今日の医療業界では、様々な医療機器が存在し、かつ高度な専門的技術が求められます。

どこのメディアでも言われていることですが、みなさんはこれをどのように捉えますか?

今後、医療の更なる発展していく材料として欠かせない「医療機器」は誰がどうやって使用しているのでしょうか?

医療機器に興味を持っていただけるよう、今回は臨床工学技士の仕事について分かり易く説明していきます。

臨床工学技士の仕事内容とは?

まず、臨床工学技士はCE(Clinical Engineer)や、ME(Medical Engineer)などと呼ばれており、厚生労働省が定めた国家資格をもった職業となります。

仕事内容は就職先によってさまざまです。

主な就職先は、総合病院、透析クリニック、民間企業、養成校の教員、研究職など他にも多岐にわたります。

いずれも一貫として言えることが、「業務は医療機器に関する知識が必須」ということです。

ゆえに臨床工学技士は「医療機器のスペシャリスト」と呼ばれています。

では、多くの臨床工学技士が就職先として選ぶ、総合病院を例に業務内容を見ていきましょう。

腎不全の救世主「血液浄化業務」

腎不全といわれる病気は、おしっこが出なくなることで血液の清浄化ができなくなります。

そのため、使えなくなった腎臓の代わりに、血液を綺麗にしていく必要があります。

総合病院や透析クリニックでは、業務内容として、人工透析装置の操作や、透析回路の準備、穿刺業務、透析液の管理などが挙げられます。

日々患者のデータを読み取り治療過程の考案が必要です。

また、治療中の病態悪化に対応する行動力や生理的知識が必要であったり、より安全な血液浄化を努めるためのリスクマネージメント力などが問われます。

ポイントは、患者とスタッフの信頼関係が必須です。

患者は2日に一回透析治療を行う必要があるため、顔を合わせる頻度が高く、信頼が築けていればスムーズになります。

信頼関係の構築にはある程度の時間が必要不可欠といわれています。

焦らず丁寧に構築しましょう。

心臓の血管を再建しよう「心臓カテーテル業務」

心臓には、主に3本の血管が張り巡らされているが、どこかの血管が詰まったり狭くなって酸素を供給できなくなると心臓が虚血状態に陥る。

そこで、心臓の虚血状態を解除するために心臓カテーテル治療というものがあります。

臨床工学技士は、デバイスの準備や操作、患者の状態をモニタリングして医師の診療補助を行う。

ポイントは、緊急性の高い業務内容であるということ。

心臓は、状態が急変すると即死につながるほど重要な臓器で、治療中に心臓が止まったりすることもあります。

そのため、業務中は常に急変のリスクがあるということを考えて取り組む必要があります。

責任の重い仕事と捉えがちですが、急変対応の経験を積むことで他の業務においても必ず役に立つ業務内容です。

医療の根底を支える「機器管理業務」

院内で数多くある医療機器を、いつ?なにが?どこにある?を把握したり、定期的な点検・修理をすることで安全に使用できるよう管理することです。

臨床工学技士の業務内容では一番多くの医療機器に触れる機会があり、機械の専門的な知識が必要です。

ポイントは、医療機器の運営の効率化。

いかに効率よく医療機器を運営するか勘考することで、業務がスムーズに回り、より安全に使用できるようになります。

多職種のコメディカルや看護師は、医療機器に関して疎い傾向があるため、知識の共有や提供をしていくことも業務の内の一つです。

臨床工学技士の仕事はどんな人に向いている?向いている人の5個の特徴とは?

コミュニケーションがとれる人

どの職種でもそうですが、臨床工学技士に関しては必ず多職種のスタッフおよび患者とのコミュニケーションが必要不可欠になります。

コミュニケーションをとるには、相手の名前や性格などの情報が必要です。

そんなこといわれても「人数が多く、顔や名前が覚えれないよ!」って人は多いかと思います。

重要なのは相手に興味を持つこと。

まずは相手の目を見て名前を呼んでみましょう!

