誰もが一度は利用したことであろう書店。

書店ではどのような仕事をしているのか、書店で働いてみたいという人は案外多い気がします。

ここでは書店バイト求人の時給や募集内容・仕事内容などについて紹介しますので参考にしてみてください。

書店のバイトはどんな仕事?

お客様が書籍などを購入される際のレジ打ちが主な仕事になります。

他にも朝イチで入荷した商品の品だしなどします。

書店のバイトの大まかな仕事内容

書店でアルバイトをする上で、どのような仕事内容があるのか紹介します。

レジ打ち

これが基本的にメインの仕事になるのかと思います。

レジ打ちはおかのお店でもやることなので特別なことはないかと思います。

ただ、DVDなどレンタルもしているお店の場合、ご利用泊数に応じた処理が必要になるので特別な点はそこかと思います。

お金を扱う業務なので、会計を間違えないようにしないととか、お釣りを間違えないようにしないと など心配されるかも知れませんが、ゆっくり確認しながらやれば難しい業務ではないのでご安心ください。

レンタル品の管理

書店の中でもレンタル品を扱っているお店はあります。

DVDやCD、本もレンタルしているお店があります。

それらは全て、返却予定日になれば返ってきます。

まずは、その返却された品が延滞された物でないかの確認。

もし、延滞があればお客様にご連絡をして、延滞料のお支払をお伝えします。

返却された品が返却予定日を過ぎていなければ、商品棚に戻します。

基本、返却予定日を過ぎていない物ばかりなので延滞のご連絡はそうすることはないと思います。

商品の取り置き・予約

客様のご要望に応じて商品を確保しておくことがあります。

予約はこれから発売される商品の確保、取り置きは既に発売されている商品の確保です。

品だし

月曜日は問屋さんが定休日なのでそれ以外の日は毎朝書籍が入荷します。

入荷してくる書籍にはビニールカバーや付録などバラバラになっているものもあるので、それらにビニールをつけたり、付録を合わせて商品として本棚に陳列させます。

書籍の入荷は基本朝か夜なので、朝番の店員が品出しをします。

そのため、夕方から勤務する学生バイトなどは品出しをすることがないので仕事内容として品出しは気にしなくてもいいと思います。

書店のバイトはこんな人に向いている!

書店のバイト求人はほとんどが、経験不問、学生でもOKなところが多いです。

そんな誰でも応募できそうな書店において向き不向きな人の特徴なんかを紹介します。

落ち着きのある人

書店は数あるお店のなかでも静かなお店です。

立ち読みをしているお客様も多く声が通りやすいのも特徴といえるでしょう。

最近では書店の中にカフェスペースなどを設けているお店も増えてきています。

そのため、落ち着きがあって騒々しくない人の方がお店の空間と馴染みやすいです。

暇でも自ら仕事を探せる人

書店は皆さんが思っている以上に暇です。

暇という言い方が正しいのかわかりませんが、基本的な業務はレジ打ちとお話ししました。

そのため、お客様が商品を買わなければ時間ができてしまうのです。

特に平日は時間帯などによっても異なりますが、時には30分お客様がレジまで来ないということもあります。

そんな時お客様が来ないからとレジで立っている訳にはいきません。

お金をいただいている以上は仕事をしなければいけないからです。

ではお客様が来ないとき、何をするのか?

例:返却物の確認、返却物を棚に戻す、掃除、レジの点検、お客様へのご連絡

などなど案外やることはあるものです。

今例として出したこと以外にもあると思うので、時間ができたときの使い方はとても大事になりますが、無理に探す必要もないので、まずは目の前のことを一つ一つこなしていくことをオススメします。

本屋の仕事に向いてる人については、こちらの記事も参考に!

書店のバイトが向いてない人とは?

がっつり稼ぎたい方                

書店の求人などを見ていただければ分かるかと思いますが、書店の時給はそこまで高いものではありません。

そのため、がっつり稼ぎたい方には時給の面で難しいです。

派遣やバイトは正社員とどう違う?

