介護業界は人手不足で知られており、いつでもたくさんの求人がでています。

しかしながら、あまりにたくさん求人がありすぎて、どこでどのように働けばいいか分からない方も多いのではないでしょうか?

そのような方には、介護派遣という働き方をぜひお勧めしたいと思います。

知識のあるコーディネーターが間に入ってくれて紹介してくれる派遣求人は、一般の職種でも人気ですが、介護業界でも多く採用されています。

その介護派遣求人について、ご説明させていただきます。

介護派遣求人にはどんな種類があるの?

では派遣されている介護職にはどのような職種があるのでしょうか?自分にあった仕事があるのか、気になりますよね。

介護派遣の募集でよくある職種

一般的な求人に出ている介護関係の職種はほぼ派遣でも見つかります。

一つずつ見ていきましょう。

介護職・ヘルパー

一番多い求人はこれです。

無資格からOKの派遣の仕事も少なくありません。

しかしながら、普通の求人媒体で一番多い訪問介護の仕事はやや少なめになっています。

訪問介護では「登録ヘルパー」という一種独特な働き方があり、それ自体が事業所から派遣されるような仕事の仕方になりますので、あえて介護派遣会社に依頼をしての求人というのが少なくなるのかもしれません。

この職種で多いのはデイサービスや施設の介護職です。

今、施設によっては自社での直接雇用よりも派遣の介護職のほうが主流なところもあるほどです。

どうしても人員配置が決まっており、欠員が許されないデイや施設ですが、なかなか求人を出しても人がきてくれないという現実がありますので、派遣で人の補充となっているようです。

ケアマネージャー・相談員

ケアマネージャーの仕事の派遣での求人は、仕事の特色的に居宅よりも施設のほうが多いです。

施設はケアマネージャー不在ですと介護報酬が減算になったりしますので、派遣にお願いしても人を確保したいというところがあるからです。

相談員は、デイサービスや施設の生活相談員のほか、病院でのソーシャルワーカーの募集も見られます。

同じ相談職でも、ケアマネージャーは介護支援専門員の資格が、生活相談員は社会福祉士、社会福祉主事任用、介護福祉士等の資格が、ソーシャルワーカーは社会福祉士の資格が必要です。

看護助手

病院で看護師の補助の仕事をする看護助手の仕事も派遣で多く募集されています。

ヘルパー2級以上を必要とするところもありますが、無資格で働けるところも多くありますので、比較的未経験でも挑戦しやすい仕事です。

病院は、扱う科によって年齢層や患者の雰囲気が全然違いますので、自分の希望がこういうところで働きたいというイメージがあれば、派遣会社を通すほうが希望が通りやすいです。

看護師

デイサービスや施設への派遣求人が主流です。

介護施設での看護師不足も深刻な問題となっていますが、派遣では割りよく働くことができますので、直接雇用よりも派遣のほうが多い施設も見られます。

介護福祉士

各職種のなかでもやはり一番需要があるのがこの介護福祉士。

無資格OKの求人が増えたとはいえやはり介護福祉士を持っていると時給も底上げされますし、選べる職種も増えます。

また、派遣先となる職場でも、介護福祉士が多く働いていると加算が取れるようになったりします。

そうなると純粋に介護報酬が増えますので、給与を多く出してでもほしい人材なわけです。

介護福祉士があるとできる職種の幅も広がりますので、やはり持ってると介護業界ではかなり強い資格です。

理学療法士などのリハビリ職

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などのセラピスト職のほか、柔道整復師や看護師は施設やデイでの機能訓練員として働くことができますので、そういった資格での募集もあります。

セラピストの仕事場としてはデイケアや老人保健施設、病院のほか、最近では訪問看護ステーションというのも増えています。

登録ヘルパーのように一件いくらというような求人もありますので、時間の融通が利きます。

最近の介護業界ではリハビリの需要が多いですので、この手の資格も需要が多くあります。

介護派遣求人でよくある募集内容とは?

では、派遣の場合の募集内容はどのようなものがあるのでしょうか?