好奇心旺盛な人

昔から、日本の先端医療の発展に向けて、各医療機器メーカーが次々に新商品を開発しています。

そこで医療機器のスペシャリストとして臨床工学技士は、この機械はちゃんと安全かつ質の高い医療を提供できるだろうか?ということを考えていかなくてはなりません。

また、医療の研究はまだまだ未解明なことが多く、正しい情報やガイドラインは更新されていきます。

そのため、エビデンスに基づいた医療を提供するために日々の勉強を惜しまない努力が必要です。

好奇心を沸かし、知識をどんどん取り込むことでより医療機器のスペシャリストへとつながるのです。

また、職場によっては業務時間内に勉強することが許されないこともあります。

そのため就業した後もプライベートな時間を削ってでも医療知識を追求していく人は、将来生き残れる人材となるでしょう。

理系が得意な人

臨床工学技士は、文系・理系どちらの知識も必要ですが、医療機器に詳しくなるためには理系の知識が必要です。

人間のしくみに興味があったり、機械、パソコンを触るのが好きな人は比較的向いています。

機械の修理にしてもメーカーに委託するよりも、臨床工学技士がその場で修理した方が経費を抑えることができます。

患者を治療する上で、ふとした疑問に対する考え、アイデアは特に理系が得意なほど有利でしょう。

向上心のある人

新人として臨床工学技士1年目であるうちは優しく回りもフォローしますが、2年目、3年目とどんどん時間が経過するにつれて周りの評価はより厳しくなるでしょう。

なので、1年目のうちに業務内容をある程度覚えることが大事となります。

中には懇切丁寧で優しい先輩もいますが、貪欲に覚えることで独り立ちする時間が少ない方が、評価は上がりますよね。

また、医療業界では人手不足であったり業務の忙しさによっては新人教育の粗さが目立ちます。

自ら進んで業務内容を覚えようとする貪欲さこそが、成長への近道です。

忙しい中でも、先輩の空いてる時間を探って教えてもらいましょう。

思いやりのある人

患者のことを第一に考え、思いやることで質の高い医療を提供できます。

医療の世界に初めて飛び込むと、必ず壁にぶち当たります。

職場環境によっては先輩に相談できなかったりすることもあるでしょう。

その時は一旦初心に帰り、患者のことを考えます。

どんなにつらいときでも、患者を身内のように懇親的に接することでおのずと未来は切り開けます。

医療はサービス業界ゆえ様々な患者がおられます。

とくに透析治療を必要とする患者は曲者が多いため悩むことがあると思います。

人間として、相手の思いやるこころを忘れずに仕事をするとやりがいを感じる日がくるでしょう。

逆に、臨床工学技士の仕事が向いていない人って?

