「旅館のアルバイトってなんだか難しそう。」

というイメージの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、着物を着られたり、旅館のアルバイトならではの礼儀作法や接客技術が身についたりすることもあります。

今回は、私が実際経験した旅館のアルバイトについて、気になる時給ややりがい、そこで身についた力をお教えします!

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「旅館 バイト」の仕事例をチェック

私はこんなところで旅館のアルバイトをやりました

日本の観光地として1、2を争う京都。

そんな京都の老舗旅館でのアルバイト体験について、詳しくお話します。

旅館のアルバイトの時給は?

仕事内容によって少し異なっていましたが、900円~1,100円の間でした。

その他にも、早朝深夜の勤務だと+1,000円といったように別途手当が付きました。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

旅館のアルバイトでやりがいを感じたこと

私が従事したのは接客業務でしたので、そちらで感じたやりがいについてお話しますね!

一番のやりがいは、お客様との関係性の変化です。

お客様をお出迎えする時には、まだビジネスライクな「スタッフとお客様」といった関係です。

しかしお見送りするころには、まるで「旅行中に出会った友人との別れ」のように名残惜しいものに感じる時がありました。

「色々ありがとう!」「お話楽しかったよ~」「あなたが担当で良かった」「また来ますね」。

それは確かに「仕事の一区切り」でもありますが、他の会社勤務やホテル、飲食店では感じられない「寂しさ・良い旅を」といった気持ちが含まれている感情になりました。

旅館のアルバイトをやっていて良かったこと

旅館だから感じることができた二つの良かったことを紹介します。

お客様との会話

主にツアーや学生の修学旅行といった団体のお客様を担当することが多かったのですが、配膳時にお部屋へ入室した時にお客様との会話がとても楽しかったです。

最近産まれたお孫さんの写真を見せてもらったり、旅行中に起きた面白エピソードを聞いたり、時には身の上相談までしたこともありました。

学生さんだと恋バナが多かったですね。

「この旅行中に好きな人と距離を縮めたいけれど、どうすれば…」と相談されたり、過去の彼氏彼女エピソードなんかも話してくれたり、聞きたいと言われて自分のことをついつい話してしまったりもしました(もちろん、配膳や片付け業務をしながらですよ)。

どのお話も同じエピソードはなくて、笑い合いながらの会話はとても楽しかったですね。

私の考えとは違った意見を聞けたことも、とても今後の人生の勉強になりました!

スパルタ指導

まず私が働いていた旅館は、規模で言うと部屋数は多く”老舗”と言われる旅館でした。

女将さんとは別に仲居さんが4人いたのですが、その内3人はとにかくスパルタ指導の方々でした。

出勤の度に女将さんから「じゃあ、今日は○○さん(仲居さん)と一緒にお願いします」といったようにペアで接客をするパートナーが決められるので、出勤の度にドキドキしていました。

何にせよ4分の3が嬉しくなかったのですから。

勤務して10日間くらいは「辞めてやる~お金の為だけに頑張ろう」と思って頑張っていましたが、だんだん仕事を覚えてきて様々なことに対応できるようになってきた頃、仲居さんの1人(3人の中で一番厳しかった方)から「あなた今の段取りと対応はとても良かったわよ」と初めて褒めてもらえたのです!

とても嬉しかったです。

今までの努力が認められた瞬間でしたね。

そして今振り返ってみると、まだ10代後半~20代前半だった私は確かに一般常識やマナーに少し欠けていたな、と思います。

親や友達はずっと一緒に過ごしてきているので、特に注意したりされたりといったことはなかなかありません。

そこを第三者から見てビシバシ強制してもらえて良かったです。

今でも職場や職場以外の交流の場で「よく気がきくね」とか「さすがだね」と言われるのは、この経験があったからこそだと思います。

旅館のアルバイトで身についたこんなスキル

将来に役立つスキルが身につきます。いくつか紹介します。

着物を素早く着付けられる

私が勤めた旅館では、団体様の担当者は作務衣、個人様では着物でした。

最初の頃は着付けてもらっていましたが、回を重ねる毎に1人で着付けできるようになりました。

また他人の着付けもサポートしますので、着物教室等通わずとも日本人として着付けができるようになることは嬉しいですね。

正しい配膳を知ることができる

皆さん日本料理の懐石料理や会席料理の正しい配置や、先付・前菜…といった料理名を知っていますか?

