が短縮される上、電車の移動もしやすいためです。

地形を覚えられたりすると何かと都合が良かったりします。

オフィス街は同じオーナーや管理会社のビルがいくつかあったりするので、面識があると手間が省けて非常に仕事がしやすかったります。

最近では都市部にコワーキングスペースや貸し会議室なども増えてきているので、そのような運営会社からの仕事も期待できるかもしれません。

従業員数が多い

シンプルに従業員数が多いということはマンパワーが不足しておらず、一人頭の業務が分散されるためです。

休みを取りやすかったり、事務作業を一人で抱え込まなくても良かったり、人手が足りていていざという時はサポートし合える環境が整っているということは、長期的に見てとても価値の高い条件です。

部署がたくさんある

部署がたくさんああることで業務が分散され、一人当たりの仕事量が減ります。

それが残業の減少に繋がります。

また部署があるということは、それぞれの仕事の役回りがはっきりしている組織作りができている証拠です。

各部署で担当業務に注力できるので、仕事の質も担保しやすいと言えるでしょう。

休日が保証されている会社

繁忙期になると休日出勤をしたり、営業であれば先方の都合に合わせて休日に打ち合わせをすることも出てきます。

その際に代休が取得できる制度が保証されている会社を選ぶようにしましょう。

若い人がいる会社

一概には言えませんが、最近の20代の若者は仕事での地位や金銭的な成功よりもプライベートの時間を確保できることを望む人が多い傾向にあります。

若い人の転職率が高い今のこのご時世で、若い人がしっかりと定着しているということは残業が少なく、休日もしっかり休めるということです。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

上手に転職するための4個の注意点

条件にプライオリティをつける

転職の際も新卒の就職活動でやったときのように自己分析をしっかりと行った上で優先順位を明確にすることが重要です。

前職を辞めた原因はなんですか?

給与であれば給与が高い会社に行く、残業が多く休日出勤も多かったからであれば、しっかり休める会社を選びましょう。

多くの場合、転職理由としてあげられるのが、給与、労働時間、人間関係、キャリアアップです。

ホームページなどで従業員の一覧やインタビューなどを見ることはできても、実際の人間関係は入社してみなければわかりません。

しかし、給与と労働時間は契約に基づくものなので事前に把握した上で会社を選べます。

この二つは悲しいことに二者択一、トレードオフになってしまう部分もあるものなのでどちらが自分にとって重要なのかはっきりさせておきましょう。

焦らず、じっくり向き合う

単身者であったり、家族がいたり、婚約者がいたりと自分の置かれている環境は様々でしょうが、外的要因に支配されて焦って仕事を決めるてはいけません。

特に会社を辞めてから新たに仕事を探すという方は収入がなくなってしまうので焦る気持ちもわかりますが、自己分析をして求人とじっくり向き合う時間を作るようにしないと後から後悔するかもしれません。

ある程度生活できるだけの貯金を貯めてから辞めるのが得策ですが、貯金が無い状態でやめてしまったという方は、会社をやめたら離職票をもらってハローワークに行き、失業手当の手続きをしてください。

なお、退職日からハローワークでの手続きをするまでにアルバイトなどで収入があると失業手当を受け取れない可能性があるので注意してください。

ちなみに一般的に3〜4月と9〜10月は年度切り替えに伴う退職者の後任補充や新規事業のスタートなどがあり、中途採用ニーズが高まると言われていますので、その時期に合わせて退職するというのも良いと思います。

時間短縮できるインフラがあるかどうか

残業時間というのも数値で測れる大事な指標です。

残業が続くと、休日出勤をすることも多くなり、結局前の会社の方がよかったなどと後悔することになってしまうかもしれません。

業界としては残業も少なくないですが、工夫次第で残業や休日出勤を減らすことができます。

重要なのは会社がその環境を提供してくれるかどうかです。

会社から個人デバイスが支給されるかどうかを確認しましょう。

例えば、スマートフォンまたは携帯電話が支給されれば、休日は会社に置いておき、休日の連絡は受けないようにできます、せっかくのオフなのに仕事の電話やメールがが入るのはかなりのストレスを感じます。

