現在、営業職や接客業といった職種に就いているけれど、いずれはオフィスワークの仕事に転職をしたいと思っている…。

そんな方におすすめできる職種は「OA事務」です。

OA事務は、年齢や経験に関係なく転職できる職種です。

そのため、OA事務の求人は人気があり、すぐに応募を締め切ってしまうこともあるようです。

また、パソコンスキルが身についていないと、入社してから困ってしまう可能性もあります。

今回は、OA事務の転職を成功させるための注意点についていくつか紹介します。

「OA事務に転職したい!」と思っているという方は必見です。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「OA事務」の仕事例をチェック

OA事務の転職で注意すること

OA事務への転職活動の際に注意するべきところを二つご紹介します。

OA事務の転職で注意すること1:事務職は人気なので、条件の良い求人は倍率が高い!

「給料が他企業より高め、ボーナスあり、残業時間なし、福利厚生が充実している」といった条件が良い求人は、とても倍率が高くなっています。

私自身、「OA事務の仕事がしたい」とハローワークで相談したときに「倍率が高いから、すぐに応募を締め切ってしまう可能性があり、未経験の方の採用は難しい」と言われたことがあります。

そのため、常に「新着求人」をチェックする、自己アピールを充実させるといったことが求められます。

OA事務の転職で注意すること2:他業種からの転職の場合はパソコンスキルがしっかりと身についているかどうか

OA事務は、他の事務職よりパソコンを使って資料作成やデータ入力をする機会が多いので、パソコンを問題なく操作できることが大前提です。

他業種からOA事務に転職を希望している場合には、普段からパソコンの基礎操作ができるようにしておきましょう。

OA事務が未経験でも、面接時に「Word、Excelの勉強をしています」と自己アピールすると、好印象を与えることができます。

OA事務の転職を成功させるためには?

OA事務の転職を成功させるためには、どのような対策をとっていけば良いのかをご説明します。

OA事務の転職を成功させるためにすること1:パソコンスキルを身につける!

倍率が高く人気がある会社でのOA事務の仕事をしたい場合には、パソコンスキルがあると転職しやすいです。

未経験の方は基礎のスキルから、経験者の方は自分が苦手としているものを勉強しておくと良いでしょう。

少しでもパソコンの知識を増やしておくことが、OA事務の転職のカギとも言えますよ。

OA事務の転職を成功させるためにすること2:経験をしっかりとアピールする!

パソコンスキルを身につけておくことは大切ですが、今までの経験をしっかりと自己アピールできるかどうかもOA事務への転職成功のポイントとなっています。

接客をしていた方なら「お客様がどんなことを思っているのかを考えながら商品を紹介していた」といった経験を話して、コミュニケーションスキルの高さをアピールすると良いでしょう。

OA事務はチームで稼働することも多いので、コミュニケーションスキルがあるかどうかも求められています。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

