「旅館」と聞くと、みなさんはどんな想像をされますか。

「老舗旅館」「有名旅館」「隠れ家的な旅館」など、一口に旅館といっても様々なジャンルの旅館があると思います。

これから旅館の従業員になる方や、転職して旅館の従業員になろうかなと思っている方の為に、気になっても聞けない旅館の従業員の給料などについて書いていきたいと思います。

「旅館の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

旅館の仕事の給料相場はどのくらい?

正社員で入社した場合

こちらは旅館の経営状況などで左右される為、一概には言えないのですが、新卒ですと、平均的なサラリーマンと変わらず年収250〜450万くらいに収まりそうです。

通常であれば、勤続年数や働き方に応じて上がっていくようですが、旅館はIT企業のように、個人の能力が高ければ給料が上がっていくというわけでもなくて、どれだけ他の従業員の方に信頼されているかでも変わって来ると思います。

また、他の会社から正社員で転職した場合も、経験が物を言う仕事なので、新卒入社の人とそこまで変わることはないと思います。

パート・アルバイト

こちらも時給幅が結構あり、800円〜1000円以上など様々ですし、場合によっては歩合制で貰うところもあります。

パートやアルバイトさんは繁忙期などに募集される事が多く、働きがいいと社員にならないかと言われる事もあるので、いい環境でそのまま仕事したいと思えば社員になれるのも、給料とはまた違う形ですが、利点だと思います。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

これも場所により違いますが、ボーナスは基本給の一ヶ月分のところが多いですね。

年齢によって額が上がって行くのは普通の会社と同じだと思いますが、他にも景気面で決まる事が多く、好景気の場合は売り上げに応じて多く支給される事もあるようです。

昇給

基本給が固定されているところが多いようで、毎年昇級する事はあまり無いようです。

年数をただ重ねるだけではなく、自分でスキルアップしていくと、おのずと上がって行くと思います。

各種手当

場所によって手当の出るところ出ないところありますが、夜勤があれば夜勤手当や特別手当がつくようです。

他にも住宅手当や通勤手当がついたり、キャリアが上がれば職能手当がついたりと意外と充実してるみたいですよ。

給与が高い人は何が違うの?

はっきり言って、この業界は給料に対して、時間と働く内容が見合ってないことが多く、他の業界に比べると給料は低い水準にあります。

しかしいくら低いと言われていても、それは平均のことを言っているだけで、全員がみんな低いかと言われればそうではありません。

他の業界だってはじめは低いところも多いものですよね?

では、旅館で給料が高い人はどのようなことをしているのか、見ていきたいと思います。

スキル

やはり、人と関わる事が多い仕事全般に言えることですが、コミニケーション能力は必要だと思います。

あと、笑顔も大事です。

お客さんや従業員の方と接する時に、無表情では印象が悪いですし、接客が楽しく無いのかな、とお客さんに思われてしまえば、次の利用は無いかも知れないので、個人よりも旅館の売り上げに直接響いてきます。

役職

これは場所によってまちまちで、色んな部署ごとに分かれていると思いますが、基本的に部署は3つに分かれていて、「料理部門」「サービス部門」「営業部門」となります。

それぞれのトップになると給料は高くなりますが、そこまでの道のりは困難を極めると思います。(普通の会社でいうと部長クラスくらいなので…)

ちなみに料理部門が「総料理長」で、サービス部門は「女将やマネージャ、支配人」などという肩書になります。

勤続年数

長く勤めることで給与が上がる旅館にいれば、基本給は上がっていきますが、この業界は実力社会なので、かなり影響するというような要因ではなさそうですね。

ただあてもなく適当に転職するのであれば、同じ場所で長く務め上げたほうが、そのホテルのことを良く分かっていたり、従業員の信頼度もあるため、給料上がっていくかと思います。

地域

給料が地域によって変わる点は、主に物価の違いになるのではないかと思います。(大都市と田舎では最低賃金が違うので。)

しかし、旅館の人気は立地条件でも決まって来るので、地域は旅館の売り上げでは大事になって来ますし、売り上げが上がれば自分たちの給料にも響きますね。

都会の旅館なら人気というわけでもなく、今は都会の人混みに揉まれるような暮らしに疲れて、隠れ家的な旅館を求める方も多いかと思うので、地域はあまり関係ないのかも知れないですね。

旅館の仕事の給料事情

仲居さんの場合

仲居さんは、なるだけなら特別な学歴も資格もいりませんが、お客様の食事の時間のことを考えて配膳の順番を組んだり、空いた隙間時間にできることを考えて行ったりと、地頭の良さは求められるし、板前の人とのコミニュケーションも取らなければならないので、人間関係も上手く回せるような人が向いている職種です。

そんな仲居さんは、アルバイトや契約社員から正社員になったりすることが多く、固定給や歩合制、時給など旅館それぞれでお給料形態が決められています。

余談ですが、仲居さんはお客様と触れ合う機会が多く、海外では良いパフォーマンスなどをするとチップをもらえる習慣がありますよね?

