焼肉屋バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の特徴についての写真

皆さん焼肉屋でバイトをした経験がありますか?

初めてのバイト先はどうやって決めましたか?

私は近所に焼肉屋があったことと、その焼肉屋が家から近かったためちょうどいいと思い、それが理由で高校生で初めてのバイトは焼肉屋からスタートしました。

焼肉屋でバイトをして実際にわかった焼肉屋での仕事やバイトの仕事内容、向き不向き、やりがいなどについてお話していきたいと思います。

今回はこれからバイトを始めようか悩んでいる方や、焼肉屋でのバイトに興味がある方のために、その他焼肉屋でのバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の特徴などについてもお話ししますのでこれからバイトを始めようか悩んでいる方や、焼肉屋でのバイトに興味がある方は必見です。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「焼肉屋 バイト」の仕事例をチェック

焼肉屋の仕事はどんな仕事?

焼肉屋での仕事について簡単にお話しします。

焼肉屋の仕事とは、来店されたお客さんを席に案内し注文を取ります。

お客さんにドリンクや好みの肉、野菜などを注文してもらい、注文した内容はすべてキッチンで受け取ります。

キッチンで注文を受けたドリンクを淹れたり、注文を受けた肉や野菜に味付けをしてお皿に盛りつけお客さんに届けます。

そのあとはお客さん自身で肉を焼いてもらい食事を進めていただき、お客さんが食事を終えるとレジでお会計をしてもらいます。

お客さんが帰った後は次のお客さんのためにテーブルを掃除し、セッティングするというところまでが焼肉屋の仕事になります。

焼肉屋の中でも仕事は細かく分担されています。

焼肉屋の仕事内容とは?

焼肉屋の仕事はレジ、キッチン、ドリンカー、ウェイトレス、洗い場と大きく分けてだいたい5つの仕事に分かれます。

この5つの仕事の仕事内容について1つずつ詳しく説明していきます。

レジ

レジの仕事は主にレジでお客さんのお会計をする仕事になります。

簡単に説明すると、メインの仕事はレジでのお会計ですが状況により予約の受付、お客さんを席まで案内するなどといった仕事内容になります。

レジだからと言ってレジだけの仕事をこなすわけではありません。

お会計以外にもレジでの仕事はあります。

例えば電話で予約の受付をし、予約の確認や予約席の確保、また余裕があれば来店されたお客さんを席まで案内することもあります。

また、電話で予約を受け付けた場合には必ずお客さんの名前と電話番号、予約したい日時と人数を必ずメモし、店長やお店のスタッフに伝えることも必要です。

キッチン

キッチンの仕事は主にお店の厨房での仕込みや調理をするといった仕事になります。

簡単に説明すると、前もって食材の仕込みをしておき、注文を受けキッチンで盛りつけや調理をしウェイトレスに配膳をお願いするといった仕事内容になります。

出勤すると初めに食材の仕込みから始めます。

仕込みをしておくと忙しくなった時など後々作業が楽になるからです。

注文が入るとお皿に味付けをした肉や野菜を盛りつけたり、調理が必要な注文が入ると調理をしたりもします。

大きい焼肉屋さんだとキッチンの中でも調理担当と肉屋野菜の味付け、盛りつけ担当に分かれているところがあります。

夜や休日などは担当を分けていると効率よくキッチンの仕事をこなすことができます。

ドリンカー

ドリンカーの仕事は主にドリンクを淹れたりデザートを作ったりする仕事になります。

簡単に説明すると、注文を受けお店の中のバーと呼ばれるポジションでドリンクを淹れ、またデザートの注文が入るとバーでデザートを作りウェイトレスに配膳をお願いするといった仕事内容になります。

