企画営業というとあまり聞き慣れず、仕事内容のイメージがわかない方も多いと思います。

自分は企画営業の仕事に向いているのか、どのようなタイプの人に向いているのかなど、企画営業を得意とする人の特徴やキャリアについて解説します。

「企画営業の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

企画営業の仕事はどんな仕事?

企画営業の仕事は、企画と営業を両方行うことでより相乗効果を生み出すことが目的です。

今まで多かったのは、営業担当が案件を取ってきて、企画がその案件について検討し提案書としてまとめたり商品を作成し、営業担当がその商品を持って営業に行く……というものでしたが、これを1人の人間が行うことで効率も良く、よりニーズに応えやすいというメリットがあります。

例えば商品開発に関連する職種や、クライアント企業ごとに異なるカスタマイズ商品やプランなどを作成する職種に多い仕事です。

企画営業の大まかな仕事内容

企画営業の仕事内容にはどのようなものがあるのでしょうか。

具体的に見ていきましょう。

クライアント新規開拓

多くの場合はまず自分の担当するクライアントを自ら開拓します。

そこで、自社商品やサービスを必要としていそうな企業にはどのような企業があるかをリサーチします。

例えば、文具メーカーだからといって、文具店や雑貨店だけというわけではなく、意外な企業に自社のサービスや商品を必要としていることがあるので発想の転換も必要です。

アポイント取り

クライアントの新規開拓先としての候補が決まったら、メールや電話などで営業訪問したい旨を伝え、アポイントを取ります。

門前払いされてしまうこともありますが、アポイントが取れたら訪問の準備をします。

初回営業・ヒアリング

初回の営業では自社がどのような分野や商品、サービスを得意とするかの説明と、訪問した企業の困りごとやニーズをヒアリングします。

企画

その後ヒアリングした内容を元に企画を検討・立案し、1社ごとに企画書やサンプル作成を行います。

提案

再度訪問し、作成した企画書やサンプルをもとに説明し、実際に購入をしていただけるように提案をします。

本当にクライアント企業のニーズに応えた商品であれば受注をしてもらうことができます。

商品化

その後クライアントの希望する納期・納品数をもとに商品化します。

その工程管理や進行中の工場への指示、経過確認なども企画営業が行います。

企画営業の仕事はどんな人に向いている?向いている人の3個の特徴とは?

企画営業の仕事はどのような人に向いているのでしょうか。

3つの特徴で見ていきましょう。

クライアントさえも気づいていないニーズに気づける人

企画営業の仕事はクライアントのニーズに応えた商品やサービスを提案できなければ継続して案件を受注できません。

そのため、クライアントが口にするニーズだけでなく、クライアントさえも気づいていないニーズを掘り起こす能力のあることが企画営業には求められます。

そして、得られたニーズをもとに企画した商品・サービスがお客様に受け入れられることで、売上を上げ続けることに繋がっていきます。

事前に起こりそうなトラブルを想定できる人

しかし、受注できたからといって安心はできません。

クライアントが製造途中で「やっぱりここを変更したい」「この成分が弊社の基準に合っていない」などの新たなニーズが発生したり、想定していなかったトラブルや変更は日常茶飯事です。

可能な限り事前に起こりそうなトラブルを想定し、「デザインは最終的にこれでよろしいですか?」「成分がこの量使用されますが問題ありませんか?」と随時確認しながら進めることが大切です。

スピード感を大切にできる人

クライアントとのやり取りにはスピード感を持って対応することが求められます。

多くの場合は納期が短く余裕がないこともあり、また工場は土日でも稼働していることもあるため、「週明け確認します」では遅いこともあります。

そのため、クライアントからの問い合わせや、確認しておいたほうが良いことについては、とにかくスピード感を意識して行動します。

「企画営業の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

企画営業の仕事で活かせる経験

企画営業の仕事を目指す上で、活かすことができる経験には何があるのでしょうか。

決して、企画営業の仕事の経験がなければできないというわけではありません。

誰も思いつかないような斬新なアイディアを思いつくことがある

クライアントの困りごとへの対策として自社商品の提案をするのですから、クライアントが思いつくような企画内容では受注してもらうことができません。

そのため、普段から自分の情報の引き出しを多くし、誰も思いつかないような斬新なアイディアを思いつくことを目指しているような人は活躍することができる可能性が高いでしょう。

自分がクライアント側の立場として企画営業の方と取引をしたことがある

企画の経験も、営業の経験もない場合であっても、入社後にいくらでも勉強し経験を積むことができます。

しかし、実はもともとクライアント側の立場であったという企画営業も少なくありません。

クライアント側を経験していると、企画営業担当にどのように動いてほしいのか、何を求めているかが自分の経験上わかるので、良い企画営業になる可能性が高まります。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

企画と営業の両方をマルチにこなすタスク管理や、どちらのスキルも身につくことから、その後も企画営業として活躍する人は多くいます。

あるいは、両方経験した上で自分には企画の専任の方が向いている・営業の方が好きだなど判断し、どちらかに専念できる会社への転職でキャリアアップをする人もいます。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

多くの会社では企画職と営業職は互いの状況や忙しさなどが理解できず、互いに分かり合えない存在であることがかなりあります。

しかし、企画営業として、企画職の気持ちも営業職の気持ちもわかっている存在であれば、転職後に企画と営業どちらに配属されても円滑に業務を進めることができると期待されます。

「企画営業の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

企画営業の仕事は、企画と営業の2足のわらじを履くことで、責任感を持ってクライアントが困っているところから喜んでもらえる場面まで一貫してサポートできることにやりがいを感じることができます。

クライアントからの評価が高ければより多くの案件を扱うため多忙となり、残業時間も増えてしまいますが、工夫と慣れで上手に複数の案件を扱うことができるようにもなります。

興味があればぜひチャレンジしてみてください!