年々介護士が減少しており、専門学校の入学者も減っています。

このままでは要介護者は増加しても介護従事者が減少してしまい、需要と供給が合わなくなってしまうでしょう。

そもそも、どうしてこんなに介護の離職率が高いのでしょうか。

介護士の離職にはどんな理由があるのでしょうか。

体力的にきついの?

それとも人間関係?

給与の問題?

それぞれについて徹底的に解説したいと思います。

介護職の離職率ってどれくらい?

まずは介護の離職率についてです。

離職率が高いとは聞きますがそもそも、どのくらいの頻度で離職をしているのでしょうか。

実際に介護施設だけではなく企業でも離職率が高いと言われている職種もあるでしょう。

ですが、介護の離職率は群を抜いて多いものなのでしょうか。

まずはそこから解説していきたいと思います。

介護の離職率は平成28年度の調査では16.7%、5〜6人に一人が介護の職を離れていっているといった状況です。

他の企業などのと比べて離職の基準はやや高い傾向にあります。

全産業平均の15%も上回っており、人手不足が深刻な問題となっています。

実際に働いている職員からは慢性的な人で不足が悩みとなっており、このままの状況では仕事を続けることも難しいと考えている人も増えています。

介護の転職理由には何がある?

介護の離職にはいくつかの理由があります。

会社を辞めるにも理由があるようにやはり、大きな理由となることがあるのです。

それをそれぞれテーマ別にまとめてみました。

給与が安い

これは男性に多い理由でもあります。

このままの給与では結婚をしても家族を養っていけない。

独身であるときはそんなに不満を感じていなくても、体力的ないも時間の拘束時間を考えてもこの給与は安いと感じて離職をする人が多いようです。

給与の昇給率も低く、何年働いて給与はあまり上がることもなく、基本給も安いことから性格を考えるとこの状況では難しいと感じてしまうのです。

ですから男性を結婚や子供が生まれるのをきっかけに転職をする人が多いですね。

介護職員の給料は、こちらの記事を参考に!

不規則な勤務で体がもたない

入所系の施設ですとやはり、夜勤や早番などの3交代制のシフトが多いです。

夜勤は夕方から、朝までの仕事になりますので体力的にはかなりの負担となります。

腹側な勤務ですので、体調を崩してしまうこともしばしばあります。

どんなに気をつけていても、風邪をひいてしまったり、感染症などにもかかりやすくなります。

体が弱っている時には特にかかりやすくなってしまうのです。

毎日同じ時間に勤務するのとは違いますので、体力の回復や体内時計が戻らないままに、次の早番勤務などで睡眠不足が続くこともあります。

このような不規則な勤務にて、子育てをしながらでも体力が持たないや子育てが難しくなってしまうなどの理由で退職をする人は多いですね。

女性の職場や人間関係

これは介護業界に限ったことではないでしょう。

看護業界でもある問題ではあるとは思います。

女性独特の職場環境。

同じ女性だからといって必ずしも同じ思いであったり、環境ではありません。

女性同士だからこそのいざこざが起こってしまうのは事実ですね。

女性が揃うと、毒舌トークが繰り広げられる。

ブラックトークなんてよく聞きますね。

そんな状況が職場でも起こってしまうのです。

噂話が好きであったり、僻みや妬みなどが全くないわけではないのです。

ですから、このような状況が耐えられないと退職してしまうのです。

精神的な苦痛

介護をしていると、時として入居者や利用者からの心無い言葉や、特には暴力といったこともあります。

これは認知症の進行からの好意であって、仕方ないことではあるのですがやはり一生懸命に介護していると傷ついてしまいます。

また、今はモンスターペアレンツなども介護の成果でも例外ではありません。

家族からの心無い言葉や、疑いの目などクレースなどに対応することもあります。

体力的にも大変な上に、精神的な苦痛を感じてしまうのです。

休日の問題

介護の仕事は365日稼働します。

入所系の施設はもちろん、休日や祝日は関係ありません。

お盆やお正月といったような長期の連休はないです。

1ヶ月にあっても2連休が一回といった勤務がほとんどですね。

職員が少ないところでは2連休をとることすら難しいところもあるでしょう。

友人との休みが全く合わない。

家族と休みを合わせることができないなどのことがほとんどです。

まして子供があると、子供の休日と合わせて子育てをしたところですが、毎週土日を休むなんてことは難しいので、小さな子供がある人は、預ける人がいないと仕事を続けることが難しいところがありますね。

