「OA事務」とよく聞くけど、どんな事務職なのか詳しいことを知っていますか?

事務の仕事をしようと思って求人サイトや求人雑誌をみていると、「OA事務」と書かれている求人が数多くあります。

しかし、「一般事務」と「OA事務」の違いってよく分からないという方も多いはず。

今回は、「OA事務」とは、どのような仕事なのか?

また「OA事務」が向いている人はどのような人なのか?など、OA事務の仕事について詳しくご説明いたします。

OA事務は、将来性がある仕事です。

事務職へ転職したいと考えている方は、ぜひご覧ください。

「OA事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まずは「OA事務」の仕事例をチェック

OA事務はどんな仕事?

OA事務の「OA」は「Office Automation」という意味です。

「一般事務」と「OA事務」の違いは「パソコンをどれぐらい使うかどうか」です。

OA事務は、一般事務の仕事よりも、パソコンを使って資料作成やデータ入力を行うことが多い仕事です。

OA事務の大まかな仕事内容

OA事務の仕事内容は、Word、Excel、PowerPointといったオフィスソフトを使って、クライアントに向けた資料作成(議事録、マニュアル、プレゼン資料など)や、データ入力・管理などを行います。

仕事上の役割とは?

OA事務の役割は、上司や先輩のアシスタントとして仕事をすることが多いです。

上司の外出が多く事務作業をする時間がとれない代わりに、OA事務の人が資料を作成したりクライアントの対応をすることもあります。

また、OA事務作業メインのチームを作りデータを入力していくなど、会社によっても役割は様々です!

同じ会社でも配属先によってOA事務の役割は違うので、転職活動時はどのように仕事していくのかをチェックをしておくと良いでしょう。

OA事務が向いている人特徴4つ

では、どういう特徴の人がOA事務に向いているのかを四つ紹介します。

「全ての特徴に当てはまる!」という方はOA事務として活躍できる素質があるので、ジョブチェンジを前向きに考えてみてください。

OA事務が向いている人の特徴1:パソコンスキルがある

OA事務で必要されているパソコンスキルは、タイピングができる、Word・Excel・PowerPointが使えるという基礎的なスキルです。

OA事務の業務していく内に「もっと効率よくデータを入力していく方法はあるかな?」と考えるようになり、自らExcelの関数やマクロについて詳しく調べたり、上司や先輩からアドバイスをもらったりすることで、パソコンスキルがどんどん身につくようになってきます。

OA事務が向いている人の特徴2:コミュニケーション能力が高い人

OA事務は上司や先輩のアシスタントとして業務を行うことが多いので、コミュニケーション能力が高いほど仕事がしやすく尚且つ、会社の人たちから信頼されやすくなります。

後ほど詳しいことをお話しますが、OA事務として成長していくとWEBディレクターやエンジニアといった案件には必要不可欠な職種にも就けることもあるでしょう。

また、コミュニケーション能力が高いと、昇給にも繋がる可能性もあります。

OA事務が向いている人の特徴3:臨機応変に対応ができる人

OA事務の仕事は臨機応変に対応ができることも大事です。

クライアントの要望で資料の修正が入ったり、入力項目を増やしてデータを入れてほしいと言われたりします。

またOA事務の仕事は、急きょ依頼内容が変わることが度々発生します。

そのようなときにも臨機応変に対応ができる人は、OA事務の仕事に向いていると言えます。

最初の内は混乱してしまい何から手を付けたら良いのか分からなくなってしまいますが、コミュニケーションスキルも活かして、周りの人たちにアドバイスを求めたりフォローしてもらえるようにしましょう。

OA事務が向いている人の特徴4:基本的なビジネススキルが身についている

OA事務だからというわけでなく、基本的なビジネススキルが身についているのは社会人の常識にです。

ビジネススキルに自信がないという人は、本やサイトなどで知識をつけておくと良いでしょう。

また、転職活動中に時間がある方は、秘書検定の資格習得を目指すのもおすすめです。

秘書検定は「秘書」のための資格だと思われがちですが、秘書検定3級は基本的なビジネススキルが試験範囲になっているので、習得することで「社会人としてのビジネススキルがある」という証拠にもなります。

「OA事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

OA事務が向いている人の力を活かせる会社とは?