仕事の量や責任の度合いは変わる?

仕事の量については多少社員さんのほうが多いですが、書店において、社員とバイトで仕事ないように相違はないです。

ですが責任については、どうしても社員のほうが責任は大きくなります。

バイトがなにか失敗をすれば、謝罪をするのは社員さんになりますし、そのため、バイトは社員さんに責任を取らせないような仕事をしなければ行けません。

仕事内容は変わる?

一般的には正社員の方とバイトとでは仕事内容に違いがあります。

ですが書店では特別正社員とバイトに仕事内容の違いはそうありません。

細かく言えば社員さんしか触れないPCがあったりはしますが、社員さんも同じようにレジを打ちますし、返却物の処理もします。

そのためベテランのパートさんが新入社員の方に業務を教えるなんてこともあります。

それぞれ求められるスキルは?

仕事内容に相違がないように求められるスキルも正社員とバイトでは変わりないです。

そのなかでも求められる、必要なスキルは「冷静さ」です。

どんなことにおいても冷静さは必要です。

焦ることで、慌てることでミスが出ます。

例えば、レジにお客様がたくさん並んでいるとどうしても急いでしまいがちです。

ただこうした時によく会計処理でミスをしがちになります。

お客様がたくさん並んでいても、冷静に一人一人対応していくことでミスがなくなり、個人の仕事に周囲から信頼されます。

なので冷静に対応すること。

これは覚えていたほうがいいです。

収入面は?

