今日の医療業界では様々な医療機器が存在し、且つ高度な専門的技術が求められます。

今後、医療が更に発展する材料として欠かせない「医療機器」は、誰がどのように使用しているのでしょうか?

医療機器に興味を持っていただけるよう、今回は臨床工学技士の仕事について分かりやすく説明していきます。

臨床工学技士の仕事内容とは?

臨床工学技士はCE(Clinical Engineer)やME(Medical Engineer)などと呼ばれており、厚生労働省が定めた国家資格を持った職業となります。

仕事内容は就職先によって様々です。

主な就職先は総合病院や透析クリニック、民間企業や養成校の講師、研究職など多岐にわたります。

共通として言えることは「医療機器に関する知識が必須」ということです。

そのため臨床工学技士は「医療機器のスペシャリスト」と呼ばれています。

多くの臨床工学技士が就職先として選ぶ、総合病院を例に業務内容を見ていきましょう。

腎不全の救世主「血液浄化業務」

腎不全になると腎臓の機能が低下することで血液の清浄化ができなくなり、最悪の場合は尿が出なくなってしまいます。

そのため、腎臓の代わりに血液を綺麗にしていく必要があります。

その際に使用されるのが、血液浄化装置になります。

総合病院や透析クリニックの業務内容として、人工透析装置の操作や透析回路の準備、穿刺業務や透析液の管理などが挙げられます。

患者さんの日々のデータを読み取り、治療過程を考案することが必要です。

また、治療中の患者さんの病態悪化に対応する行動力や生理的知識が必要で、より安全な血液浄化を努めるためのリスクマネージメント力なども問われます。

患者さんとスタッフの信頼関係の構築が必須です。

二日に一回行われる透析治療では患者さんと顔を合わせる頻度が高く、信頼が築けていればスムーズに治療を行うことができます。

患者さんとの信頼関係の構築にはある程度の時間が必要ですので、焦らず丁寧に接することを心掛けましょう。

責任重大な「心臓カテーテル業務」

心臓には、主に3本の血管が張り巡らされていますが、この血管が詰まったり狭くなったりして心臓に血液が行き渡らなくなると、激しい胸の痛みに襲われてしまいます。

そこで、詰まった血管や細くなった血管を広げるために、心臓カテーテル治療というものがあります。

業務内容としては、心臓カテーテル治療に使用する機器の準備や操作、患者さんの状態をモニタリングし医師の診療補助を行うことなどが挙げられます。

ポイントは、緊急性の高い業務内容であるということです。

心臓は状態が急変すると命に関わる重要な臓器なので、常に急変のリスクがあるということを考えて取り組む必要があります。

責任の重い仕事と捉えがちですが、急変対応の経験を積むことで他の業務においても必ず役に立つ業務内容です。

医療の根底を支える「機器管理業務」

院内で数多くある医療機器の種類や数を把握し、定期的な点検・修理をすることで安全に使用できるよう管理することです。

臨床工学技士の業務内容では一番多くの医療機器に触れる機会があるため、機械の専門的な知識が必要です。

機器管理以外にも様々な業務があるため、時間も人手も限られている中で業務を行う必要があります。

いかに効率良く医療機器を運営するかを考えることで業務がスムーズに回り、より安全に使用できるようになります。

使い方次第で故障する恐れもあるので、医療機器を扱う看護師や多職種のスタッフに対して、機器の説明や情報提供をすることも業務の一つです。

臨床工学技士の仕事はどんな人に向いている?向いている人の5個の特徴とは?

