はじめまして。

ここでは介護職員に興味がある方に対して、長く働いていくために必要なコツをお伝えしてまいります。

介護職員の給料やキャリアアップに必要な要素など、どうぞご参考にしていただければと思います。

介護職員の給料の相場はどのくらい?

正社員で新卒入社した場合

正規職員で入社した場合の平均は学歴にも左右されます。

事業所によって差異はありますが、大卒であれば21万~23万、専門・短大卒であれば20万~22万、高卒であれば19万前後が相場となっています。

いずれも手取りの額面です。

また、夜勤や宿直の有無、資格取得状況によって、もう少し上がってきます

正社員で転職した場合

上記を踏まえ、さらに経験年数が加味されます。

しかし、経験年数の取り扱いについては、事業所の規程内容に違いがあるので、明確にお伝えすることが非常に難しいです。

パート・アルバイト

これも事業所によって違いがありますが、相場は大体のところ1,000円~1,200円弱が相場となっています。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

こちらは経営母体によって大きく違いがあります。

株式会社が運営する介護事業所ですと、年1~2カ月分あれば良いほうです。

社会福祉法人であれば、3~4カ月分あります。

賞与面においては、格別に社会福祉法人のほうが良いです。

昇給

あまり多くを望めないのが現実です。

年間の昇給ピッチは4,000円~6,000円ほどが相場かと思います。

50代あたりになると、昇給は頭打ちになる事業所が多いかもしれません。

各種手当

資格手当、処遇改善手当、住宅手当、扶養手当、通勤手当、役職手当、夜勤・宿直手当などがあります。

このあたりも事業所によって金額に差異がありますが、6万~10万円ほどの各種手当があります。

給与が高い人は何が違うの?

