《助産師》ってどんな職業でしょうか。

看護師は、なんとなくどんな仕事か分かる人も多いでしょう。

しかし、助産師というとなかなかイメージが沸かない方が多いようです。

助産師と聞いて、《お産を助ける》だから、出産のときにいる看護師みたいな感じ?と察しはついても、具体的な仕事内容はわからないものですよね。

実際に現役助産師の私も、「助産師をしています。」と言うと、「どんな仕事をしてるの?」と聞き返されることがほとんどです。

ここでは助産師がどんな仕事をしているかを、現役助産師がお教えします♪

助産師の仕事の大まかな内容は?

助産師とは、妊娠、出産、育児における女性と子ども、そし妊娠前や更年期、老年期における女性とその家族を支援する仕事です。

少し難しい話になりますが、助産師は「保健師助産師看護師法」という法律に規定されています。

この法律には「助産師とは、厚生労働省大臣の免許を受けて、助産又は妊婦、じょく婦若しくは新生児の保健指導を行うことを業とする女子をいう。」と定められています。

ここでの「助産」とは、分娩を介助することを指します。

助産師の仕事とは

  • 分娩介助をする
  • それに付属する処置を行う(例えば、へその緒を切る、赤ちゃんの心音を測るなど)
  • 妊娠・出産・産褥において、必要な監督やケア、助言を行う
  • 妊娠、出産、産後、新生児に対し、教育を行う

などです。

ここで重要なのが《助産師は医師と同じように裁量を持ち、自身で判断を下し、自分の責任下で正常な分娩の介助ができること》です。

これは看護師にはできません。

助産師は女性に関するプロフェッショナルです。

助産師は英語で”Midwife”と言います。

”mid”とは共にいるということ。

”with”と同じ意味です。

そして”wife”は”女性”という意味です。

つまり”Midwife”とは”女性と共にいる”という意味の古い英語なのです。

思春期や性徴期には精神的に不安定になりやすく、体にも大きな変化があります。

更年期には今までに感じたことのない体の不調を感じ、精神的にも戸惑います。

女性の性と生殖に関わる助産師は、そのような女性に寄り添うのが仕事です。

助産師の対象者は女性だけに限りません。

「女性とその家族」が対象になります。

女性や赤ちゃんの健康が守られ、幸せな生活を送るためには、家族である夫や父親などの男性に対しても、必要であれば教育をしなければいけません。

女性の味方になり、女性とその家族の支援をするのが助産師です。

ここからは実際に助産師が病院やクリニック、地域の助産院などでどのような仕事をしているのかを紹介いたします。

助産師の仕事は大きく6 個の役割に分けられる 

母子業務

産後のお母さんと赤ちゃんの入院期間を支援し、退院し自宅に帰ってからの生活に困らないように支援する仕事です。

授乳の支援をし、育児手技を教え、育児環境やサポートを調整する役割です。

一般的に出産後の入院期間は、経膣分娩(下からのお産)で4~5日、帝王切開で6~7日と短い期間になります。

限られた時間の中でお母さんと赤ちゃんの退院後の生活を見据えた支援が必要です。

授乳支援に関しては、施設によって方針に違いがあります。

また地域のクリニックや助産院では上の業務に加え、産後のマッサージやエステ、骨盤の歪みを戻す運動などのオプションがついてくる施設もあります。

入院管理が必要な妊婦や産後のお母さんの業務

妊娠や出産は、順調なのが当たり前。

安定した10ヶ月間を過ごし、無事に出産を迎え、なにも問題が起こらず退院するというイメージが強いですが、一方で常にリスクと隣り合わせです。

特別な入院管理が必要になったお母さんと赤ちゃんの入院生活を支援し、出産に向けた準備や生活を整える役割です。

分娩業務

上に書いたような業務は助産師だけでなく、産科スタッフの看護師も行いますが、分娩に立ち合い、介助をすることは助産師のみに許された業務になります。

一言に分娩と言っても経過は人それぞれです。

陣痛から始まる人もいれば、破水から始まる人もいます。

初産では平均12~24時間、2人目以降の出産では平均6~10時間かかるといわれています。

安全に分娩が終了するために、産婦やその家族を導くことが助産師の役割です。

外来業務

助産師の仕事は病棟での仕事だけでなく、外来での仕事もたくさんあります。

順調な妊娠や出産の経過を辿っている妊婦や産後のお母さんが入院する期間は1週間程度のみです。

それ以外の多くの時間をお母さんと赤ちゃんは地域で過ごします。

それを支えるのが外来業務です。

妊婦健診や1か月健診などは外来で行います。

出産準備教室の業務

母親学級や両親学級という言葉を聞いたことはありませんか?