コミュニケーションがとれる人

臨床工学技士は、多職種のスタッフや患者さんとのコミュニケーションが必要不可欠になります。

コミュニケーションをとるには、相手の名前や性格などの情報が必要です。

一度に複数のスタッフの顔や名前を覚えることは難しいかもしれません。

相手に興味を持つことを心掛け、目を見て名前を呼ぶようにしてみましょう。

好奇心旺盛な人

日本の先端医療の発展に向けて、各医療機器メーカーが次々に新商品を開発しています。

臨床工学技士は医療機器のスペシャリストですので、操作する機械が安全で質の高い医療を提供できるかも考えなければなりません。

また、医療の研究はまだまだ未解明なことが多く、正しい情報やガイドラインはその都度更新されていきます。

確かな根拠に基づいた医療を提供するため、日々の勉強を惜しまない努力が必要です。

好奇心を持ち、知識を吸収することは医療機器のスペシャリストへの近道になります。

また、職場によっては業務時間内に勉強することが許されないこともあります。

プライベートな時間を削って勉強をし、医療知識の追求ができる人は、将来生き残れる人材となるでしょう。

理系が得意な人

臨床工学技士は文系・理系どちらの知識も必要ですが、医療機器に詳しくなるためには理系の知識が必要です。

人体のしくみに興味があったり、機械、パソコンを触ったりするのが好きな人は比較的向いています。

機械の修理もメーカーに委託するより、臨床工学技士がその場で修理した方が経費を抑えることができます。

向上心のある人

就職して一年目は周りも優しくフォローしてくれますが、働く年数が経過するにつれて周りの評価はより厳しくなるでしょう。

そのため、一年目の内に業務内容をある程度覚えることが大事となります。

中には懇切丁寧に教えてくれる優しい先輩もいますが、貪欲に覚えることで独り立ちする時間が少ない方が評価は上がるのではないかと思います。

医療業界では人手不足の職場もあり、業務に追われて新人教育が充分にできないこともあります。

受け身の姿勢ではなく、自ら進んで業務内容を覚えようとする積極性が成長への近道です。

忙しい中でも空き時間を見つけ、先輩に教えてもらうようにしましょう。

思いやりのある人

患者さんのことを第一に考え、思いやることで質の高い医療の提供ができます。

仕事をしていると、必ず何らかの壁にぶつかることがあります。

職場環境によっては先輩に相談できなかったりすることもあるかもしれません。

その時は一旦初心に帰り、患者さんのことを考えるようにしましょう。

どれほど辛い状況でも、患者さんに献身的に接することで良い状況へと変わっていきます。

病院には老若男女問わず様々な患者さんが来られます。

特に透析治療を必要とする患者さんには気難しい人も多く、対応に悩むことがあると思います。

相手を思いやる心を忘れずに仕事をすると、やりがいを感じる日が必ず来ます。

逆に、臨床工学技士の仕事が向いていない人って?

どの仕事にも言えることですが、人間には向き不向きがあります。

向いていない人の特徴についてご紹介します。

給与面を重視する人

医療業界は自己犠牲の下に成り立っていると言っても過言ではありません。

理由としては責任のある仕事であるにも関わらず、内容に見合った給料が貰えないからです。

生活に困るほどではないですが、給料面を重視する人にはあまり向いていないかもしれません。

ただ、民間企業や一部の病院では例外もありますが、給料面は恵まれている代わりに業務内容が忙しくプライベートな時間が確保できないこともあります。

それでも臨床工学技士になりたいという人には、「透析クリニック」への就職をおすすめします。

透析クリニックはまだまだ需要が高く、初任給が平均給与額よりも上です。

そのため、給与面を重視して透析クリニックに就職する人も多いです。

更に定時帰宅できるクリニックが多いため、終業後の時間を有効に使うこともできます。

本業以外でも稼ぎたいという人には、副業をすることも可能だと思います。

パニックになりやすい人

どんな状況でも冷静に物事を判断し、行動に移すことができれば優秀であると言えます。

しかし、医療の現場では計画通りに業務が進まないことがあります。

患者さんの状態が急変した際にも、臨床工学技士は医療従事者として何らかの対応をしなければなりません。

就職してすぐの時期は慣れるまで、慌てたりパニックになったりすることもあるでしょう。

患者が急変したらどういう行動をとるかなど、イメージトレーニングするだけでも実際の動き方が変わります。

経験と知識を積み重ねることである程度の対応力は身につきますが、どうしても性格が邪魔をしてパニックになったり頭が真っ白になったりする人はいると思います。

努力してもあまり改善しない場合は、医療現場で働くことを諦めて講師の道や企業メーカーへ転向するのも良いと思います。

内気な性格な人

その時に、自分の意見を思うように伝えられない人もいると思います。

患者さんに不利益を与えないようにしなければなりません。

間違った判断で適切な医療や治療を提供できない場合、患者さんに多大な影響を与えてしまいます。

医師も一人の人間ですので、注意していても間違うことがあります。

その間違いに気付いた時は指摘しなければなりません。

就職して間もない頃は意見を言いにくいと思いますが、先輩に相談して意見を伝えてもらったり、言い方を変えたりして上手に伝えることが大切です。

内気な性格だと自覚している人は、自分の意見を少しでも発信する努力をしましょう。

臨床工学技士の仕事で活かせる今までの経験とは?

