引っ越しバイトの時給はどのくらい?

正社員や派遣社員など他の職種も踏まえて、私の周りの相場や時給の決まり方を紹介します。

引っ越しのアルバイトに興味を持たれた方の参考にしてみてください。

引っ越しバイトの時給の相場はどのくらい?

正社員で新卒入社した場合

私が働いていた会社では、いくつかのケースがありました。

引っ越し業務をする方だと、基本給が13万程度でプラス引っ越しの物件数による歩合でした。

他には、営業職があり、25万ぐらいだったようです。

ただ営業職に関しては内訳は、よく分かりませんでした。

正社員で転職した場合

転職してきた方も、新卒入社と変わらないようでした、ただ、経験者だと大分優遇されていたようです。

どこの会社でも、やはり経験者は強みなようです。

パート・アルバイト

引っ越しのパートやアルバイトの時給は、求人の時期によって異なっていました。

忙しい時は、人手が足りないために時給を良くして増員を狙っていたようです。

普段は1000円前後が相場だと思います。

忙しい時の時給が良いときには、臨時で2000円近い時給もあったと記憶しています。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

引っ越しの仕事でも、ちゃんと賞与はありました。

約2ヶ月分ぐらいだったと思います。

私がいた会社では、これにプラス報償金のようなものもあったので、社員の中には、結構もらっている人もいたようです。

昇給

1年に1度、会社の状況で行われていたようです。

昇給の金額は、人それぞれでしたが、ゼロと言う人はいなかったようでした。

各種手当

会社によって違いはあると思いますが、私が働いていた会社では、交通費や、家族手当などの手当。

また、アルバイトの中でも主任などの役職的なものがあり、それに応じた手当が貰えていました。

給与が高い人は何が違うの?

