学生やフリーターの方に人気のアルバイトと言えば、飲食店ではないでしょうか。

そんな飲食業界でみんなが大好きなラーメン。

大好きなラーメンの香りに包まれて仕事をするのは、なんとも気分が良いと思います。

ラーメンが大好きでラーメン屋でアルバイトをしたい方、必見!

ラーメン屋のよくある募集内容や求人のおすすめポイントや疑問について解説します。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「ラーメン屋 バイト」の仕事例をチェック

ラーメン屋バイトの仕事はどんな仕事?

大まかに募集内容はホール業務とキッチン業務に分類されます。

ホール業務は注文の受け付けやサーバントに加え、バッシング・皿洗いも兼用して任せられる所がほとんどです。

個人経営のお店とチェーン店では業務内容が多少異なってきます。

ラーメン屋バイトの大まかな仕事内容

ホール業務

ホール業務には幅広い仕事内容があります。

席への誘導・お水出し・注文受け・レジ・バッシング(皿の片付け)がホールに出て行う仕事ですが、裏方(お客さんに見えない場所)で行う仕事もあります。

皿洗いや簡単な調理補助などはホール担当が兼務するケースが多いです。

ランチタイムなどは集中的に混雑することが予想されます。

お店にもよりますがホール業務に精を出しすぎると、お皿や丼が足らなくなると言うケースがありますので、ホールの状況を確認しながら裏方の仕事を並行しなければなりません。

注文を受ける際も、セットメニューが付随してきたり、麺の硬さやトッピングなど細かい注文を受けるのはラーメン屋ならではなので間違いのないように注文を受けることや復唱をすることが大切です。

最近ではチェーン店も個人経営の店も食券機を導入している店舗が増えています。

食券機があると注文を受けるのが大分楽になりますし、必然的に先払いになるのでレジでの精算業務が無くなります。

たまに1万円札しか持っていなくて両替をお願いされるくらいのことはありますが・・・。

またラーメンと言う食べ物独特ではありますが、お客様が複数で来店した場合でも、割り勘になるケースがかなり多い食べ物です。

割り勘にされると一括精算よりもレジの業務が煩雑になります。

そういった点も踏まえると食券機がおいてある店舗はだいぶおすすめです。

ホール業務といえど、簡単な調理補助を任せられるケースがあります。

例えば、簡単な丼物や唐揚げなどのサイドメニューは、ラーメンを作っているキッチンの人はラーメンの時間を気にしないといけないので、もちろんお店によって違いますが、キッチン担当が準備できないケースがあります。

また、最後にチェーシューなどのトッピングを載せることを頼まれるケースがあります。

意外に見た目良くトッピングを載せるのは難しく、面白いですよ。

キッチン業務

ラーメンはもちろん、餃子やチャーハンなどのサイドメニューを作るのも基本的にはキッチンの仕事です。

同時に調理できる料理はスペースや調理器具の数で制限されるので、効率よく料理を仕上げていくことが求められます。

ラーメンは時間が命の料理です。

調理するのに時間がかかるとは思われない食べ物なので、素早く出さないとお客様の不満が募ってしまいます。

また、麺が伸びてしまったりスープが冷めてしまうこともNGなので、トッピングにかかる時間、ホール担当がお客様の元へラーメンを運ぶ時間なども逆算をしながら調理をする必要があります。

幸いチェーン店では、マニュアルが存在するはずなのでタイマーで麺を上げる時間を計っておけば問題はないでしょう。

最近ではスープの素なども機械で出てきたりするところもあるので、専門知識がなくても調理は可能だと思います。

またサイドメニューに関しても、餃子やから揚げなどは本部からの支給品を使うことがほとんどです。

お店で焼いたり、揚げたりするだけで終わります。

これはチェーン展開しているお店で働くメリットと言えるでしょう。

仕込みをするのもキッチン業務の一つです。

チェーン展開しているところであれば、スープやトッピングなどもサイドメニューと同様に、本部からの支給品に頼ることが多いのであまり手はかかりません。

具材をカットする程度で済むでしょう。

ラーメン屋の仕事内容は、こちらの記事を参考に!