のちのち正式雇用が前提となる「紹介予定派遣」の場合は、比較的一般的な求人と変わりありませんので、いわゆる普通の派遣の場合を解説いたします。

給与相場

月給、日給制のところもありますが、時給制のところが多い傾向にあります。

相場としては、普通の求人に比べると高い場合がほとんどです。

賞与がないことがほとんどですが、それでも年収に換算するとほぼ変わらなかったり、むしろ効率よく派遣で働くほうが年収が高くなる場合もあるほどです。

勤務時間や休日、残業

一般的な職員と変わらないことがほとんどですが、職員の穴を埋める目的での派遣の場合、この時間帯だけ、という募集内容も見られます。

休日に関しても同様に、派遣だから少ないということはありません。

むしろ、間にコーディネーターが入って希望を伝えてくれる分、こちらの要望が通りやすい向きがあります。

残業は、派遣の多くはタイムカード等での管理ではありませんので、数分単位でつく、というのはあまりありませんが、サービス残業というのも直接雇用に比べて少ないですし、そういった場合は派遣会社に相談をすることができますので、労働環境はむしろ派遣で働くほうがよい場合も少なくありません。

福利厚生

派遣で働く場合、あくまで雇用契約は派遣会社と結ぶことになりますので、派遣会社の福利厚生を利用することとなります。

資格取得の補助や健康診断など、各派遣会社によって福利厚生は様々ですが、派遣先の施設よりも手厚いことが多い印象です。

勤務場所

デイサービスや施設のほか、病院や訪問看護、訪問介護と、職種に応じてばらつきはありますが、ほとんどのところで派遣を採用しています。

居宅のケアマネージャーや、いわゆる管理者などの個人の名前を登録するような職種での募集は少ない傾向にあります。

一番多いのはやはりデイサービスや施設系です。

数も多いですし、普通の求人を出してもなかなか応募が来ないのです。

しかしながら、どちらも人員配置が決まっていますから、職員がいないけど営業するというわけにはいきません。

どのような雇用形態であれ職員の数は必要ですから、派遣会社にお願いしての募集も多くなるようです。

求められる人物像

派遣が直接雇用と違うのは、やはり期間が決められていることでしょう。

双方の事情があえば長期間働くことも可能ですが、期間どおりに契約が終わり、次の職場へ派遣されることもあります。

その場合、やはり大切なのは挨拶や笑顔での会話ができること。

実際に働いてみて、直接雇用、派遣という壁はほとんどありません。

ですので、わからないことはきちんと聞く、一生懸命働くなどの常識的なことができれば、「派遣だからこうあらねばならない」というのは特に気負わなくても大丈夫です。

求められるスキル

派遣である以上、即戦力となって、経験を生かして働かなくてはならない。

そう思われているかもしれないですが、実際のところそうでもありません。

もちろん経験があり、しかるべきスキルを持っていればそれに越したことはないですが、介護派遣の場合は、即戦力となる経験者がほしいというよりも、人手不足のために派遣を利用したい、という派遣先のほうが多かったりします。

前述しましたが、わからないことを素直に聞いてしっかりと仕事をすることが一番大切です。

介護施設求人の雇用形態による違い

介護施設では、正職員、パート、そして派遣など、いろいろな雇用形態の人が働いています。

施設によって比率は様々で、ひとつの施設にいくつかの派遣会社から人がきて働いていることも少なくありません。

一般的な企業に比べて、直接雇用と派遣の違いは少なく、特に雇用形態が違うからどうこうということはほとんどありません。

施設では委員会等担当しなければならないことがありますが、雇用形態関係なく派遣職員も役目を振り分けられたりすることもあります。

自分にあった介護求人の選び方や注意点

介護の求人は本当に数が多いので、逆にどう選べばいいのか迷ってしまうとおもいます。

一つずつポイントを整理して、自分にあった仕事を選びましょう。

【選び方①】雇用形態から探す

介護求人は、大きく「正職員」「パート」「派遣」に分かれます。

(訪問介護の場合はこれに「登録ヘルパー」が加わります)

長期間、それこそ定年まで同じところで働きたいのであればやはり正職員をおすすめします。

大きな法人であれば、正職員は異動がつきものですので、いろいろな職種を経験したい方も正職員がいいでしょう。

時間に融通を利かせたかったり、残業をしたくなかったらパートです。

パートからの正職員登用も意外とスムーズな業界なので、いつかしっかり働きたい人もとりあえずパートを選んでもそう焦ることはありません。

いろいろな施設を見たい、効率よく稼ぎたい人には派遣がいいでしょう。

【選び方②】職種から探す

楽しく働きたいならデイサービス、一対一のしっかりした介護がしたければ訪問介護、稼ぎたかったり認知症の人の相手がしたい方は施設系がおすすめです。

夜勤ができない場合は前者二つが働きやすいと思います。

【選び方③】会社の業態から考える

前述しましたが、多くの施設を抱えている法人にするのか、一つの事業所しかないところで働くのかも決めておいたほうがいいでしょう。

前者であれば、結構な頻度で異動するところもあります。

この職種一本で、と決めているものがあれば、単独のほうがしっかり長く働けます。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

