皆さんは普段どのくらい書店にいかれることが多いですか?

最近の書店はものすごい変わり様を遂げていますよね。

従来の書店では考えられなかったカフェスペースができたりと、時代のニーズに合わせてまだまだ進化を続けている書店の仕事内容などをこれからご紹介していきます。

書店で働くことを考えている人がいれば是非ともこれを参考にしていただけたらと思います。

書店の仕事は大きく3個の役割に分けられる

書店の仕事の役割1:レジ

書店は販売業ですから当然レジがあります。

また基本的な仕事内容としてレジがメインになります。

そのため、従業員はみんなレジの取り扱いができます。

レジでは会計の他に商品検索や、本の予約なども承っています。

書店の仕事の役割2:書籍の予約と取り置き

これはお客様から特定の書籍を確保してほしいってときにお願いされることがあります。

例えば芥川賞を取った書籍に関してはその後の売り上げというのはかなり伸びます。

中には店頭在庫がなくなり、重版待ちってこともあります。

そのようなとき重版して増刷されてもまたすぐに品切れになる可能性もあります。

そのために、自分用に一冊確保しておくのが取り置きになります。

予約は未発売のものを確保すること。

取り置きは発売済みの商品を確保すること。

そのような認識で大丈夫です。

書店の仕事の役割3:入荷

入荷は書籍だったりコミックスだったりたくさん入荷するときは仕事が多いです。

毎週月曜日は問屋さんが定休日なので入荷はないのですが、月曜日以外は毎日入荷が来ます。

レジの業務

レジの業務1:開店前

開店前の作業としてはレジ内のお金の確認と点検をします。

その他には店内の掃除などをします。

レジの業務2:営業中

営業中はお客様が商品を持ってきた際は会計をします。

またお客様の列ができたときはヘルプを呼ぶことで事務所にいたり、店内を巡回しているスタッフもレジに戻ってくるため、一気に混雑は解消されます。

そのため、レジが混んできたから急がなきゃって考えは必要ないので、並んできたなあと思ったらすぐに応援を呼びましょう。

他にも営業中はお客様から商品を探していると商品検索をすることがあります。

この商品検索ではレンタル品であればもともとの在庫数からどのくらい貸し出しているか。

また、いつ返却されるかなどの情報がわかるので非常に便利です。

また、営業中は二時間おきにレジの点検をします。

点検ではレジ内の現金が会計取引のデータと相違ないかを確認します。

何十円の誤差であれば特別報告の義務はないですが千円以上のずれは報告しなくてはいけません。

店舗によってはある一定額以上の誤差を出すと始末書をかかされますので、会計時の計算やお釣りの受け渡しには十分注意を払ってください。

レジの業務3:閉店後

閉店後はレジすべてを最終点検します。

その後レジの電源を落としてレジ内の現金が入った箱ごと事務所に持っていきます。

事務所に持っていったら、社員が最終的に現金の確認をして完了になります。

またお金の管理などに関しては店長でないと触れないものになっています。

閉店の15分前から閉店BGMを流しますから閉店時間には店内にお客様はほとんどいないので、比較的残業も少ないです。

本の予約と取り置きの業務

本の予約と取り置きの業務1:開店前

開店前は今日入荷した書籍のなかに予約・取り置きした商品があるかの確認をします。

もしあるのであればその商品は品だしとは別の取り置きコーナーに置いておきます。

本の予約と取り置きの業務2:営業中

お客様から書籍の予約や取り置きをを依頼されることがあります。

その際はまず、問屋に在庫があるかを調べます。

問屋に在庫があるのであれば数日で入荷のご連絡ができるのですが、在庫がない場合は、待たせてしまうため、もしチェーン店であれば他店に在庫がないかの確認をします。

そこに在庫があれば取り置きできます。

また書籍の在庫確認やチェーン店の在庫検索はベテランアルバイトやベテランのパートさんであれば調べることができますが、書籍の受注となると社員や店長の確認が必要となります。