妊娠しているお母さんやお父さんを対象として行われる教室です。

最近では赤ちゃんのお父さんが対象の父親学級や、産後メーンのサポートを行うおじいちゃん・おばあちゃんを対象とした祖父母学級などもあります。

教室を通して、妊娠や出産、育児を身近に感じてもらい、準備や生活を楽しんで、また出産や育児を楽しみにしながらマタニティー生活を満喫してもらえるよう、小さなことでも分からないことや不安なことを解決するために教育をするのが役割です。

不妊治療業務

多くは外来で行われる業務です。

不妊治療や不妊治療後の妊娠・出産を支えるのも大事な仕事です。

夫婦にそっと寄り添い、カウンセラーや医師との仲介をしたり、そのご夫婦らしい判断や治療の選択ができるよう、精神的・身体的な支援をするのが役割です。

母子業務の7個の業務

①産後のお母さんの健康状態を毎日確認する

産後のお母さんの身体には大きな変化が起こります。

母乳が分泌し授乳が始まるのと並行し、10か月間かけて大きくなった子宮が元に戻っていきます。

  • 分娩による出血は増えていないか
  • 傷の痛みは軽減されてきているか
  • 子宮の戻りや傷の治癒は順調か
  • 食事や睡眠はとれているか
  • 疲れは溜まっていないか
  • 排泄は順調か

など妊娠前の身体に戻る過程が順調であるかを確認します。

②赤ちゃんの健康状態を毎日確認する

赤ちゃんの身体の変化はもっと大きいものです。

赤ちゃんはお母さんのお腹の中にいる時は、全てをお母さんにまかなってもらっていました。

それが産まれた瞬間から、自分で呼吸をし、循環を維持し、栄養を摂り、排泄をしなければなりません。

赤ちゃんの身体は色々な機能が未熟な状態です。

赤ちゃんが元気で健康であるかを確認します。

③授乳の支援

赤ちゃんは1日8回以上おっぱいを飲みます。

お母さんのおっぱいや赤ちゃんの様子をみて、ライフスタイルに合わせた授乳方法のアドバイスをするのが助産師の役割です。

授乳は

  • お母さんのお胸の形
  • 母乳の分泌
  • 赤ちゃんの舌や口の形
  • 赤ちゃんのやる気
  • 赤ちゃんがうまく飲めるか
  • 赤ちゃんの体重
  • 赤ちゃんの日齢(産まれてからの日数)

などたくさんのことに影響されます。

母乳の分泌も赤ちゃんの飲み具合も毎日変わります。

初日に全くでなかったおっぱいが、退院する頃には赤ちゃんが満足するくらい、具体的には1回の授乳で50mlくらい出ているということもあります。

またお母さんの希望にも左右されます。

「できるだけ母乳でいきたい。可能ならミルクを使わず母乳だけで育てたい。」という人

「そんなにこだわらない。出る分は母乳をあげたいけど、足りなかったらミルクを足そうかな。」という人

「母乳とミルクの混合がいいな。仕事復帰や赤ちゃんを保育園に預けることを考えると、哺乳瓶にも慣れてほしいな。」という人

授乳の支援の方法が全然違います。

お胸や赤ちゃんの様子、退院後やその後の生活まで考えて支援します。

退院してからお母さんが困らないように、お母さん自身が自分で判断して授乳ができるように、そして無理がないように、その人に合った授乳方法を一緒に見つけるのが役割です。

④育児技術の指導と支援

初めての育児は初めてのことばかり。

  • 沐浴(赤ちゃんのお風呂)
  • おむつ交換
  • 抱っこ
  • 着替え
  • ゲップ
  • あやす

など育児にはたくさんの技術が必要です。

初めてであればできないのが当たり前です。

育児技術を方法やコツをお伝えし、できるようになるまで一緒に練習します。

⑤産後のメンタル面のフォロー

よくマタニティーブルーという言葉を聞くと思います。

妊娠中にも気分に波があるというのはよくありますが、産後のお母さんのメンタルは更に崩れやすくなります。

これはホルモンのせいです。

妊娠していない女性だって、生理前や生理中はイライラしたり、暴飲暴食になったり、眠くなったり、頭痛など体の不調が出るでしょう?

