高校生の半分以上が進学を選択するこの現代日本で、専門学校へ進学する高校生の数も増加しています。

専門学校の学校数も年々増加し、その学校で学生に知識や技術を教える専門学校講師の働き口も増えているといえます。

今回は今後専門学校講師として活躍したいと考える人に役立つよう、専門学校講師になるために必要な知識や経験、資格等をお教えいたします。

専門学校講師の大まかな仕事内容は?

資格取得を希望し、専門学校に入学してきた学生に対して、その資格を取得するために必要な知識や技術を教える仕事になります。

その他にも、クラス担任制の専門学校であればクラス運営をまかされたり、オープンキャンパスなどの広報活動を担当する事もあります。

学生数が多く、教員の数も多い専門学校では、広報専門の職員を置いている事もあるため、専門学校講師は学生対応のみに集中できるという環境である場合もあります。

非常勤の専門学校講師の場合、他の専門学校や大学での勤務を掛け持ちしている事もあります。

その場合は広報等の担当は無く、学生に対する知識や技術を教える事に専念する事ができます。

専門学校講師になるための資格や条件ってある??

専門学校講師は、小中学校教員等になるためには必須となる教員免許という物は存在しません。

しかし、専門学校講師として勤務するために、各専門学校で独自の条件を設けている事がほとんどです。

専門学校講師になりたいと感じていても、そのための資格や条件に当てはまっていなければ仕事に就く事はできません。

ここでは専門学校講師になるための資格や条件で多くみられる物を紹介していきます。

その学校で取得できる資格を持っている事

多くの専門学校講師の求人で挙げられている条件であり、専門学校講師となるためには最低限の条件と言えるでしょう。

資格によってはその資格を取得してから〇年以上働いている事など、過去の職歴が講師の必須条件になっている事もあります。

学歴

専門学校講師は、小中学校教師が求められるような教員免許という物は必須ではありません。

しかし、学歴としては大学卒や大学院卒を条件として挙げられている求人が少なくありません。

その学校で得られる資格を持っていれば学歴不問という求人もまれにありますが、数は少ないです。

学生への指導歴を持っている事

専門学校講師になるための条件として、過去の指導歴を挙げている専門学校もあります。

集団に対する教育の経験がある事などを条件として挙げている場合などもありますので、過去に指導歴が無い人にとっては狭き門と言わざるを得ません。

その条件を挙げている専門学校に就職するためには、別の専門学校で非常勤講師として働く等、経験を積んでからチャレンジするしか道は無いでしょう。

専門学校講師になるために勉強しておくべきことは?

専門学校講師になるためには、就職する先の専門学校で取得できる資格についての知識を持つ事はもちろんですが、その知識を分かりやすく相手に伝える事が求められます。

自分の持っている技術や知識を言語化し、相手に分かるような言葉で言い替えができるよう、語彙力をつけておくと良いでしょう。

また、資格を取得しているからと言って、自分自身の知識や技術を絶対と思わず、常に最新の知識や技術を得られるように、アンテナを高く持ち自己研鑽を図る事も重要であると考えます。

専門学校講師の就職先や募集状況は?

専門学校講師になりたい、と考えていても、その就職先や募集状況が分からないという方も多いと思います。

ここでは専門学校講師の就職先・募集状況についてまとめていきます。

専門学校講師の主な就職先

「専門学校講師なんだから専門学校に就職するに決まっている」と思っている方も多いと思いますが、専門学校講師の就職先って実は色々あります。

ここでは専門学校講師が働く就職先について書いていきたいと思います。

専門学校

自分が持っている資格を取得できる専門学校に就職する事が可能です。

専門学校講師という名の通り、専門学校講師は専門学校の教員として就職する事がほとんどになります。

専門学校講師は正規職員、非常勤職員ともに募集があるため条件を確認しておくと良いでしょう。

大学・大学院

自分が持っている資格を専門とする学科を持つ大学に勤める専門学校講師も少ないですが存在します。

その場合、大学等での仕事がメインとなる事が多く、専門学校講師は非常勤で勤める事が多いです。

大学等に教授や准教授、助手として勤めるためには、大学・大学院卒を必須としている場合がほとんどのため、専門学校卒や短大卒の学歴では就職する事は難しいです。

専門学校講師の働き口はどの程度あるの?

文部科学省が2018年に行った学校基本調査によると、日本全国で専門学校は2806校あります。

高校生の進学志向が高まっている事もあり、徐々に学校数も増えてきている事が調査の結果分かっています。

学校数の増加に伴い、働き口も増えてきていると言えるでしょう。

専門学校の学生の定員数により、教員を置かなければならない人数も変わるため、学校の規模が大きいほど専門学校講師を募集する人数は多いと考えられます。

専門学校講師の転職事情

自分が取得してる資格に関連する専門学校にしか、転職する事はできないと考えた方が良いでしょう。

取得している資格にもよりますが、同内容の資格を取得できる学校は、大都市圏以外では現在勤務している学校の近くにあまり存在していないと思います。

転職する場合は転居を伴う事を念頭に入れておいた方が良いと考えられます。

また、新設する専門学校があれば、必ず教員の募集がかかりますが、一人の募集に対して複数名の受験者がいる事も珍しくありません。

特に正規職員の募集に対しては競争率は高めだと考えておいた方が良いでしょう。

専門学校講師の仕事の探し方とは?

