パン屋のバイトを人気店でしてみたい!パンが好きだから、一度はパン屋さんで働いてみたい!そう考えている人はいませんか?

パン屋のバイトと一口に言っても仕事内容は様々です。

この記事では、パン屋のアルバイトではどんな業務を任せてもらえるのかを詳しく紹介します。

是非最後までご一読いただき、バイト探しの参考にしていただけたらと思います。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

パン屋さんのバイトでは、どんな仕事をするの?どこまで任せてもらえる?

パン屋さんの求人内容を見ると、主に製造スタッフと販売スタッフに分けて募集していることが分かります。

製造スタッフの仕事はパンの製造。

お客様に食べてもらうパンを作っていきます。

販売スタッフはお客様と対面でパンの販売を行います。

店舗によって異なりますが、カフェスペースやイートイン席があるお店では、ウェイターとしてドリンクや料理を提供することもあるでしょう。

個人経営の小さなパン屋さんではレストランやホテル、一般のお客様の自宅にパンを配送したりすることもあります。

ただし、配送や配達のお仕事はチェーン店の店舗ではほとんどないと考えて良いでしょう。

製造スタッフの仕事

パンの製造

製造スタッフは厨房で作業するので、基本的にはお客様と接することはありません。

厨房では生地を作り、成形、具材のトッピングを行います。

生地作りとは言っても、多くのチェーン店では予めパン工場で大量に作られた冷凍生地を使用して作り上げていきます。

そのため、未経験者でも簡単に出来るものが多いでしょう。

他にも、パンの焼き上げ管理、トッピングに使用する材料を組み立て、カスタードクリームの炊きあげなど、内容は多岐に渡ります。

お店によっては厨房がガラス張りになっており、スタッフの作業する姿が店内から見えます。

お客様にとっては、興味深い光景が見られますので好評ですが、お客様のダイレクトな視点に耐えられそうにない方は、そういったお店は避けたほうが無難でしょう。

材料の管理

使用する材料のチェックや発注業務もあります。

賞味期限のチェックはもちろん、期限が切れたものは廃棄し、その都度在庫入力を行います。

 管理を怠れば、パンの風味を損ねるだけでなく、お客様の体に影響を与えかねません。

口に入るものですので慎重かつ確実に管理しましょう。

調理器具の洗浄や調理場の清掃

調理場や器具の洗浄も厨房の担当です。

その日の仕事が終わると、鉄板から小道具などすみずみまで洗っていきます。

時間があるときは、オーブンやガス周り、冷蔵庫や冷凍庫などに至るまで、汚れている場所は隈なく掃除します。

洗浄や清掃の手抜きは食中毒などのリスクに繋がるため、万が一のためにも掃除はとても大切です。

製造スタッフとして働くと、どこまで任せてもらえるの?