特にそれがクレームだった場合にはせっかくの休日でも気が休まりません。

例え、支給がされなかったとしても休日仕事関係の連絡は受けないように自分なりのルールを作ると良いでしょう。

また特に営業職に言えることですが、ノートパソコンまたはタブレット端末が支給されるかどうかが残業時間の短縮に繋がります。

外出先でメール処理やオフィス系ソフトを使った編集作業ができると時間を効率的に使うことができます。

クラウドサービスなどを使ってどこからでも書類をアクセスできるようにしておくと作業が捗ります。

カフェなどでリモートワークをすることを承認してくれる環境があるとなお良いです。

面接時に踏み込んだ質問をしてみる

転職サイトなどを通して転職をする方がほとんどだと思います。

求人を出す企業もかなりのコストをかけて募集をかけています。

採用したはいいけど、すぐにやめられてしまってはかなりの痛手です。

企業側もミスマッチをして、やめられるくらいなら最初からいろんなことを覚悟の上、入社してもらいたいと思っているでしょう。

残念ながら入社してみると転職サイトで記してある条件やホームページに記してある条件と微妙に異なる内容で雇用契約書が作られてしまっているケースというもの存在します。

「残業はないと聞いていますが、実際それは本当ですか?」とストレートに聞くのも良いと思いますし、直接的な質問をするのに気がひけるという方は、「遅い方で何時頃退社されるんですか?」などと残業がある前提で聞いてみると良いでしょう。

気になることは直接聞ける面接でしっかり聞いてはっきりさせておかないと後々自分が後悔することになります。

オフィス移転業への転職によって年収を上げるためにやるべきこととは?

資格の取得

この業界で一番必須になるのはやはり2級建築施工管理技士です。

会社によっては資格を持っているだけで毎月の給料が増えたり、勉強にかかる費用の援助や、合格した際にお祝い金を出してくれる会社もあります。

営業成績のアップ

営業職は歩合給であることが多いので、ノルマの達成率や単月の売り上げ次第で平均的なサラリーマンの月収+10万程度の収入を継続的に見込むことができます。

不動産屋からの紹介やホームページからの集客が多いこの業界ですが、一度取引をすると継続的なリピートでの発注が見込むことができます。

人員の増加に伴うオフィス家具の追加や通信機器の増設・配線工事、数年後のレイアウト変更や他の支店の立ち上げや移転計画など潜在的な発注があります。

一度きりの発注になってしまわないように顧客を定期的に訪問するなどして、しっかりつなぎとめておくようにしましょう。

オフィスの移転計画は顧客の担当者からすると普段の自分の業務プラスアルファの業務になるのでなるべくストレスや労力を割きたくないものです。

だからこそプロに任せるのであるので、そんな心情を汲み取って営業活動をすると担当者に気に入ってもらうことできます。

また、デザイナー職も顧客からデザイン・設計費用を頂くので、それがそのまま報酬になったり歩合査定の基準になります。

同僚・上司からの評価を上げること

営業成績などは数値で測れるものですが、周囲の人からの評価というものは数字では測れません。

頼まれた仕事をしっかりこなす、完璧にこなす、納期を前倒しでこなすなどのことを心がけると良いです。

また部署の垣根を超えて、気遣いをするのも大切です。

例えば、営業職であればデザイナーや施工管理への指示をわかりやすくまとめることであったり、施工管理であれば営業やデザイナーが気づかなかった細部の仕上げまでこだわったり、事務員であれば商談の資料を人数分印刷しておくなど、相手を想ってこそ生まれる仕事というのはいくつもあります。

また、中途で入社すると最初は仕事があまりない可能性があります。

そういうときには少し古い考え方ではありますが、事務所の掃除をしたり自発的に仕事を見つける努力をしましょう。

すぐには年収には繋がりませんが、人は第一印象が大事というように最初の段階で良い印象を与えておく必要があります。

ランチに気軽に誘ってみたり、飲み会に誘われたら断らないなど、人間関係を大切にしておくと周りからの評価も上がりますし、自分が困ったときに助けてくれる人が増えてきます。

人間関係は転職する理由として給与や労働時間を上回るほどの要因ですので、円滑になるように努めましょう。

重役への露骨なごますりや太鼓持ちなどは他の同僚に嫌われてしまうので注意しましょうね。

まとめ

オフィス移転業に転職を成功させるために狙い目な会社の5個の特徴と上手に転職するための4個の注意点ポイントをいくつかご紹介きました。

まずは会社を辞めたら失業手当の手続きと自己分析をしっかりしましょう。

オフィス移転業に転職する際は、多少なりとも勉強しておくと良いですよ。

実際にオフィス移転の求人を探す時は、こちらの記事を参考に!

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)