現在、営業職や接客業務といった職種に就いているけれど、いずれは、オフィスワークの仕事に転職をして、ゆっくりとしたいと思っている・・・。

そんな方に、オススメな職種は「OA事務」です。

OA事務は、年齢や経験に関係なく、転職することができる職種です。

そのため、OA事務の求人は、人気があり、すぐに応募を締め切ってしまうこともあるようです。

また、パソコンスキルが少しでもついてないと、入社してから困ってしまう可能性もあります。

今回は、OA事務の転職を成功させるための注意点やアドバイスを紹介いたします。

「OA事務に転職したい!」と思っているという方は、必見です!

OA事務の転職で注意したほうが良い2個のこと

転職活動は、職種によって、なにかと注意するべきところがあるかと思います。

OA事務への転職活動の際に、注意するべきところを、2個ほどご紹介します!

OA事務の転職で注意したほうが良いこと1:事務職は人気なので、条件のよい求人は倍率が高い

冒頭でもお伝えしましたが、事務職のなかで人気があるのは「OA事務」です。

OA事務は、タイピングができる、Word、Excelといったオフィスソフトを使いこなせる人ならば、問題なく仕事ができるとっても過言ではないです。

パソコンが少しでも使える方で、事務職に転職したいと考えている方は、ぜひ、OA事務に応募していただきたいのですが「給料が他企業より高め、ボーナスあり、残業時間なし、福利厚生が充実している」といった条件が良い求人には、とても倍率が高くなっています。

私自身、「OA事務の仕事がしたい」とハローワークで相談したときに「倍率が高いから、すぐに応募を締め切ってしまう可能性があり、未経験の方の採用は難しい」と言われたことがあります。

そのため、常に「新着求人」をチェックする、自己アピールを充実させるといったことが求められます。

どうすれば、OA事務の転職に成功するのかは後ほど、ご説明いたします!

OA事務の転職で注意したほうが良いこと2:他業種からの転職の場合はパソコンスキルが身についているかどうか

OA事務は、「パソコン」をメインに扱います。

他の事務職より、パソコンを使って、資料作成やデータ入力をするので、パソコンに関しては、問題なく操作できることが大前提です!

といっても、タイピング、Word、Excelの基礎ができていれば、簡単なOA事務の仕事はできます。

これらのパソコンスキルは、独学でも身につくことができます。

他業種からOA事務に転職を希望している場合には、普段から、パソコンの基礎操作ができるようにしておきましょう!

OA事務が未経験でも、面接時に「Word、Excelの勉強をしています」と自己アピールすると、好印象を与えることができます。

OA事務の転職を成功させるためには何をすれば良い?

では、OA事務の転職を無事に成功させるためには、どうような対策をとっていけばいいのかをご説明します。

OA事務の転職を成功させるためにすること1:パソコンスキルを身につける!

先ほども記載いたしましたが、とにかくOA事務には「パソコンスキル」が必要になります。

倍率が高く人気がある会社でのOA事務の仕事をしたい場合には、パソコンスキルがあると転職しやすいです。

未経験の方は、基礎のスキルから、経験者の方は、自分が苦手としているものを勉強しておくといいでしょう。

少しでも、パソコンで出来ることを増やしておくことが、OA事務の転職のカギとも言えますよ!

OA事務の転職を成功させるためにすること2:経験をしっかりとアピールする!

パソコンスキルを身につけておくことは大前提ですが、今までの経験をしっかりと自己アピールできるかどうかもOA事務への転職成功のポイントとなっています。

接客をしていた方なら「お客様がどんなことを思っているのかを考えながら商品を紹介していた」といった経験を話して、自分がどれぐらいコミュニケーションができるのかをアピールするといいですね!