一般職であれば、そこまでの差異はありませんが、大卒で有資格者であり、夜勤回数をこなせる方はやはり給与が高い方だと思います。

そのほか、役職がついたり、施設長以上の役職になれば、手当の金額もさらに上がります。

スキル

チームマネジメントや介護技術指導ができると、給与アップにつながります。

役職

主任、副主任で5000円~15,000円ほどの手当てが付く事業所が多いです。

また、施設長以上になると、50,000円~90,000円ほどの手当てが付く事業所もあります。

勤続年数

基本的な昇給ピッチは大きくないですが、今後は制度改正が見込まれており、10年以上勤続年数がある方は、さらに処遇改善手当が新たに支給されるようです。

※介護保険事業にかかわる介護職員が対象

地域

東京都内であれば、あまり賃金格差はありませんが、地方では物価が安いため、給与体系もやや落ちてしまいます。

介護職員の給料の決まり方

経験年数

事業所によって違いますが、3年以上5年未満、5年以上10年未満、10年以上、の3パターンで区切っている事業所が多いように思えます。

資格

介護福祉士、ヘルパー1級など、資格ももちろん手当として反映され、給料に計算されます。

介護職員で給料をあげるためにやるべき3個のこと

ここでは介護職員として給料をあげるために必要なポイントをご紹介していきます。

基本的には資格を増やしていくことができれば、自身の値打ちが高くなると考えておいてください。

今の勤務先でできること

役職を狙っていく

役職につくことで、役職手当がつきます。

ポスト数が少ないところが難点ではありますが、年間10万~20万円は変わってくると思います。

事業所によっては、賞与にもプラスアルファの手当てがつくところもあるので、積極的に狙っていくことをお勧めします。

スキルアップを図る

中間指導職になるためにも、いろいろな基礎(技術や知識)が必要になります。

そのほか、実習指導者講習などの資格もとっておくと、職場での活躍の機会が増えます。

特別養護老人ホームは、介護系の学校から実習生の受け入れを打診されることも多く、この資格は重宝します。

心身における健康保持

なぜここで?関係ないのでは?と思うかもしれませんが、実はかなり大事です。

体力面が低下すると、精神面もきつくなったりします。

精神面がきつくなると、スキルアップや資格取得に対し、気持ちがついていかなくなってしまうのです。

しっかりと休養をとりながら、ストレスマネジメントをすることで、着実に給料アップへとつながっていきます。

思い切って転職する

転職も二つパターンがあります。

一つ目は、職種を変えないパターンです。

別施設の介護職員への転職は、正直あまり得策とは思えませんが、もし考える場合は以下内容を覚えておくとよいかと思います。

転職先の選び方1:運営母体はしっかりチェック

基本的には社会福祉法人が運営母体となっている施設を選ぶほうが良いです。

税制優遇を受けているので、経営が安定しています。

一般企業の介護系施設では、転職したはいいけど給与が落ちる、というケースも結構あります。

転職先の選び方2:違う種別の施設や事業所を複数もっている

社会福祉法人でも、介護保険事業しか運営していない法人もあれば、いわゆる措置施設という種別も運営している法人があります。

後者の法人であれば、万が一体を壊した場合の人事異動も可能になります。

さて、続いて二つめのパターンです。

今度は職種を変える転職という意味でお伝えします。

介護職員は、さまざまな職種の方々と協働してチームケアを実践します。

ここでいうさまざまな職種とは、医師、看護師、作業療法士、理学療法士、言語聴覚士、ケアマネージャー、生活相談員、機能訓練指導員などなど、複数の職種の方々を指します。

こういった方々と働くことで、新たな自身の可能性を探る良い機会にもなるのです。

ですので資格取得するための学費を稼いでそこから転職する、という選択も可能です。

給料をアップさせるための求人の選び方

先ほども少しお伝えしましたが、介護保険事業のみを運営している法人ではなく、複数の事業所(措置施設や障害者支援施設など)をもっている法人を選ぶようにしたほうが良いです。

そのほうが、法人全体の経営が安定している傾向があり、給与面も同じように安定し、昇給ピッチも高い場合があります。

給与相場が今よりも高いところを探そう

月額の給与も大切ですが、昇給ピッチに視点を合わせることも大切です。

月額の給与が高いけど、昇給ピッチが低かったケースや、月額の給与は標準的だけど、昇給ピッチが高かった、というケースもあります。

個人的には給与相場に大きな差異はないと思いますので、上記を気にかけたほうが良いかと思います。

賞与や昇給制度をチェック

賞与面はやはり一番大事ですよね。

年間3~4カ月分を相場として探しましょう。

まれに4.1~4.3カ月分出すというところもあります。

ここはしっかりと品定めしておきたいポイントです。

昇給については、ピッチが高ければ頭打ちの時期が早い(40代中盤から後半にかけて上がらなくなる)、ピッチが低ければ頭打ちの時期がやや遅くなる(50代後半で上がらなくなる)という感じで給与規程を定めている事業所が多いかと思います。

自身の今後の生活スタイルに合わせて考えていきましょう。

残業代はちゃんと出る?

多くの事業所は、しっかりと残業代は出ます。

しかし中には残業の指示を明確に出さず、その業務を支給対象としてみなさない事業所もあったりします。

要は、もともと定められた業務に入るわけだから、自分の時間内でやるのが普通で、それができないなら自分の効率の問題でしょ?という空気感を出す事業所もあったりするということです。

事業所選びをするときは、残業の有無や残業に対する基準をしっかりと確認しておいたほうが良いです。

交通費や福利厚生は?

交通費に関しては大体の事業所が上限5万~7万円程度を目途に実費あるいは定期代金を支給してくれます。

マイカーを使う場合も〇〇㎞~〇〇㎞の場合は〇〇円、と規程が定められています。

福利厚生についてもここ最近では大きな差異はないと思われます。

経験者が教える、実際に給料がアップしたのはこんなとき

基本的に1年間ごとに基本給の昇給はありあますが、役職がつくとだいぶ上がってきます。

以下に参考程度ですが、事例をご紹介しますね。

入社5年目、年度切り替わりの4月、副主任として従事

5年ぐらいの経験年数を積むと、一定の技術や知識、チームマネジメントの力がついてきます。

ある程度その部分が認められると、中間管理職や監督職という役職を与えてもらえます。

この手当が8,000円となっており、年間で約10万円、賞与面でも年間30~40万と、合算すると50万弱は上がってきます。

その分仕事が増えるのでは?と思う方もいらっしゃると思いますが、基本的にはプレイヤーから指導者に業務内容が変わるので、特別重圧や仕事量が倍増するなどの心配はありません。

