求人情報でよく見かける歯科助手ですが、「年収や給料ってどのくらいなんだろう?」「人によって変わるのは何が理由なの?」と思っても、お金の事情はなかなか人に聞きづらいですよね。

この記事ではそんな歯科助手のお給料事情を徹底調査!

雇用形態別の年収相場や年収の決まり方、よりよい年収で働くための歯科医院選びとは?

などなど、歯科助手のお金に関することをご紹介していきます。

歯科助手の年収の相場はどのくらい?

平均的な歯科助手としての月収はおおよそ16万円~22万円程度です。

年に2回の賞与があり、1回につき給料1ヶ月~2ヶ月分が支払われることが多いです。

年収として考えると大体220万円~360万円程度になりますね。

これだけの差があるのは、正社員やパートなどの雇用形態の違いが挙げられますが、他にも歯科助手としてのスキルや、働く場所が都心か地方かによっても変わってきます。

雇用形態別など違いの内容を細かく見ていきましょう。

正社員で新卒入社した場合

高卒や大卒などで歯科助手として新卒入社した場合、両者の違いはほとんどないかと思います。

歯科助手は国家資格を取らなくても働ける職業のため、最終学歴がどの場合でも同じような扱いとされます。

ただ、歯科助手としての民間資格を取ることが出来る専門学校などに通っていて新卒入社した場合は、知識や技術があることを考慮してくれるので、高卒や大卒で入社するよりも高い給料にしてもらえることもあります。

正社員で転職した場合

歯科助手から歯科助手に正社員で転職した場合、経験があるということを考慮してくれることが多い為、求人情報に記載されている一番低い給料よりは上を設定してくれることが多いです。

ですがこの場合は、以前働いていた歯科医院の勤続年数や辞めた理由を聞かれることが多く、数か月など短い勤務だった場合などはあまり考慮してくれない可能性が高いです。

パート・アルバイト

時給850円~1000円程度で募集しているところが多いです。

1日8時間勤務、1ヶ月20日程の出勤として考えると、おおよそ年収180万円程になります。

経験があると考慮してくれるところもあるので、金額に差が大きい表示となっていることが多いようですね。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

基本給の金額だけでなく、賞与や手当などによっても年収の金額は変わります。

では歯科医院での賞与や手当、そして昇給はどれくらいが相場なのでしょう?

賞与

1年に2回と設定されているところが多く、賞与は1回につき基本給の1ヶ月~2ヶ月分くらいの金額になるかと思います。

大体夏と冬の半年ごとに1回支給があり、冬の賞与の方が夏の賞与よりも少し高めなことが多いです。

ですが歯科医院によっては賞与がない場合も。

賞与がない場合は月収が高めになっていることもあります。

基本的には正社員のみもらえる賞与ですが、歯科医院によってはパート勤務などでももらえることもあり、歯科医院によって様々といえます。

昇給

1年に1度、年度始めの4月のお給料から上がったり、入社した時期から1年単位で上がることが多いです。

これも歯科医院によって様々で、低ければ月のお給料が1000円単位で上がることもあれば5000円ずつ上がる場合もあるので、気になる場合は面接などで事前に確認してみるのも良いですね。

各種手当

基本給の他に、毎月つく手当によって月収の金額が変わってきます。

無欠勤や欠勤が少ない場合につく皆勤手当や精勤手当、歯科助手の資格を持っている場合などにつく資格手当、仕事内容を考慮してつけてもらえる技術手当、奨励手当、家賃など住宅の支払いを一部援助してもらえる住宅手当、前月の残業代を計算した金額の残業手当など、手当の種類は様々で、どの手当がつくかは歯科医院によって異なります。

給与が高い人は何が違うの?

基本給の金額や、上記でご紹介した手当などによって給与の金額は変わってきますが、そもそもどうして人によって金額に差が出るのでしょう?

差が出るポイントを順番に見ていきましょう。

スキル

歯科助手としての仕事ぶりを考慮してもらえると、技術手当や奨励手当といったものをつけてもらえます。

これは院長が判断することが多く、アシスタントがとても上手、仕事がスムーズにこなせている、患者さんからの評判も良いなど、歯科助手として歯科医院に貢献できているか、仕事が上手くこなせているかなど、歯科助手としてのスキルが高いかがポイントになります。