色々な社員やアルバイトの人が働いていましたが、やはり給与に差は出ていました。

では、その中でも高い給与をもらっていた人は、他の人と何が違い、どんな人だったのか紹介していきたいと思います。

スキル

引っ越しの仕事では経験が大きく影響すると思います。

特に引っ越し業務に関しては、経験が豊富な人ほど、仕事の速さや正確さが全然違ってくるので、経験者の人は給与が高い人が多かったようです。

私の会社は、結構シビアだったので、長くやっていてもスキルが低い人の評価はきちんと査定されていました。

私の会社では、中途採用も多いため年功序列と言うよりも能力での上下がありました。

役職

本社にいる社長などは別としても、各営業所にも、所長や主任など様々な役職がありました。

役職が上になればなるほど給与ももちろん高いのです。

アルバイトにも役職的なものがあり、バイト主任などになれば、その分、手当が貰えていました。

勤続年数

引っ越しの仕事でも、勤務年数イコール経験者みたいな感じはありましたが、実際は、勤務年数よりも経験による能力の高い人の方が高い給与をもらっていました。

特にアルバイトなどは、能力のある人の指示に従う傾向があって、そうなるとその人の評価も上がっていました。

地域

地域によって給与に差が出るかと言えば、あまり影響はないと思います。

ですが、仕事量が多ければ給与を高くするチャンスがあるとすると、引っ越しの多い地域の営業所に勤めている人が高い給与の人となると思います。

しかし、この仕事量の判断が結構難しいと思います。

引っ越しが多くても規模が小さかったり、仕事が少なくでも規模が大きいなどケースは様々です。

地域による判断は、難しいかもしれません。

引っ越しバイトの時給の決まり方

最初の設定

最初に応募した時の求人にのっていた時給がスタートラインだと思います。

だいたい1000円ぐらいだったと思います。

ただ、このスタートラインも時間や曜日などによっても違いがあるので、自分が欲しい時給と入れる時間帯を考えて決めた方が良いでしょう。

さらに、引っ越し業界には、時期によって忙しさが異なるため忙しい繁忙期の募集が時給が高い傾向にあります。

経験やスキル

アルバイトの時給には、経験やスキルは、大きく関わってくると思います。

経験やスキルがあるアルバイトは、会社にとって手放したくない訳です。

そのため時給は、おのずと上がっていきます。

主任などの役職

アルバイトを続けていって経験やスキルなどが豊富になってきたら、アルバイトの中でも指導者的な立場のアルバイト主任などの役職についてもらう事もあります。

もちろんその場合には、手当もつきますので、給与アップになるでしょう。

しかし、その分、責任もでてくるので、私が働いていた会社では、休みが取りにくいと断っていた人もいました。

引っ越しバイトの時給をあげるためにやるべき3個のこと

引っ越しのアルバイトは、もともと時給が高い部類には入りますが、きつい分、どんどん時給も上げていきたいところです。

私も、色々と工夫してみました。

私や私の周りの人がどのような事をやったのかも交えて紹介したいと思います。

今の勤務先でできること

給料アップの交渉をしてみる

これは、とてもストレートな方法です。

ですが、結構効果もあるのです。

私も交渉して時給を上げてもらいました。

ただ、注意しないといけないのは、それなりに実績を上げておかないと逆に突っ込まれることになりかねません。

私の知り合いは、交渉しに行って、交換条件を出された人もいました。

スキルアップを図る

先ほどの交渉にも関わってきますが、スキルアップは、必要だと思います。

交渉するにしても、スキルがなくては仕方ありません。

それに、スキルがあれば、会社もきちんと見てくれると思います。

引っ越しのスキルでは、荷物運びももちろんですが、現場の段取りなどの流れを作れるようなスキルは、さらに重宝されるので、頑張って手にいれたいところです。

思い切って転職する

引っ越しの会社は、ご存知のように沢山あります。

ひとつの会社にこだわる必要は、他の仕事と同じようにまったくありません。

時給や、給与が仕事や自分に対する評価とあわなければ、思い切って転職するのもひとつの解決策ではないでしょうか。

転職先の選び方などを紹介してみたいと思います。

転職先の選び方1:求人情報から選ぶ

まさに正攻法なのですが、求人の募集情報から選んでいきます。

今まで引っ越しの仕事をしてきて、改めて見る求人情報は、昔見たものとは違って見えると思います。

好条件の求人を見つけられるのではないでしょうか。

また、単純に経験者遊具という求人を探して、時給を交渉するのも方法だと思います。

転職先の選び方2:評判から選ぶ

引っ越しでアルバイトをしていると、色々な情報や評判が聞こえてくるものです。

また、同じように考えて転職して行った知り合いこら情報を得ることもできるでしょう。

そんな様々な評判から良い会社を探し出す事ができると思います。

今の会社よりも好条件の会社を見つけて、時給アップや待遇改善を成功させましょう。

給料をアップさせるための求人の選び方

給料アップを、より確実に進めていく方法に、求人から探す方法があると思います。

求人ですから給料に関して記載がないことは、まず、あり得ないでしょう。

ですので、より良い求人を選んで確実な給料アップを、目指しましょう、給料をアップさせるための求人の選び方を紹介していきます。

給与相場が今よりも高いところを探そう

単純明快に、今もらっている給与より高いところを探せばいい訳です。

また、求人に出ている給与は、基本ベースなので、今と同じであっても経験者優遇などの記載があれば、給与アップの可能性はおおいにあると思います。

賞与や昇給制度をチェック

賞与や昇給は、大切なポイントだと思います。

今より給与が良くても、賞与が無くて年収が今よりもマイナスになってしまっては、意味がありません。

また、昇給が無くても先行きに不安が出てしまうので、チェックしたいポイントだと思います。

給与の金額にどうしても目がいきますが、賞与や昇給もきちんと出ている求人を選びましょう。

残業代はちゃんと出る?

引っ越しの仕事の場合、この残業の設定が曖昧な会社は、要注意だと思います。

ここでチェックするのは勤務時間です。

勤務時間が明確に設定されていないと、残業時間も明確にできないので、後々トラブルの原因になります。

引っ越しの時間だけを勤務時間と計算して移動時間を計算に入れてくれなかったり、トラブルは様々です。

ですから、残業代はしっかりチェックして求人を見てみてください。

交通費や福利厚生は?

