飛び込み営業の求人をよく目にしますが、一体どんな種類があるのでしょうか。

営業職にも様々ありますが、飛び込み営業は大変なイメージがあるかもしれません。

自分に合った求人を見つけるためにも、この記事を読んでぜひ参考にしていただければと思います。

飛び込み営業求人の仕事内容や給料などの待遇面、よくある疑問への答えもお伝えします。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

飛び込み営業求人にはどんな種類があるの?

飛び込み営業にはソーラーパネルの設置や宅配牛乳、家のメンテナンス、パソコンや電話などの回線工事など様々な種類があります。

他にも数多くありますが、そのほとんどが普段の生活で絶対必要ではないものが多いです。

絶対に必要なものならお客様が自ら買いに行きます。

しかし飛び込み営業では、お客様の生活をより良くする、グレードアップする、謂わば贅沢品のようなものの提供をすることが多いようです。

飛び込み営業求人募集でよくある職種

ソーラーパネルの販売

現在では住居購入時にソーラーパネルを付ける家が増えており、お客様の関心も非常に高いです。

まだソーラーパネルの付いていない築年数の経ったお宅への設置をご案内する職種です。

宅配牛乳

森永や明治、ヤクルトなどもそれに含まれます。

宅配牛乳は、スーパーなどで売られているものよりも高品質な物が多いようです。

ただご自宅にお届けするだけではなく、健康食品の販売という側面もあります。

ネット環境の設備

情報社会の時代においてネット環境は非常に大事なことです。

現在よりも良いネット環境が整えられたり、安く使えたり、お客様にとってより良いサービスを受けてもらえるようなご案内をします。

飛び込み営業求人でよくある募集内容とは?

お客様の新規開拓や歩合制などの文言がある募集は、飛び込み営業の可能性があります。

給与相場

大体月収20万円前後にプラス歩合制というのが一般的なようです。

営業職は実績が給与に大きく関わってきます。

勤務時間や休日、残業

勤務時間はその人の働き方次第です。

ノルマだけクリアしたらそれ以降は車で仮眠をとったりしてる人もいます。

残業もその人の出来次第なので、多くする人もいれば全くしない人もいます。

休日出勤は取り扱っているものによって大きく変わりますが、大体お客様がお休みのことが多い土日祝日に契約をということも多いので、休日は平日が多くなるようです。

福利厚生

福利厚生はしっかりしている会社がほとんどです。

営業職は正社員であることがほとんどなので、しっかりしているのでしょう。

必要なスキルや資格、経験

営業や接客業の経験がない人にはかなり難しい仕事でしょう。

特別な資格は要りませんが、取り扱うものの知識は必要になります。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

自分に合った飛び込み営業求人の選び方や注意点

何を取り扱っているのか、どういった勤務体制なのかはチェックすべきでしょう。

また、従業員数や資本金などでその会社の規模も分かりますので、小さい所より大きい所の方が安心でしょう。

求人がずっと出ている会社はでは入れ替わりの激しい可能性が高く、そういうところまで確認すべきでしょう。

【選び方①】雇用形態から探す

営業職と検索すれば多く出てくるでしょう。

そのほとんどが正社員だと思います。

万が一アルバイトやパートタイマーであれば事務関連の仕事、もしくはその他の雑務と考えた方が良いでしょう。

【選び方②】職種から探す

住宅、飲料食料などのジャンルがあるので、気になった職種を始めると良いかと思います。

知識も必要になるので、興味がある職種の方が上手くいきます。

【選び方③】会社の業態から考える

上記でも述べたように、資本金や従業員は大事です。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

給与が良い会社もありますが、ほとんどが歩合制での上積みで給与が変わってきます。

また契約更新がある会社もあり、結果が出ていないと契約を解除になることもあります。

飛び込み営業のおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

各担当者でエリアを分け、そこから地図や電話帳などで電話営業をしたり、実際に訪問営業を行います。

また、既に契約されているお客様の集金を行ったり、新しいサービスのご案内なども行います。

飛び込み営業についてよくある疑問

飛び込み営業は難易度が高く感じる方も多いのではないでしょうか。

実際はどうなのか、ご紹介していきます。

応募方法は?

ハローワークなどで多く載っていますのでそちらに行くか、求人サイトを見ると良いでしょう。

面接でよく訊かれることは?面接合格の秘訣!

自信過剰とまではいきませんが、ネガティブな要素よりポジティブな要素をアピールすることが大事です。

更に、ポジティブな要素の理由も訊かれます。

また礼儀や喋り方なども見られています。

実際筆者は、採用された理由の一つに喋り方や話し方が良かったということを言われました。

つまり、いかに第一印象を良くするかが大事で、元気があれば良いというわけでもありません。

簡単な計算問題や漢字テストなどもありました。

お客様を相手にする上で知力も必要ということですね。

未経験でも応募できる?

応募はできますが、大抵が経験者のみや経験者優遇です。

筆者の場合、経験者優遇とありましたが、接客業で培ったものや経験をアピールし採用されました。

残業って多いの?

1ヶ月の内、多い週もあれば少ない週もあります。

基本的には残業するのが良いという風習がなくなっている所も多く、より効率良く仕事をすることが求められます。

資格って必要なの?

これといった資格は必要ありません。

職種に繋がる資格があれば大いに活用でき、面接にも仕事にも活きるでしょう。

まとめ(飛び込み営業の仕事をお考えの皆様へ)

正直この飛び込み営業という仕事は向き不向きがありますし、かなりシビアな世界です。

結果にもこだわらなくてはなりません。

そういうことへの覚悟ができている方には、是非挑戦していただきたい仕事です。

ただ、それだけの見返りもあり、成功すればリターンも大きいでしょう。

ポイントとして、給与欄に歩合制と記入があることの確認を忘れてはいけません。

規模の小さい会社だと歩合制ではない会社もあります。

これでは営業職のうまみが半減してしまいますので、注意が必要です。

営業職では様々な経験ができます。

更に飛び込み営業となれば、どこでもやっていけるメンタルも身につきます。

機会があればチャレンジしてみてください。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード

営業求人