受注しても大丈夫という確認がとれてようやく、注文書を書いていただくようになります。

本の予約と取り置きの業務3:閉店後

閉店後は今日発注した書籍の確認だったり、明日の入荷に予約・取り置き書籍があるかの確認をします。

入荷の業務

入荷の業務1:開店前

開店前は入荷した書籍等の確認をします。

またコミックスなんかはビニールで梱包します。

書店でよくみる梱包は実は書店側で付けているものなのです。

また付録なども付録は付録とまとまって入荷するため、書籍の間に挟んだりという作業は全て従業員が行っています。

入荷の業務2:営業中

営業中はビニール梱包した書籍を台車に乗せて品だしをしていきます。

品だしをしながら商品の配列や位置を直したりしながら出していきます。

また品だし中でもお客様に聞かれたら案内をしますし、レジの応援があればレジ対応にもいきます。

他にも週刊誌や月刊誌などであれば前号の空きスペースに品だしすればいいですけど、コミックスなどのようにどんどん量が増えていく書籍の場合は、品だしをしながら少しずつ商品の陳列を変えていく必要があります。

書籍の品出しは複数人でやるわけでなく、お店の広さにもよりますが、一人~二人で行います。

入荷量が多い日は少し大変かもしれませんが、急いで品だしをする必要もないので普通にやれば大丈夫です。

入荷の業務3:閉店後

閉店後は明日の入荷確認や、発注確認をします。

また、早い業者だと閉店作業をしているときに入荷が来るときもあるのでその対応をしたりです。

他にも、週刊誌や月刊誌などは新しい号が出ると前号は回収する必要があります。

バックナンバーを売り場に出しておくわけにはいきませんので。

次号が出る前日の閉店後にバックナンバーを回収し問屋に返します。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

簡単ですが書店の仕事内容についてご紹介してきました。

文字にして紹介すると仕事内容がたくさんあって大変そうな印象を持つかもしれませんが、実際に働いてみるとそこまで忙しくはなく、むしろ暇な時間のほうが多いです。

書店は比較的穏やかな職場でお店の雰囲気もいいし、働きやすい環境にあると思います。

これを読んで少しでも興味が沸いたのであれば是非一度最寄りの書店でもいいので働いてみることをオススメします。


関連キーワード

仕事内容 書店仕事

書店求人についてもっと深堀りした情報を見る

書店の時給はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

「本が好きだから本屋で働きたい!」「書店員って楽な仕事に見える。」と書店で働くことに興味を持っている方は多いと思います。実際求人に対しての応募数は多いと聞きます。そこで書店員として働く上で、時給などの給与面や福利厚生を含めた知っておいた方が良いことをご紹介いたします。いま応募を迷っている方、ぜひ参考にしてみて下さい。書店の給料の相場はどのくらい?給料は決して良くはありません。地域によっても違いはありますが、一般的に少ないと思います。それは正社員であっても変わらないと思います。大手企業であってもあまり期待は出来ないのが現状です。出版社も売り上げを伸ばすのに苦戦しているのでそれを販売する書店ももち

書店バイト求人の時給や募集内容にはどんなものがある?向き不向きややりがいなどを解説!

誰もが一度は利用したことであろう書店。書店ではどのような仕事をしているのか、書店で働いてみたいという人は案外多い気がします。ここでは書店バイト求人の時給や募集内容・仕事内容などについて紹介しますので参考にしてみてください。書店のバイトはどんな仕事?お客様が書籍などを購入される際のレジ打ちが主な仕事になります。他にも朝イチで入荷した商品の品だしなどします。書店のバイトの大まかな仕事内容書店でアルバイトをする上で、どのような仕事内容があるのか紹介します。レジ打ちこれが基本的にメインの仕事になるのかと思います。レジ打ちはおかのお店でもやることなので特別なことはないかと思います。ただ、DVDなどレンタ