交通費は必ずチェックしてください。

私は交通費で失敗した経験者です。

私が働いていた会社では。

交通費が支給されませんでした。

近いからいいかなと思っていたのですが、引っ越し先に直行したり、帰りが遅くなってタクシーを使ってしまったりしたので、想像以上に交通費も多くなって、生活費に影響が出てしまったのです。

そんな事もあるので、交通費が出るところを選ぶようにしましょう。

福利厚生の面でも同じです、貰えるものが、しっかり出ている求人を見つけたいものです。

経験者が教える、実際に給料がアップしたのはこんなとき

繁忙期に会社に対して大きな貢献をした時

引っ越し業界には、繁忙期があります。

引っ越し会社では。

この繁忙期をどう乗り切るかが、今後の事も踏まえてとても大切なポイントになっています。

ここで大きく貢献する事は会社は大変喜びます。

私の会社では、繁忙期が終わった後に昇給の話が出ていました。

ですので、こちらとしても繁忙期に活躍することは、重要な事でした。

ある時には、基本給が一気に千円以上上がった事もありました。

大口の引っ越し物件を取った時

これは、ラッキーなケースなので、実際に狙うのは難しいと思います。

ある会社に関係した引っ越しをした時に、お客様から大変大きな評価をしてもらって、その会社関連の引っ越しを継続受注できるようになった事がありました。

本当にラッキーな感じでした。

このことは、会社とっても大きかったらしく報償金ではなく、給料をアップしてくれました。

雇用形態ごとに違いは出てくる?

月給や年収

もちろん雇用形態によって月給や年収に違いは出てしまいます。

特に派遣の方や契約社員の方は、忙しい時には重宝されますが、暇な時には手が空いてしまう事もあるので、その事からも、給与設定されてしまうことがあったようです。

給料以外における良い点と悪い点

正社員

正社員の良い点は、給料の安定感はもちろんあると思います。

ただ、長く続けていくことを考えると、体力的に不安になります。

その時に、正社員であれば、内勤や役職への道も考えられると思います。

先を見据えられるのも良い点のひとつのだと思います。

しかし、全ての正社員が内勤や役職になれる訳ではないので、その点で不安要素があるのは悪い点では、ないでしょうか。

派遣

派遣の良い点は、やはり縛られないところではないでしょうか。

引っ越しでトラブルがあった時に責任の渡合も正社員とはまったく違っていました。

悪い点としては、繁忙期には沢山仕事が入ってきますが、暇な時には、あまり重宝されないところではないでしょうか。

シフトが安定しないのは嫌ですよね。

契約社員

私がいた会社にほ、契約社員の方が結構いらっしゃいました。

話では、社員よりも契約である程度仕事内容が絞られることが良い点だと言うことでした。

悪い点は、1年ごとの契約更新が面倒なのと、時々不利な内容を提示されることだそうです。

アルバイト

アルバイトでの良い点は、稼ぎたい時に稼げるところだと思います。

シフトが結構融通がきくので、中には集中してがっつり稼いで、しばらく休んでいる人もいました。

悪い点は、たまに無理な指示がくることだと思います。

稼げるのは良いのですが、1日に何件も重なるとさすがに厳しいものがあります。

まとめ

引っ越しの仕事は、実際体力的にもきつい仕事です。

だからと言う訳ではありませんが、他の仕事に比べて給料はいいと思います。

また、やり方など工夫をすれば、さらに給料をアップすることも可能だと思います。

私が働いてみて思ったのが、体力的につらいですが、それに見あったお金は貰えると言うことです。

元々、体を動かすことが好きでしたし、暇な日にだらだら過ごすなら体を動かす方が性にあっていたのかもしれません。

もし興味を持たれたようでしたら実際に引っ越しの求人を調べてみてはいかがでしょうか。


関連キーワード

引っ越しバイト求人