役職

主任やチーフなど長年働いていたり、とても仕事ができる、人をまとめるのが上手いなどの条件が揃うと、役職がつくこともあります。

役職によっては手当がついたり基本給が上がったりするので、給与が高くなるといえますね。

勤続年数

同じ歯科医院で長年働いていると、毎年昇給すれば基本給も上がっていきます。

そのため賞与の金額も上がるので、年収としては平均的な金額よりも高くなることが多いです。

地域

都心か地方かによって、基本給や時給の金額が変わってきます。

都心だと平均よりも高く、地方だと平均よりも安いなどの差が出ます。

これは人によっての違いというよりは場所によっての違いになるので、お住まいの町の歯科助手の求人情報を見て、平均的な金額を見るのが良いですね。

医院の診療科目

歯科医院には、一般歯科の他に小児歯科、矯正歯科、審美歯科、口腔外科など診療科目がいろいろあります。

その中でも矯正歯科や審美歯科に特化している歯科医院は自費治療がメインになるので、給与が高く設定されているところが多いです。

歯科助手の年収の決まり方

年収は歯科医院によって、または人によって様々で、低い金額から高い金額までの差がとても大きい歯科助手のお仕事ですが、「結局のところ年収の決まり方って?」と思う人のために、上記でご紹介したポイントを中心に、歯科助手として働く人のよくあるパターンをまとめていきましょう。

新卒で未経験

資格を取らずに働けるので、未経験でも採用してもらえることも多いです。

その場合の月収は16万円程度とすると年収はおおよそ240万円~という場合が多く、皆勤手当や精勤手当をつけてもらうことができれば+αくらいと思って良いかと思います。

経験者のパート勤務

歯科助手として働いた経験があり、結婚や育児でブランクがあってパート勤務、となると経験を優遇してくれるところも多いため、時給850円~と求人情報に記載されていても少し高めの950円などで雇ってもらえることもあります。

1日8時間×20日勤務で考えると月収15万2000円程、年収に換算すると180万円~と考えられます。

パートでも賞与が付く場合はそれも+αになりますね。

よくあるパターンでの年収のシミュレーションになりますので、これよりも低かったり高かったりすることはもちろんあります。

あくまでおおよその参考にしていただき、正確には働く前や面接の際に歯科医院に確認しておくことが大切ですね。

歯科助手で年収をあげるためにやるべき2個のこと

働く場所や役職、雇用形態や手当によって年収は変わってきますが、「自分でできることがあれば頑張って、年収アップにつなげたい!」と思う人も多いのではないでしょうか?

そんな人のために、年収を上げられる可能性がある方法をご紹介していきます。

今の勤務先でできること

都心の方が高い、自費治療に力を入れている歯科医院の方が年収が高い、とわかっていても、なかなか転職には踏み切れないという人のために、今の職場での年収アップにつながる方法を見ていきましょう。

スキルアップを図る

歯科助手としてのアシスタント業により磨きをかけて、スキルアップを図る方法です。

自分のスキルを上げることで技術面を考慮してくれると、手当としてお給料をプラスしてくれることがあり、月収を増やすことができます。

歯科助手として働きながら民間の資格を取るのも良いですね。

資格を取ることで資格手当をつけてくれる歯科医院もあるので、事前に医院に確認してスキルアップを図りましょう。

給料アップの交渉をしてみる

院長や先生など給料の管理をしている人に、直接交渉をしてみるのも一つの方法です。

「歯科助手として頑張って働いている、これからもさらに頑張っていきたい」と向上心を伝え、基本給の金額アップや手当をつけて欲しいという交渉になります。

これは相手に納得できる理由が必要なので、働いている歯科医院に貢献していることや、もっと貢献したいという向上心があるということを上手く伝えられるかが重要になります。

思い切って転職する

今の歯科医院では給料アップは望めないという人は、思い切って転職してみるのも一つの手段です。

歯科医院はコンビニよりもたくさんあるといわれているので、現在働いている歯科医院よりも年収が良い転職先は探せば見つかるかもしれません。

でも転職先がまた年収の低いところだったら?と転職には勇気が要り、不安になることも。

そんな時のために良い転職先の選び方も診ていきましょう。

転職先の選び方1:基本給だけでなく手当もしっかり見る!

求人情報には基本給の金額が載っていますが、下の方までしっかりと見ると、つけられる手当の種類が載っていることが多いです。

皆勤手当や技術手当などと記載されている場合は、基本給に上乗せされるため年収が増えます。

手当の金額が載っていない場合は、面接時に歯科医院に金額を訪ねてみるのも良いですね。

転職先の選び方2:福利厚生の内容に目を通す!

年収が良くても、社会保険にきちんと加入していなければ、自分の手取り金額が減ってしまいます。

歯科医院によっては国民年金を払わなければならない場合もあるので、しっかりと目を通してわからなければ確認してみましょう。

転職先の選び方3:勤務地や交通費を考える!

通勤しやすい場所にあるか、できる範囲にあるか、通勤するならガソリン代や公共交通機関の料金はいくらかかるのかを考えてみましょう。

交通費が全額出る場合は良いですが、まったく出なかったり一部しか出ない場合も多く、交通費がかかって結局手取りは少ないという状況にもなりかねません。

一度交通費の計算をして考えてみましょう。

転職先の選び方4:賞与や昇給はあるか確認する!