産後のお母さんのホルモンはもっと変動が激しいのです。

それに加えて慣れない育児。

3時間おきの授乳が朝も夜も続き、解消されない睡眠不足。

なんで泣いているか、何を求めているか分からない赤ちゃんを抱えての生活。

もちろん自分の食事や入浴の時間も必要。

怒りっぽくなったり、イライラしたり、泣きたくなったりするのも当然です。

初めてでうまくできない自分を責めてしまったり、手伝ってくれない夫に腹が立ったり、育児の方針が違う母親や姑にイライラしたり。

これらの精神的な変化は誰にでも起こりうるものですが、これが悪化すると「産後うつ」になります。

産後うつは病気ですので、治療が必要です。

産後うつにならないためにも、助産師が相談にのって一緒に問題を解決します。

そして、産後うつになりそうな時、なった時に、その変化にお母さん自身が気づいてSOSを出せるよう支援します。

そしてお母さん自身が気づけなくても、家族がお母さんの変化に気づいてくれるように、家族を教育するのも役割の一つです。

⑥退院後のお母さんと赤ちゃんのお話

入院中はいつでも医療者がいますが、退院後はそうはいきません。

近くに子育ての経験がある人がいれば心強いですが、子育ては家族によって様々。

実のお母様(おばあちゃん)が手伝いに来てくれると言っても、20~30年前の育児と今の育児では全く異なります。

お母さんや赤ちゃんの身体に異常が起こった時、それを察知し適切な対策と取ってもらい、対策を取っても改善しないなら病院に電話をかけてもらわなければいけません。

  • 産後のお母さんと赤ちゃんの身体の変化
  • 何が異常で何が正常か 異常な時の対処法
  • こんな時はすぐに受診してほしいというタイミング

など、退院後、お母さんや家族が困らないように、退院後のお話をします。

⑦退院後の生活の調整

退院したその日から家での育児が始まります。

つまりお母さんと赤ちゃんが退院してお家に帰るまでに、家やサポートの環境を整えておく必要があります。

  • 育児物品は揃っているか
  • 揃えた物品は帰ってすぐに使えるか
  • 足りないものがあるなら、どうやって調達しようと思っているか
  • サポート体制はどうなっているか、無理はないか
  • 必要時、行政サポートや民間サポートを紹介する

など、退院後の生活を具体的にイメージし、自宅に帰ってから困らないように一緒に考えます。

入院管理が必要な妊婦や産後のお母さんの業務の3個の業務

①妊娠の異常による入院

妊娠中に異常を来たし、入院が必要になる妊婦さんもいらっしゃいます。

  • 切迫流早産:何らかの原因で流産や早産の危険性が高い状態。自宅安静のみの場合もあるが、状況によっては入院し投薬治療や安静治療が必要な場合がある。
  • 妊娠悪阻:つわりがひどくなり、食事も水分も摂れなくなる状態。入院し点滴加療が必要。
  • 前置胎盤:本来子宮の上の方にあるべき胎盤が、子宮の出口付近にある状態。出血などを起こした場合は入院管理。また出産するときは基本的には帝王切開術となる。
  • 妊娠高血圧症候群(旧 妊娠中毒症):お母さんの血圧が高くなってしまう状態。血圧が高くなると、赤ちゃんに十分な酸素や栄養分がいかなくなってしまったり、赤ちゃんが生まれる前に胎盤が剥がれてしまう場合がある。血圧によっては入院し点滴加療が必要。

