「グラフィックデザイナー」と聞いて、どんな仕事をしているのか分かる方はそう多くはないでしょう。

グラフィックデザイナーとは雑誌やパンフレット、ポスターや新聞、広告や商品パッケージ、インテリアなどのデザインをする人を指します。

実は「グラフィックデザイナー」とひと言では括れないほど、この職業は細かく分かれています。

グラフィックデザインとは主に平面デザインをすることで、アウトプット先は紙媒体やWeb媒体がメインであることが多いです。

グラフィックデザインの中でもアドバタイズメントに特化したデザインを広告デザイナーといい、新聞の広告やテレビCMなどのグラフィック、パンフレットやチラシなどの媒体、店先に置かれるPOPやポスターなどの販売促進ツールがメインです。

グラフィックデザインの中で、ロゴや企業カラーなどを構築し、名刺や封筒、Webサイトや看板などビジネスツールをメインとしたデザインを行うのが、ブランディングデザイナーです。

お菓子などの食品や化粧品、CDジャケットなど工業製品の商品パッケージデザインをするのがパッケージデザイナーです。

表面デザインだけではなくパッケージそのものもデザインするので、立体を扱うグラフィックデザインとなります。

雑誌やカタログ、フリーペーパーなどの紙面をレイアウトしデザインするのがエディトリアルデザイナーです。

ペラもの(チラシなどの1枚もの)ではなくページ数があるので、構成を考えながらデザインします。

一方、中面ではなく書籍の装丁をデザインするのがブックデザイナーです。

本の表紙や帯、紙の種類や製本の仕方など、トータルでデザインを手がけます。

紙製の文具やポストカード、便せんをはじめスマホケースやTシャツデザインなど雑貨類のデザインを行うのが雑貨デザイナーです。

また企業やイベントのキャラクターをデザインし、その周辺媒体も合わせて手がけるのがキャラクターデザインです。

これらのグラフィックデザイナーはひとつの分野に特化して単独で行う人もいますが、複数のグラフィックデザインを兼務して手がける人もいます。

また紙媒体だけではなく、Web媒体やスクリーン上でのデザインなど、アウトプット先が複数の場合もあり、グラフィックデザイナーとひと言でいってもその用途と形態によりさまざまなデザインを手がけるため、手順や方法もその都度異なります。

今回は、一般的な紙媒体を最終的なアウトプットとした場合、どのような仕事内容があるのかを解説します。

グラフィックデザイナーの仕事は大きく3個の役割に分けられる

デザイン前

グラフィックデザイナーの仕事はデザインをすることだけではありません。

デザインをするにあたり、どのようなコンセプトの仕事なのかを聞き取り分析し、それに見合ったデザインをするための資料集めをすることから、業務は始まります。

デザインをするよりもデザインの前段階の方がむしろ重要な場合が多いので、手が抜けない作業です。

デザイン中

グラフィックデザイナーにとっては、デザインをする作業が最大の山場といえますが、デザインを手がけている時点でイメージは既に完成しており、それを形にしていくだけなので、時間はかかりますが、淡々と作業をしていくだけです。

途中でクライアントの意向やコンセプトが変更になった時は、デザイン前の作業に戻ることもあります。

デザイン後

デザインが終われば、業務が終了という訳ではありません。

クライアントの意向と合致していなければ何度も校正が入ったり、デザインそのものが大幅変更になったり、場合によってはボツになる可能性もあります。

クライアントがOKを出し、データを入稿したら、グラフィックデザイナーとしての仕事は終わります。

デザイン前の3個の業務

クライアントとの打ち合わせ

グラフィックデザイナーの業務は、クライアントとの打合せからスタートします。

クライアントへのヒアリングを丁寧に行うことで、商品のコンセプトやテーマを確認し、クライアントやエンドユーザーが求めるものを聞き出し、デザインをする上でどのような点に気をつければよいのか、ターゲット層はどこなのかなど、細かい部分を把握していきます。

グラフィックデザインはあくまでもクライアントがあっての仕事です。

クライアントがイエスと言わない限り、どんなに時間をかけた素晴らしいデザインでも、ビジネスとしては成立しません。

クライアントの要望は何かを理解することが重要となります。

素材や資料集め

打合せ後は、素材や資料集めをします。

他社製品をリサーチしたり、メインターゲット層が熱中しているものや流行を調査することから始まり、そのプロジェクトに関するデータを集めていきます。

またチームとして関わる場合は、写真はカメラマン、イラストはイラストレーター、文章はコピーライターが手がけ、それぞれの素材がグラフィックデザイナーの元に集まります。

