進学、転職、結婚。

人生の節目となる様々なスタートと同時に始まる新生活!

そんな時、新たな生活スタイルを整えるべく一度は足を運ぶのがホームセンターではないでしょうか。

新居を彩るべくワクワクしながら生活雑貨選びをしたり、ついつい本来の目的から脱線した商品を買い物カゴに入れてしまった!!

なんて経験がある方も少なくないはず。

日用品はもちろん、日曜大工から家庭菜園まで、好きな人は1日入り浸ってしまう豊富な品揃え。

用も無いのに覗いちゃったりしてしまうホームセンター。

今回はそんなホームセンターでアルバイトとして働いて身についたことや良かったことをご紹介します!

私はこんなところでホームセンターアルバイトをやりました

私がアルバイトしたホームセンターは、近所の規模としてはとても小さい方の地域密着型なお店です。

実は当の私もそのホームセンターから物干し竿を買ったりと時々利用させていただいていたお店で、実際にお店に勤めてみると常連の職人さんとご近所さんがお客様の半数を占めるようなアットホームなお店でした。

平日は早朝から職人さんがその日使う資材を揃えに、休日は近所にお住まいの方々が生活用品や日曜大工の木材、家庭菜園用の苗を買いに。

春には新生活の準備の家族連れがキッチン用品や合鍵、夏はすだれにかき氷機、秋には落ち葉用の竹箒、冬は雪を溶かす融雪剤やスコップ、カイロ等など平日休日を問わず、春夏秋冬季節に関わらず沢山のお客様が訪れる中々忙しいお店でした。

ホームセンターアルバイトの時給は?

ざっくり言ってしまえば時給は高くありませんでした。

立地やお店の規模により違いはあるかと思いますが私の場合は国が定める最低賃金からスタート。

仕事は、まずレジ打ちから始めました。

大きいお店などではレジ打ち専門や各部門ごと(工具・電気など)の売り場での募集もあり、その部門ごとの時給があるところもあるようですが、私の場合は小さいお店だったのでレジ、品出し、案内できる人がいない場合は私自身でお客様のご案内をするような時もあり、出来る事が増えるに応じて時給に反映されていく形でした。

実はそれが時給とは別の価値、やりがいへと繋がります。

ホームセンターアルバイトでやりがいを感じたこと

ホームセンターは大工さんや左官屋さんなどその道のプロが商品を求めてくると同時に、一般のお客様も多数いらっしゃいます。

そのため、レジ打ちをしていようが品出しをしていようが容赦なく質問が飛んできます。

時にはプロの方々が現場で使う専門用語であったり、一般のお客様の『普通』の質問であったり。

プロの方々の質問は当然難しいのですが、一般のお客様の『普通』と言うのも実はかなり難解で、その人その人、そのお宅そのお宅の十人十色な『普通』に応える必要があります。

自分は普通だと思って使っているモノが、実は意外と特殊だったり希少だったりと言う事も珍しくないんです。

その要望や希望に応えるには販売する側に最低限の商品知識が必要になります。

DIY(日曜大工)が流行っている昨今などでは、そもそも初めから存在しない商品を既存の商品を応用して作りたいと言う要望も少なくありません。

当然最初は何を言っているのか、何を探しているのか、そもそも聞かれていること自体何の事なのかが全く分からずあたふたし、部門の担当者などベテランの方に助けて貰うのですが、少しずつ慣れ、商品の知識が身に付いてくると段々と質問の意味が理解でき、やがてある程度の案内が出来るようになり、さらには数ある商品の中からお客様の求めるものを選び出す事が出来るようになります。

小さなことですが、少しずつ確実に前進していることが実感できるのです。

商品が多く、用途や求められることが毎回違うため、失敗や分からなかった事が次第に自分の知識となり誰かのために役立つようになることは想像以上にやりがいになります!!