仕事では今までの経験を活かし応用を利かせられることがあります。

学生の頃にパソコンや機械類の知識をつけておくことで、講習会の資料作りや医療機器の修理にも役立ちます。

少しでも活かせる経験を積んでおきたいという人は以下を参考にしてください。

臨床実習

必須科目である臨床実習は、養成校によって実施する時期は異なります。

座学の知識がついてきた頃に実施することが多いですが、就職活動や国家試験前など大変な時期に行う養成校も存在します。

今まで座学で得た知識と医療現場で使える知識の違いを知る貴重な経験になると思います。

医療現場を知ることで更なる勉学に励むきっかけにもなりますし、業務内容によってどのような知識が求められるかのヒントが得られます。

そのため、ただの見学で終わらせるのは非常に勿体ないです。

質問をするなど積極的に実習に関わり、より多くの情報を引き出すことに集中すると良いでしょう。

英語の勉強

医療業界では英語が多く用いられ、特に医療機器は外国産のメーカーが多いです。

機械のエラーや故障は英語で表記されるので、意味不明な文章が突然画面に表示されることもあります。

そのため、日本医学英語検定試験や英語検定などの資格があると業務がかなり捗ります。

最近では外国人の患者さんも増えてきているため、英語の勉強をしていて損はないと思います。

部活動やアルバイト

学生の頃に部活動やアルバイトを経験しておくことで、将来必ず役に立ちます。

職場の先輩への立ち居振る舞いや接し方が上手になります。

後輩から慕われたり先輩から信頼されたりすることは、臨床工学技士という小さい職場の中では大変重要となります。

また、臨床工学技士の業務が忙しく思うように休憩が取れない場合もあります。

そういった状況を乗り切る体力作りも、部活動やアルバイトの経験が役に立つと思います。

その後のキャリアについて

キャリアアップの道

キャリアアップは外部への発信が近道となります。

同じ職場で働いていると昇任はありますが、何かの活動をしているかどうかでもかなり差が出てきます。

若い頃から講習会やセミナーへ積極的に足を運び、研究した成果を発信していきましょう。

すると、外部の臨床工学技士と情報共有ができたり、引き抜きされたりすることがあるかもしれません。

しかし、キャリアアップが全てではありませんので、自分が将来何をしたいか考えることが大事でしょう。

他の仕事でも活かせる経験

看護師や臨床検査技師へ転向する際、臨床工学技士としての知識は重宝されます。

当直や夜勤の体制のある病院もありますが、臨床工学技士が24時間在中しているとは限らないのです。

医療機器に詳しく何かあった際に対応できるため、周りからは頼れるスタッフとして一目置かれることでしょう。

講師としての道

臨床工学技士は、養成校の非常勤の講師として呼ばれることがあります。

教えるための資料作りは大変ですが、とてもやりがいがあると思います。

教え子に自分の知識を提供することで、知識の定着や更なる追及に繋がります。

そのため、教える立場を存分に活用することができるでしょう。

まとめ

臨床工学技士はまだまだ歴史も浅く知名度も低い職業ですが、医療現場では欠かせない存在です。

今後の取り組みでは、業務内容の見直しや地位向上が重要視されています。

国家試験は簡単なので臨床工学技士にはなりやすいですが、生半可な気持ちで働くとかなり苦労します。

向上心を持って日々勉強に励み、患者に質の高い医療を提供していきましょう。




臨床工学技士求人についてもっと深堀りした情報を見る

臨床工学技士の中途採用はどんな会社がしてる?4個の会社のタイプや、会社から求められていること

中途採用とは、臨床工学技士として業務経験のある人材を病院が採用することです。転職と同じ意味合いで用いられることが多いです。この記事では、実際に臨床工学技士の中途採用について詳しく解説していきます。臨床工学技士の中途採用をしている病院ではどんな求人が募集されているの?臨床工学技士は、生命維持管理装置をはじめとする医療機器の操作や保守点検を行い、安全に使用できるよう運営することを仕事としています。病院で働いている人が多いですが、企業やクリニックで働く人もいます。中途採用では、様々な業務内容を募集しています。新卒の募集とは違い、業務経験の有無を問われる求人が大半を占めています。臨床工学技士の中途採用

臨床工学技士が30代で転職する時に気をつけたい4つのこと。経験者が解説します!