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

ラーメン屋バイトでよくある募集内容とは?

ラーメン屋バイトでよくある募集についてご紹介していきます。

基本はホール業務の募集が主になります。

大型のチェーン店以外ではキッチン業務の募集がほとんどありません。

ラーメンの知識をつけるという目的であれば個人経営のお店で、純粋にお金を稼ぐという目的であれば大型チェーン店でキッチン業務の募集を探すと良いです。

給与相場

良いところでも時給換算して¥800〜¥900くらいが相場となります。

他の飲食店のアルバイトと大差はありません。

チェーン店では深夜まで営業しているところも多いので、通常の時給に¥100アップで貰えることも期待できます。

勤務時間や休日、残業

基本的に世間がお休みの時こそ、稼ぎ時です。

休日のランチタイムやディナータイムは基本的にシフトに入ることを要求されます。

お昼前くらいの11:00〜14:00くらい夜は18:00~21:00くらいがピークタイムです。

大体、このピークタイムに合わせてシフトを入れる形になるでしょう。

アルバイトを多く雇っている店舗で働けば、アルバイト同士でシフトを調整しあったりして自分の好きなタイミングでお休みが取りやすくなるかもしれません。

金曜日や土日祝日は、ラーメン屋としては売上が見込めるので深夜営業をしているところも多いです。

アルバイトなので基本的に残業という概念はありませんが、最後のシフトになると、調理器具の清掃やレジ締めなどの業務も発生してきます。

求められる人物像

ホール業務もキッチン業務も、とにかく元気な人が求められます。

「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」がきっちり言えない人はダメです。

活気がないラーメン屋さんってなんだか少し物足りないですよね。

サービス精神が求められる職場です。

また、容量の良さは不可欠です。

もちろんお仕事をしながら身につけていくものなので最初から能力は求められませんが、ホール業務をしながらのお皿洗い、会計、調理補助など同時にやることはたくさんあります。

瞬時に優先順位をつけながら業務を行うことがとても大切です。

お仕事をしていくうちに自分なりのやり方やリズムを身につけていけないと、辛く感じることもあるかもしれません。

活かせるスキルや経験

特段、ラーメン屋のアルバイトに応募する時点で必要なスキルや経験はありません。

強いていうならやはり調理経験や接客業に就いた経験があると好ましいと思います。

反対に働くことで得られることが多くあるので、働きたいと思ったら臆せず応募してみることをお勧めします。

ラーメン屋バイトのおすすめ求人のポイント

個人経営のお店

交渉成功の可能性は個人経営のお店の方が高くなります。

短い勤務時間の希望であったり、曜日の指定、時給UPや交通費支給の交渉などで、話を進めやすいのでおすすめです。

フランチャイズの場合でも、個人オーナーのお店だと交渉に応じてくれることも多いので、そういった経営形態も注目しながら求人情報をチェックするといいでしょう。

賄い付きのお店

他の飲食店等同様、賄い付きという条件の求人がおすすめです!