お料理の順番は先出(お通し)→前菜→吸物→向付(お刺身)→焼物→黄合(煮物)→焼物→箸休→小鍋→油物(揚物)→酢物→御飯→止椀→水菓子(果物)

大体上記10~13のお料理が出ます。

順番だけでなくこれらの配置にも、きちんとしたしきたりのルールがあります。

私は最初「こんなに覚えるの絶対無理」と思いましたが、1週間もすれば自然と覚えてられていました!

これから先、冠婚葬祭や接待、記念日などで食事されることもあると思います。

そんな時に備えて知っていれば、必ず役立ちます。

周りの方からも一目置かれるのではないでしょうか。

コミュニケーション能力が高まる

1日何十人ものお世話をしていると「この方は冗談交じりの会話で、この方はくずさない話し方で、この方はお話しされるのが好きだから聞き手に徹底しよう」等、1回~2回の会話のやり取りをする(又は他の方と話している感じを聞く)だけでタイプが大体分かるようになってきます。

つまり、人の感情に気を配る能力が身につき、コミュニケーション能力が向上します!

意識しなくても自然と「感情に気を配る」ことができるようになっていれば、あなたはもうコミュニケーション能力が高い人になっているのです。

生活IQが高まる

部屋の清掃や布団の用意をしていく中で、どうすればシーツを素早く交換できるのか、どの順番で掃除機をかけるのが一番効率が良いかを常に考えて行動することになります。

お客様の帰宅時間に間に合うよう、素早く丁寧に遂行しなければなりませんでした。

今も普段の生活でこの頃のスキルは大いに役立っています。

休日等に遊びに来ていてたまたまその場面を見た友人にも、「そんな替え方あるんだ!」「なるほど、そうやってやるのね」と驚かれています。

旅館のアルバイトをやっている中で嬉しかった瞬間

小さな出来事だけれど、嬉しかった瞬間もありました。

名前で呼んでもらえるようになった瞬間

「スタッフさん」「お姉さん・お兄さん」「仲居さん」ではなく名前で呼んでもらえるようになった時、距離感が縮まったんだなぁと嬉しくなります。

おやつが沢山!

主にお客様から、おまんじゅうやチョコレートなど一口で食べ切れるおやつを頂くことが多かったです。

更衣室には「頂いたおかし袋」を用意して休憩時に皆で食べたり、持ち帰って家で食べたりして癒されていました。

姿勢が良くなる

やはり作務衣や着物を着ていると、自然と背筋を伸ばすことを意識するのだと思います。

休日に街を歩いていて、ふと硝子に映った自分を見て「あれ?以前より姿勢が綺麗になってる」と感じました。

軽くジムに行っているのと同じ運動量

着物を着た接客で華やかそうなイメージの旅館ですが、意外と重労働が多いです。

むしろ何度制服が着物であることに苛立ちを覚えたか…。

配膳はお皿の数も多いので、何度も調理場と客室を行き来します。

加えて配膳時間もお料理が冷めない内に素早く行うため、お客様の前では走らず急ぎ足ですが、見えなくなった瞬間に猛ダッシュ!

小学生のころ、体育の時間にあったシャトルランをしている気分でした。

また、お布団もそこそこの枚数や重さがあり、エレベーターなんて従業員は基本使用禁止のため階段利用でした。

着物はあまり汗を吸わず速乾もしないため、「私、臭ってないかな?」と不安でした。

旅館のアルバイトはこんな人におすすめです!