上記でご紹介した「OA事務が向いている人の特徴」に当てはまるという人にオススメの会社をご案内します。

自分の特徴を活かしながら働けるのは、とても素晴らしいことです。

OA事務の仕事を探している方は、自分の特徴を発揮できる会社を探してみましょう。

OA事務が向いている人の力を活かせる会社1:業界問わず上場企業

OA事務は、どの企業にも必要な仕事ですが、業界問わず上場している企業ではOA事務の仕事が沢山あります。

誰もが知っている大手の企業でも、OA事務の求人を出していることも。

上場企業のOA事務の場合、データ入力や資料作成は決められたテンプレートに打ち込むことが多いので、未経験の方でまだパソコンスキルに自信がないという人にも挑戦しやすいと思います。

パソコンスキルに自信がある人は、テンプレートをどんどん改善していって更に効率よく業務をできるようにしていくと、高評価に繋がります。

また、OA事務の業務をまとめてチームで行っている上場企業もあるので、コミュニケーション能力が高い人はチームの人たちと楽しく仕事ができます。

OA事務が向いている人の力を活かせる会社2:IT・WEB関連会社のベンチャー企業

IT・WEB関連会社のベンチャー企業のOA事務は、まだ手探り状態ということがあります。

未経験者の方よりそれなりにOA事務の経験をしたことがある人におすすめです。

パソコンスキルが高く臨機応変に動ける人ならばどんな資料が必要なのか考えることができ、自分で資料作成やデータ入力で必要になるテンプレートを一から作成することができるでしょう。

自ら仕事を見つけることができていくと、仕事も楽しくなっていきます。

OA事務が向いている人の力を活かせる会社3:会計や法律事務所などの専門機関

会計事務所や法律事務所といった専門機関にも、OA事務は必要不可欠な仕事です。

データの入力や集計作業、ファイリングといった仕事があるため、パソコンスキルが高いと仕事がしやすいと思います。

また、専門機関によっては会社の代表電話の応対や受付対応など会社の顔になることもあるので、基本的なビジネススキルが身についている方にもおすすめです。

OA事務で働くメリットとは?

ここまで、OA事務の仕事やOA事務が向いている人の特徴についてご紹介いたしました。

「OA事務の仕事に興味はあるけど、自分には当てはまる特徴がない」と自信をなくしている人も、あきらめずにOA事務の仕事にチャレンジしてみてください。

OA事務には、メリットが沢山あります。

ここからは、OA事務で働くメリットを六つご紹介します。

OA事務で働くメリット1:今までの経験を活かすことができる

OA事務は、学生時代のサークル活動でのコミュニケーションスキルでも、簡単なパソコンの操作の経験といったことでも、充分に活かすことができます。

先ほど、ご紹介した「OA事務が向いている人の特徴」で、「パソコンスキル」「コミュニケーションスキル」はそれほど高いスキルは求められません。

学生時代にWordでレポートを作成していた、サークル活動でイベントの幹事をしていたといった経験があれば、OA事務で活かすことできます。

仕事に意欲的に仕事に取り組んでいけば、どんどん身につけることができます。

また、社会人になってから販売業務しかしたことがない人も安心してください。

OA事務は、コミュニケーションスキルが高いと周りの人たちと円滑に仕事をすることができます。

コミュニケーションスキルが必要な仕事をしたことがある方、学生時代にちょっとしたパソコン操作をしたことがある方は、未経験でもOA事務で活躍できる可能性があります。

OA事務で働くメリット2:残業が少なくてプライベートが充実できる!