働く上で収入面はどうしても気になりますし、大事なことです。

正社員

大卒の初任給で18万から20万くらいみたいです。

初任給ですから平均くらいでしょう。

ですが現実キャリアを重ねても給料はあまりいいとは言えないようです。

さすがに店長クラスになればそれなりにもらえるのでしょうが

書店の給料が低い実態の裏には電子書籍というものがあるからなのかもしれませんね。

事実、本は買えば買うほど物としてかさばりますね。

対して、電子書籍は、データとして端末に残りますから物としてかさばらないですね。

とはいっても、本のほうが読みやすいなどの意見もあるので書籍がなくなることはないと思います。

ただ、書店で得られる給料は平均かそれ以下というのが現状のようです。

バイト

社員さんの給料がよくないのに、バイトの給料がいいわけないですよね。

バイトの時給は750円から900円くらいが相場になります。

そのため、先ほどもお話ししましたが、がっつり稼ぎたい方には不向きな業種です。

ですが、時給が高ければ高いほど、仕事内容も複雑になったり、仕事量が多かったりと、どうしても時給と仕事内容は比例してくるので書店であればこの時給が妥当になります。

書店のバイトをするために他にも知っておきたいこと

書店で働く上で知っておいたほうがいいこととはどんなことでしょう。

商品配置を把握する

これは当たり前の事ですが、店内の商品を把握しておかなければ行けません。

急にすべてを把握するのはとても難しいので

大まかなジャンルから把握していく事をオススメします。

旬な情報

例えば、書籍で言うと芥川賞などが発表されるとその本を買い求めるお客様が増えます。

お客様のなかには自分で探すのが面倒なため、直接店員に聞くことがよくあります。

そしてそのようなお客様に限って書籍のタイトルを覚えていないものです。

そういうときは 芥川賞をとった本どこ?と聞いてきます。

その時になんの本か分からないと書店の店員としては情けない思いをします。

コミックスなんかでも、実写化されたマンガ などで聞かれることもあるので

旬な情報は頭に入れておいたほうがいいです。

自分にあった書店のバイト求人の選び方や注意点

書店は大きなところも幾つかあるので、あとからやっぱりあそこの書店にしておけばよかった

とならないよう選び方や注意点など後生kします。

【選び方①】雇用形態から探す

容易に入社できるのはバイトです。

基本的に面接から一週間以内には働けるでしょう。

正社員となると、正社員の求人誌などではあまり見かけないのでハローワークなどに行く必要がありそうです。

それに入社したはいいもの待遇が悪い、劣悪な労働環境って思ったときに辞めやすいのもバイトです。

ただ当然ながらバイトだと時給だけの給料になるので、働いた分のみの給料になります。

社員と違い、ボーナスがあるわけではないのでその辺も考えて社員とバイトのどちらで入社するかを決めたほうがいいと思います。

【選び方②】職種から探す

書店という職種は肉体労働があるわけでも、ずっと座りっぱましということもないので

働きやすい職種になるかと思います。

適度に動けて仕事内容も複雑なものはそうなく、家に仕事を持ち帰るということもないです。

営業に出掛けることもないですので、年間を通して快適な室温で仕事ができます。

【選び方③】会社の業態から考える

大きな書店はたくさんありますが、大きいからといって今後書店がなくならないとも限りません。

電子書籍のように端末内で書籍を保管できるようになるため、書店は今後企業として生き残るために対策をしなければいけないでしょう。

少し前にレンタル品を事業として取り入れましたが、今やスマホ・タブレットでいつでもレンタルできます。

レンタルに限らず、FODやHuluなどといった月額制の動画配信サービスが普及してきたことから

今では、わざわざ店頭に行って借りるという需要は右下下がりになるのではないかと推測できます。

ここ数年でなくなるとは思えませんが数十年後、書店が企業として残っているかはわからないので、入社するのであればその辺の将来性も吟味した方がいいと思います。

もしかすると上記推測が外れて書店が上場する可能性もありますし、それは企業の努力次第ではないでしょうか。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