専門学校講師の職に就きたいと思っても、ハローワークなどではなかなか見つける事ができません。

専門学校講師の仕事をどのように探すか分からないと考える方も多いと思います。

ここでは専門学校講師の仕事の探し方をいくつか紹介していきます。

専門学校のホームページを見る

インターネットが発達した昨今では、専門学校の中でも学校紹介のホームページを作成している学校が多くあります。

専門学校によってはそのホームページの中で教員募集をしている場合があります。

教員募集の専用ページを設けている学校もあるため、そこから求人条件が確認できたり、その求人に応募する事もできます。

また、ホームページでは学校の様子などを詳しく紹介しているため、学校の様子なども確認でき、職場の雰囲気や担当する仕事内容なども想像する事ができます。

就職を考えている専門学校がある場合は、一度その学校のホームページを確認する事をお勧めします。

自分の卒業した専門学校へ求人があるか問い合わせる

専門学校を卒業して資格取得をした方であれば、自分が卒業した専門学校で専門学校講師を募集している場合があります。

先に挙げた方法である、その学校のホームページの中で募集をしていなかったとしても、「その学校の卒業生であれば」という理由で仕事を紹介してくれる場合もあります。

卒業生という事でお世話になった教員に会いに行くついでに、求人について尋ねる事もできます。

出身校であれば、教員の仕事内容もある程度想像ができたり、その学校の年間行事などもわかっているため、仕事に慣れやすいといったメリットもあります。

インターネットサイトの利用

自分が働きたい専門学校は見つかっていない、または自分が持っている資格を生かして就職できる専門学校を探したいという場合には「jREC-IN」というインターネットサイトの活用をお勧めします。

「jREC-IN」は専門学校講師の求人を含む、教育関係の求人に特化したインターネットサイトです。

他の転職サイトのように、様々な職種を掲載しているという事は無く、専門学校講師の求人を探すにはとても効率が良いと考えられます。

様々な求人を集約して掲載している「Indeed」も専門学校講師の求人を探すのには役立つでしょう。

専門学校講師の仕事探しの注意点

就職するという事は新しい環境に変わり、一から仕事を覚えるという事になります。

せっかく就職できたからには長く勤めたいですよね?

ここでは専門学校講師の仕事探しにおいて注意するべき点を挙げていきます。

雇用形態

専門学校の教員募集の見出しは「専任教員(教諭)」または「講師」という物が多いです。

専任教員は正規職員募集、または正規職員に雇用する事が前提の非常勤もしくは嘱託職員である事が多いです。

対して講師募集は正規職員募集の物もありますが、非常勤の場合が多いです。

自分が希望する雇用形態に合わせて求人内容を確認するようにしてください。

業務内容

当たり前のように感じるかもしれませんが、きちんと確認する事をお勧めします。

学校の規模によっては広報担当を兼ねている場合もあり、学生獲得のための営業活動を行わなければならない事もあります。

学生指導以外の部分の業務にどんなものがあるのかきちんと確認するようにした方が良いです。

就職希望先の学校の教育体制

求人票の中に記載されている、もしくは希望先の学校のホームページを見て、クラス担任制を導入しているかどうかを確認するようにして下さい。

クラス担任制を導入している場合は、クラス担任を任される事もあるため、資格取得のための知識や技術を教える以外にクラス運営を行う必要が出てきます。

学生からのプライベートな相談や、保護者対応なども業務の中に含まれてくる可能性もあるので、苦手意識を感じる方はクラス担任制を導入している学校に勤務する事は検討した方が良いと考えます。

給与

通勤手当や各種手当の確認は勿論ですが、ここで確認して頂きたいのは「調整手当」や「教員手当」と呼ばれるものがついているかどうかです。

小中学校教師の残業代の事が話題に挙がった事をご存知の方も多いと思います。

小中学校教師は基本給の4%を「教職調整額」として支給する事で超過勤務手当や休日出勤した分の給与が支払われないという事で問題となっています。

それと同様の給与形態を取り入れている専門学校も少なからず存在しています。

求人票の中に基本給の4%を支給するといったような文言が含まれていたり、超過勤務手当等の記載が無い場合については、残業代が支払われていない可能性もあるため、注意が必要です。

必ず確認するようにしましょう。

専門学校講師の仕事のやりがいとは?

どんな仕事でもやりがいを持って働く事ができたら嬉しいものです。

ここでは専門学校講師のやりがいについて書いていきます。

熱意のある学生を指導する事ができる

大学に進学する学生の中には、「将来何をしたら良いか分からないけど、周りが進学するからとりあえず進学する」といった学生も少なくありません。

しかし専門学校に進学する学生は、そのような学生が大学と比較して少ない傾向にあります。

専門学校は資格を取得し、それを生かした仕事に就く事に特化した学校である事が大きな理由です。

自分の将来をある程度高校時代に決め、その仕事に就きたいと考えている熱意のある学生を指導する事ができるため、やりがいを感じる事ができるでしょう。

後進を育てる事ができる

専門学校に進学する学生は、専門学校講師である私たちが持つ資格取得を目指し、将来はその資格を生かした業界で働きたいと思い進学しています。

自分が現場で資格を生かして働いていた時に培った知識や技術は勿論、自分自身が大切にしてきた価値観なども伝える事ができるため、自分と同じ志を持った学生を送り出す事ができる可能性があります。

自分が育てた学生が現場で活躍する姿が見られた時には、この仕事のやりがいをさらに強く感じる事ができるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

普段はあまり知る事が無い専門学校講師の仕事について様々な内容を紹介しました。

若者の数が減り、働き手が減ると言われている現代日本で知識・技術と資格を持った専門学校を卒業した学生は非常に貴重な存在です。

その学生を育て、世に送り出す大切な仕事です。

小中学校のように講師職に就く事に対しては資格を必要とする事も無いため、興味がある方はぜひ目指して頂けたらと思います。