人手不足

職員は慢性的な人手不足によって、現場では、利用者何十人を1人で介護しなくてはならない状況となってしまい、負担が大きいですね。

このような状況では、1人にかかってしまう負荷が大きいことことで、精神的、肉体的な負担が多くなり、退職を考える人も多いです。

職員が少ないことで、休みがしっかりととることができない、希望の休みが取れないなどの支障が出ます。

そうなってくると体力と精神的な限界を感じてしまいますよね。

現場では、利用者何十人を1人で介護しなくてはならない状況となってしまい、負担が大きいですね。

介護の仕事でよく聞く不満

実際に介護の仕事をしている人はどのような不満を抱いているのか、現役介護士である筆者がご紹介します。

給料が安い

シフト制で、夜勤もあり体力的に負担が多いのにも関わらず給与が安いことです。

基本給が低いために、どんなの夜勤手当が発生しても手取りが20万に満たないといった人がほとんどですね。

給与の昇給率も少なく、ボーナスも少ないことから、仕事の割に合わないと感じてしまう人がほとんどですね。

将来的な不安もあり、男性ではこのままでは、家族を養っていけないと感じる人も多いですね。

職場の人間関係がうまくいかない

長く働いている人が新人をいじめる、仕事を押し付けるなどのこともあり人間関係でも問題が多いです。

「働く人」「働かない人」ができてくると不満も出ます。

そして、新人さんに負担がかかってしまうことも多いでしょう。

そして女性の職場独特の噂話しや悪口など。

いじめまではいきませんが、人間関係がめんどくさくこじれてしまっていることも大きな問題ですね。

体力がきつい

介護の基本は身体介護です。

お風呂に入れる、食事を食べさせる、車椅子に乗せるなど8時間のうちに全く止まることなく動き続けます。

そして夜勤は夕方から次の日の朝まで。

仮眠もない場合もあるので体力的にはかなりの負荷がかかりますね。

人員不足

体力的なことと付随してきますが、人員不足になっていることから一人でしなければならないことが多くなり負担が大きくなります。

現場が人員不足を訴えても、上が動かないと言ったことがほとんどですね。

人員不足になることで、人は焦りが出ますので余裕がなくなってしまい言葉がきつくなったり、荒くなってしまいます。

これはスタッフ間でもそうですが、入居者にとってもよくないことに繋がってしまいます。

経営者と現場のギャップ

現状を全く分からずに、経営をしている人が多く、現場で働いているスタッフは疑問も抱いてしまって辞める人もいます。

民間企業が参入して、介護をお金儲け重視に考えている経営者が増えています。

ですから、必要な人員配置をせずに、運営をして現場を苦しめてしまっている状況になっている施設も多いですね。

そういった状況から退職を考える、ベテラン介護士は多いです。

キツい時もあるけど、でもやっぱりやりがいはありますよね!

介護の仕事は正直、楽な仕事ではありません。

きついことが多いかもしれません。

ですが、この仕事をやっていて良かったと思えることがあります。

利用者からの言葉

これは介護の仕事をして本当に良かったと感じる瞬間です。

「ありがとう」「忙しいのにありがとう。頑張っているね」などの言葉は本当に疲れを飛ばしてくれます。

人生の先輩である利用者が自分のことを気遣ってくださって、このような暖かい言葉をかけてくれる。

本当に嬉しい瞬間ですね。

自分の娘のように、孫のように声をかけてくれる。

本当にありがたいことです。

チームワークがあれば疲れ知らず!!