給料面は先ほども述べたように、バイトの時給にしても、社員の給料にしても高いものではありません。

ですが仕事は給料が全てではありません。

仕事を通じて、やりがいなどが見いだせればそこに価値があるので楽しいと思います。

【選び方⑤】エリアから考える

バイトにとっては働くエリアはとても重要になります。

エリアによって時給が違いますし

ただどこのエリアで働いても仕事内容は変わらないので通勤しやすいところを選ぶのがいいでしょう。

【選び方⑥】好きなブランドから考える

書店は数あるので、その書店毎にある特色で選んでもいいかもしれません。

例えば本のみの書店もあれば、本、DVD、CDなどのレンタル品も置いてあるところもあります。

エリアと同じよう好きな書店やよく行く書店を選んでもいいと思います。

書店のバイトで働くメリット

書店で働くことでどのようなメリットがあるのでしょうか。

今の流行りが分かる

書店では本・DVD・CDなどあります。

本と言っても、コミックスもあれば、雑誌、小説、写真集などがあります。

書店で店員として働いていると何が一番売れているか何が人気あるのかがわかります。

人気があれば手に取ってみようと思うのが人間の性質です。

それを手に取ることで自分にはない感性が生まれてくることもあります。

なぜこれが人気あるのか、なぜこっちは人気ないのかなど分析もできます。

またこういった分析を続けていくと、次に来るであろう人気商品を先取りすることもできるようになります。

流行りを先取りして実際にそれがヒットすると面白いです。

このように働きながら自分の楽しみを見つけられたり、流行を知れることは一つの魅力です。

クレーム客が少ない

接客業の嫌な点はクレーム客がいることです。

ですが書店ではほとんどクレーム客はいないのです。

恐らく理由としては書店というお店が作り上げている空間にあるのではないかと思います。

書店では基本店内BGMの音量も一般的なお店と比べると静かです。

BGMがうるさいと立ち読みや落ち着いた空間が作れないからです。

対してクレーム客の特徴として大きな声や理不尽ないちゃもんです。

書店のような静かな空間においてクレーム客が言葉を発すれば店中に響きます。

その結果、店内のお客様の視線や、理不尽な発言が筒抜けになり、空間全体がアウェイになります。

アウェイだと威力半減、クレームを言うにしろ小声になります。

小声であれば話を聞きやすく対応もしやすいです。

それをお客様自身が来店して自覚しているためか、書店においてクレームというのは滅多にないです。

クレーム客の話題を出すと決まって、延滞料の連絡をしたときに

また延滞料の金額に対してクレームに発展しないのか と聞かれます。

結果から言いますと、延滞でクレームに発展する可能性は、ものすごく低いです。

理由は幾つかあります。

まず延滞したということは、本来であれば返却予定日に戻ってくるはずのもが

ユーザーの都合で戻ってこなかったのです。

つまりこの間延滞していた商品は店頭に並ぶことはないのです。

ということはその間、お店は損害を受けているも同じことになります。

その損害に対して、賠償金、言葉改め 延滞料を請求することになんら問題はないのです。

なので、お店の店員が無理に申し訳なさそうにする必要もないのです。

ルールなので堂々と延滞料をいただけばよいのです。

それでクレームに発展した場合、社員さんにバトンタッチすればいいのでご安心を。

社員割引

販売業で勤めると大体がこの社員割引のメリットがついてきます。

社員割引は店頭によって違いますが、主に会計5%オフ、レンタル用品の割引などです。

どちらにしろ、書店で買い物をする機会はけっこうあると思います。

少しでも安く購入できればラッキーです。

バイトであれば、入社している間に社員割引を利用しておいたほうが得です。

シフトの融通が効く

バイトをしているとどうしてもシフト問題は出てきます。

どれくらい融通が効くのかによって組み方が変わってきます。

書店は割りと人がいなくても回す事ができるんです

そのため、シフト漏れすることもあります。

でも逆に急用で出勤できなくても代わりが見つかりやすいのです。

一度決まったシフトはできれば全うしたいですが、学生と掛け持ちしてたりWワーク、急用などはどうしてもあるので、書店は働きやすいです。

書店のバイトで働くデメリット

書店は冒頭にも書きましたが、未経験者歓迎のバイトで、必要なスキルも特別なものを要求されることはありません。

では一見誰でも働けそうな書店において、どのようなデメリットがあるのかを紹介します。

時給が安い

時給の面は何度も取り上げていますが、バイトとして働く以上時給は大事なポイントになるので何度も言います。

バイトの時給が平均750円から900円くらいが相場という話はしました。

ただ、この時給の振り幅は勤める地域や時間帯によって変動することを念頭にいれておいてください。

最初は職種に興味をもって初めても、慣れてくれば、時給のことが気になるものです。

毎月給料日に見る、金額が労働時間や仕事内容などを考えて安いなって思って来るかもしれません。

なので書店で働く際はその辺も吟味して決めてください。

経験者がよくある質問にお答えします!

私は書店で2年間バイトをしてました。

そこで得た経験や知識、などを元店員の立場からお話しします。

どんな人が採用されやすいですか?

見た目で言うと、接客業なので、清潔感ある人、髪色が明るすぎない人、ネイルなどはNGですし人柄で言うと真面目には足りてくれる人ですね。

よほど悪態をつかなければ基本的に採用になるかと思います。

あと、人柄など関係ないですけど、シフトに融通の効く人は組みやすいので採用されやすいかと思います。

ただ、ここで注意していただきたいのが、採用されたいがあまり嘘を言わないこと。

例えば、面接時にシフトどこでも入れると言ったにも関わらず、いざ採用になったら週に数日特定の時間しか出勤できないなどの嘘はいけません。

中には、採用されたもの勝ち、面接では嘘でよい印象にみせるなど言うかたもいますが、そんな嘘で採用されても信頼はされないので正直に真面目に面接に望みましょう。

あなたが本気で働きたいと言う思いを伝えられれば採用されることでしょう。

未経験でもなれますか?

もちろん未経験から始められる仕事です。

事実求人の募集要項にも未経験者OKとあるので大丈夫です。

未経験がマイナスになる仕事ではないので安心してください。

ただ、未経験のため色々なことを教わるので、メモをとる癖をつけておきましょう。

メモをとってるだけで、仕事熱心に見えます。

面接ではどういうことを聞かれますか?