1杯¥700くらいのラーメンですが賄いであれば1杯¥300~¥500くらいで食べることが可能だと思います。

ラーメン屋に行って、今日はいつもと違う味にしようと思いつつ、結局いつもと同じ安定の味を頼んでしまっていると言う経験ないでしょうか。

賄いで事あるごとにラーメンが食べれると、普段あまり口にすることのない、サイドメニューにも挑戦することができるでしょう。

また、どういうメニューがお客さんから人気か把握できるので、賄い付きの求人を選ぶようにしましょう。

自分にあったラーメン屋バイトの求人の選び方や注意点

アルバイトは正社員雇用に比べて敷居が低いので、求人サイトなどを覗けばすぐに見つかります。

個人経営のお店だと広告費節約のため、求人サイトに募集を出していないことも多いので、直接お店に電話してみることをお勧めします。

たまに張り紙などもしてあるので、事前にシフトや時給などの条件面を確認しておくことをお勧めします。

【選び方①】雇用形態から探す

基本ラーメン屋で働く場合はアルバイトが一般的です。

飲食業界は常時人手不足に悩んでいるので、仕事に対して熱心に取り組めば正社員として雇用される場合もあるかもしれません。

【選び方②】給与や雇用条件から考える

時給は¥800〜¥900くらいが相場です。

深夜や土日の勤務で単価が上がる場合もあります。

アルバイトと言えど、長く勤めていると任せられる業務の幅も広くなる場合があります。

その際は時給アップの交渉をしてみるのも良いのではないでしょうか。

その場合、既にご紹介の通りですが、チェーン店よりも個人経営のお店の方が交渉はしやすいです。

チェーン店は本部系列とフランチャイズに分かれています。

フランチャイジー(実質、店舗の経営や運営を任されている側)が法人の場合は難しいですが、個人オーナーさんの場合は比較的交渉がしやすいと思います。

【選び方③】エリアから考える

都会であればなかなか、駐車スペースがある店舗も少ないですので電車での通勤になることがほとんどです。

バイトと言えども交通費を支給してもらうことは当然の権利です。

上限額が月額の決まっている場合があるので、お住まいの最寄り駅から勤務地の最寄り駅までの交通を、支給される額で賄えるところで働くようにした方がベターです。

田舎のチェーン店などは駐車スペースも多いので車通勤をしても問題ないと思います。

車の場合でも自宅からの距離を申告し、ガソリン代を支給してもらうよう最初に交渉しておきましょう。

ラーメン屋バイトについてよくある疑問

ラーメン屋でのアルバイトについてよくある疑問点についてまとめました。

仕事は忙しいですか。

率直に言うと忙しいです。

休日はもちろんですが平日でも比較的リーズナブルに手軽に食べられると言うこともあり、ランチタイム、ディナータイム問わずバタバタすると思います。

食券機を置いている店を選ぶと、注文を受ける手間が省けたり、レジでの会計業務がなくなるので比較的楽にお仕事ができます。

お水などセルフサービスのお店であればお水を出す必要もなくなりますので、そういったお店のオペレーションを事前に理解しておくと良いかもしれません。

アルバイト経験がなくても入れますか。

はい。

キッチン業務でなければ特別な専門知識は必要ありません。

チェーン店では大体、接客マニュアルがありますのでそれに沿って徐々に仕事を覚えていけば問題ありません。

調理経験がないといきなりキッチン業務をすることは難しいかもしれませんので、キッチン業務をやりたいという方もまずはホール業務で応募して、お店のオペレーションやシステムやメニューのことを理解した上で、キッチン業務をやらせてもらえないか打診してみるのも一つの手だと思います。

時給は良いですか。

もちろん店舗によりますが、他の飲食店と大差ありません。

少しでも早く業務を覚えて、お店にとって必要な人材と認めてもらえれば時給も上がると思いますし、平日と休日や時間で単価が変わるお店もあります。

効率よくお金を稼ぎたいのであれば、単価が高い時間帯に入るなどシフト制を上手く利用すると良いでしょう。

制服はありますか。

基本的に制服は貸与されます。

ラーメンは髪の毛が入っていたりすると顕著にわかるので帽子またはバンダナが貸与されるケースがほとんどです。

制服といってもエプロンのみの貸与がほとんどですので、シャツなどは色味などを会社の規定に合わせて、安く買うことができるため、負担にはならないでしょう。

また、お店の床は油で非常に滑りやすくなっていますので、靴は裏底がしっかりしたものを選びましょう。

まとめ

以上、ラーメン屋でのアルバイトについてご紹介させて頂きましたがいかがでしたでしょうか。

アルバイトだからといって決して楽なお仕事ではありません。

また只々ラーメンが好きだからという理由で続けられるお仕事でもありません。

楽ではない仕事だからこそ、目的がお金だけでは勿体無いです。

アルバイトをすることよってその先に得られるスキルや能力というところを目標にしていくと、仮にアルバイトを辞めて正社員になるにせよ、他の企業や異なる場所でアルバイトに就くにしろ、その経験が活かせるはずです。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード

バイト求人 飲食求人