そしてその知識はお客様のみならず、自分自身にも大きく役立つモノになるのです。

ホームセンターアルバイトをやってて良かったことと身に付いた役立つスキル

ホームセンターの商品は完成されたものばかりではありません。

むしろ部品であったり、一部であったり、補修するためであったりと必要とする方のニーズに細かく応えるための品揃えが大半ではないでしょうか。

そのニーズや商品に対して一つ一つ応える事はそこで働く人にとって難問、難題となる事も少なくありませんがそれ以上の発見やスキルを与えてくれます。

良かったこと① 商品の特徴に興味を持つようになる

ホームセンターでの一般のお客様の質問やお買い求めになる商品のほとんどは家庭のちょっとした補修に必要なモノだったりします。

そういった商品を探しにくるお客様が来ない日は1年の営業中、1日として無いと言い切れるほど確実にいらっしゃいます。

例えば、居間や玄関、お風呂場の電球と、1年のうちに1度はどこかを交換しませんか?

そこでホームセンターに買いに行った時、うっかり切れた電球を持って行き忘れ、沢山ある電球の棚からどれを選べばいいか分からなった経験はありませんか?

そうなんです!

電球と一口に言っても明るさ、サイズ、光の範囲、色、省エネ、様々な個性があるんです。

実は電球には大きく分けて三色、色があります。

働き始めた頃の私は電球の色なんてどれも一緒だろ!くらいにしか考えていなかったのですが、知れば知るほどその違いから生まれる印象であったり、照明の色の効果の違いに驚かされました。

こうして何気なく使っていた商品への新しい目線が培われていきます。

身に付いたスキル① 生活環境にちょっとした変化を加えたくなる

電球だけに限らず、私たちの身の回りにある何気なく使っているモノにはに日本のもの作りの大きな長所でもあるさりげない気遣いが実は沢山詰まっています。

それは本来ならパッケージや説明書の一角にひっそりと記されていて普段は中々気が付きません。

しかし否応なく商品知識が必要となるホームセンターでの仕事ではそれらの効力を知る必要があり、知ってしまうとついつい自宅で試したくなってしまいます。

それがいつの間にか自分の生活環境で当たり前のように使うようになるんです。

地味かもしれませんが一生活用できるホームセンターならでわのスキルだと思っています。

ちなみに私はトイレには穏やかな電球色の電球を、寝室にはクリーム色に淡く光る昼白色の電球を、リビングには最も明るい昼光色の電球を使うようになりました。

良かったこと② 商品の本来の使い方を覚える

水道の水漏れ、破れた網戸、壊れてしまった雨どい。

電球の交換と同じくらいの頻度で家具、家財の補修に必要な材料を求めてくるお客様もいらっしゃいます。

特に多いのは水道関係です。

一番手っ取り早いのはプロにお願いするのがいいんですが、そこまで重度の故障じゃないけど気なる。

ホームセンターに足を運ぶお客様の大体はこんな症状の故障を直す為にやってきます。

実際、ホームセンターでは使い方さえ分かればそれ程時間とお金をかけずに軽度の症状を解消できる優秀な補修材が揃っています。

ただ問題はその補修材の正しい使い方を知っているかと言う点です。

先ほども言った様にこの軽度の修理の相談や質問はホームセンターでは日常茶飯事です。

つまり、最初は使い方がわからない補修材の使い方もお客様を案内しているうちにいつの間にかマスターしてたりします。

使い方だけ知っててもとお思いの方もいらっしゃるかもしれませんがご安心ください。

優秀な補修材の数々は使い方さえ間違わなければその効力を存分に発揮してくれるのです。

ホームセンターで働くとその手順を頻繁に案内する事になり、いつの間にか自分の知識になっています。

身に付いたスキル② ちょっとした補修なら自分で出来るようになる

これは非常に経済的なスキルです。

どんなに大切に使っていても年月や使用頻度により水道など生活の要となる部分の故障は避けられません。

プロにお願いすると些細な修理でも5000円~が相場な昨今、この『補修材の正しい使い方を知っている』と言うスキルを持ち合わせていれば下手をすれば500円以下で対処できてしまう事もある非常に強力で有能な追加スキルが身につきます。

自分で直せた時の達成感も結構あります!

ただ、私自身ここ最近の簡易補修は自力でやるようにしていますがあんまり重度な時は大人しくプロにお任せしましょう。

補修について多少分かるようになると職人さんの技術の凄さも分かるようになり、補修が自分で出来るか出来ないかをある程度見極めれるようにもなります。

良かったこと③ 新たな趣味が見つかる

「へーなるほどー」と自分が販売している側でありながら感心したり関心を持つ商品がホームセンターには沢山あります。

私の場合一番心惹かれたのは家庭菜園でした。

きっかけはホームセンターの屋外で販売していた土。

土なんてどれも一緒だろ!