各素材を合わせながら、キャッチーでビジュアル的にインパクトのあるグラフィックデザインを考えます。

エディトリアルデザイナーやパッケージデザイナーの場合は、デザイナーがコピーを考えたりイラストを描いたりすることもあり、背景やポイント部分の素材を集めることも多々あります。

ドラフト作成

データや資料、素材が集まったら、それらを整理してレイアウトデザインをしていきます。

大切なのはクライアントの要望やコンセプトが盛り込まれているかを常に意識し、完成形をイメージしてデザインすることです。

時には1案とは限らず、何案か提出することもあります。

グラフィックデザイナーは芸術家やアーティストとは異なり、自分本位でデザインすることをしてはいけません。

クライアントの意向に沿ったデザインを心がけ、その範囲内で自分の個性を発揮します。

デザイン中の4個の業務

Photoshop(フォトショップ)作業

以前のグラフィックデザイナーは「版下」と呼ばれるものを作成するため、文字通り「切った・貼った」をして、アナログでデザインを完成させていました。

現在ではほぼパソコンで制作するため、パソコンスキルがないとグラフィックデザイナーの仕事は成り立ちません。

またグラフィックソフトを使いこなすテクニックも必要です。

グラフィック分野で世界的に使用されている画像編集ソフトがPhotoshopです。

写真を加工・合成したり、美しいグラフィックやポップなグラフィックを作ったり、スキルや用途に合わせて可能性は無限です。

使用頻度も高く、幅広い使い方が期待できる反面、Photoshopを使いこなすには相応のテクニックとスキルが必要です。

思い描いたデザインを自ら作り出すためにパソコンスキルはマストアイテムです。

Illustrator(イラストレーター)作業

Photoshop以外にもグラフィックデザイナーが必須のソフトがあります。

それがIllustratorです。

Photoshopが写真加工に特化したソフトであるのに対し、Illustratorはデータやレイアウトデザインに特化したソフトです。

文字をアウトライン化してアレンジしたり、写真とイラストをはめ込み色を付け、レイアウトをするソフトです。

Photoshop同様、Illustratorのソフトを使いこなすのには相応のテクニックとスキルが必要なので、プロとしてグラフィックデザイナーをする場合にはマストアイテムです。

InDesign(インデザイン)作業

Illustratorがチラシなど1枚ものに適しているのに対し、InDesignはページものを作成するのに最適なソフトです。

以前はQuarkXPress(クォーク・エクスプレス)がDTP(デスクトップパブリッシング)の代表的な製品で、次いでPageMaker(ページメーカー)がありましたが、QuarkXPressはMac OS Xへの対応が遅れたためにInDesignにシェアを奪われ、現在ではInDesignがDTPにおける主流ソフトとなっています。

雑誌や書籍を制作するグラフィックデザイナーには必須ソフトであり、細部にわたるパフォーマンスが向上し、効率良くエディトリアルデザインや組版設定が行えます。

PhotoshopやIllustratorと同じように、デザインスキルだけではなくソフトを巧みに扱える技術を要し、またマスターページやページ管理機能など他ソフトとは異なる点もあるため、それぞれのソフトの利点を理解し、使いこなす能力が必要です。

チーム内での打ち合わせ

プロジェクトに携わっているチーム内での打ち合わせも発生します。

特にコピーライターとの打ち合わせはレイアウトデザインに直結しますので、要望を互いに出し合いながら、デザインの完成度を高めていきます。

デザイン後の4個の業務

打ち合わせ

仕上がったグラフィックデザインは、クライアントにチェックしてもらいます。

何案か提案した場合は、その中のどれが最適かをクライアントに選んでもらい、その1案に加筆修正を加えて仕上げていきます。

都度クライアントと打ち合わせをし、お互いの認識にズレがないように商品のコンセプトを汲んでいきます。

校正

クライアントから校正の指示が出た場合は、指摘をもとに再度デザインを校正していきます。

校正は1度だけで終わる場合もあれば何回か繰り返される場合もあり、クライアントやプロジェクトによって異なります。

コンペ/競合

プロジェクトによりコンペや競合になる場合があります。

クライアントが何社かに同時にプロジェクト依頼をし、期限までに出揃った作品の中から最も良かった1社に絞られる仕組みです。

当然ながら、コンペに通らなければビジネスとしては成立しないため、料金が発生しません。

逆にコンペに通れば、そのプロジェクト関連業務も一気にビジネスとして請け負う可能性が高まり、また自身のデザインへの自信ややりがいにも通じるので、コンペに挑戦するのはチャレンジです。