着物を着てはんなりした雰囲気で華やかそうに見える旅館勤務。

しかし、思ったよりも厳しい仕事です。

生活リズムが不規則になっても対応できる方

主な勤務時間は①5:30~11:30 ②17:00~23:00 といったように、早朝出勤や深夜帰宅が当たり前のシフトです。

昼間はお客様も出かけているため、朝のお見送りから夕方の帰宅時が繁忙時間となります。

①の勤務はキッチンのサポートからお部屋のセッティング、明るく元気にお客様のお出迎えです。

②の勤務はお見送り後のお部屋の片づけ、シーツ等の洗濯物を全部屋から集めて業者へ引き渡し、お料理の片づけ、翌日の準備です。

私は一人暮らしの学生だったので①②の時間帯のシフトでも問題はありませんでしたが、ご家庭のある方の場合はどんな私生活を過ごされているのか不思議でした。

足腰の強い方

お客様のお部屋へは配膳時、布団敷きの時に何度も行き来することになりますが、入退室時も基本は膝を付けて接客します。

旅館は座敷のお部屋が多いと思われます。

一日に何十回も膝の曲げ折りを繰り返しますので、ジムで軽くスクワットするより余程鍛えられるのではないでしょうか。

声の大きさが時に大切

これは団体様を担当する時だけかもしれませんが、修学旅行生や宴会中のお客様に対して就寝時間だったり盛り上がりすぎて他のお客様のご迷惑になる際に注意を促す時、ある程度の声を出さなければ聞いてもらえません。

幹事やリーダーの方だけにお伝えしても盛り上がっているためか、なかなか改善はされません。

常に大きな声は必要ではありませんが、時には必要な場面があります。

多少の演技力?

嘘をつくことは良くないですが、京都の旅館へ来るお客様の中には「~してはるんですか?」や「おおきに~」といった方言や関西ならではのイントネーションに感激して下さる方は多かったです。

私自身、京都出身ではないものの京都に住んで数年になりますので「私は京都人」となりきって少しでもお客様に楽しい旅館でのひと時を過ごしていただきたいと思って演じていました。

もちろん、絶対ではありません。

周りには他県出身と自己紹介している方もいました。

英語力

働く旅館の受入体制にもよりますが、私の勤めた旅館では海外のお客様の受け入れも行っていました。

英語表記の案内や説明パンフレット、話せるスタッフもいますので特に自分が英語を話せないことで困ったりはしませんでしたが、話せるスタッフと海外からのお客様が楽しそうに話している様子を見ていると「楽しそうだなー、私も会話できたらなぁ」と思うことがありました。

旅館のアルバイトの仕事内容ってどんな内容?

詳しい業務内容についてお話します。

お客様のお出迎えやお見送り、配膳、布団敷、キッチンや清掃業務といった内容が主になります。

お客様のお出迎えとお見送り

大体9時~11時の間に、お客様を乗せたタクシーやバスが到着します。

明るい笑顔でお客様をお出迎えし、受付~お部屋までご案内します。

そしてお部屋へ到着した後、食事や入浴時間・諸注意についての説明を済ませて終了です。

食事の配膳

朝食は9時~10時、夜食は18時~19時の間にお客様の様子をみて配膳します。

前述にもある通り、配膳の順番やお料理の説明も交えながら行います。

室内清掃、布団敷

チェックアウトを済ませたお部屋のはき掃除・拭き掃除・ゴミ回収を行います。

忘れ物がないか、部品の破損がないかも確認します。

キッチン

早朝5時ごろから調理し始め、何十人もの朝食を準備します。

ホテルのようにバイキング形式とはいかないため、一つずつ盛り付けを行います。

繁忙期シーズンでは、盛り付けを接客のアルバイトもお手伝いをする時がありました。

食事後の後片付けもキッチンは戦争のようです。

次から次へと届く食器を手早く片付けていかないと、あっという間に溢れかえってしまいます。

お客様の前ではどんなに忙しくても走ったり対応を疎かにしたりはしませんが、ひとたび裏へ入るともう戦争でした。

そのギャップが楽しくもありましたし、自分がお客になった時には時間があれば布団シーツを外しておこうかな、とか食器は同じ種類のものをまとめておこうかな、といったように、”私はお金を払っているお客”と構えるのではなく心尽くしてくれるスタッフさんへの配慮を考えるようになりました。