基本給が良いと賞与がなかったり少ない場合も。

昇給がないという場合もあるので、求人情報に賞与や昇給の記載がない場合は確認するのがおすすめです。

転職先の選び方5:残業代がきちんと出るか確認する!

歯科医院は残業時間がとても多いという職場ではないですが、毎日少し残業があるというように残業の積み重ねが起こります。

そして少しの時間だから残業代は付かないという歯科医院も多いため、残業した際は残業代がきちんと支払われるのかを確認しておくのも大切です。

年収アップにつながることを優先的に考えた転職先の選び方のご紹介になりましたが、他にも有給はきちんと使えるのか、週休二日など休日はきちんと取れるのかなども含めて職場探しをするのが良いですね。

雇用形態ごとに違いは出てくる?

正社員、パートやアルバイトなど、歯科助手といっても雇用形態が違う場合のお給料事情はどうなのでしょうか?

月収や年収の違いを見ていきましょう。

月収や年収の違い

歯科助手としての仕事内容はどの雇用形態でも変わらないため、同じように同じ時間働けば月収面での違いはさほどありません。

ですが正社員は賞与が付き、パートやアルバイトにはつかない場合もあり、それは歯科医院によって様々です。

なので正社員だけ賞与が付く場合だと、年収は正社員の方が良いといえますね。

年収以外における良い点と悪い点

年収での違いがわかったところで、雇用形態によって他に違う面は何なのでしょうか?

それぞれの良い点と悪い点をご紹介していきます。

正社員

良い点:正社員の募集も多く、未経験でも正社員として働くことができ、スキルや経験を身につけることができます。

悪い点:有給はあるものの使えないことも多く、正社員でも退職金が出ない歯科医院も多くあります。

アルバイト

良い点:夕方から夜だけなどの時間帯で募集していることも多く、短い時間でも医療に携る仕事ができます。

悪い点:時給のわりには大変な仕事と感じる場合が多く、やりがいを感じることができなければ続かないことが多い職業です。

パート

良い点:経験があるとブランクがあっても復職しやすかったり、福利厚生にきちんと入れることもあります。

悪い点:退勤時間になってもアシスタント中などであれば残業になることも多いです。

このように年収以外の面で良い点もあれば悪い点もあるため、よく考えて自分のライフスタイルに合わせて働きましょう。

まとめ

歯科助手の年収について、相場や人によっての決まり方、年収アップの方法や雇用形態によっての違いなどをご紹介してきました。

人には意外と聞きにくいお金の事情を細かくご紹介しましたので「詳しく知ることができた!」「なるほど!」と思ってもらえたら嬉しく思います。

お給料の面で悩んでいる人がいたら、明日から年収アップに向けて動いてみるのも良いですね!


関連キーワード

歯科助手求人

歯科助手求人についてもっと深堀りした情報を見る

歯科助手求人サイトのおすすめ4選

歯科助手の仕事を探している方のために、おすすめの歯科助手求人サイトを紹介したいと思います。「歯科助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →歯科助手のお仕事を探す時の心得歯科助手の求人は結構あります。「通勤のしやすさ」「給料」「福利厚生」「勤務時間・休日」などの条件がどれだけ自分に合うかをチェックして、その中で長く働けそうな自分に合った医院を探す必要があります。未経験の人は特に就職してから覚えることや勉強することがたくさんありますので、通勤や勤務時間が負担にならないところを探す方が良いですし、経験者で転職や復職をされる人は、今までの経験が活かせるところで、自分のライフスタイルに合う医院を探

歯科助手の仕事でやりがいを感じた5個のことと、大変だった6個のこと

歯科助手の仕事は人気がありますよね。そんな歯科助手へ転職を考えている方もいるのではないでしょうか。この記事では、歯科助手の仕事でやりがいを感じたことや、大変だったことを紹介したいと思います。ぜひ参考にしてください。「歯科助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →歯科助手のやりがいを感じたこと歯科助手は覚えることがたくさんで、しかもとても専門的なので大変なお仕事ですが、とてもやりがいのあるお仕事です!患者さんからありがとうをもらえた!歯科治療は患者さんとの信頼関係とコミュニケーションが大切です。なので、患者さんに「ありがとう」と言ってもらえるととても嬉しいです。直接患者さんの治療をするのは

歯科助手募集にはどういったものがあるの?転職で失敗しないためにまずはコレをチェック!