OA事務は、他の職種に比べると、黙々とパソコンに向かって仕事をしますが、チームで稼働することが多いので、コミュニケーションスキルがあるかどうかも、求められているケースが多いです。

OA事務の転職で狙い目な会社の3個の特徴

OA事務の転職では、どのような会社を狙ったほうがいいのかを伝授いたします!OA事務は、どの企業でも必要としているので、注意しないと、ブラック企業ということもあるかもしれません。

入社してから、後悔しないように、転職活動のときに、しっかりと見極めておきましょう!

OA事務の転職で狙い目な会社の特徴1:勤続年数が平均で3年以上

「転職成功」の条件のなかに「長く勤務できること」というのがあるかと思います。

継続年数の平均が「3年以内」ということは、社員の定着率が低いと証拠です。

ということは、何かしら会社にマイナスの要因があるのかもしれません。

継続年数が「3年以上」だと、「働きやすい!」と思っている社員が多いということが考えられますし、入社後に先輩がたくさんいるということは、頼りがいがあって安心できますよね。

OA事務の転職で狙い目な会社の特徴2:「未経験者歓迎」と求人に書いてある

未経験での転職は、何かと不安がつきものですが、求人に「未経験者歓迎!」と書いてある場合には、しっかりと新人に対してのパソコンの研修があったり、チームメンバーがフォローしてくれる可能性があるということです。

また、「未経験者歓迎」としている会社は「この方は、OA事務が未経験だからご縁がない」という理由で、書類選考で不採用にするということが少ない可能性があります。

未経験の方で、OA事務へ転職したい場合には、「未経験者歓迎」と書かれている求人を選ぶようにしましょう。

その際には、しっかりと「未経験ですが、ExcelやWordの勉強をしています」などといったパソコンスキルを身につけていることをアピールしましょうね!

OA事務の転職で狙い目な会社の特徴3:福利厚生が充実している

OA事務の転職に関わらず、福利厚生が充実しているかどうかは転職活動の重要なポイントです。

会社によっては、福利厚生で、英会話レッスンや社員旅行があったり、社員割引で人気のお菓子が安く買えたりできる会社もあるようです。

気になる企業があれば、福利厚生もチェックするようにしておきましょう!

まとめ

OA事務の成功するためのポイントや注意点をご紹介いたしましたが、参考になりましたか?

パソコンスキルに自信がないけど、OA事務に興味があるという人は、タイピングから練習を始めてみることをオススメします!

タイピングができるようになると、WordやExcelを学びたいと思うようになってきて、気が付くと、パソコンスキルが身についていますよ。

あなたのOA事務への転職を全力で応援しています!


関連キーワード

OA事務求人

OA事務求人についてもっと深堀りした情報を見る

OA事務正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

最近、TVや雑誌などのメディアでよく見かけるようになった「働き方改革」。「働き方改革」の影響なのか、OA事務の求人は、正社員、アルバイト、契約社員、派遣社員といった様々な雇用のものをよく見かけるようになったと思いませんか?OA事務は、自分の働き方に合わせて雇用が選べます。ですが、やはり、ボーナス支給や交通費全額支給がある、昇給の可能性が高いなど、どの雇用よりメリットが多い「正社員」の求人がとても人気があります。私自身、OA事務で正社員、契約社員、派遣社員で働いたことありますが、やっぱり「正社員」のOA事務のほうが、とても働きやすかったと思っています。今回は、OA事務の正社員の求人や仕事内容につ

OA事務が向いている人の4個の特徴とその力を活かせる会社とは?

「OA事務」とよく聞くけど、どんな事務職なのか詳しいことを知っていますか?事務の仕事をしようと思って、求人サイトや求人雑誌をみていると「OA事務」と書かれている求人がたくさんありますよね!だけど、「一般事務」と「OA事務」の違いってよく分からないという方も多いはず。今回は、「OA事務」とは、どういう仕事なのか?どういう特徴の人が向いているのかなど、OA事務の仕事について、詳しくご説明いたします。OA事務は、将来性がある仕事なんですよ!事務職へ転職したいと考えている方は、ぜひ、じっくりと読んでくださいね!OA事務はどんな仕事?OA事務の「OA」は「Office Automation」という意味で