キッチンの人はお店の厨房で働きますが、ドリンカーの人はお店のバーといったポジションで働きます。

ドリンクは主にソフトドリンク、ビールや酎ハイ、カクテルを作ったり、デザートを作るのもドリンカーの仕事です。

ドリンカーが暇な時間はウェイトレスとして配膳を手伝うこともあります。

ウェイトレス

ウェイトレスの仕事

ウェイトレスの仕事は主にお客さんを席まで案内し注文を取ったり、料理の配膳、テーブルの片付けをする仕事になります。

簡単に説明すると、お客さんが来店するとまずお客さんを席まで案内します。

その後に注文を取り、キッチンで配膳の準備ができている料理をお客さんの席まで配膳します。

お客さんが食事を終え帰るとテーブルの片付けや掃除をし、次のお客さんを案内できるようにテーブルのセッティングをするといった仕事内容になります。

焼肉屋だけでなく、居酒屋やレストランのバイトでもウェイトレスの仕事が一番仕事内容が多く大変だと思います。

お客さんの接客もしないといけません。

お客さんを席に案内した後はメニューの説明などもありますし、お客さんがわからないところは答えないといけないため、メニューや料理、ドリンクなどの商品名や内容などもすべて覚えておかなければなりません。

また、配膳の際にはテーブル番号も覚えていないといけません。

片付けの際にはスピードが重視されます。

そのため前もってどの席のお客さんが食事を終え、帰りそうなのかなど確認しておかないといけません。

お客さんが席を立った瞬間片付けの準備に入り、次のお客さんのためにテーブルのセッティングもします。

ウェイトレスの仕事はどのバイトでも意外と一番体力と気力を使う仕事かもしれません。

洗い場

洗い場の仕事は主に下げられたお皿や食器、キッチンで使った調理器具などの洗い物の仕事になります。

簡単に説明すると、ウェイトレスが下げてきたお皿や、片付けし終わった食器、またキッチンで使った調理器具などすべて洗い場でまとめて洗うといった仕事内容になります。

洗い場には大きな食器洗浄機があるため、ある程度の汚れを洗い落とし、食器洗浄機にかけるだけでいいです。

しかし、夜や休日の時間帯は洗い場がとても忙しくなります。

洗い場での仕事が遅いとお客さんに提供する料理を盛りつけるお皿がなくなるため手際よく洗い物を進める必要があります。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

焼肉屋でよくある募集内容とは?

焼肉屋でよくある募集内容

焼肉屋でよくある募集内容や気になる時給などについてまとめてみました。

時給相場

地域にもよりますが、だいたい平均1000~1500円であることが多いです。

シフトの入れ具合

最近のバイトは基本どこもシフトは自己申告制のところが多くなってきています。

そのため自分の希望が通るところがほとんどです。

アルバイトだとだいたい平均週3~4日程度ではないでしょうか?

求められる人物像

どのポジションで働くかも重要になってきますが、レジはお金を触るため正確さがある人が必要になってきます。

キッチンはやはり清潔感があり、スピードと正確さを持っている人が必要になってきます。

また、ドリンカーもお客さんが口にするものを作るため清潔さとスピード、正確さを持っている人が必要になります。

ウェイトレスはお客さんと接する時間が多いため、いろいろな問題に対して対応力がある人が必要になってきます。

また覚えることが多いため、覚えがいい人も必要になってきます。

洗い場はどれだけ早くお皿や食器を綺麗に洗えるかが問題なのである程度のスピードと正確さがある人が必要になってきます。

必要なスキルや資格、経験

こちらもポジションにより異なりますが、どのポジションで働くとしても経験があれば問題はないはずです。

レジはレジの経験があればいいです。

焼肉屋でのレジ経験がなくても以前にスーパーやコンビニなど、レジを触る仕事をしていたという経験があると望ましいです。

キッチンは以前に焼肉屋でのバイト経験があればとてもいいのですが、居酒屋やレストランでのキッチン経験だけでもあるといいです。

居酒屋やレストランでは学ばなかった肉のカットや味付けなど新しく学ぶことが多いと思いますが、肉以外の料理の調理の仕方はどこのキッチンで働いていても経験になるのでそういった経験があればいいと思います。

ドリンカーは以前に焼肉屋や居酒屋、レストランでドリンカーとしての経験があれば望ましいです。

ソフトドリンクやビールの淹れ方、カクテルの作り方やデザートを作った経験があるとなおさら良いです。

ウェイトレスは基本お店によりメニューやオーダーの仕方の説明が異なりますが、ウェイトレスとしての仕事内容は同じになるので、以前にウェイトレスの経験があればいいです。

洗い場もウェイトレス同様以前に洗い場での仕事経験があれば望ましいです。

焼肉屋のおすすめ求人の特徴とは?