臨床工学技士として現在働いている人で、職場に不満を持つ人は多いと思います。そこで、臨床工学技士の転職事情をこれから徹底解説していきます。転職を考えている30代の臨床工学技士の方は、参考にしてください。臨床工学技士が30代で転職する人は多い?20代で転職する臨床工学技士は多いですが、30代になると転職する人数が減ります。理由としては、30代になると転職先の職場で教育の難しさや、コミュニケーションの取りにくさがあるからです。筆者が転職した時の話ですが、明らかに筆者よりも年齢の若い先輩がいました。年下の先輩は入社歴が長く経験も豊富なため、指導者として新人に教育をすることになります。しかし新人が筆者の

臨床工学技士の将来性とは?私が考えるこの仕事をずっとやっていたいと思う、待遇やお給料面での理由

私は臨床工学技士として、総合病院で10年以上働いています。これまでこの仕事を続けてきて、ずっと続けたいと思った理由や、職業としての将来性に関して感じたリアルな想いをお伝えします。これから臨床工学技士を目指そうとする方や、いよいよ就職活動に臨まれる方などに読んでいただけると嬉しいです。待遇やお給料の話って、なかなか聞く機会がないですよね。聞き辛いですし・・・かと言って譲れない大切なポイントでもあります。就職活動では良い話しか聞かないけれど、実際がどうなっているのですか?といった疑問にもお答えできると思います。臨床工学技士の仕事内容は?臨床工学技士は病院内における医療機器のスペシャリストです。比較

臨床工学技士の仕事内容13個の業務。経験者が紹介します!

臨床工学技士では、どんな仕事内容があるか、また業務に関してどのような知識が問われるかを教えます。そうすることで、必要な知識の獲得や、今後携わりたい業務を見つけることにつながります。臨床工学技士の大まかな仕事内容臨床工学技士は、就職先によって大きく分かれます。自分がしたい業務内容が決まっていれば、就職先で業務が確立されているかどうか自分で確かめなくてはなりません。一方、やりたい業務がないという方は、幅広い業務を経験できる総合病院に就職することをオススメします。今回、いくつか業務内容を紹介し、興味を持った分野に精通した病院を探すと良いでしょう。臨床工学技士の仕事は大きく4個の役割に分けられる透析業

臨床工学技士アルバイトの時給ややりがいは?やってて良かった3つのことやそこで身に付く力とは?

こんにちは。今回は臨床工学技士のアルバイトについて紹介したいと思います。一般に臨床工学技士の国家資格を持った方は正規の職員として病院に勤めますが、例えば大学院に進んでせっかくだから資格を使ったアルバイトをしたい、結婚して一旦病院から離れてしまったけれどパートとして少しづつ職場に復帰したい、実は正規職員だけどその他にお金を稼ぎたいなど、アルバイトをする理由は色々あります。今回はそんなアルバイトの魅力や時給などを経験を交えながらご紹介したいと思います。私はこんなところで臨床工学技士のアルバイトをやりました私は大学を卒業後公立病院へと就職いたしました。もちろん初めは仕事を覚えることに精一杯で、アルバ

臨床工学技士の転職を成功させるために!狙い目な会社の3つの特徴と上手に転職するための3つの注意点

この記事では、臨床工学技士の転職事情についてお話したいと思います。転職を成功させるために必要なことや気を付けるポイント、後悔しないための職場選びをご紹介していきます。転職する際にで狙い目な職場の特徴とは? 転職をする際、現在の勤務先と比較して良い点や悪い点を見つけると良いでしょう。実際どのような転職先が良いのかご紹介します。会話がある職場公私の区別がしっかりとついていて、適度な会話と笑顔がある職場が良い職場であると言えます。スタッフの技術は素晴らしいのに笑顔がなく淡々と業務を行う職場や、仲が良すぎて公私の区別がない職場は好ましくありません。仕事にはチームワークが必要なので、適度な会話のある職場