どの仕事にもいえることですが、どんなに理系が得意であったりコミュニケーションが得意な人でも向き不向きがあります。

以下の3つに当てはまる人は、転向を考えた方がよいでしょう。

お金に貪欲な人

医療業界は自己犠牲がもとに成り立っているといっても過言ではありません。

なぜかというと、責任のある仕事内容のわりに給与が非常に少ないのです。

かといって生活に困るほどではないため、お金に貪欲な人は、あまり向いてないといえます。

ただ、民間企業や一部の病院では例外もありますが、離職率が低く応募されていなかったり、業務内容が忙しくプライベートな時間がとれないこともあります。

それでも臨床工学技士になりたいという人に、ひとつ打開策を教えます。

それは「透析クリニック」に就職すること。

透析クリニックは、まだまだ需要が高く初任給が、平均給与額よりも上です。

そのため、若いうちにお金を稼いで遊びたいという人は透析クリニックに就職する人が多いです。

さらに、定時帰宅できるクリニックが多いため、副業を取り入れやすい環境でしょう。

本業では足りないという人には、副業をすることで満たしましょう。

パニックになりやすい人

どんな状況でも冷静に物事を判断できたら優秀ですよね。

でも、医療の現場では慌ただしい状況が訪れます。

それは患者の「急変」です。

医療従事者は患者に医療を提供する職業のため、いつ急変しても何かしら対応を求められます。

就職してすぐの時期は慣れるまで、慌てたりパニックになることもあるでしょう。

患者が急変したらどうしよう?など、少し未来を予想して、対応策を考えているだけでも全然違います。

経験と知識を積み重ねることで、ある程度の対応力は身に付きますが、どうしても性格が邪魔をしてパニックになったり頭が真っ白になる人はいると思います。

その場合、医療現場で働くことをあきらめ、教員への道や企業メーカーへの転向をおすすめします。

引っ込み思案な性格な人

診療の補助を行ううえで、他の職種と意見が対立したりする場合があります。

そんな時、自分が正しいと思う意見を言えない人は大勢いると思います。

でも、患者のために正しい医療を届けないといけないのです。

そこで自分が意見を言えないことで間違った医療や治療を提供された場合、被害を受けえるのは患者です。

医師も一人の人間です、間違いは必ずどこかで存在します。

その間違いに気づいたとき、指摘しないといけません。

就職して間もないころは何も意見は言えないでしょう、ですが先輩に相談するなりして意見を伝えてもらったり、言い方次第で

上手に伝えることができるのです。

引っ込み思案な性格は、自分の意見を少しでも発信する努力をしましょう。

臨床工学技士の仕事で活かせる今までの経験とは?

仕事では、時に今までの経験が生かせて応用が利く場合があります。

それこそ今まで得た経験が実を結ぶ瞬間です。

臨床工学技士の養成校で学んだ知識は、医療現場で活きにくいことは事実です。

それでも、少しでも活かせる経験を積んでおきたいという人は以下を参考にしてください。

また、学生の頃にパソコンや機械類の知識をつけておくことで、講習会の資料作りや、医療機器の修理に役に立つでしょう。

臨床実習

必須科目である臨床実習は、養成校によって実施する時期は異なります。

大体、座学の知識がついてきた頃に実施しますが、就職活動や国家試験前にかぶったりと大変な時期に行うところも存在します。

ですが、今まで座学で得た知識が医療現場で全く歯がたたないことを知らされる貴重な経験といえるでしょう。

医療現場を知ることで、更なる勉学に励むきっかけにもなりますし、業務内容によって、どのような知識が求められるかヒントが得られます。

ただぼーっと見学しているだけではハッキリ言って勿体ないです。

少しでもより多くの情報を引き出すことに集中するといいでしょう。

英語の勉強

医療業界では、英語が多く用いられます。

特に医療機器のメーカーは外国産が多いです。

機械のエラーや故障は英語で表記されたり、意味不明な文章がいきなり画面に出ることもあります。

そのため、日本医学英語検定試験や英語検定などの資格があると業務がかなり捗ります。

日頃からグローバル化に向けて取り組むことは悪くないでしょう。

部活動やアルバイト

学生の頃に部活動やアルバイトを経験しておくことで、将来必ず役に立ちます。

職場の先輩への立ち振る舞いや、接し方が上手になります。

後輩から慕われたり、先輩から信頼されたりすることは、臨床工学技士という小さい職場のなかでは大変重要となります。

また、臨床工学技士の業務で忙しく休憩がなかなか取れない場合もあります。

そういった際の体力づくりも欠かせないでしょう。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

キャリアアップは、外部への発信が近道となります。

ずっと同じ職場で働いでいると、そのうち役職へキャリアアップしますが、何も活動していない場合と、外部へ活動している場合とで、かなり差が出てきます。

若いうちから、講習会やセミナーへ足を運び、研究した成果を発信していきましょう。

すると、外部の臨床工学技士と情報共有できたり、うちの職場へこないか?など引き抜かれたりすることも稀ではありません。

キャリアアップが全てではありませんので、自分が将来何をしたいか考えることが大事でしょう。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

看護師や臨床検査技師へ転向する際、臨床工学技士としての知識は重宝がちです。

なぜなら、病院が24時間稼働しているなかで、臨床工学技士が24時間在中しているとは限らないのです。

医療機器に詳しく、何かあった際に対応できた時、周りからは頼れるスタッフとして一目置かれることでしょう。

教員としての道

臨床工学技士は、養成校の非常勤の講師として呼ばれることがあります。

資料作りは大変ですが、大変やりがいのある副業といえます。

教え子に自分の知識を提供することで、知識の定着や更なる追及につながります。

そのため、教える立場を存分に活用することができるでしょう。

まとめ

臨床工学技士は、まだまだ歴史も浅く知名度も低い職業ですが、医療現場では欠かせない存在です。

今後、業務内容の見直しや地位向上に向けての取り組みが重要視されています。

現在は、国家試験が簡単ゆえに比較的誰でもなれる職業の1つですが、生半可な気持ちで臨床工学技士として医療現場で働くと、かなり苦労します。

向上心をもって日々勉強に励み、患者に質の高い医療を提供していきましょう。


関連キーワード

臨床工学技士求人