コツコツと積んだスキルを、後輩指導にあてていくというイメージですね。

入社7年目、年度切り替わりの4月、主任として従事

後輩指導を経て、自身のポストにつけるような職員を育成すると、今度は運営や経営面を考えるため、主任という役職にもつけます。

基本的な役割は管理者代行であったり、職場全体がしっかりと機能しているかどうか、課題が放置されたままになっていないか、など、全体を幅広く見渡しながら、職場を管理していきます。

また、労務管理に触れる機会も増えていきます。

この手当は15,000円強はついてきます。

年間で18万円、賞与面でも年間50万~60万と、合算すると70~80万程度あがってきます。

入社10年目、年度切り替わりの4月、副施設長として従事

ある程度組織マネジメントや運営面・経営面を考えることができるようになると、1事業所のみではなく、会社全体の方向性を考えたり提案してみたりと、企業の発展にかかわる職務になっていきます。

この手当は40,000~60,000円程度ついてきます。

年間で50万~60万、賞与面でも80万程度と、合算すると130万円以上年収があがってきます。

このように、経験と実務年数を重ねながら、スキルアップを積んでいくことにより、一定の増収は見込むことが可能です。

上記の金額は夜勤や宿直手当は含めていないので、その部分も合わせれば、主任・副主任でさらに15万~25万円は増収が見込めますね。(※施設長や副施設長になると、夜勤や宿直はなくなりますので記載していません)

雇用形態ごとに違いは出てくる?

月給や年収

雇用形態により、月給や年収は異なります。

ざっくりとですが、正規職員の月給は22万前後で年収は350万前後です。

派遣社員の場合は月給26万前後で年収は300万~350万前後です。

契約社員の場合は正規職員とさほど大差はないです。

パート・アルバイトでフルタイムの場合は16万~18万前後で年収は230万前後になります。

ちなみに、正規職員で役職がついてくると月給は24万前後となり、年収も400万~450万程度に挙がります。

施設長などの管理者については月給30万前後となり、年収も600万強もらえるようになります。

※あくまで事業所ごとの給与規程によりますので、誤差があることはご承知置きください。

給料以外における良い点と悪い点

正社員

メリットとしては、有給休暇数や夏季休暇、年末年始休暇が確保されていることや、キャリアパスを人材育成をしっかりと受けられることが挙がると思います。

デメリットとしては、ローテーション勤務となるため、希望の休みをいれづらいことや、長期休暇をとりづらいということが挙がります。

派遣

残業が基本的にはないこと、正規職員として職を探すときに事業所を転々としているわけではないので、マイナスイメージをもたれづらいことはメリットとして挙げられると思います。

デメリットとしては、その事業所に正規職員が雇用されれば、切られてしまう可能性が高いということです。

事業所としては、派遣会社やその当事者に支払いをする金額は正規職員を雇用する金額と同等以上になるため、正規職員を早めに採用したほうが、中長期的に戦力になるとみられてしまいます。

人材育成という視点でも、いなくなる可能性がある雇用形態よりも、正規職員へ注ぐほうが事業所としてメリットが高いのです。

契約社員

一定の契約期間のみでやめることができること、転勤がないこと、給与面でも正社員とそこまで待遇面に開きがないことは、メリットとして挙げられると思います。

しかし、契約を更新したくでも相手の判断でできない場合があることや、転職時において経験年数として換算してくれない場合もあったりするところは、デメリットとして挙がってくると思います。

アルバイト

仕事をする日数や時間、内容などを限定的にすることができるのは、メリットとして挙げられるでしょう。

しかし、有休日数や夏季休暇などの付与日数が極端に少ないので、デメリットかと思います。

まとめ

さて、ここまでをご覧いただきいかがでしたか?