と電球の時と同じく最初はなんとも思っていなかったのですが、お客様を案内しているうちにその奥深さに興味を持ち始めてしまったのです。

そして気が付けば種と鉢を購入しベランダで大葉やミニトマト、オクラなんかを収穫するまでにハマっていました。

私はたまたま家庭菜園でしたが、ホームセンターには電動工具など日曜大工には欠かせない商品もずらりと並んでいます。

その一つ一つにその魅力にハマッた人がついつい手に取りたくなるような仕掛けや機能が備わっています。

商品を知ることにより今まで関わらなかった世界やジャンルにも視野が広がり、知っているからこそ最初の一歩が踏み出しやすくなり、フットワークが軽くなります。

身に付いたスキル③ 実体験と言う最高の例が出来る

ホームセンターにいらっしゃるお客様の求める要望は一人一人全く違います。

求める商品が同じでもお客様の抱える事情はまるで違ったりします。

そんな時、自らに体験したり経験したことがあれば商品の説明以外に、実際私の場合はこうなったという生きた例えを提示することが出来るのです。

私の場合はよく家庭菜園での失敗談を例に挙げこれから家庭菜園を始めようとするお客様に自分なりの商品のプチプレゼンをすることもあります。

このスキルはホームセンターに限らず仕事や実生活で応用可能な能力になるのではと考えています。

上記の良かったことはほんの一例ですが、数え切れない沢山の商品の中からお客様の要望に沿う商品を見つけたり、自らの体験談や商品の詳しい説明がお客様の役に立ち、リピーターになって下さる方が現れたり、「ありがとう」や「助かったよ」なんて言葉をもらうと難題や難問も多い分嬉しい気持ちも大きいです。

商品の数だけ違った問題を抱えたお客様がいらっしゃいます。

その一人一人と真摯に向き合う姿勢を学ぶことが出来ると思っていす。

以上が私がホームセンターで働く醍醐味だと思える部分です。

それでは実際に働いみて私が思うホームセンターで働くのにオススメなタイプの人はどんな方かご紹介しますね。

ホームセンターアルバイトはこんな人におすすめです!

ホームセンター好き

こういう方は文句なしですね。

1日中居ても飽きないと言う方にとっては天国かもしれません。

ただ自分の興味の方に夢中になり過ぎないように注意が必要です。

初日からメモ帳を用意していく意欲のある人

とにかく覚えることが多いです。

だからといってあせりは禁物。

いきなり全部は覚えられません。

覚えられなくても気になった事、関心を持った事を走り書きでも良いので書き留めておくことが肝心です。

意外に後からそのメモに助けられる事が多かったりします。

気になった事はお客様にでも聞ける人

正直プロの職人さんが使う道具は本当に何に使うか分かりません。

名前や用途を聞いてもさっぱりなことも結構あります。

そんなときはもういっそお客様である職人さんに素直に「それどうやって使うんですか?」って聞いてしまったほうが早いです。

相手はその道のプロ。

時と場合にもよりますが大概の場合親切に教えてくれます。

知らないままを良しとせず、商品知識を色んな形で取り入れることが大事です。

新しい事に出会いたい人

興味を持つと深みにハマってしまうような商品ホームセンターには多いです。

無趣味と自らを思っている人もまだ知らないだけで実は熱中してしまう何かが眠っているかも知れません。

ホームセンターで取り扱う商品は実生活で直接役立つものから日々の隙間を埋めるような遊び心のあるものまで多様です。

商品の知識を頭に入れる事は大変ですがまだ見ぬ身近な何かを見つける事が出来るかも知れませんよ!!

まとめ

ホームセンターでのアルバイト経験を元に紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

もちろん大変なことも少なくないですが、実生活にすぐに役立つ知識とスキルを身に付ける機会が多いように思います。

色々なことに興味を持ち、分からない事が徐々に分かるようになっていく過程を楽しむことが出来れば、ホームセンターでのアルバイトはきっと貴方にとって意味ある時間になることでしょう。