これも、働いたからこそ感じることができた変化の一つですね。

まとめ

その旅館内でのルールや雰囲気にもよるとは思いますが、人生で一度は経験して損はないアルバイトだと思います。

初対面の方との距離の縮め方や業務効率のために、先を読んで行動する力が必ず身につきます。

もちろん楽しいこと・良いことばかりではありませんでしたが、スタッフ内で助け合い励まし合うことで「もっと頑張ろう、また頑張ろう」という切り替えができました。

お客様からの置き手紙や感謝の御言葉は今でも思い出す瞬間があり、私の宝物です。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)




温泉旅館求人についてもっと深堀りした情報を見る

温泉バイト求人でよくある募集内容や仕事内容、気になる疑問について答えます

日本人なら誰もが一度は行ったことがある温泉ですが、温泉のバイトがあることはご存知ですか?温泉のバイトというと住み込みのバイトか短期のバイトのイメージがあるかもしれません。もしくは、旅館や温泉施設の清掃などのバイトをイメージする人がいるかもしれません。温泉のバイトというと実際のところどんなものがあるのでしょうか?温泉を利用することはあっても温泉のバイトについては意外と知らない人が多いかもしれません。今回は温泉のバイトにスポットを当てて温泉バイトでよくある募集内容や仕事内容などについて紹介していきます。温泉バイトのおおまかな仕事内容温泉バイトの仕事は大きく分けて3つが主な業務です。フロント業務、清

仲居を辞めたいと思う6個の理由とその乗り越え方とは?

仲居という仕事は、古くから存在する伝統的な職業です。日本のおもてなし文化の象徴になりつつある旅館で、お客様に一番近い存在として、御食事の提供やお見送り・お出迎えを行います。しかし、その反面、過去に同じ現場で働いてきた人からは、「仲居の仕事が辛い」という言葉も多く聞いてきました。今回は、仲居という仕事にフォーカスを絞って、私が仲居の仕事を辞めたいと思った瞬間をまとめました。そして、「辞めたい」と思った時に、どうやって乗り越えてきたのかをまとめていきます。業務内容に関する記事は多くありますが、実際の体験談に基づく記事は少ないと思います。よりリアルな経験から悩んでいる方の参考になれば、とても嬉しいで

仲居アルバイトをやってて良かった2つのことや、ここで身に付く力とは?

「仲居の仕事って具体的にどんな感じなの?」一般的な仲居の仕事や、イメージを伝える記事は、世の中に無数あります。しかし、実際の体験談が聞けないと、不安を感じる方も居ると思います。今回は、仲居の仕事概要の説明を踏まえながら、私の実際の体験談もまとめていきます。「実際に聞いていた情報とやってみた時のギャップは?」よりリアルな部分を盛り込んだ視点で、仲居アルバイトの仕事をお伝えさせて頂きます。私はこんなところで仲居のアルバイトをやりました四国の中でも有数の大きさを誇る旅館で4ヶ月ほど働いていました。部屋数も300以上ある、とても大きな旅館でした。日本全国を含めても、ここまで大きな人数を収容出来る旅館は