介護職員はきつい、きたない、きもちわるい、などのイメージをもたれ、給与も低いという印象をおもちの方が多いかと思いますが、実はわりと安定した収入を堅持できるともいえます。

自身の働き方をひと工夫していくと、中長期的により安定した生活をすることができますので、ぜひともがんばってみてくださいね。


関連キーワード

介護求人

介護求人についてもっと深堀りした情報を見る

グループホームの転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

今回は、グループホームの転職を成功させるためにやるべき3個のことと、その場合の上手な転職方法を解説していきます。少しでも興味のある方は、ぜひご覧いただければ幸いです。グループホームへの転職や、グループホームからの転職は多い?他の介護の施設と異なり、特にグループホームは介護系の資格を取得していない、無資格の状態でも応募が可能な施設が多く、そのため入社にかかる敷居が低いこともあり、介護に興味がある人が最初にくぐる門のようなイメージがあります。もちろん資格が必須の場所もありますし、長期的に働くベテランの人や、施設長といった管理職になる人もいますので全てがそうとは限りません。グループホームで勤務してい

介護支援専門員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

現代日本は過去に例を見ないほどの高齢化社会を迎えています。加齢や疾病により介護が必要となる高齢者もそれに比例して増えており、要支援・要介護の認定を受けている高齢者は平成30年10月現在で650万人を超えている状態です。2000年から介護保険制度が開始され、それとともに介護支援専門員、通称ケアマネジャーと呼ばれる資格も創設されました。誕生から19年が経ち、介護支援専門員の活躍する場所も多く存在するようになっています。今回は介護支援専門員が活躍している働き先やおすすめの求人について紹介していきたいと思います。介護支援専門員のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容介護支援専門員の仕事は、日常で介護が必

生活相談員の転職を成功させるために!狙い目な会社の2個の特徴と上手に転職するための2個の注意点

生活相談員の転職についてどのような点に注意したらいいか、よりよい職場環境とはいったいどういった場所なのか。転職について注意点、転職活動の成功させるポイントをご紹介します。生活相談員の転職で注意したほうが良い2個のこと業務範囲生活相談員は事業所の規模や会社が生活相談員に求める役割についてどの程度言及しているかによって大きく異なります。利用者や家族との会話から日々の様子を知り、変化があれば福祉職の観点からその変化が後々の生活環境に影響するのか推測し相談するためにも送迎という役割を担うことが多いです。生活相談員が添乗員として行く場合だけなく、生活相談員自身がドライバーとなり送迎をすることが多いです。

訪問介護バイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイントについて解説します

現在日本は高齢化社会で介護についての問題は多く取り上げられていますよね。今回は在宅で生活している高齢者への介護サービスで活躍している訪問介護の仕事について詳しくご紹介していきたいと思います。訪問介護は、要支援や要介護で日常生活に介助が必要なお年寄りへのサービスです。訪問介護バイトではどんな仕事をしているのか、求人内容はどのような感じなのか分かりやすくお話をしていきます。介護職に興味がある方や高齢者との関りが好きな方、何か人のためになること、やりがいのある仕事に興味がある方の参考になればと思います。訪問介護とはどんな仕事?訪問介護とは利用者の自宅に出向き、日々の生活で必要な介護を行う仕事です。訪

介護施設の仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

介護の仕事がしてみたい方にとって、どんな仕事内容なのか気になるところです。一般にいわれているのが「三大介護」というものです。これはどういったことかといいますと「食事」「入浴」「排泄」などの介助のことを指しています。その他にも介護業界には色々な仕事があります。そこで今回は介護施設の仕事にはどのようなものがあるのか、お話を進めていきたいと思っています。介護業界で働いてみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。介護施設の仕事にはどんなものがあるの?介護の仕事は実に多彩です。施設系であれば、三大介護に加えて生活支援や相談・助言などといった業務もあります。また訪問系ですと調理、入浴、整理整頓などの身の回り

高齢者向け住宅求人の給与や募集内容、おすすめの求人の選び方とは?向き不向きややりがいなどを解説!

