建築関係の一種である塗装業の転職において、自分の経験と技量を生かして収入アップさせるための効果的な転職方法のお話しです。

塗装業で転職する人は多い?

塗装業は、いわゆる”手に職”が必要な職人業ですので、その技を習得するための見習い期間を経て、ある程度仕事ができるようになれば、より高い報酬を求めて転職することも可能な職業です。

他に転職する場合が多いケースは、見習い期間での厳しい教育や安い賃金での時期に耐えられなくなったり、塗装業そのものに対して自ら適正がないことに気が付いて、まったく他の業種に転職してしまう場合もあります。

塗装業で狙い目な会社の5個の特徴とは?

自分の居住地からなるべく近い現場を請け負っている会社

塗装業の場合、仕事場は常に現場です。

その現場が終了すれば次の現場へと移り変わりまので、行かされる現場は近場であることにこしたことはありません。

これは他の職業における勤務地が近場であることが良いと同じように、現場を勤務地として考慮するべきだからです。

日当が高い会社

塗装業、つまり職人業は月給契約ではなく、日当契約が常です。

ですから、体調不良や雨などによって仕事ができなくて、月の稼動日数が少なくなってしまった場合など、日当が高いほど月収入が高く保てるからです。

10時と15時の小休憩をしっかりととってくれる会社

職人業は、身体が資本の業種ですので、午前と午後の小休憩は仕事を安全にこなす上でも非常に大切なことです。

また、職人同士で、仕事の進行具合などを伝え合う大切なコミュニケーションの時間でもあるからです。

雨でも仕事がある会社

塗装業の7〜8割は、屋外による外部塗装の仕事ですので、雨天や荒天などの場合は現場を進めることはできません。

ですので、3割くらいは屋内の内部塗装の仕事も請け負っている会社は天候によって現場が左右されませんので、仕事が安定するからです。

ある程度親密的なコミュニケーションがある会社

塗装業も含めて職人業は、3K(キツイ、キタナイ、キケン)な一面がある職業です。

そんな環境の下で仕事をやりこなす中では、仕事仲間とのある程度親密なコミュニケーションはとても励みになるからです。

塗装業で上手に転職するための5個の注意点とは

しっかりと仕事を覚えたか?

職人業ですので、半人前で転職してもまた見習い期間として扱われますので、報酬は変わらず、仕事の信用は得られません。

なので、そのような状況で転職してもむしろ状況は悪化する恐れがあります。

しかし現状、仕事を教えてくれないような会社であれば、しっかりと仕事を教えてもらうことができるような会社に転職することも重要です。

転職先の会社はある程度創業年数が長い会社か?

創業年数は、その会社が創業してきた地域の顧客との信頼関係の証ですので、そうした会社は物件現場も多数あって仕事も安定します。

年長の職人が敬われている会社か?

これはどんな業種にも言えることですが、年長者が敬われている会社は、人間関係が良好な会社であることの証です。

また、年長者が長年仕事を得ることができている会社としても安定している現れです。

仕事道具や作業車が清潔な会社か?

道具や作業車の管理がずさんな会社は、それを扱う職人の品位を表しています。

品位のない人間関係の中では良い仕事もできませんし、自分自身の仕事に対する意識も高く保てないので、こうしたことは重要な目安となります。

転職先の会社は労災加入しているか?

デスクワークとは違い、現場作業ではどんなに気を配っていても怪我をすることがあります。

そんな時、唯一の頼みの綱となるのは会社が加入している労災保険だけなので、これは非常に重要なことです。

塗装業で転職するにあたっての必要な心構え

郷にれば郷に従うこと

塗装業において基本的な塗装方法は変わりませんが、それぞれの塗装会社にはそれぞれ仕事の仕方があります。

ですので、以前の会社と仕事の仕方や進め方が違っても、それに柔軟に対応して順応すれば、周りの職人からも受け入れられやすくなります。

仮に報酬が下がっても他にメリットがあれば納得すること

塗装業に限らず、転職とは会社に対して自分の気持ちに問題が生じて行うものですが、その動機として報酬の問題が上位にあるのは確かです。

しかし、仮に転職して報酬が上がったとしても、精神的身体的に辛くなったりしてしまうのであれば意味がありません。

大切なのは報酬はもちろんですが、自分が日々安心して健全に働くことができる会社であるかどうかということです。

あまり渡り歩かない方が良い

会社をあまり渡り歩くことは、塗装業はもちろん職人業においてはあまりおすすめできません。

塗装業は、地域的に見れば狭い業界です。

ですので、塗装業者は組合など、どこかで繋がっているのものですので、一個人であっても過度な転職はその地域の塗装業経営者の間で悪い噂にもなり兼ねません。

また、あまり転職を繰り返すと、転職先での会社の仕事の仕方にも馴染み辛くなるなどして職場での孤立につながり、そうするとまた、転職してしまう場合も生じ兼ねないからです。

塗装業の転職で年収を上げるためにやるべきこととは?

以下のような3点をご紹介致します。

  • 自分ができる塗装の技法を増やすと同時にその技術も上げて、施工のスピードもミスなくアップさせること。
  • 一職人として高い技術を習得して良い仕事をしながら、長く働いてその会社や同僚の職人から高い評価と信頼を得ること。
  • 一つの現場を任せられるような、現場責任者に昇格して報酬のアップを目指すこと。

まとめ

塗装業とは、塗装職人がその職人技を発揮して、納めた仕事の完成度の評価によって報酬をもらう職業です。

高い報酬をもらうためには当然、その人の経験や技量に至るところが大きいですが、上手に転職することによって、それらをより早く確実に発揮できることもあります。

ですから、これまで説明してきたことを参考にしていただきながら、塗装業でより多くの収入を得ることができるようになっていただければと思います。

どのような職業であれ、まずは自分はその仕事が好きで、続けたいと思うことが大切です。


関連キーワード

塗装業求人

塗装業求人についてもっと深堀りした情報を見る

塗装業の仕事はどんな人に向いている?得意な人の5個の特徴やキャリアについて解説します

ここでは、塗装業とはどんな事をする仕事で、その塗装業という仕事をする塗装職人にはどうすればなれるのか、そして、それはどんな人に向いているのかなどをわかりやすくお話します。「塗装業の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →塗装業の仕事はどんな仕事?塗装業というとどこかお堅いですが、聞き慣れた呼び方としては、”ペンキやさん”と呼ばれていますね(笑)そんなペンキやさんの仕事は、一軒家からビルやマンション、あらゆる構造物まで、塗れるところはどこでもなんでも塗ってしまうお仕事です。塗装業の大まかな仕事内容新築の戸建て、ビル、マンション、あらゆる構造物などの塗装から、それらのリフォームが主な仕事で

塗装業の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

ここでは、塗装業の年収や給料の相場や決まり方などについてわかりやすくお話しさせていただきますので、塗装業をお考えの方は参考になさってみてください。「塗装業」が自分に向いているか診断するにはこちら →塗装業の給料の相場はどのくらい?経験者、未経験者の場合塗装業は職人業ですので、学歴よりも手に職が付いているかいないかによって給料は大きく変化します。ですので、求人情報等においては、経験者優遇または未経験者可などと表記されている場合がほとんどでしょう。経験者とは最低3年以上現場で見習い経験をした場合や、職業訓練校などで塗装科を学んで終了した人のことです。一方、未経験者とは、一貫した塗装仕事の材料の知識