人間関係が良好であれば、みんなで協力して仕事をすることができるので、大変であっても達成感はありますね。

一人で仕事をしているわけではないので、自分一人で悩むことや困ってしまうことなく、チームで解決ができるのでやりがいを感じ、一人で抱えることなく悩みを話して励ましあっていくことができます。

個人営業などをする会社では、みんながライバルといった状況になりますが、介護はそうではありません。

ライバルはいません!!

みんながチームですので、協力しあって助け合って協力をいしていく職場です。

資格を取ってスキルアップ

介護の仕事は働きながらの資格取得ができます。

ですから、自分自身のスキルアップが可能なのです。

学校に通ってんなどではないので自分自身が将来を考えるのであれば、仕事をしながらでもスキルアップがいくらでも可能です。

ケアマネになってキャリアアップなど、自分次第です。

介護の経験を生かしてできる仕事はたくさんあります。

自分自身が経営者になることだって知識と経験、スキルがあれば可能なのです。

独立を考えていけます。

まとめ

今回は介護の仕事の転職の理由についてお話しさせていただきました。

確かに介護の仕事は看護師のように医療行為はしません。

その分だけ責任の重みは違うでしょう。

しかし、生活の中での命の安全確保は誰よりも責任を持って介護しています。

そして勤務体制も看護師とさほど変わりありません。

ですが、なぜか国家資格であるにも関わらず、看護師との給与の差があまりにも大きいことを解決しなくてはこの仕事を続けようと思い人は減っていくことでしょう。

実際に体調の急変が多い高齢者を夜勤で見守るということは、医療的行為ができない介護士にとってはどれだけのプレシャーとなっていることか考えて欲しいと思います。

給与が安く、これだけの精神的な重圧を抱えながら仕事をしているということをもっと社会が理解するべきだと思います。

介護士の社会的地位の向上がなければ、このまま介護福祉士は減り続ける一方でしょう。

そして、このような気持ちに余裕がない状況から、人間関係の歪みが起きてしまっている状況です。

金銭的、精神的にもっと余裕があれば介護士はもっとやりがいと感じて仕事をすることができ離職や転職を考えなくなるのではないでしょうか。

今の社会全体での改善がない限り、この状況を改善することは難しいと思います。

そして現段階で介護士をしているみなさんはこのような状況から、離職を考えている、転職を考えている人もいるでしょう。

でもそれはあなただけが悩んでいることではないので、自分を責めないでくだいね。

「自分ができないのがダメだから。自分がやめたいと考えてしまうのが悪い」と自分を責めないでくださいね。

自分を責めてしまっては、あなたはこの先も自信を失ってしまいます。

ですから、転職をすることは悪いことではないのです。

今の環境や人間関係が苦しいのあれば、環境を変えることも一つの方法です。

あなたが介護士を続けるための方法を最前に選んでくださいね。

そしてそれが介護の仕事を辞めるといった選択も間違っていないと考えてくださいね。

よく介護の仕事をして精神的に病んでしまって社会復帰をできなくなってしまう人もいますが、そこまで自分を追い詰めないでくださいね。

どの仕事もいい面と悪い面が必ずあります。

ですから、きちんとそれを受け入れられる状況で働くことが一番です。

介護の仕事をするにあたってのいい面と悪い面をしっかりとわかって欲しいと思います。

そうすることで、あなた自身が働く施設選びの役にたつと思います。

どんなところを重視したいかをしっかりと明確にすることが大事ですからね。

そして最後に書いたやりがいですが、人との関わりの中で得るもんが多いのは本当です。

人の気持ちを考えることができたり、コミュニケーションスキルは格段にアップします。

あなたはどんな風になりたいですか?

それを考えて介護の仕事を選んでいくことをお勧めします。


関連キーワード

介護転職