給与面を重要視するときは、職場の処遇改善加算を必ず確認しましょう。

その分は必ず職員に還元される加算ですので、加算が高い方が上乗せが大きくなります。

また、意外と幅があるのが夜勤手当。

これは法的に決まっている額がありませんので、2000円程度から6000円程度まで様々です。

夜勤をしようと思っている人は、この部分も必ず確認してください。

雇用条件も重要です。

時には、「40歳以上は正職員になれない」というような年齢制限があるところもあります。

今はパートでいいけど、いつかバリバリ働きたいという方はその辺りもきちんと聞いておきましょう。

注意点

働いてみて、ここは合わないなと思うことはどこの職場でもあると思います。

どうしても我慢できない部分があるのであれば、早い段階で方向転換をすることも視野に入れてみてください。

介護業界は転職が珍しくなく、マイナスになることはありません。

しかしながら、長く働いて即戦力となってから退職するのはやはり施設側にとって痛手です。

試用期間があるのなら、合わないとわかった段階で勇気を出して次を探すほうがお互いのためだと思います。

介護派遣求人についてよくある疑問にお答えします

では実際介護派遣で働くにはどうしたらいいのでしょうか?

応募方法は?

各派遣会社に応募します。

最近ではウェブ応募が主流で、サイトのフォーマットに入力して送信すると、先方から連絡が来て、面談、という流れになります。

面接でよく聞かれることは?面接合格の秘訣!

勤務時間や希望の職種、勤務場所はどこまでいけるかなどを聞かれます。

ここでとにかく遠慮せずに自分の希望をきちんと伝えることが大切です。

直接雇用の面接ではないので、希望の職場を探してもらえるのが派遣のいいところ。

逆に無理した条件を伝えてしまうと後々お互いに困ることとなります。

面接合格の秘訣は、条件よりもとにかく一般常識や笑顔など、「この人を紹介しても大丈夫だな」と思わせることだと思います。

未経験でも応募できる?

大丈夫です。

未経験可能の派遣求人はたくさんありますし、そういったところをちゃんと紹介してもらえます。

雇用形態によって給与体系はどう違う?

紹介予定派遣では月給制、一般的やパートであれば時給制が主流となっています。

賞与があるのかないのか、手当はどうなのかについては派遣先によって違いますし、その部分で収入が大きく変わることもありますので、遠慮せずにコーディネーターに確認しましょう。

残業って多いの?

これも派遣先によって違います。

ただ、派遣会社を通した仕事についてはサービス残業はほぼなく、きちんとその分補償されることがほとんどですし、残業をしたくなければそういった職場を紹介してくれます。

稼ぎたければ残業のあるところ、そうでなければその旨を最初に伝えましょう。

どちらかといえば、24時間職員がいる施設の方が、仕事を終わらせないと帰れないデイサービスよりも残業は少ない印象です。

資格って必要なの?

これも施設によりけりですが、訪問介護以外の一般介護職は基本的に無資格でも可能ですので、そういった求人も数あります。

しかしながら派遣の場合は資格があるほうがアピールしやすいので、あるに越したことはないでしょう。

介護福祉士があればかなり有利です。

まとめ

介護の業界は人手不足なので、求人はたくさんあります。

しかしながらあまり介護業界の知識がないと、働いてみたくてもどういった職種や雇用形態がいいかよくわからないもの。

そういった方には、知識のあるコーディネーターがいろいろとアドバイスをしてくれる派遣の働き方をおすすめします。

失敗のない職場選びがきるようになるでしょう。

人手不足ではありますが、本当に働き甲斐のある仕事ですので、ぜひ介護業界で働いてほしいと思います。

【介護派遣会社を探す時は、こちらの記事も参考にしてみて下さい】

介護派遣会社の上手な探し方と注意点!この3個の介護派遣会社は間違いない!


関連キーワード

派遣求人 介護求人