パン屋さんで買い物をしているとき、ここで働けたら幸せだろうなぁなんて思った経験はありませんか?

香ばしくて甘い香りに包まれて働けるなんて最高ですよね。

私は早朝から働ける駅中のパン屋さんでアルバイトをしていました。

朝5時からの早朝のシフトに入れば、学生でも時給が100円アップと良い条件のパン屋さんでした。

今回は、私の経験も含めて、パン屋さんの仕事内容やアルバイト代などを紹介したいと思います。

やっぱり時給は低いの?力仕事は多い?と気になっている人はぜひ読んでみてください。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「パン屋 バイト」の仕事例をチェック

パン屋バイトの給料の相場はどのくらい?

パン屋さんのアルバイトって、なんとなく時給が安いイメージがありませんか?

実際のお給料の相場はどれくらいなのでしょうか。

パン屋のアルバイトの給与相場は?

パン屋さんのアルバイト代は場所にもよりますが、時給にして大体850円〜950円くらいです。

駅中やデパ地下などの忙しいお店になると、時給1,000円以上のところもあります。

ホールよりもベイク(パンを作る人)の方が時給が高いことが多いです。

パン屋のアルバイトで給与が高い人は何が違うの?

パン屋さんでアルバイトをする中で、給与が高い人とそうでない人の差は何なのでしょうか?

スキル

他店でベイクの経験があると、即戦力になるので時給が高い場合があります。

多くのお店は研修期間がありますが、その期間が短かったり、時給が基本時給のままだったりすることもあるようです。

お店によって研修の期間は違うものの、ゼロから始める人と比べたらかなりの差なので、優遇してくれるところが多いと思います。

役職

年数が長くなってくるとリーダーという立場になり、新人のアルバイトさんの研修を担当したりします。

レジのお金を確認するなど、仕事内容は社員さんとほぼ変わらないと言って良いでしょう。

社員さんとアルバイトを繋ぐ役割も担います。

そのため普通のアルバイトよりも50円〜100円ほど時給が上がる場合もあります。

勤続年数

パン屋さんのアルバイトは勤続年数が長いからといって時給が上がることはほとんどありません。

アルバイトから社員にならない限りは大幅な給料のアップは難しいでしょう。

それでも仕事としては楽しいので、長くアルバイトを続ける人が多いですよ。

パン屋バイトで給料をあげるためにやるべき3個のこと

パン屋さんでアルバイトをするにあたり、お給料を上げるためにやるべきことは何でしょうか?

働く時間帯

早朝や夜22時以降は時給が高くなるところがあります。

特に大手のチェーン店なら割り増しになるところが多いです。

効率良く稼ぎたいのであれば、早朝や深夜の時間帯を希望しましょう。

ホールもベイクもできるようにする

基本的にパン屋のアルバイトでは時給自体を上げることは難しいと言えます。

なので、休みの人が出た場合どこのポジションでもできるようにしておくと声がかかりやすいでしょう。

 お給料自体のアップが難しい場合は、時間数を増やすしかありません。

金欠の時や旅行の前など、沢山入りたいときは前もって社員に伝えておくのがおすすめです。

バイトリーダーを目指す

バイトリーダーになると多少時給が上がる場合があります。

そのようなシステムを取り入れているのはほとんどが大手のチェーン店です。

個人店ではアルバイト自体の人数も少ないため、こういったシステムはほとんどありません。

気になれば面接の際に聞いてみると良いでしょう。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

おすすめのパン屋の特徴とは?

パン屋さんにも当たりハズレはあります。

味ももちろんですが、いくつかのポイントを見ることで良いパン屋さんかどうか分かりますよ。

アルバイト経験者だからこそ分かる、おすすめのパン屋さんの特徴をお教えします。

キッチンが広い

パン屋さんは大体のお店がホールからキッチンの様子が伺えます。

キッチンが広いということは、焼いているパンの種類が多いということです。

パン屋さんの中にはほとんどのパンを工場から仕入れているところがあります。

こういうお店はキッチンが狭い、もしくは見えない作りのところが多いです。

焼いているパンが多い=焼きたてパンを出しているということで、こだわりのある美味しいパンを置いている可能性が高いです。

どうせ働くなら美味しいと評判のお店が良いですよね?