OA事務の転職で狙い目な会社の特徴

OA事務の転職では、どのような会社を狙ったほうが良いのかを紹介します。

OA事務はどの企業でも必要としているので、注意しないとブラック企業ということもあるかもしれません。

入社してから後悔しないように、転職活動のときにしっかりと見極めておきましょう。

OA事務の転職で狙い目な会社の特徴1:勤続年数が平均で3年以上

「転職成功」の条件の中に「長く勤務できること」というのがあるかと思います。

勤続年数の平均が「3年以内」ということは、社員の定着率が低いという証拠です。

ということは、会社に何かしらマイナスの要因があるのかもしれません。

勤続年数が「3年以上」だと「働きやすい!」と思っている社員が多いということが考えられますし、入社後に先輩が沢山いるということは安心できますよね。

OA事務の転職で狙い目な会社の特徴2:求人に「未経験者歓迎」と書いてある

未経験での転職は何かと不安がつきものですが、求人に「未経験者歓迎!」と書いてある場合には研修制度が整っている上にフォローしてくれる社員がいるということです。

また「未経験者歓迎」としている会社は、OA事務が未経験という理由で書類選考で不採用にするということが少ない可能性があります。

未経験の方でOA事務へ転職したい場合には、「未経験者歓迎」と書かれている求人を選ぶようにしましょう。

その際にはしっかりと「未経験ですが、ExcelやWordの勉強をしています」などと、パソコンスキルを身につけていることをアピールしましょう。

OA事務の転職で狙い目な会社の特徴3:福利厚生が充実している

OA事務の転職に関わらず、福利厚生が充実しているかどうかは転職活動の重要なポイントです。

会社によっては、福利厚生で英会話レッスンや社員旅行があったり、社員割引で人気のお菓子が安く買えたりする会社もあるようです。

気になる企業があれば、福利厚生もチェックするようにしておきましょう。

まとめ

OA事務の成功するためのポイントや注意点をご紹介しましたが、参考になりましたでしょうか?

パソコンスキルに自信がないけどOA事務に興味があるという人は、タイピングから練習を始めてみましょう。

タイピングができるようになると、WordやExcelを学びたいと思うようになり、気が付くとパソコンスキルが身についているでしょう。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)




OA事務求人についてもっと深堀りした情報を見る

OA事務とはどんな仕事?仕事内容や会社や事務においての役割、なり方など詳しく解説します!

転職活動やパートなどで仕事探しをしていてネットや求人情報誌などを見ていると「OA事務」を募集している企業が多いことに気づきませんか?「一般事務の仕事はしたことあるけど…OA事務とはどういう仕事をするんだろう?」と気になっている方も沢山いらっしゃるかと思います。そこで、今回はOA事務の経験をしたことある私が「OA事務」の仕事内容や役割、OA事務に就くための方法など「OA事務」の仕事について紹介いたします。OA事務は、パソコンスキルやコミュニケーション力に自信がある人にピッタリな仕事なんです。OA事務とはどんな仕事?OA事務の「OA」とは「Office Automation」の略。「パソコンを使っ

OA事務正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

最近、TVや雑誌などのメディアでよく見かけるようになった「働き方改革」。「働き方改革」の影響なのか、OA事務の求人は正社員、アルバイト、契約社員、派遣社員といった様々な働き方が増えたと思いませんか?OA事務は、ボーナス支給や交通費全額支給がある、昇給の可能性が高いなど「正社員」の求人がとても人気があります。私自身OA事務で正社員、契約社員、派遣社員で働いたことありますが、やはり「正社員」のほうがとても働きやすかったです。今回は、OA事務の正社員の求人や仕事内容についてご説明します。正社員OA事務の大まかな仕事内容とは?「正社員」としてOA事務の仕事に就いた場合には、どのような仕事をこなしていく

OA事務とは?どんなことをするの?仕事内容や他の事務との違いについてもご説明します!

事務職には、OA事務、一般事務、営業事務、医療事務など沢山の種類があります。今回は、OA事務の仕事内容について詳しく説明します。事務職に興味があってパソコン操作に慣れている人は、OA事務の仕事にぜひ挑戦してみてください。OA事務の仕事内容6つOA事務は「Office Automation」の略称です。会社のオフィスで、パソコンを使って文章を作成したりデータを入力したりする業務がメインとなります。主な「OA事務」の仕事内容についてご紹介します。OA事務の仕事内容1:社内外の文書作成WordやExcel、社内のシステムで請求書、納品書などの社内外の文書を作成していくのもOA事務の業務の一つです。O

OA事務が向いている人の4個の特徴とその力を活かせる会社とは?

「OA事務」とよく聞くけど、どんな事務職なのか詳しいことを知っていますか?事務の仕事をしようと思って求人サイトや求人雑誌をみていると、「OA事務」と書かれている求人が数多くあります。しかし、「一般事務」と「OA事務」の違いってよく分からないという方も多いはず。今回は、「OA事務」とは、どのような仕事なのか?また「OA事務」が向いている人はどのような人なのか?など、OA事務の仕事について詳しくご説明いたします。OA事務は、将来性がある仕事です。事務職へ転職したいと考えている方は、ぜひご覧ください。OA事務はどんな仕事?OA事務の「OA」は「Office Automation」という意味です。「一