OA事務は会社によって異なりますが、上司や先輩の指示に従って資料を作成する、クライアントのデータを入力するということが多いため、繁忙期以外の時期は定時で帰宅できる可能性が高いです。

特に契約社員や派遣社員などの契約期間がある雇用形態の場合は「残業なし!」とアピールしている求人が多いので、残業時間が多い仕事をしている人は思い切ってOA事務に転職してみるのも良いでしょう。

定時に帰宅ができれば仕事帰りに買い物やジムなどに行くことができますし、休日に疲れが残ることが少ないです。

仕事よりプライベートを充実させたい方にも、OA事務はおすすめです。

OA事務で働くメリット3:おしゃれが楽しめる

OA事務は外でクライアントに訪問することがないに等しいので、「髪型やネイル、自由!」としている会社が沢山あります。

服装も、制服より「オフィスカジュアル」としているところが多いので、頭の先からつま先までおしゃれを楽しめることができます。

おしゃれすることが好きなのに、今の仕事では服装や髪色、ネイルに制限があっておしゃれが楽しめないという人は、OA事務の求人をチェックしてみましょう。

自分が思っている以上に、おしゃれを楽しんでいる方の写真が求人に掲載されています。

OA事務で働くメリット4:天候に左右されず快適な室内で勤務できる

OA事務は、基本的は「オフィスワーク」の仕事ですので、天候に左右されずに働くことができます。

会社によっては最寄り駅から直結しているビルに会社を構えているので、雨に濡れるのがキライという人は、駅から直結しているビルにある会社のOA事務を探すのもおすすめです。

また、テーマパークなどの接客業務で給料が時給制の場合だと、天候によってお客さんの人数が変動していまいます。

お客さんが少ないと雨や雪、台風などで早上がりになってしまい、思っていたより稼げなかったということもあります。

しかし、OA事務の場合はオフィスワークで天候に左右されず働けるので、そのような心配は要りません。

しっかりと体調管理をしていて会社を休まなければ、予定通りの金額を稼ぐことができます。

OA事務で働くメリット5:感謝の言葉を直接言ってもらえる

OA事務は、上司や先輩のアシスタントとして業務をすることもあります。

指示に従って資料作成やデータを集計するので、直接依頼者から「ありがとうございました!助かりました!」と感謝の言葉を言われることが、一般事務より多いと思います。

また、自分が作った資料をクライアントとの打ち合わせで使用されることもあるので「誰かのために役に立っている!」と思うこともあり、働き甲斐を感じることができる仕事です。

今の仕事は、何のためにしているのかよく分からない…と感じている人は、OA事務への転職を前向きに検討してみてはいかがでしょうか?

OA事務で働くメリット6:社会復帰がしやすい!

しつこいようですが、OA事務は「パソコンスキル、コミュニケーションスキル、ビジネススキル」が必要となる事務職です。

OA事務の仕事に一度でも就くと、社会人として必要なスキルを身につけることができます。

産休育休や病気などで社会を離れてしまっても、OA事務の経験があれば転職できる会社が多いので、社会復帰しやすいです。

また、OA事務の仕事を経験していれば在宅での仕事もできるようになるので、仕事選択の幅が広がります。

「OA事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

OA事務でキャリアアップできるのか?

OA事務は、コミュニケーションやパソコンスキルなどの様々なスキルと経験が身につく仕事です。

そのため、OA事務でキャリアップできる可能性は広がります。

OA事務をした後のキャリアアップの道は?

OA事務はパソコンスキルを高めることができるので、IT業界で活躍できる可能性があります。

例えば、システムをどのように組んでいくのかを考える「エンジニア」の仕事や、WEBサイトの制作を考えていく「WEBディレクター」の仕事でキャリアップすることもできます。

エンジニアやWEBディレクターは、コツコツと仕事をするより、クライアントや社内のメンバーと打ち合わせを重ねて要件をまとめて資料作成していくことが多い仕事です。

「現在OA事務をしているけれど、資料作成することも好きでもっと人と接したい!もっと自分の考えを発言していきたい!」と考えている方は、WEBディレクターやエンジニアなどのパソコンを使った他の職種に転職を考えてみるのもおすすめです。

他の職種にもOA事務の経験は活かせる?

先ほど少し説明いたしましたが、OA事務の経験は他の職種にも活かすことができます。

OA事務で必要とされるスキルは、一般事務、総務、WEBライター、営業など他の職種でも役に立ちます!