納品

最終的にクライアントからの承認を得られたら、デザインデータを納品してグラフィックデザイナーの業務は終了となります。

アートディレクター(クリエイティブディレクター)との仕事内容の違い

グラフィックデザイナーとアートディレクター(クリエイティブディレクター)は同じ分野で働く仲間ですが、立場が異なります。

アートディレクターは、企画全体をまとめる役割を担っています。

クライアントやプロジェクトによって、グラフィックデザイナーやカメラマン、コピーライターなどの上に立ち、陣頭指揮を取るのがアートディレクターです。

またスケジュール管理や納期調整、コスト管理なども行います。

そのためグラフィックデザイナーとしてのスキルだけではなく、マネジメント能力も必要なポジションです。

プロジェクトにより広く深く携わることができます。

グラフィックデザイナーの仕事の良いところ

やりがいを感じるポイント

グラフィックデザイナーとしてやりがいを感じるのはどのような点でしょうか。

ポイントを解説します。

ゼロから作っていく

グラフィックデザイナーは、何もない真っ白な状態から、何かを作り上げていく仕事です。

作り上げていく=創り上げていくと言い換えることもできます。

そのためクリエイティブな能力を必要とする職種ですが、誰も作ったことのないものを作り上げていくという、やりがいと喜びを感じられます。

チームで一致団結する

グラフィックデザイナーが1人でプロジェクトに関わることはほぼありません。

常にクリエイティブチームの一員として仕事をし、最良かつ最善の作品を作り出すために協力します。

それは良い作品を作り出すと同時に、自分の人間性も高められるような刺激を受けるチャンスにも恵まれていることを意味します。

皆で一致団結して作り上げた作品はチームワークの象徴であり、知識と経験の糧にもなります。

お互いに刺激しあった仲間は貴重な財産であり、異なる能力に感化されることで、人としての幅も広がるでしょう。

作品にスポットが当たる

自分が手掛けたデザインが、街中のポスターや看板に設置されていたり、誰かがその商品を手に取ってくれたら、仕事のやりがいや満足感は計り知れないものとなるでしょう。

自分が携わった作品が世の中に送り出され、人々の目に留まって誰かの気持ちに働きかけることができたら、社会に貢献できたと感じるはずです。

この喜びに勝るものはないでしょう。

面白いポイント

グラフィックデザイナーとして仕事をする上で、面白いと感じたのはどんなところでしょうか。

ポイントを解説します。

毎日が刺激と勉強

グラフィックデザイナーは、自分のデザインを進化し、改善し続けなければなりません。

日々新たな問題にぶつかり、都度解決しなければ進まないこともあります。

知識や情報をより必要とする職業でもあり、行動や実践により活動範囲が広がる仕事でもあります。

どのような仕事でもクライアントの要望に応え、ユーザーや読者に魅力的なデザインを提供し続ける必要があるのです。

デザインのひらめき

エンドユーザーの思考を考えながら、効果的なグラフィックを制作するためには、常にインプットしてアイデアを考えないといけないので、大変ですが、とても面白い仕事です。

一瞬でひらめいたデザインが形になった時には、達成感があります。

ただ毎回ひらめきがあるわけはなく、形の無いものから何か作り出す「産みの苦しみ」も同時に味わいます。

また、自信をもって提供したデザイン案がクライアントの意向に沿わず、ボツになることも多々あります。

そのような時には反省するだけでなく、自分の感性に自信が持てなくなることもあります。

物事の見方が変わる

「自分の手がけたデザインで、何を見せられるか=魅せられるか」を常に考えて仕事をするようになります。

街中でふと目に留まった印象的な看板やポスターの中身を読むのではなく、何が自分を引きつけたのかを考えるようになります。

アドバタイズメントによりどのような付加価値がつくのか、ブランド目標の達成が可能なのか、人を動かすデザインとは何かということを、グラフィックデザインを通して学び、考えさせられます。