旅館住み込みバイト求人の特徴とは?住み込みだからこそのメリットなどもご紹介します

素敵な観光地に行くと「こんなところに住めたらいいな」と思ったことはありませんか?景色も良く空気も綺麗な憧れの観光地で住み込みで働くという選択肢はとても素敵ですが、実際どういった生活でどのような仕事スタイルなのかイメージしにくいですよね。何度も行った憧れの地や懐かしのあの場所で働くということはどのような感じなのか、気になる旅館住み込みバイトについてご紹介します!旅館住み込みバイトはどのような仕事?旅館住み込みバイトはその名の通り、住み込みで旅館のお仕事をします。最近は何処でもある程度の利便性があるので住み込みの仕事は少ないですが、リゾート地のような場所にある旅館は通勤が難しい場所も多く、朝が早く

仲居の仕事に向いてる人の特徴は?英語は必要?仕事内容や活かせる経験について教えます!

会社や同窓会の宴会を取り仕切る「仲居」の仕事。誰もが見聞きする職業ではありますが、実際に働く側に立つと、また多くのことが見えてきます。今回は男の仲居として働いていた私が、仲居の仕事内容と実際に業務経験の中で感じたこと、向いている人・向いていない人の特徴などを、カテゴリを分けてお話ししていきます。この職業は女性が強い職業でもありますので、男性から見た目線として活用して頂けると幸いです。仲居の仕事にはどんなものがあるの?基本的には、旅館やホテルの規模に業務の種類は依存します。大規模な旅館・ホテルになれば、仕事は分業化される為に、業務のバリエーションは少なくなる傾向にあります。逆に小規模な旅館・ホテ

旅館の給料はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

旅館と聞くと、どのような想像をされますか。「老舗旅館」「有名旅館」「隠れ家的な旅館」など、一口に旅館と言っても様々なジャンルの旅館があると思います。これから旅館の従業員になる方や、転職して旅館の従業員になろうかなと思っている方のために、旅館の従業員の給料など気になっても訊きにくいことについて紹介します。旅館の仕事の給料相場はどのくらい?正社員で入社した場合の旅館の給料相場旅館の経営状況などで左右されるため一概には言えないのですが、新卒ですと平均的なサラリーマンと変わらず年収250万円〜450万円くらいです。通常であれば勤続年数や働き方に応じて上がっていくようですが、旅館はIT企業のように個人の

旅館住み込み求人でよくある募集内容をご紹介!温泉も入れる?福利厚生も確認しよう!

観光地や温泉街によくある旅館。そこで働く人たちは若い方から高齢の方まで、幅広く活躍しているように感じた方も多いのではないでしょうか。その中でも旅館での住み込み求人にはどのような募集内容があるのか、また気になる疑問についても解説していきましょう。旅館住み込み求人にはどのような仕事があるの?旅館で働く人の中には住み込みで働く人もいれば近所の自宅から働きに来る人もいます。旅館の場合、住み込みでの求人が出ていても、必ずしも住み込みで働かなければならないということはありません。住み込みの求人には「住み込みOK」というキーワードが多いのは確かです。ですので今回は「住み込みOK」というキーワードで、そこでは

旅館正社員求人でよくある募集内容や募集職種をご紹介!求人探しの前にご覧下さい!

旅館正社員でよくある求人の募集内容や、職種、おすすめ求人、そして気になる疑問について今からお話させていただきます。転職・就職活動中の方で旅館で正社員で働きたいと思っている方の後押しとなれればと思います!これから話す旅館の求人の解説の中であなたの参考となる内容が見つかるかもしれませんので、是非、最後まで読んでいただければ幸いです。旅館正社員のおおまかな仕事内容とは?旅館での正社員のおおまかな仕事内容を大きく三つに分けて解説したいと思います。フロントチェックインからチェックアウトまでまず旅館の顔となるフロントスタッフ。おおまかな仕事内容としてはお客様のお迎えやお見送り、予約管理が大事な仕事となりま