OA事務での経験をして損することはないと思うので「自分がどんな仕事が向いているのか分からない…」と悩んでいる方は、OA事務の世界に飛び込んでみましょう。

自分に合ったOA事務の求人の選び方や注意点

OA事務が向いている人の特徴に当てはまる「自信はないけどOA事務に挑戦してみたい!」という方に向けて、OA事務の求人の選び方や注意点を伝授いたします!

どの企業でも必要とされているOA事務なので、自分自身で注意していないとブラック企業に転職してしまう可能性もゼロではありません。

そうならないためにも、転職活動の時に求人をしっかり確認しましょう。

【選び方①】雇用形態から探す

OA事務は、正社員、契約社員、派遣社員、アルバイトといった様々な雇用形態で働くことができます。

自分の働き方に合う雇用形態で働くことができるのが、OA事務のおすすめできるポイントの一つです。

OA事務として働きたいときには、どういう風に働きたいのかを考えるようにしましょう。

正社員や契約社員で働きたい場合には転職サイトや転職エージェントを利用する、派遣社員で働きたい場合には派遣会社に登録する、アルバイトで働きたい場合にはアルバイト専用の求人サイトで探すということをおすすめします。

【選び方②】仕事内容から探す

会社によっては、データ入力や資料作成といったOA事務のみをするところもあれば、会社の事務職の全ての仕事を行うこともあります。

入社してから「思っていたより仕事が多くて辛い…」ということにならないように、求人で仕事内容を念入りに確認するようにしましょう。

「ファイリング、資料作成etc」と大雑把に書かれていることもよくあるので、企業との面接時に「OA事務として仕事をしている人の1日のスケジュールを教えてください」というように、具体的に仕事内容について聞いてみることをおすすめします。

また、OA事務の経験をしてから他の職種でキャリアアップをしたいと考えている人は「OA事務からエンジニアになった人もいます!」というようなOA事務から他の仕事にキャリアアップした方がいることをアピールしている求人を見つけるのもポイントです。

同じ会社内で働き続けることで継続年数も伸びますし、築きあげた人間関係もなくなることがないので安心できます。

【選び方③】会社の業態から考える

OA事務は、知名度が高い大手の企業からベンチャー企業でも必要とされる仕事です。

学生時代の就職活動で、手が届かなかった有名企業でも、社会人としての経験とスキルも身につけていれば、OA事務として転職できる可能性もあるでしょう。

OA事務の仕事に就きたいと検討している人は、働くことが夢だった企業でOA事務の求人が出ているかどうか確認するのも良いでしょう。

またベンチャー企業の場合は未経験の方でも重要な案件のOA事務の仕事を任されることもあるので、雇用形態を考えるのと同じようにどういう働き方をしていきたいのかを考えるようにしましょう。

【選び方④】給与から考える

OA事務の給与は、平均で月給約18万円〜約22万円程度です。

気になる求人には、ボーナスがあるかどうかチェックするのも忘れないようにしましょう!

派遣社員やアルバイトの場合は、時給1,000円〜1,600円程度が平均になっています。

契約がある雇用形態で働きたい場合は、昇給できるかどうかも確認しておくと良いですね。

OA事務は会社によっても変わってはいきますが、なかなか昇給がしにくいとも言われています。

もし給料に不満を感じている方は、OA事務の経験やスキルは他の職種でも役に立つので、他の職種への転職を考えてみるのも良いでしょう。

【選び方⑤】勤務時間や残業時間を確認する

OA事務だけではなく、働く上で大事になるのは「勤務時間」ですよね。

求人には勤務時間が書かれていますが、OA事務の仕事内容によっては会社のカギを開ける、朝の当番があるなどで定時の出社時間より早く出勤しなくてはいけないケースもあります。

OA事務は定時で帰れることが多い職種ではありますが、案件が忙しい時期には終電で帰る日々が続くケースもあります。

求人の「勤務時間」の項目に残業がどれぐらい発生するのかも記載されているので、必ず確認するようにしましょう。

また企業との面接をする時には、求人に書かれている勤務時間は正しいのか、朝早く出勤をしなくてはいけない日があるのか、繁忙期にはどれぐらい残業が発生しているのかなど、勤務時間をきちんと確認をとっておきましょう。

勤務時間について質問しても、人事の人が上手く答えてくれなかったり、仕事内容のボリュームと求人の勤務時間が釣り合っていないと感じたら、ブラック企業の恐れもあります!