面接は基本事務所で店長とマンツーマンで行います。

聞かれることに特別なことはあまりないです。

定番の志望動機

これは面接のとき聞かれることの定番ですね。

事前に答えを考えておいたほうがいいものですね。

かといって難しく答える必要はありません。

先ほどものべましたが嘘をつく必要はないのです。

本やDVD・CDなどは読んだり、聞いたりするか

これは書店で勤める上でおいてある商品にどのくらい関心を持っているのかを図る質問です。

ここでは、志望動機と矛盾が起きないようにしたほうがいいです。

志望動機では本が好きと言っても実際に本を全然読まないって言ったら、志望動機が嘘になってしまうので、これもやはり正直に答えましょう。

本が嫌いでも落とされることはないのでご安心ください。

持っていると有利になる資格ってありますか?

未経験でもできる仕事なので、特別有利になる資格はありません。

より良い接客をしたいと思えばビジネスまなーやサービス接遇などの資格検定は持っていてもいいでしょう。

接客時の言葉使い、お金の渡し方や数え方、商品の受け渡しなど

ビジネスにおいて当たり前のことですが、よい接客はお客様にもよい印象を与えます。

転職の時にこの経験は役に立ちますか?

接客業は転職しても役に立つことが多いと思います。

ここでしっかり働いておけば営業もできます。

そのほかにも接客業は社会に出て色んな経験に役立ちます。

人と接することのない仕事はこの世の仕事にどれ程あるでしょう。

そのように考えれば役立たない事はないです。

このお仕事をしていて嬉しかったことはなんですか?

一番嬉しかったことは ありがとう と言われたことです。

定番な回答に思われますが、実際に働いてみるとわかっていただけるかと思います。

レジをしていると ありがとう というのは店員お方です。

お客様は特に何も言わずに商品を受け取りお店を出ていくことがほとんどです。

それが日常になるのです。

中には会計直後レシートを受けとることなく出ていく方、会計とちょうどの金額を出して、会計処理が終わるのを待つことなく帰られる方、もちろん自分もそのような態度をとったこともありますし、そのような態度がダメと言うことではないのです。

ただ、こういったお客様が多い中ありがとうと言われるとすごく嬉しくなります。

当たり前と思っていることにこそ ありがとう と言葉を添えるだけでこんなにも嬉しい気持ちになるのかと実感した瞬間です。

このお仕事をしていて一番辛かった業務はなんですか?

一番辛かった業務ですか…業務というわけではありませんが、一番辛かったのはクレームです。

これは渡しが悪いと言えばその通りなので、かなり反省したのですが、返却BOXに入っていたDVDが延滞していたのでお客様にご連絡しました。

その際、お客様は延滞していない、する前に返却したと言い張ったのです。

少し強気で言われたのがイラっとしてしまい、つい 延滞していないこと証明できるのか、といってしまったのです。

それがキッカケとなりお客様は大激怒。

私は電話越しで2時間離れることはできませんでした。

最終的には社員さんが仲介に入ってくれて、事を納めることができましたが、あの日こそ迷惑かけた、未熟だったと思った日はありません。

でもその失敗も今思えばいい経験になったと思います。

仕事をしていけば失敗は必ずあります。

その失敗をどう活かしていけるかがだと思います。

私は2年間書店に勤めてきましたが、対応したクレーム、聞いたクレームは初その1件です。

それくらい書店はクレームが少ない職種です。

正社員、派遣社員、アルバイトの募集があるの?

正社員であればハローワーク、派遣は派遣元、バイトは求人誌や店頭に張り紙が貼ってあったりするのでそれらで確認してみてください。

もしくは直接店員に聞いてみるのもいいと思います。

雇用形態によって給与体系はどう違う?