やはり海外のお客様からが多いらしいのですが、サービスの質が良ければチップを貰うこともあるらしく、お給料ではないですけど臨時収入になりますし、お金が貰えるとやはり、自分の頑張りがお客様に認められているようで嬉しいですね。

板前さんの場合

次に、料理人、いわゆる板前さんの給料の決まり方を見て見ましょう。

板前さんは料理のスキルが必要になって来るので、仲居さんが地頭の良さが必要なら、板前さんは経験を積んでいくことが必要になって来ます。

こちらはどちらかと言うと月給制が主で、同じ旅館に長く務めて経験を積んで行くごとに年収は上がって行く様ですが、「板場」「煮方」「焼き場・揚げ場」などのポジションでも違って来るらしく、やはり色んなところをやれる方が給料面でも優遇されるのは、普通の会社と一緒ですね。

また、板前さんは料理関係だけあって、食材の切れ端などを使ってまかないを食べれるところもあり、食費を浮かすことができるため、給料ではないですが助かると思います。

案内人・フロント作業の場合

旅館案内人(フロント)の作業は、仲居さんと同じく人と関わることの多い職種です。

資格なども特に求められることはありませんが、ホテルの顔ということもあり、印象という点でお客様に不快感を与えない様に、スキルを求められる仕事です。

印象というものは簡単な様で難しく、笑顔で対応はもちろんのこと、一つ一つの言葉使いや挨拶の仕方など、色々な観点から見られ気を抜くことが出来ないので、お客様に喜んでもらえた時のやり甲斐はとてもありますが、コミニュケーションが苦手な方には難しい仕事です。

このお仕事は、フロントでの出迎えと部屋に案内する仕事をしつつ、旅館の裏方の仕事を持つ為、安定している月給の給与形態が多いです。

「旅館の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

旅館の仕事で給料をあげるためにまず考えるべき3個のこと

旅館の仕事は、大変ながらもやり甲斐のある仕事ですが、やり甲斐だけで生きていけるかと問われれば、現実はそう甘くないと思います。

そこで給料を上げる為に、まず考えた方がいいと思う3個のことをここでは伝えたいと思います。

今の勤務先でできること

給料アップの交渉をしてみる

この方法は、勤務年数も少しは関係して来るかも知れませんが、長く働けば上の人達との交流もあるので、交渉しやすくなると思います。

ただ、スキルが無いのに自分にとっての好条件を相手に伝えても、突っぱねられるだけですので、それ相応のスキルを持っている方で、長い勤務年数を務めている方が使うと有効な手ですね。

スキルアップを図る

この方法はオススメで、やる気がある人は独学でやればお金もかからないですし、今後他にやりたいことなどが出来ても、勉強したことを活かせる時が来ると思います。

私のオススメのスキルアップは英語を勉強することです。

旅館のお客さんには外国のお客様も多いので、英語を勉強しているだけで他の人と違うスキルで仕事をすることも出来ますし、何より今の日本は国際的な風潮になりつつあるのに、喋れない人の方がまだまだ多いため、喋れると旅館側にも重宝され、給与アップの交渉時にもアピールしやすいのでオススメします。

思い切って転職する

今の勤務先では頑張ってもお給料が上がらない、そう思ったら、転職するのも一つの手だと思います。

そこで、転職する場合の選び方をいくつか挙げてみます。

転職先の選び方1:同じ職種につく場合は、転職先の経営状態をしっかり見る

これは当たり前の事ですが、今いる旅館よりも経営状態が悪いのに、高い給料や多くの休みなどを貰えるでしょうか?

絶対に貰えないとまでは言えませんが、厳しいのが現実です。

なので転職先を探すときは、パッと見て直感で決めて行動することも一つの方法ですが、常に転職サイトなどで情報を見て、余裕を持って転職先を選んだ方が、上を目指せる可能性は高いと思います。

転職先の選び方2:場合によっては他職業を考える

旅館で培ったスキルは他の職業でも十分に生かすことが出来るので、他の業界に転職するのもありです。

コミュニケーション能力は社会人として仕事をする上でかなり重要ですので、営業やショップ店員などの人と関わる仕事であれば、お客様と従業員という勤務姿勢は変わらないのでやり易いと思います。