サービス付き高齢者向け住宅でのお仕事について、ご紹介していきます。求人の給与や募集内容、おすすめの求人の選び方から、向き不向きややりがいまで解説していきますので、ぜひ参考にしてください!サービス付き高齢者向け住宅求人での大まかな仕事内容高齢者向けの建物に住んでいる入居者様の生活を支援するのが大まかな仕事内容になります。時には部屋へ伺い、訪問介護として掃除や洗濯をといった生活支援を行ったり、パット交換や入浴の介助といった身体介護を行います。施設によっては施設内にデイサービスを設けている場所もあり、デイサービスでは事前に決まっている参加者で集まってレクリエーションやリハビリといった活動を行います。

有料老人ホーム正社員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

老人ホームには様々な職種が設けられています。施設長(管理者)、ケアマネージャー、看護師、調理師、生活相談員、機能訓練指導員…etc今回はよく求人が出ている正社員の募集内容の特徴やおすすめポイント、疑問点などを解説していきます。有料老人ホーム正社員の大まかな仕事内容介護職特徴一番募集の数が多い職種。人手不足もあり、常に募集をかけている施設が多いです。この職種の方が施設を支えていると言っても過言ではないくらい大切なポジション。超高齢者社会に突入している日本においては今後も「なくならない」職種である事は明白です。介護福祉士や介護職員初任者研修などの資格を持っていなくても始められる施設も増えています。

生活相談員の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

介護関連のお仕事を探していると、「生活相談員」という職種の名前を目にすることがあります。名前だけ見ると「生活に関わる事の相談を受けるお仕事」ですが、それだけではありません。実際にどのような仕事なのか、どんな人が向いているのか、その後のキャリアアップや必要な資格も踏まえて、紹介していきます。生活相談員の仕事にはどんなものがあるの?利用者やそのご家族の方たちに対して、専門的な知識を持って生活の相談を受ける、ソーシャルワーカーとしてのお仕事です。これが生活相談員の役割であり、この職種に期待されている事でもあります。また、ケアマネージャーや医療機関などとの連絡・調整を行い、各種介護サービスの手続きや介

ケアマネージャー正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

「将来はケアマネージャーになりたい」「せっかくケアマネージャーの資格を取ったのだから、一度はケアマネージャーとして働いてみたい。できたら正社員で!!」福祉の業界で働いている方で、このような考えを持った方は多いのではないでしょうか?福祉の業界に身を置く私が考える、ケアマネージャー正社員の仕事と良い求人の探し方をお伝えします。ケアマネージャー正社員の仕事内容とは?仕事内容はどこで生活している利用者の方を対象にするかで重要視される点が異なります。自宅で生活する方を対象にするケアマネージャーは「居宅ケアマネージャー」、介護保険施設等で生活する方を対象にするケアマネージャーは「施設ケアマネージャー」と呼

特別養護老人ホームの仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

特別養護老人ホームでは、介護度が高い人が入所しています。また、他の介護施設と違う所はその「要介護者の人数」です。特別養護老人ホームは介護度が高い為、人数が多いです。要介護者が多いという事は、その介護をする介護者も多いという事です。ここでは、特別養護老人ホームの仕事はどんな人が向いているのか、どんな人が介護に合っているのかをご紹介します。特別養護老人ホームの大まかな仕事内容特別養護老人ホームの一般的な業務は「身体的介護一般」です。身体的介護一般とは「排泄・食事・清潔の介護」となります。オムツ交換やトイレの介助、毎食の食事介助、週2~3の入浴介助が一般的な介護になります。仕事上の役割とは?特別養護


介護求人に関するコラム

ホームヘルパーの仕事内容7個の業務。経験者が教えます!