焼肉屋のおすすめ求人の特徴についてまとめてみました。

交通費込み

交通費込みと書かれているバイトだと毎月お給料+交通費ももらえるのでラッキーです。

まかないつき

アルバイトの方にはありがたいのではないでしょうか?

まかないつきのバイト!

焼肉屋なんかだとまかないも毎回楽しみですよね。

従業員割引

従業員割引があるところもあります。

自分が普段働いているお店のご飯を従業員割引を使って安く出食べられるのはいいですよね。

焼肉屋の仕事はこんな人に向いている!

焼肉屋のバイトはこんな人に向いている!

その特徴などについてまとめてみました。

焼肉屋で働いてみたかった人

自分が働きたいと思っていた仕事やお店で働けるとなんだか仕事もはかどりますよね。

また焼肉屋で働いていると肉の種類に詳しくなるので男の子なんかはそれもまたいいと思います。

焼肉が好きな人

毎日大好きなお肉の匂いとともに仕事をし、仕事終わりにはおいしいまかないを食べる。

なんとも贅沢なバイトではないでしょうか?

まかないのために仕事も頑張れますよね。

ただしまかないの食べすぎには注意です!

気が付くと太っていたということもよくあります。

忙しく働きたい人

正直に言うと夜や休日なんかは焼肉屋はとても忙しいです。

そのためゆっくりのんびり働くのが嫌いで、むしろ常に忙しいところで動き回りながら働くのが好きという人には向いている仕事かもしれません。

逆に焼肉屋の仕事に向いていないのはこんな人!

逆に焼肉屋の仕事に向いていない人はこんな人!

その特徴などについてまとめてみました。

肉や油の匂いが嫌いな人

焼肉屋で働いていると女の子なんかは特に肉や油の匂いに胸やけをしたり、また焼肉屋なんかで働いていると髪や服なんかが常に肉や油の匂いがして臭いです。

そういった匂いが嫌な人には向いていないかもしれません。

ちなみに私はバイトしていた頃、出勤した日は肉や油の匂いがなかなか取れないため、お風呂でシャンプーを2,3回していました。

熱いものが苦手な人

焼肉屋で働いていると熱々の料理を配膳することが多いです。

スープやビビンバなどといった料理は熱かったり、重たかったりして時にはこぼしてしまうことや、やけどしてしまうことがあります。

熱いものが苦手な人には少し苦に感じることがあるかもしれません。

焼肉屋の仕事のやりがいとは?

焼肉屋の仕事のやりがいってどうでしょうか?

私の経験では、「お客さんの笑顔や感謝の言葉」をいただいたときでしょうか。

自分が何かをしてあげたことによってお客さんが笑顔になったり、感謝の言葉をもらうと、一生懸命働いてよかったと思えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は焼肉屋でのバイトについて仕事や仕事内容、また気になるバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の特徴や向き不向きややりがいなどをお話ししてきました。

焼肉屋でのバイトについてわかっていただけたでしょうか?

居酒屋やレストランでも似たような仕事内容になりますが、キッチンは仕事内容が少し変わってきます。

仕込みでは肉のカットや味付けなどがあります。

また今回見ていただいてわかると思いますが、やはりウェイトレスの仕事内容が他の仕事に比べるとダントツで多いです。

覚えることもやることも多いです。

しかしその分やりがいはあるのではないでしょうか?

またウェイトレスはウェイトレスの仕事がメインですが、ウェイトレスとして働くとドリンカー、レジなど、その日により担当が分かれて働くためにトータル3つの仕事を学べることになります。

キッチンの人はレジや、ドリンカーをしません。

ウェイトレスがレジやドリンカーも担当します。(そのお店により異なることもあります)

そのため、ウェイトレスは他の仕事に比べると少ししんどい仕事かもしれませんがその分学べ身に付けることは多いです。

これから焼肉屋でのバイトを考えている方や、焼肉屋のバイトに興味を持った方は自分はいったい焼肉屋のどの仕事に向いているか、またどの仕事がしたいか明確にしてから面接に行くことをおすすめします。

初めてのバイトに焼肉屋のバイトなんていかがでしょうか?

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)