給料をアップさせるための求人の選び方

給与相場が今よりも高いところを探そう

給料をアップさせたいなら、これを最優先にして、求人情報を見ると思います。

ただ基本的に、今の自分の住まいから通える範囲で考えてしまいがちなので、一人暮らしをする勇気があれば範囲を広げて見ることで、様々な求人と触れ合えます。

本気で給料アップを考えているなら、勤務地の範囲を広げてみて下さい。

賞与や昇給制度をチェック

こちらもしっかり見ておかないと、転職した後で、やっぱり辞めておけば…。と後悔しますね。

ただしこれに関しては、今いる旅館でも長く務めると、経営状況に影響がなければ上がるケースが多いと思うので、現在の職場での勤務年数と、転職先で勤務年数1年からスタートした場合とでどのくらい変わって来るのかを、しっかりと比較して下さい。

残業代はちゃんと出る?

今の世の中は、働き方改革などが言われているように、働き方について見直されている時期です。

ブラックな環境では、好きな仕事でも嫌気がさすこともあるかも知れないので、これもきちんと確認しましょう。

交通費や福利厚生は?

交通費が支給されるところもあれば、社宅を格安で貸してくれたりと、福利厚生に関してはいろんな種類があります。

これは旅館という仕事柄かも知れませんが、同業者の仕事を観察してスキルアップを図れるように、旅行の宿泊手当(割引券)が出るところもあります。

なので、福利厚生を利用して自分のスキルアップを図りたい方は、こういう求人を探すといいかも知れませんね。

経験者が教える、実際に給料がアップしたのはこんなとき

1年勤めたら給与がアップした

私は、旅館でアルバイトをして1年くらい経った時、給与がアップしました。

給料が上がった理由ははっきりとは聞けませんでしたが、そのタイミングで「社員で働かないか?」と声を掛けられていたので、自分でいうのもなんですが、仕事が出来ていたのかも知れません。

給料以外における良い点と悪い点

良い点その1:頑張りをお客さんに評価してもらえる

給料以外での良い点は、やはりお客さんと触れ合い、お礼を言われたりすることですね。

癒しを求めて来られているお客様が多いので、それに答えられているときはお礼を言われますし、時にはジュースを買える程度ですが、お金をもらうこともあったので、自分の頑張りが見えるのはいいところです。

良い点その2:温泉に無料で入れる

私が働いていた場所は、まかない飯ではなく、まかない風呂がありました。

仕事終わりに温泉に入っていいので、労働の後にさっぱりして帰宅できるのがうれしい点でした。

悪い点

アルバイトだったこともあり自分はあまり感じませんでしたが、社員さんの休みは旅館の運営に左右されていて少なそうに見えましたので、休みがしっかり欲しい自分には悪い点に感じました。

この働き方は、こんな人におすすめ!

正社員

この働き方は、旅館一筋でこれから頑張ると思っている方にオススメです。

給与面では安定していて、長く勤めて精進すれば評価もされて昇給もあるでしょうし、福利厚生もあるので、有効活用すれば生活の助けやスキルアップに繋がります。

契約社員

自分のやりたいことが見つかっていない人や、キャリアに繋げたい人にオススメです。

旅館はお客様と関わることが多いため、一つ一つの仕草も気を使うので、ここで学んだ仕草を他の仕事でも生かすことが出来ますし、勤務条件が自分に合っていると感じたらタイミングが合えば正社員にも上がれるので、正社員で働くことを迷っていて、少しでも社員さんに近い仕事がやりたいと思っている人にはオススメです。

アルバイト

お客様と関わるのは苦手だけど、旅館の裏側を見てみたい学生さんなどにオススメです。

高校生や大学生が多く、布団を敷いたり食器を引いたりなど裏方の仕事が多いので、隙間時間に働きたい人や、裏方でサポートしながらどんな仕事なのか、実際にやってみて感じたい人向けです。

派遣

試したことのない職種でしたら、経験値を上げるために一度行ってみるといいかも知れません。

派遣業界でも自分で勤務場所を選べる会社や、ここに行ってなど指示される会社もあると思うので、自分のできることを増やすためにタイミングがあれば挑戦してみてください。

「旅館の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

今回は旅館の給料事情について解説していきましたが、どうでしたでしょうか?

旅館の給料を上げるためには、自分自身の人間力も上げていかなければならないと思われたのではないでしょうか。

でも、決して難しいことではなく「笑顔で人と接する」「コミュニケーションを取る」の様な、誰でもやろうと思えば今すぐにでもやれることで、もちろん他の仕事でも使う機会があることが多いです。

この記事を見て、旅館で働いてみようかなと思った方がいたらうれしいです。


関連キーワード

温泉旅館求人