「長く安定して働きたい」と、介護の仕事を目指している方も多いのではないでしょうか。高齢化が進むにつれて、介護サービスの必要性はますます増え、介護市場は今後も拡大すると予測されています。介護の仕事と一口にいっても、いろいろな種類がありますが、「ホームヘルパー」という仕事はご存知でしょうか?ホームヘルパーは、その名の通り利用者の自宅に訪問して介護を行う仕事です。介護の仕事なので、もちろん体力的にも精神的にもきついことがありますが、やりがいも多い仕事です。また、雇用形態によっては、好きな時間に働くことができるので、お子さんがいる方でも安心して働くことができます。では、肝心な仕事内容はどんなことを行う

埼玉で働きやすい福祉施設10選。女性が活躍できる職場環境プラチナ認定企業だけを厳選!

「介護などの福祉施設で働きたい」「でも、出産や子育てなどでなかなか思うように仕事が続けられない、条件に合った職場が見つからない」という女性も多いです。今回はそういった方々の中でも、埼玉県やその近辺に住んでいる人向けに、埼玉県の「多様な働き方実践企業認定制度」でプラチナ企業として認定を受けている福祉施設を紹介します。認定企業の中でもいくつか厳選しているので、女性も働きやすく・活躍もしやすい職場が見つかりやすいはず!ぜひ参考にしてみて下さいね。プラチナ認定企業とは?プラチナ認定企業とは、埼玉県が認定を行っている取り組みです。仕事と介護や育児の両立を支援する「多様な働き方実践企業認定制度」の一環とし

夜勤の介護は大変?経験して気づいた5個のメリット・デメリット

介護の仕事をしていると、3交代勤務があります。特に入所系の施設では夜勤が入ってきます。介護の仕事をしたいと考えている人で、夜勤に対して不安を抱えている人も多いのではないでしょうか。これまでとは全く違った勤務体制でもあり、夜に働くといったことに対して不安な気持ちがあるのは当然です。「眠らずに働くってできるの?」とか「仕事量はどうなのかな?何をするのかな?」など不安はつきませんよね。夕方から朝まで働くってそんな簡単に考えることってできないですよね。なんとなく大変なイメージしか出て来なくって、なかなか介護の仕事に就くことができずにいる方もいるでしょうね。この記事では、夜勤を経験して介護士だからこそ分

介護が向いてない人の8個の特徴と対策とは?介護業界15年の私が解説します

介護福祉士の仕事をしていると、「自分はこの仕事に向いていないのではないか・・・」と感じてしまう瞬間はありませんか。仕事で失敗をしてしまったり、イライラしてしまったり。体が疲れてしまっているなど、色々なことがありますよね。これは仕事をしている中で、誰もが一度は感じてしまうことだと思います。どんな仕事をしていても必ず失敗してしまうことはあります。そしてそんな時は、「自分に介護は向いてないかも」と感じてしまうものです。本当にそうでしょうか。失敗は必ず誰にでも起こりえます。この記事では、「向いていない」と感じる人のために、本当に介護の仕事に向いていない人の8個の特徴とその対策をお伝えします。また新人育

介護求人サイトを徹底比較!おすすめの6個のサイトを紹介します

介護の仕事を探そうと思ったとき、今の時代はネットから求人サイトを探し、そこから仕事を検索される方が多いと思います。とはいえ、今は求人サイトの数がたくさんあり、介護職に特化したサイトも増えてきています。介護の仕事を探す上で介護求人サイトを比較し、おすすめのものをまとめてみました。介護求人サイトのおすすめ6選私自身、介護職を何回か転職し、そのたびに求人サイトを利用してきました。そんな私のおすすめするサイトをご紹介します。ハローワークインターネットサービスご存知の通り、厚生労働省職業安定局が行っているハローワークの求人を見ることができます。介護職専門のサイトではないですが、介護の求人もたくさんありま