歯科助手へ転職したいという方もいるのではないでしょうか。この記事では、歯科助手募集にはどういうものがあるのか、そして失敗しないためのポイントを紹介したいと思います。ぜひ参考にご覧ください。歯科助手のお仕事を検討している人へ歯科助手のお仕事は資格がなくても、未経験でも就職が出来、さらに採用されやすいお仕事です。特に女性の方にとっては就職しやすい職種で、一度、経験を積むと転職や再就職もしやすいので、お勧めのお仕事です。歯科助手の転職・復職なら見るべきポイント転職先、復職先を検討するにあたっては、求人募集をしている医院間の比較だけではなく、今まで勤めたことのある医院が比較対象となる部分もあると思いま

歯科助手派遣求人の特徴と求人の選び方を紹介します

歯科助手の仕事を派遣で探している方もいると思いますが、派遣ってどんな感じなのか気になりますよね。この記事では、歯科助手派遣求人の特徴と求人の選び方について紹介したいと思います。派遣会社に登録して派遣先でお仕事をする派遣社員派遣社員とは派遣会社に登録して、派遣先を紹介してもらい、一定期間その派遣先でお仕事をすることです。条件をクリアすれば社会保険や厚生年金、雇用保険などにも加入は可能です。派遣社員の特徴自分のライフスタイルに合わせて働くことが出来るのが特徴です。給料も一般的に高めに設定されていますし、契約期間が定められていますので、集中して働いて、ワーキングホリデーに行ったり、子どもの長期休暇の

歯科助手転職を成功させる4個の手順と注意点

歯科助手転職を考えている方で、転職を成功させるにはどうしたらいいんだろう?と思っている方も多いと思います。この記事では、歯科助手転職を成功させる手順と注意点について紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてください。「歯科助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →歯科助手で転職をお考えの方へ歯科助手の転職は比較的しやすいと言われています。より良い転職をするためには情報収集と自分がどこに比重を置いて転職をするのかが大切です。転職の目的を明確にしようせっかく転職するのであれば、現状より良い条件のところを選びたいところです。「給料」「通勤のしやすさ」「人間関係」「スキルアップ」「勤務条件の好転」

歯科助手正社員求人の仕事の特徴と求人のチェックポイントを紹介します

女性に人気のある歯科助手の仕事を正社員で働きたいと考えている人もいると思います。この記事では、歯科助手の仕事の特徴や求人を選ぶ際のチェックポイントを紹介したいと思います。「歯科助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →歯科助手正社員の求人を探している方へ歯科助手のお仕事は特に必要な資格もなく、未経験でも職に就くことができます。また、歯科医院の数は大変多く、慢性的に人手不足なので、就職はしやすいと思います。転職や再就職もしやすく、1か月の給与も一般事務よりは少し高めです。歯科助手のお仕事の特徴歯科助手のお仕事は大きく分けて、受付事務業務と治療補助及び雑務とがあります。受付事務は歯科の事務的

歯科助手パート求人のおすすめのポイントと求人の選び方を紹介します

歯科助手パートで求人を探している方も多いと思います。この記事では、おすすめポイントや求人の選び方について紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてください。歯科助手でパートをお探しの方へ歯科助手はパートとしても採用されやすい職種だと思います。お住まいの通いやすいエリアにも募集をしている医院は多いと思いますので、条件をしっかりと比較して、自分の条件に合うところを選びましょう。歯科助手おすすめのポイント資格がいらない歯科助手は経験が無くても、特別な資格が無くても勤めることが出来ます。学校に通って資格を取ってという手間と時間がないため、勤めたいと思ったら、すぐに面接を受けて、勤めることができます。資格

歯科助手(東京)求人を選ぶならこの13個の基準で選びましょう!

東京には歯科助手求人がたくさんあります。求人が多すぎて何を基準に決めていいか迷っている人もいるのではないでしょうか。この記事では、東京の歯科助手求人を選ぶ基準について紹介したいと思います。「歯科助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →東京で歯科助手のお仕事をお探しの方へ東京で歯科助手のお仕事を探すとたくさんの求人が見つかります。その中から自分に合った歯科医院を探すのは大変な作業です。自分にとって、大切な条件を基準に絞り込んでいきましょう。東京で探す13個の基準住宅街はアットホームな雰囲気の歯科医院が多い住宅街にある医院は個人医院が多いので、ドクターも含めてスタッフの人数が少なく、また、

歯科助手バイト求人の仕事内容と向いている人を紹介します

歯科助手の仕事に興味があるけど、自分にもできるかな...と思っている人もいると思います。この記事では、歯科助手バイトの仕事内容や向いている人、向いていない人について紹介したいと思います。歯科助手のアルバイトと正社員の違いアルバイトと正社員の違いは勤務時間数と福利厚生の差です。アルバイトのシフトは正社員のシフトの穴埋めや予約が集中している時間帯や曜日になることが多いです。アルバイトだと交通費が出なかったり、1か月の勤務時間が不安定=1か月のバイト代が不安定だったりします。基本的に穴埋めシフトなので、休んだり、入れないとなると正社員の人のシフトを変更することになるので、結構、嫌がられます。歯科助手