など。

これら以外にも基礎疾患を持っていたり、糖尿病を合併した場合には、入院が必要になる場合もあります。

それぞれの症状によって適切な治療とケアを行います。

②胎児や新生児の異常による入院

赤ちゃんが順調に成長するのは奇跡のようなことです。

  • 双胎(双子)、品胎(三つ子以上)
  • 羊水の異常:子宮の中で赤ちゃんは卵膜という膜に包まれ、その中は羊水という水で満たされています。羊水には赤ちゃんの呼吸を助ける働きがあり、これが多かったり、少なかったりする状態。またはお産が始まる以前に、膜が破れる状態。
  • 胎児発育不全:何らかの要因で、お腹の中にいる赤ちゃんの発育が悪い状態。
  • 子宮内胎児死亡:何らかの要因で、お腹の中にいる赤ちゃんが亡くなってしまうこと。

お母さんは入院をして、赤ちゃんに異常が起こっていないことを確認したり、適切な時期にお産にできるように準備をします。

お母さんは《安静》のみが治療になることが多く、赤ちゃんのために具体的にできることが少ないため、気が滅入ってしまうこともあります。

そのようなときの精神的な支援も役割の1つです。

③お産中やお産後の異常による特別な管理

無事に順調な妊娠生活を過ごせたとしても、お産中やお産後に異常を来たし、特別な管理が必要なお母さんもいます。

  • 帝王切開後のお母さん:正常分娩(下からのお産)とは異なり、術後の管理が必要になる。
  • お産の時に出血が多かった:止血のために点滴や輸血などの処置が必要です。場合によっては止血のためのチューブが挿入されたり、手術になることもあります。

分娩業務の2個の業務

①お母さんと赤ちゃんに寄り添うケア

助産師は赤ちゃんが生まれる瞬間だけでなく、陣痛に耐えている時間も助産師は産婦さんに寄り添いケアを行います。

  • 辛い陣痛の間、休息を取れるよう睡眠や環境を整える
  • 食事や水分を調整する
  • 家族が全員で分娩を乗り越えられるために、家族の力を引き出す
  • お産の進行について予測し説明する
  • 呼吸法やマッサージなどを伝え、陣痛の痛みを軽減するケアをする

産婦さんの傍にいることができる助産師だからこそ、できることです。

②診断と処置

産師は安全に分娩を終了できるように、診断を下し、進行を予測します。

そのために

  • 内診や産婦の様子から分娩の進行を図る
  • 赤ちゃんの心音と陣痛を測るモニターを装着する
  • 安全に出産を迎えられるように部屋や物品を準備する
  • 赤ちゃんが生まれる瞬間に安全であるように介助する
  • 赤ちゃんが生まれた後、へその緒を切り、胎盤を出す
  • 胎盤が出た後、赤ちゃんと産婦さんの状態が安定するように処置をする

外来業務の3個の業務

①妊婦健診

妊婦健診は妊娠が確認されてから、お母さんと赤ちゃんが健康で順調な生活を送るよう助け、支援するのが役割です。

妊婦健診では腹囲や子宮の大きさを測り、内診や超音波検査をして赤ちゃんの発育を確認します。

これは医師が行う場合もあります。

助産師外来では助産師が行うこともあります。

その他に妊娠生活についてや育児の準備について指導を行います。

赤ちゃんを迎える準備の指導を行い、準備状況を確認します。

家の環境やサポートの調整状態も確認し、困ったときに適切な支援が受けられるように、妊婦に必要な情報を伝えます。

困ったとき、もちろん病院の助産師を頼って頂くこともよいのですが、自分で適切な場所にSOSを出せるよう支援します。

入院や分娩の準備についても説明し、十分に準備が整った上で出産が迎えられるよう支援します。

妊婦健診ではこのような説明と並行して、お母さんにアンケートを行い、お母さんのメンタル状況について把握します。

妊娠中のお母さんはホルモンがぐちゃぐちゃで、イライラしたり悲しくなったり怒りっぽくなったりします。

初めてのお産や育児に不安になることも。

困っているお母さんや家族を早期に発見し対応できるように努めるのが役割です。

②2週間健診や1ヵ月健診

赤ちゃんが生まれ、お母さんと赤ちゃんが退院してから、2週間や1か月で順調な経過を辿っているかの健診を行います。

そのときにもアンケートを行い、身体だけでなく精神的にも順調であるか、困っていることや心配なことはないか、を確認します。

③分娩の始まりも外来から

普段地域で過ごしているお母さんが、陣痛や破水を感じたとき、まずすることは病院に連絡し、受診をすることです。

連絡先や入院の経路は施設や時間帯によって異なりますが、外来がやっている時間帯(平日の日中)は、まず外来を受診し、入院が必要と判断されれば病棟に行くというのが一般的です。