そのような思考や学習の繰り返しは、やがて大きなビジョンで物事を考えられる力にもなり、次のプロジェクトへのアイデアを蓄積することになります。

デザインは新しい視点やチャレンジする勇気を与えてくれます。

たくさんの創作物に対する、新鮮な驚きと不思議だと思う力は、刺激を与えてくれる存在となります。

グラフィックデザイナーの仕事をするにあたって身につけなければいけないこと

締切厳守

社会人としての最低限のルールでもありますが、締切を守れないのはビジネスとしての信用を失うだけではなく、人としての礼儀も欠いた行為になります。

特にグラフィックデザイナーの世界では、締切厳守は絶対に遵守しなければならないルールです。

スケジュール管理

グラフィックデザイナーは、芸術家やアーティストとは異なります。

長く時間をかければよい訳ではありません。

残業や徹夜を繰り返しては、仕事に差し障りが出るだけでなく、健康にも害が生じます。

また時給換算した時の効率低下にも繋がりますので、早めの納品を心がけ、余った時間はスキルアップとセンスのブラッシュアップに使いましょう。

パソコンスキル

グラフィックデザイナーはパソコンスキルがないと仕事として成立しません。

デザインセンスもさることながら、日々進化していくパソコンとソフトに対応し、ブラッシュアップを続けていかないと、やがて追いつけなくなってしまいます。

コミュニケーション能力

グラフィックデザイナーに最も必要なものは、クライアントが求めているものを引き出すコミュニケーション能力です。

特に相手の意図を正確に読み取るために、話し上手や聞き上手にならないとプロジェクトがスムーズに進みません。

併せて読解力や情報収集力も大事ですので、国語力やマーケティングリサーチ力も、常に磨き続ける必要があります。

自分が良いと思ったものが、全てのクライアントに受け入れられることはありません。

クライアントの意向を第一に考えてデザインを心がけると同時に、グラフィックデザイナーとしてどうしても外せないポイントがある場合は、クライアントを論理的に説得するスキルも不可欠となります。

美的センス

グラフィックデザイナーとして必要不可欠な要素は、美的センスです。

ビジュアルに訴える要素が強い仕事なので、常にアイデアの引き出しを多く持ち、世の中のトレンドや消費者、ターゲット層の興味・関心などにアンテナを張り、情報をキャッチするセンスが必要です。

ビジュアルスキル

グラフィックデザイナーは美的センスだけではなく、レイアウトセンスも必要です。

すなわち読みやすさや見やすさです。

デザインに気を取られるあまり、肝心の情報提示が読みにくくなってしまっては本末転倒です。

デザインが良くても、伝えたいことが正しく伝わらなければ意味をなしません。

そのためには文字組みと余白の取り方が重要になってきます。

グラフィックデザイナーは0.1ミリ単位の位置の違いにまで気を配ります。

きちんと整っていないと気持ち悪く感じてしまうため、自然と丁寧な作業になります。

優秀なデザイナーであればあるほど、その精度は高まります。

忍耐力

グラフィックデザイナーはクライアントの要望に応えることが第一です。

時には無茶な変更や修正を求められることもあります。

しかし、厳しい環境で訓練を重ねることで、忍耐力も鍛えられ、どんな要望にも対応できる幅の広さを次第に身につけることができます。

我慢して真剣に取り組んだ経験は、確実に自分のスキルになります。

またベストなデザインを追及できる根気強さも求められます。

グラフィックデザイナーのやりがいはコレ!

好奇心

自分の頭の中にあるイメージを形にしたり、新しいものを作ることが好きな人、色々なことに興味を持っている人に向いているのがグラフィックデザイナーです。

逆に、さまざまな物事に興味を持たないと続けられない仕事でもあります。

アンテナを常に張り、感性を磨き続けるための好奇心が大切です。

個性を出す

与えられた範囲内で個性を出せる人がグラフィックデザイナーに向いています。

芸術家と異なり、全面的に自分を出すことは好ましくはありません。

あくまでも、クライアントやユーザーが求めているものを提供することをメインとし、その中で自分の色を入れていくのがグラフィックデザイナーです。

自分の作った物が流通する

自分が携わったデザインが世に出て、人々に感動してもらえた時には、非常にやりがいを感じます。

人を動かすというのは、なかなかできることではありません。

それをデザインを通して可能にしているのが、グラフィックデザイナーなのです。

まとめ

デザイナーは非常にやりがいのある職業です。

満足のいく作品を仕上げて、世の中や消費者から評価された時、何ものにも代えがたい達成感を味わうことができるという、クリエイティブ職ならではの魅力があります。

その分時間の拘束も厳しく、勉強や努力することが山積みですが、のちに自分へ還元されてきます。

努力を惜しまずに素晴らしいグラフィックデザイナーになれるよう頑張ってくださいね。