近年では実際に働いている社員や退職者から口コミを投稿できるサイトもあるので、求人や面接で勤務時間に対して不安に思ったら、チェックしておくのもおすすめです。

まとめ

OA事務について、どういう特徴の人が向いているのか、OA事務でキャリアアップができるのか、OA事務の求人の注意点などをご説明いたしました。

「OA事務」という仕事に対して、興味が湧きましたか?

「OA事務」が気になっているけど今一歩踏み出せない人、OA事務の仕事を詳しく知りたいという方は、今回の記事をぜひ参考にしてみてください。



関連キーワード

OA事務求人

OA事務求人についてもっと深堀りした情報を見る

OA事務とはどんな仕事?仕事内容や会社や事務においての役割、なり方など詳しく解説します!

転職活動やパートなどで仕事探しをしていてネットや求人情報誌などを見ていると「OA事務」を募集している企業が多いことに気づきませんか?「一般事務の仕事はしたことあるけど…OA事務とはどういう仕事をするんだろう?」と気になっている方も沢山いらっしゃるかと思います。そこで、今回はOA事務の経験をしたことある私が「OA事務」の仕事内容や役割、OA事務に就くための方法など「OA事務」の仕事について紹介いたします。OA事務は、パソコンスキルやコミュニケーション力に自信がある人にピッタリな仕事なんです。OA事務とはどんな仕事?OA事務の「OA」とは「Office Automation」の略。「パソコンを使っ

OA事務正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

最近、TVや雑誌などのメディアでよく見かけるようになった「働き方改革」。「働き方改革」の影響なのか、OA事務の求人は正社員、アルバイト、契約社員、派遣社員といった様々な働き方が増えたと思いませんか?OA事務は、ボーナス支給や交通費全額支給がある、昇給の可能性が高いなど「正社員」の求人がとても人気があります。私自身OA事務で正社員、契約社員、派遣社員で働いたことありますが、やはり「正社員」のほうがとても働きやすかったです。今回は、OA事務の正社員の求人や仕事内容についてご説明します。正社員OA事務の大まかな仕事内容とは?「正社員」としてOA事務の仕事に就いた場合には、どのような仕事をこなしていく

OA事務とは?どんなことをするの?仕事内容や他の事務との違いについてもご説明します!

事務職には、OA事務、一般事務、営業事務、医療事務など沢山の種類があります。今回は、OA事務の仕事内容について詳しく説明します。事務職に興味があってパソコン操作に慣れている人は、OA事務の仕事にぜひ挑戦してみてください。OA事務の仕事内容6つOA事務は「Office Automation」の略称です。会社のオフィスで、パソコンを使って文章を作成したりデータを入力したりする業務がメインとなります。主な「OA事務」の仕事内容についてご紹介します。OA事務の仕事内容1:社内外の文書作成WordやExcel、社内のシステムで請求書、納品書などの社内外の文書を作成していくのもOA事務の業務の一つです。O

OA事務の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための2個の注意点

現在、営業職や接客業といった職種に就いているけれど、いずれはオフィスワークの仕事に転職をしたいと思っている…。そんな方におすすめできる職種は「OA事務」です。OA事務は、年齢や経験に関係なく転職できる職種です。そのため、OA事務の求人は人気があり、すぐに応募を締め切ってしまうこともあるようです。また、パソコンスキルが身についていないと、入社してから困ってしまう可能性もあります。今回は、OA事務の転職を成功させるための注意点についていくつか紹介します。「OA事務に転職したい!」と思っているという方は必見です。OA事務の転職で注意することOA事務への転職活動の際に注意するべきところを二つご紹介しま