お店によって異なりますが、働き始めの頃は、どんなお店でも厨房内部の清掃や器具の洗浄、他のスタッフの補助がメインになることが多いです。

サンドイッチの製造や、窯に生地をオーブンへ流し込む作業など様々でしょう。

慣れてくると、お店の規模によって任される内容が異なります。

人通りの多いエリアに立地する大型チェーン店では、一つ一つの行程毎に細かく区分され、丸一日その業務をひたすら行います。

一方、コンビニやスーパーの中にあるパン屋さんは、作業スペースに合わせた最低限のスタッフが配属されています。

基本的に少人数で作業することになりますので、製造から厨房内の清掃、商品の陳列から、材料の発注まで任せてもらえることが多いでしょう。

大変そうだけど様々な仕事をやってみたいと思っている方は、小さなパン屋さんで働いてみてはいかがでしょうか。

販売スタッフの仕事

レジ業務、袋詰め

販売スタッフはレジ業務やパンの袋詰めなどを中心に、接客やお客様対応をします。

数多くあるパンの値段を覚えることは大変ですが、一通り覚えたらレジ業務も楽になるでしょう。

お客様は近くにいる販売スタッフに質問する場合が多いので、きちんとした受け答えができるように、事前にパンやお店の知識を入れておいたほうが無難です。

 焼きたてのパンをお客様が購入していく場合は、熱気がこもらないようにパンを入れた袋を開けてお渡しするなどの心配りも求められます。

商品の陳列

パンは焼き上がったら次々と店内に並べていきます。

パンの配列は販売スタッフにとって重要なお仕事です。

どのように並べればお客様により美味しそうに見てもらえるか、手にとってもらえるか、おすすめのパンを買ってもらえるかが、陳列の見せ方でガラリと変わるからです。

トレー、トングの補充や片付け

お客様やスタッフが必ず触るトレーとトングの清掃は欠かせません。

使い終わればその都度下げて洗っていきます。

お客様がパンを選ぼうとした時に、トングやトレーがないことを避けるために残数には目を配り、余裕を持った補充が大切です。

店内清掃、開店準備、閉店作業

販売スタッフは、店内の掃除を任されることが多いです。

お店がオープンするまでの時間を利用して、気になるところがあれば掃除していきます。

パンを陳列する棚からレジ周りのテーブル、サンドイッチやお総菜を入れる冷蔵スペース、カフェスペースから窓や天外の扉など、掃除しなければいけない場所を探したらきりがありません。

掃除が済めば焼けたパンを並べていきます。

ポップや値段をつけて、お客様を迎える準備が整う頃にはもう良い時間です。

閉店時間になればお店を閉め、今日のまとめと明日の準備をします。

店内を清掃して、売れ残った商品を確認し、一日の売り上げを記録して長かった一日が終わります。

ドリンクの注文・提供

お店によってはイートイン席やカフェスペースでサービスを提供しているお店もあります。

カフェを利用するにあたり、ワンドリンク制になるお店も多いので、レジ業務のお仕事に加えて注文を受けたり、お客様の元へ運ぶこともあるでしょう。

販売スタッフとして働くと、どこまで任せてもらえるの?

レジでのお客様対応がメインですが、パンの袋詰めや、食パンやカンパーニュなど、希望に合わせたスライスをしたり、パンの品出しや、焼き上がってきたパンの補充、商品陳列も任せてもらえます。

他には、店内の清掃をする他、商品やカフェスペースのポップ作りを任せてもらうこともあるでしょう。

値段から商品の伝えたい魅力、アレルギー表示といった様々な情報を考慮して作らなければいけません。

大変そうですが面白くもありますので、もし任されることがあれば、ぜひチャレンジしてみてください。

パン屋さんのバイトのやりがいとは

製造スタッフ

パンが好きな方や興味のある方にとってはパンに囲まれてお仕事をすることはきっと楽しくて仕方ないはずです。

パン生地を粉から作るお店で働けば、本格的なパン製造に関する知識や技術を学ぶこともできます。

販売スタッフ

パンの種類や、美味しい食べ方、調理方法や最適な保存方法など、お客様からの質問を想定して考えていくことで次第に自分の知識も広がっていきます。

お客様からの細かい質問に丁寧に答えることができれば感謝されたり、誉められるなんてこともありますので、そんなときは「もっと頑張ろう」と思う瞬間です。

お客様の立場に立ち考えることで、そんな素敵な瞬間を沢山経験できると思います。

 お客様からの質問が分からないときは、素直に先輩スタッフに聞けばお客様も納得してくれるでしょう。

自分で調べて質問に答えられるようになると、ますます仕事が楽しくなってくると思います。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

パン製造をやってみたいならパン工場もおすすめ

パン工場内での作業を詳しく知りたい!