陣痛かもしれない、破水かもしれないという電話を妊婦さんから受け、受診すべきかを判断し外来の診察により入院を支援することも役割です。

出産準備教室の4個の業務

妊娠経過について

妊娠生活についての不安や疑問についてお伝えします。

  • 妊娠生活の経過
  • 児の成長
  • 妊娠期に起こりやすい体の不調やトラブル
  • 妊娠期に起こりやすい精神的な変化

などをお伝えします。

施設によってはマタニティヨガやティラピスを教える教室もあります。

お産の経過について

お産はどのようにして進むのかについて説明します。

  • お産の始まりとは
  • お産はどのように進むのか
  • 陣痛が来たあと、赤ちゃんにはどのような変化があるのか
  • 入院の準備について
  • お産が始まったかな?と思ったなど電話をしてほしいタイミング
  • 入院してから出産するまでの流れ

などをお伝えします。

施設によっては実際に分娩を行う施設見学したり、施設の緊急連絡先や手続きについて説明することもあります。

育児について

育児物品や育児の技術などについて説明し、体験してもらいます。

  • 赤ちゃんとの生活
  • 産後のお母さんの身体の変化
  • 産後のお母さんの心の変化
  • 赤ちゃんの身体の変化
  • 育児物品について
  • 育児・家事分担について
  • サポートについて

などを伝えます。

また体験プログラムとして

  • 沐浴
  • 抱っこ
  • おむつ交換
  • ボトル授乳の体験
  • 入院施設の見学

を行う場合もあります。

家族の支援について

パートナー(夫)や主なサポート者となるおじいちゃん・おばあちゃんの視点から、妊娠・出産・育児についてのお話をします。

  • お母さんや赤ちゃんのこと、育児のことを理解してもらう
  • サポート者の視点で出産や育児の準備を進めてもらう

ことが目的になります。

不妊治療業務の役割

現在不妊治療を受けたカップルから生まれる子どもは6組に1組と言われています。

不妊治療は珍しいことではなくなっています。

しかし国や地域からの不妊治療への支援はまだまだ少なく、地域による差も大きいのが現状です。

不妊は病気ではありませんから、基本的には自費になります。

つまり経済的な負担が大きい。

様々な検査をしたり、原因が発覚した後の治療にはホルモン注射など身体的な負担も加わります。

そして何より精神的負担が大きい。

不妊であることを認めるのは辛いことです。

その辛さを乗り越えて話を聞き、実際に治療が始まります。

治療が始まっても、常に妊娠できないかもしれない、妊娠しても流産してしまうかもしれないという不安や恐怖と闘います。

周りにいる妊婦や子どものいる人を恨めしく思うこともあります。

うまく行かなければ自分を責めてしまうことも。

そして不妊治療をしていることを親族に言う人は少ない。

頑張って不妊治療をしているのに、「子どもはまだなの?」という周りの人や親族からの心無い言葉に傷つくことも珍しいことではありません。

当たり前の感情です。

どこでピリオドを打つかも難しい問題です。

不妊治療は夫婦2人だけで頑張るものではありません。

もちろん医師と助産師が頑張るものでもありません。

心理士やカウンセラーなど多くの職種と共に、夫婦2人と家族にとって最善の結果になるよう協働するものだと私は思っています。

助産師は、いわばその架け橋となる役割を担ってます。

まとめ

助産師と言っても赤ちゃんをとるだけでなく、様々な仕事があることがお伝えできたかと思います。

しかし一番の仕事は、女性と赤ちゃん、そしてその家族に寄り添い、その家族らしいライフイベントを支えるということです。

妊娠、出産、育児は人生の中で何度もあるものではありません。

その人生のうちに数回の、貴重な瞬間に立ち会わせて頂ける。

とても素敵な仕事です。

自分や家族が妊娠、出産を経験しないとなかなか身近に感じることのできない職業の助産師ですが、女性やその家族にとって身近な存在になれるよう、頑張ろうと思います。

~自分にはどの看護師の仕事が向いているか?~


関連キーワード

助産師仕事