臨床工学技士で転職エージェントを使って転職活動をすべき5つの理由とおすすめのエージェントの選び方

臨床工学技士として病院で働いていると、一度は転職したいと思うことがあるでしょう。転職することで、臨床工学技士としてのキャリアアップに繋がったり、より環境の良い職場で働く事が出来ます。今回は、転職する方法として一番おすすめな転職エージェントについて紹介します。臨床工学技士が転職エージェントを使って転職活動をすべき5つの理由とは?臨床工学技士は、転職する際にいくつか方法があります。その1つとして、転職エージェントを使うといった方法があります。転職エージェントとは、転職支援サイトを運営する会社で働く、サラリーマンを指します。転職エージェントの役割は、求職者が抱える様々な悩みや問題を解決し、その求職者

臨床工学技士の転職理由には何がある?年収・人間関係・身体的な辛さなど。でもやっぱりやりがいはありますよね!

臨床工学技士の転職率は比較的高いです。転職と言っても、臨床工学技士から看護師に職業を変更する人は少なく、現在働いている勤務先の病院を変える人が多いです。将来を見据えて、転職することによるメリット・デメリットをしっかり考え、自分にとって最善の道を選ぶ必要があります。では、臨床工学技士の転職する理由を徹底解説していきます。臨床工学技士の離職率ってどれくらい?臨床工学技士の統計データは存在しませんが、経験と周りの口コミからすると10%ほどになります。医療・福祉(介護)分野の離職率は38%と高いため、臨床工学技士の離職率は比較的低めだと言えます。離職率が低い理由は様々ですが、転職活動に費やす労力を考え

臨床工学技士の夜勤って辛いと思う3個の理由。経験者が語る実態とは?

臨床工学技士という職業にそもそも夜勤はあるのかと疑問を持つ方も少なくないと思います。臨床工学技士で夜勤をしているという施設は「今は」少ないのが現状です。ただ、現在進行形で24時間体制での需要は徐々に増えてきています。私は臨床工学技士として10数年働いており、夜勤経験もあります。夜勤の実態や辛かった点などを、経験の基にお話ししていきます。私が臨床工学技士という職業を選んだきっかけは?私は子供の頃から漠然と、病院で働くことに憧れがありました。しかし知っている医療職と言えば医師と看護師だけでした。高校時代「臨床検査技師」を知った流れで、似たような名称の「臨床工学技士」の存在を知るようになります。当時

臨床工学技士の面接で聞かれる6個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

就職活動で一番不安なことは面接活動であると言われています。現役臨床工学技士の筆者が、面接で訊かれる内容とそれに対する考えや注意点についてご紹介します。臨床工学技士の仕事内容臨床工学技士は、医師の指示のもと生命維持管理装置などの機械の操作や、医療機器の管理・運営をすることが主な仕事です。病院への就職が大半を占めますが、クリニックや医療機器メーカーを選ぶ人もいます。臨床工学技士の採用面接で訊かれる6個のこと採用面接では人事採用において、応募者の人柄を判断する材料として必ず行われます。臨床工学技士は医療従事者であるため、一般企業の面接とは種類の違う質問をされることが多いです。医療従事者として気を付け

臨床工学技士が人気な仕事の6個の理由。仕事の面白さも紹介します

臨床工学技士は医療を影で支える仕事であるため、どんなことを仕事にしているかイメージが掴みにくいです。実際に医療現場でどんな仕事をしているか、臨床工学技士が人気な理由を紹介します。臨床工学技士ってどんな仕事?医療機器の点検やトラブル対応、人工透析治療、診療の補助を主な仕事として病院で働いています。また、医療機器メーカーや治験施設、養成校の講師など様々な就職先があります。現在では養成校を卒業し国家試験に合格すると、ほとんどの人が総合病院や透析クリニックへ就職します。男女比は7:3程度で、男性が多いです。最近では臨床工学技士を選ぶ女性も増え、全国で活躍しています。臨床工学技士が人気な6個の理由とは?