旅館フロント求人の募集内容をご紹介!英語は必須?あなたの気になる疑問にもお答えします

今回は、旅館フロント求人の仕事内容、募集内容、求人のおすすめポイント、そして旅館フロントでよくある疑問をまとめました。「旅館フロントって一体どのような仕事をするの?」「働いてみたいな~」と思っている方に役立つ情報をお伝えします。旅館フロントに興味のある方は、是非最後までご覧ください。旅館フロントの仕事内容とは?フロントの仕事内容としては、フロントにてお客様のチェックイン及びチェックアウトの手続き、そして電話の対応、お客様へのおもてなし、パソコン入力、その他運営に関わる雑務を行います。フロントで働く人たちがお客様の管理もするので、電話での問い合わせ時に予約を承り、ネット予約の管理もパソコンで行い

旅館で働きたいならどうしたら良い?知っておくべきことと旅館の仕事の探し方

「旅館で働きたい」「温泉のあるところで働くのが夢!」という人に、具体的な働き方をご紹介します。 素敵な景色に立派な建物だったり、家族との思い出の場所だったりする「旅館」。 最近は外国人観光客も増え大人気な旅館業界ですが、おもてなし精神あふれる旅館での業務の詳細はなかなか知る機会がないですよね? ここでは働く前に知っておくべき情報や、旅館で働くにはどうすれば良いのかなど、上手な仕事の探し方までしっかり解説していきます。旅館の仕事ってどのような仕事?旅館と言えば笑顔で対応してくれるフロントや仲居さんのイメージが強いですが、その他にも数多くの仕事があり、多くの人で支えられているお仕事です。表に

旅館の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や働くメリット、キャリアについて解説します

「旅館で働くにはどうすればいいの?」「旅館に就職するのって大変なの?」「お客様のお出迎えや配膳以外の仕事もあるの?」など、気になりますよね。旅行先で旅館に泊まったことはあっても、旅館にどのような仕事があるか知らないことも多いのではないでしょうか?今回は旅館の仕事内容や働くメリット、どのような人が旅館の仕事に向いているのかなどをご紹介します。旅館の仕事はどのような仕事?旅館の仕事は、意外にも体力の要るお仕事です。また、体力以上に重要なことが、笑顔と気配りができることです。旅館の大まかな仕事内容大体どの旅館でも、お客様の出迎え → お部屋までのご案内 → お食事の配膳 → 布団敷き → お見送り、

旅館の仕事内容21個の業務。経験者が教えます!

旅館は頻繁に行く場所ではないですが、思い出の場所になることもある非日常の空間です。そんな旅館の仕事は、知らないことが意外と多いものです。今回はその旅館の仕事内容についてご紹介していきます。旅館の仕事は大きく5個の役割に分けられる接客係(仲居さん)旅館と聞いて一番に思い浮かべることは、女将さんと仲居さんが入り口でずらっと並んで「いらっしゃいませ」というシーンではないでしょうか。旅館の仕事で一番お客様と関わる機会が多いのが接客係です。俗に仲居さんと呼ばれるお仕事ですね。ただニコニコと接客をするだけでなく、お客様の見えないところでも動き回らなくてはならない部署でもあります。また、基本的にはお着物でお

仲居求人でよくある募集内容をご紹介!おすすめ求人のポイントは?求人探しのコツ教えます

仲居求人にぜひ応募したいという方は必見です。着物を着て、慎ましい所作を行い、お客様の大切な思い出の時間を共有させて頂く。仲居という職業は、女性の一度は体験してみたい、憧れの職業の一つではないでしょうか。そんな仲居の正社員という職業に就きたい人に向けて、不安の解消のために必要な心づもりをぜひこの記事を参考にしていただければと思います。それでは旅館の仲居求人について解説をはじめます。仲居のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容お客様を玄関までお出迎えをして、ウエルカムドリンクを提供。伝染病や食中毒などが発生した際の追跡や、賭博などの違法行為や風紀を乱す行為の防止のため、宿帳にお客様の氏名・住所・職業