パン工場で求人を募集している場合があります。

普段から私たちがよく目にするコンビニやスーパーマーケットに置いてあるパンは、ほとんどのものが工場で作られているものです。

例えば、クリームパンやあんぱんなどの包みパン、チーズやレーズンが包まれた練り物パン、コッペパンやアレンジを加えた商品、バターロールといったものを作ります。

有名なベストセラー商品も含め、とにかく数えきれないくらいの種類です。

更にパン以外にも様々な商品を製造しています。

シュークリーム、スイスロールなどのロールライン、ケーキ類といったお菓子系、肉まん、餡まん、どら焼などの和菓子系、他には高級菓子などです。

パン以外にも様々な食べ物の製造工程が知りたいという人は、工場勤務を視野に入れると良いでしょう。

工場でのパン製造は、一般的なパン屋さんとは作り方からお仕事の仕方までかなり違うため、イメージすることが難しいかもしれません。

また、全てが工場内での作業になりますのでお客様と接する機会は一切ありません。

そのため、ひたすらパン生地に触れあいたい方や余計なことを考えずにひたすら作業に没頭したい方などに最適な職場とも言えそうです。

人見知りな方や他人と接することが苦手な場合であっても、働きやすい職場と言えるでしょう。

パン工場バイトのやりがいを感じるのは、どんなところ?

パン工場のバイトは、他のバイトと比べて時給が高く設定されており、普通にバイトをするよりもより効率的にお金を稼ぐことができます。

社会保障や福利厚生もしっかりとしていますのし、お金を必要として稼ぎたい方にとっては、働けば働くだけお金がもらえるので、最適な職場とも言えるでしょう。

頑張った分だけお金を得られることは、やりがいやモチベーションの向上に繋がります。

なんと言っても、自分で作って焼き上げたパンをお客様に食べてもらえるという作り手として最大のやりがいがあります。

パン工場で作られるパンは、毎日沢山の人が食べておりますし、これからもますます需要は増えることと思われます。

多くの人に求められるパンは、作る人がいなければ食べてもらえませんし、食べる人がいる限り作り手はいつまでも必要とされるはずです。

パン屋バイトは、こんな人におすすめ!

パンが大好きな人

パン屋さんでのバイトは、パンがとにかく好きな方々にとっては天職と言えるお仕事です。

辛いこともありますが、そんな悩みや困難もパンを思う気持ちの前では消し飛んでしまうでしょう。

パンの香りに一日中包まれて幸せな気分になりますよ。

朝早くから活動して、1日を有効活用したい人

早起きすればそれだけ一日に使える時間は増えますよね。

朝少し早く起きてパン屋さんで働き、お昼頃に仕事を切り上げ趣味に使うなんて素敵だと思います。

体力がある人

パン屋さんバイトは、力仕事も多く含まれます。

そのため、体力が有り余っている人、体力をつけたい人にもおすすめです。

人と接することが好きな人

お店には実に様々な人が訪れます。

人と接することが好き!という人は、ぜひパン屋さんで働いてみると良いでしょう。

特に販売スタッフは働きながらコミュニケーション能力を身につけたい方におすすめです。

繰り返しお客様と接していくことで、接客スキルやコミュニケーション能力は身についていきます。

パン屋バイトに応募するときに気をつけたいこと

清潔感と明るさは何より大事!

食品を扱う職場ですので、清潔なイメージで業務に臨むことは必須です。

お客様とのサービスをす際は、髪の染色は控えてネイルは避けるべきでしょう。

また、お客様とのやりとりの場面では、明るくハキハキとスムーズな対応が求められます。

聞き取りやすい声での会話を心がけましょう。

お客様とのやりとりの場面では、スムーズな対応が求められます。

そして聞き取りやすい声で会話をしなければいけません。

暗いイメージでお客様に接することは、商品の、ひいてはお店の評価やイメージの低下に繋がります。

元気よく、そしてはっきりとした態度を心がけましょう。

まとめ

パンは幸せを運ぶ魔法のような食べ物。

食べる人の心と身体と食欲を満たしてくれます。

そんな素敵なものを人に贈るお仕事は、これからもますます求められるでしょう。

パンに興味をお持ちの方は、ぜひパン屋さんで働いてみてください。

これからの人生において、きっと素敵な経験になることと思います。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)