グラフィックデザインは専門職・技術職のため、馴染みのない方には仕事内容や仕事の進め方が難しく思えたり、先入観が先行したりしがちです。

そこで、今回はグラフィックデザインという仕事を、経験者へのヒアリングをもとに仕事内容別にまとめてみましょう。

就職や転職を考える際、まったくの未経験業種にチャレンジする場合は、その業界や業種についてのしっかりしたリサーチをすることが失敗をしないコツ。

仕事内容を種別でしっかりおさえておきましょう。

グラフィックデザインの仕事は大きく3個の役割に分けられる

グラフィックデザインの仕事の役割1:チラシやDMなど広告物のデザイン

いわゆる広告物のデザインです。

もちろん奇麗で華やかなモノのほうが見栄えがするし広告として目立ちますが、ただ広告内容が情報として見にくいものは広告物としては失格。

広告物のデザインはビジュアルセンスというより情報整理をしてより判りやすく見せる役割を担っています。

グラフィックデザインの仕事の役割2:書籍・冊子のページデザイン

いわゆる書籍や雑誌のビジュアルデザインもグラフィックデザイナーの仕事です。

こちらもアートな感覚より読みやすさや書籍・冊子の全体的な編集スタイルや流れに合わせたデザインをすることが要求されます。

雑誌のエディトリアル(編集)については、そこにデザインとしての格好よさや精錬されたセンスも求められます。

グラフィックデザインの仕事の役割3:パッケージデザイン

一般にグラフィックデザインというと、こういったものを作る役割を思い浮かべるかもしれませんね。

この業務については、パッと見てユニークで、格好良かったり可愛かったりといったイメージを表現しながら、それでいて商品自体のイメージを崩さないアート感覚と実用性のバランスが必要。

デザイナーの役割としてはかなり高度なカテゴリーと言えます。

広告物デザインの3個の業務

広告物デザインの業務1:情報整理

紙面に入る文字情報や写真原稿を精査して、レイアウトを組み立てます。

この業務につくデザイナーはラフデザインや下書きを起こさない方も多くいます。

とにかく内容が判りやすく、それでいて目を引くデザインを組み立てます。

広告物デザインの業務2:デザイン制作

内容の組み立てができたら、実際にデザイン制作です。

現在、グラフィックデザインの現場ではほぼ100%デジタル、PCとIllustratorやPhotoshop等のソフトで制作しますので、それらの操作スキルは必須です。

広告物デザインの業務3:訂正・修正・出稿

クライアントと「校正」をやりとりし、間違いを訂正したり意向に添ってデザイン修正をして、最終的にOKとなったデータを印刷に回します。

書籍・冊子の3個の業務

書籍・冊子の業務1:コンセプト打ち合わせ

まずは関係者と打ち合わせ、擦り合わせをして書籍・雑誌の内容に紐づいたデザインのコンセプトを決めます。

文字がただ並んでいるだけの書籍にはデザイン要素は薄いですが、雑誌などは記事内容によってデザインも大きく変わります。

これを受けて、ラフスケッチや下書きなどをしていきます。

書籍・冊子の業務2:制作

この業務においてのデザインもいまではほぼデジタルで作業します。

使うソフト的には広告を作る際のシステムと大差ありません。

出版物を作る際には、こういった制作系ソフトの操作スキルと同時に、業界内の「お約束ルール」についての知識もあったほうがいいでしょう。

書籍・冊子の業務3:訂正・修正

広告物と同じく訂正や修正箇所がなく一発でOKという状況はほぼないので、クライアントとのやり取りの中でのデータ訂正には都度対応する必要があります。

パッケージデザインの3個の業務

パッケージデザインの業務1:打ち合わせ

商品パッケージや包み紙などのグラフィックデザインは、いわば商品の「顔」ですので、徹底してどんなものが受けるのか、誰をターゲットにするのかを綿密に打ち合わせしてから制作に取りかかります。

単に奇麗とか可愛いとかではなく、アンケートやマーケティングデータをもとに制作会議をする席にグラフィックデザイナーも同席します。

また時としてグラフィックデザイナーがデザイン業務の一つとして立体的な形状まで提案することもあります。

パッケージデザインの業務2:ラフ案制作

パッケージデザインなどの分野でのグラフィックデザインは、いきなり作り始めるようなことはぜず、しっかりラフデザイン案をあげて検討します。

パッケージデザインの業務3:制作

しっかり形状やコンセプトが決まれば実制作に入ります。

こちらの業務もデジタルでの制作が多くなるでしょう。

アーティストとの仕事内容の違い

しばしば、グラフィックデザインはアーティスチックな職業と見られがちですが、アート作品と違いどの仕事もクライアント様の意向に沿ったデザインにする必要があります。

グラフィックデザインは「作品」ではなく「商品」である必要があります。

グラフィックデザインは時に目新しさや斬新さより、わかりやすさ、読みやすさを重視しなければならないので、グラフィックデザインはやはりデザインとは言ってもアートとは違うという認識を持つべきです。

グラフィックデザインの仕事の良いところ

グラフィックデザインの仕事の良いところ1:自分の作ったものが世の中の人の目に触れる

チラシにしろ雑誌にしろ、グラフィックデザインの成果物は多くの人目に触れて生活の中で身近な情報ツールとして機能します。

自分で作ったものが広告となったり、雑誌やパッケージになり、実際に世の中で役立っている姿が見れるので、やりがいを直接的に感じられるのが、グラフィックデザイナーという職業の良いところです。

グラフィックデザインの仕事の良いところ2:スキルの上達を自分で実感できる

グラフィックデザインは経験と知識で、どんどんスキルアップしていける職業なので、好きになればデザイン制作自体がすごく面白くなります。

先ほどグラフィックデザインはアートではないと書きましたが、自分のスタイルやコンセプトを全く表現できない訳ではありません。

クライアントや世間に求められている機能と自分のデザインのスタイルのバランスをしっかり取れるほどスキルアップすれば、デザイナーとしての自分の特徴もどんどん出していける面白さがあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

専門職ですので、なかなか未経験では敷居が高い職業ですが、その仕事内容は面白みとやりがいでいっぱいの職業です。

デザイン制作に必要なソフトのスキルなどは講座や職業訓練でも習得可能ですので、ぜひやってみたい!

という方は、グラフィックデザインに必要な知識・スキルの習得から始めてはいかがでしょうか。