正社員は基本給・通勤手当て・深夜手当て・残業手当など一般的な体系と同じです。

バイトも基本給・深夜手当て・残業手当てとこれも一般的です。

残業って多いの?

正社員ともにバイトも基本残業はありません。

シフト制ということをもあり、遅番以外、の残業は30分もならないと思います。

遅番の人は閉めの作業があるので1日、社員であれば1時間、バイトであれば30分というのが平均になるかと思います。

一般的な企業と比べると残業はかなり少ないのではないでしょうか。

その分残業手当も少ないので給料が伸びないのかも知れません。

ただ、働きすぎの日本人にとってとてもスケジュールの立てやすい職場だと思います。

シフトの自由度ってどうなの?

シフトに関しては一週間前に貼られます。

そのため一週間前間まではシフトの調整に融通が効きます。

書店はそこまでの人数がいなくても回せるので急に前日などに出勤できなくなったということがあっても心配無用です。

資格って必要なの?

上記にも記したように資格は必要ありません。

特別なスキルも必要ありません。

ある程度の常識とある程度の敬語が使えればどんな人でも働けます。

初心者でもできるの?

もちろん初心者でも働けます。

コンビニやスーパーのバイトと同じように未経験から始められる仕事で、そこで得られるものはとても大きいのでノーリスクハイリターンな職種だと思います。

未経験が不利になる職種ではなく、むしろなにも染まってないからこそ、吸収できることの多い職種です。

バイトの制服ってあるの?

制服はあります。

勤める書店によって違うと思いますが、私が強めていた書店ではTシャツが書店の制服でした。

下はチノパンという指定はありましたが、持参でした。

他の書店ではエプロンというところもありました。

また私が働いていた書店では先程述べた通り、チノパンにTシャツです。

社員さんがスーツでした。

そのため、誰が社員さんで誰がバイトなのか判別ができたのも特徴でした。

書店バイトのやりがいとは?

これまで書店で勤務する上で様々な事を紹介してきました。

最後に書店の仕事のやりがいをご紹介します。

お客様を案内できたとき

本やDVDにしろお客様はよく商品の場所を聞いてきます。

ジャンルごとに選別されてるとはいえ、品数が多くて探せないお客様もいらっしゃいます。

そんなときスムーズに対応できると面白いです。

そのためには、商品の配置を把握しておく必要もありますが、自分で案内できたときの喜びは成長を感じる一瞬です。

自分で目標を決める

おれは書店におけることではありませんが、毎日仕事の前にその日の目標を決める事で達成できたとき、やりがいを感じます。

また達成できなかったときは、達成できなかった理由を考えて次の出勤の時に目標達成できるように調整するのも面白いです。

目標は何でもいいと思います。

1日を通してお釣りの失敗をしないとか、出勤時間内にここまではやろうとか、小さな事でもいいので目標を作るだけでその日の仕事はがらりと変わります。

仕事は生きていく上で一生付きまとうものです。

その日その日をなにも考えずに淡々とこなすのか、それとも毎日の仕事に目標を据えて、その目標達成に向けて、工夫して頑張るのかで、仕事の成果は変わります。

職場が持っているやりがいもありますが、やりがいは基本自分で見出だすものだと思いますので、是非目標をたてて、日々の仕事にやりがいを感じてください。

まとめ

ここまで書店バイトのことについて、様々な事を書いてきました。

どんな仕事を始めるにしろ内情を知っている知っていないで全然違います。

これを読まれた皆さんが書店で働いてみたいと思ってくれたら幸いです。

また書店での仕事はやってみると本当に楽しいと実感できます。

来店されるお客様は暖かいし、クレーム客は少ないし、店内での仕事なので、年中快適に仕事ができます。

他にも今流行りの本や音楽、DVDなどもわかるので流行の先取りなどもできるかもしれません。

書店で働くのを迷っている方、どこで働こうか考えている方がこれを読んで働いてみようと思うキッカケになればと思います。


関連キーワード

小売求人

書店バイト求人についてもっと深堀りした情報を見る