これは大きなチェックポイントなので、ぜひチェックしてみてください。

店員さんの様子

店員さんの働きぶりや愛想も大事なチェックポイント。

もし採用されれば一緒に働くことになるわけですから、店員さんの様子はしっかりと見ておきましょう。

一緒に働く人が無愛想だったり仕事が遅かったりすると、自分にもとばっちりがきてしまう場合があります。

スタッフ同士のコミュニケーションも見ておきたいポイントです。

もし自分が働いた時に居心地良く働きやすい環境か、予めチェックしておくことが大切です。

まとめ

私は子供の頃から一度パン屋さんで働いてみたいとずっと思っていました。

時給は安いけれど、パンを焼いているところを間近で見られるのは楽しかったし勉強にもなったので、働いて良かったなと思っています。

私が働いていたのは駅中のパン屋さんでしたが、わりと自由でお客様とも会話できてのびのびと働くことができました。

これはお店によってかなり違いがあると思うので、働きたいお店があったら予めどんな雰囲気かチェックしておきましょう。

もし将来調理関係の仕事に就きたいのであれば、キッチンを希望してパンの焼き方を学ぶのもおすすめです。

パンの製造は誰にでもすぐにできることではありませんから、働きながら技術を学べるのは大きなメリットと言えるでしょう。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)




パン屋求人についてもっと深堀りした情報を見る

パン屋の仕事が大変だと思う5つのこととそれでも私が感じるやりがい、楽しさとは?

小さい頃なりたかった職業にもよく挙げられる「パン屋」の仕事。パン好きな人は、毎日美味しいパンに囲まれて天職と言えそうですが、毎朝早くて大変そうなイメージもありますよね。今回はパン屋のアルバイトを検討している方向けに、某大手ベーカリーチェーン店に勤めている私の経験から、パン屋の仕事内容ややりがい、大変に感じていることなどについてご紹介します。パン屋のおおまかな仕事内容とは?パン屋の仕事と聞いてイメージするのは「焼く」「生地をこねる」などのシーンではないでしょうか。基本的にパンの製造は専門のスタッフが行うことになりますが、アルバイトでも手伝ったり任されたりする場合があります。ここでは具体的な業務内

パン屋の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向きについて解説します

せっかく働くなら好きなことを仕事にしたいと誰しも思いますよね?子供の頃からお菓子作りが大好きだった私は、気づくとパン屋さんやケーキ屋さんのアルバイトばかり探していました。通いやすさ、制服の可愛さ、時給、お店の注目度などを比べて、とあるチェーン店のパン屋さんが目に留まりました。いざ働き始めると、メニューを覚えたりパンを並べたりする作業が楽しくて、バイトの日がとても楽しみになりました。 今回は私の経験をもとに、パン屋さんの仕事内容や向き不向きなどを解説します。興味がある人はぜひチェックしてみてくださいね!パン屋の仕事ってどんな仕事?パン屋さんのお仕事は、基本的にパンの製造(キッチン)と品出しやレジ

パン屋の仕事内容6個の業務。経験者が教えます!

パン屋さんの仕事は、日によって働く時間を調整したい人オススメのお仕事です。私は学校に通いながらアルバイトも掛け持ちしていたので、シフト制で自由に働けるパン屋の仕事は本当に助かりました。パンを作るところを生で見られるのも醍醐味であり、お料理好きなら毎日見ていても飽きないはずです。今回は私のアルバイト経験から、パン屋さんの仕事内容や、楽しかったポイントなどを紹介していきたいと思います。パン屋の仕事はホールとキッチンの2つに分けられるホール焼きあがったパンを店頭に並べたり、レジを打ったりするのがホールの仕事です。その他にも新作のポップや店頭の看板を書いたり、パンの上にトッピングを乗せたりもします。最

パン屋のアルバイトをやってて良かった7個のこと

今や、私たちの普段の食卓に欠かせない存在となったパン。朝食は必ずパンを選ぶ人も多いかもしれません。そんな日々の暮らしを彩ってくれるパンを作るお仕事は、アルバイターにも人気です。ここでは、パン屋のアルバイトを体験して良かったことを紹介したいと思います。パン屋でのアルバイト経験者の私は、こんなお仕事をしていました働いていたのは小型店私がお世話になっていたパン屋さんは、町や地域に根づいている個人経営の小さなパン屋さんでした。従業員数は少なめで、パンを作る職人さん数名と、売り場でパンを販売する店員さんが数名いるような、こぢんまりとしたお店です。仕事内容仕事内容は、スタッフが所属する部門によって異なりま