生命保険の営業と聞くだけで、中には「私には絶対ムリ!」なんて方もいれば、「営業?かっこいい!」なんてイメージの方もいるかと思います。

実際どのお仕事にも、様々なイメージがつきものですので、どちらのイメージがあっても良いと思います。

私は、保険営業の経験者で入社する前は「続かないだろうな」と不安な気持ちを抱えたまま研修、そして入社までたどり着き、実際に営業活動までしていました。

研修では様々な年代の方々と同期として勉強をし、研修期間を終えるとそれぞれの地区にある営業部へ配属となるのですが、配属先での新人とは貴重で、大切にされます。

この為、研修後の不安さえ吹き飛ばされるような、温かい歓迎を受けます。

先輩方も分からないことに一生懸命親身になってくれますし、励ましてもくれます。

会社勤めにおいて仲間と上手く付き合っていけるか心配な方でも、きっと上手くいくはずです。

そして今回、ここでは「挑戦してみたい!」「ちょっと興味あるな~」と思っているそんな方へ、生命保険営業の仕事内容についてお伝えしたいと思います。

固定概念だけで判断してしまっている方にとっても、何か届けば良いなと思います。

「生命保険の営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

生命保険営業の5個の業務とは?経験者がご紹介!

ポスティング・テレアポ

入社したての生保レディーは担当地区を任され、既にご契約のあるご自宅を回り、ポスティングをして名刺や簡単なチラシをポストに投函することで、お客様に自分の存在を知って頂きます。

まず自分の存在を知ってもらうことにより、お客様とのアポイントが取りやすくなるのです。

そしてポスティングで存在を知って頂いた後は、実際にお客様へ電話をします。

日にちの都合がつき会える方からどんどんアポイントを取りましょう。

ここでは、ご自宅でお会いできるのか、お客様の務める会社でお会いできるのか、確認を取りましょう。

また、お会いできる日にち、時間、場所等を詳しく約束することにより、お互い気持ち良くお話することができますよ。

中には、ポスティングで存在を知って頂いたとしても、「保険屋」と聞くだけで、すぐに電話を「ガチャン」と切られてしまうことも多々ありますが、そんな時は落ち込まずに次にトライしましょう!

アフターフォロー

既にご契約のあるお客様のアフターフォローは欠かせません。

アフターフォローを心がけることでご家族の情報や生活に変化が無いか、お客様の知人や友人、ご近所でお祝い事(結婚・出産)がないか等の情報を頂くのです。

これは今後、営業活動をしていく上で大事なポイントになってきますので、アフターフォローでのコミュニケーションは大切にしましょう。

それだけでなく、担当者の訪問がなかった間に入院やご病気がなかったか等もしっかりお聞きし、必要であれば給付金の手続きもします。

忙しかったり、忘れてしまったり、給付の仕方が分からなかった等で、給付金を請求していないお客様も大変、多くいます。

ここで給付金の請求手続きをしっかりサポートすることでも、信頼を頂けます。

最初から心を開いてくれるお客様はなかなかいませんので、一つ一つ時間をかけてでも信頼をしてもらえる職員になることは本当に大切です!

常にアフターフォローを心がけましょう!

追加・新規提案

アフターフォローでお会いできたお客様には、必ず最新情報をお届けします。

既にご契約のある方には新商品のご提案や不足している保障のご提案、そしてまだ加入のないご家族様には新たにメリットのある商品をご提案します。

お客様の中に、常に保険のことを考えている人はいません。

保険に関しては、担当者が来た時や自分が入院をした時などほんの少しの時間しかお客様も考えませんので、せめて私たちがお客様にお会いした時だけでも真剣に考えて頂けるよう、その人に必要な商品、メリットのある商品をご提案するようにしましょう!

せっかく保険にはご加入して頂いているのに商品の内容が古くて結局給付金がおりなかった、個人年金はかけているのに生命保険には加入していない等、お客様にとって不十分な状態で放置されているケースがありますので、その都度、お客様に必要な商品をご提案・ご案内しましょう!

生命保険は、生きる命をサポートする為にあります。

何かがあってからでは遅いこと、何かがあったとしても安心していられるようにということをお客様に気づいて頂けるよう、めげずに提案することも大切です。

採用活動

生保レディーは、全国に数多くいますが、実際のところ人手不足にあります。

ですので、新たな新入社員を探すことも大切な仕事の一つなのです。

出産し子育ても落ち着いてきたけれど、良い仕事を見つけられずにいる方。

前の職場が自分に合わずに辞めてしまった方。

それとなくニートで過ごしている方や、生保業界に興味のある方など。

理由は様々ですが、まずは声をかけてみることから始めます。

ご自宅への飛び込みで「一緒に働く方を探しています」と訪問してみたり、ご契約のあるお客様に「周りに仕事を探している方はいませんか?」と声をかけて回ったりと方法は様々ですが、とにかく声をかけてみます。

中には営業部で行うイベントや会社の説明会等もありますので、時間のある際に一緒に足を運んで頂ける方と一緒に参加したり、営業部に来て頂いて雰囲気を見て頂いたりもします。

そうすることで、働くイメージがつきやすいのです。

働く方は大体が初めての方ですので、研修や勉強で安心して入社できることもお伝えし、他にも福利厚生がしっかりしていることや基本給などの説明も行い、働くにあたってのメリットもお伝えしながら採用活動を続けていきます。

担当企業での活動

担当の企業に既にご契約のあるお客様がいれば、会社の休憩時間等にアフターフォローを行います。

ご加入して頂いている保険の内容の確認や、近況変化がないか、他の担当者はしっかりとフォローしてくれているか等、お客様の立場になってしっかりとフォーローをします。

ここでの活動は企業内での活動になりますので、お客様の休憩時間や仕事の邪魔にならぬようにします。

そしてアフターフォローをしながら、ご契約のない従業員の方々にもアンケート等に協力して頂きます。

アンケートに協力してくださった方は名前を憶え、保険の加入状況を教えて頂きます。

中にはまだ保険には未加入の若い方や保険を見直そうと考えている親御様世代の方、給付金のことでお困りの方などもいますので、相談にのりながら私たちの会社の商品をご提案していく流れになります。

担当企業には、私たちだけでなく他の生命保険会社の生保レディー達も訪れますが、気持ちを弱くしてはいけません。

どの生保レディーたちも保険を取りに来ているからです。

私たちがどんどんお客様に声をかけなければ自分の出番がなくなり、仕事になりませんので、元気に明るくポジティブに仕事をしましょう!

企業での活動は、地区での活動よりも遥かに成果が出やすい場なのです。

ここまでは生命保険営業の5個の業務をご説明致しましたが、次に、仕事をするにあたって覚えなければいけないことや生命保険営業の良いところをご紹介したいと思います。

「生命保険の営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

生命保険営業の仕事をするにあたって覚えなければいけない事

自社商品の内容

研修期間中に自社商品の勉強を行いすが、正直、研修期間中に覚えきれるかと言ったらそうではない方も多いかと思います。

その為、営業部に配属されてからでも間に合いますので、自分の中で曖昧になっている商品の内容を上司に解説して頂いたり仲間に教えてもらいながら、徐々に自社商品を理解していきます。

そして、実践ではまず、お客様が既に加入している保険の内容を一つずつ説明できるようになっていきましょう。

説明できるようになっていきましょうとは言え、お客様自身もしっかり保険の内容を理解して加入されている人もいれば全く分かっていない人もいます。

だからこそ、自分が成長する為にも勉強の為にも、お客様の前であお客様の加入している保険をご説明するのです。

皆、踏み出す第一歩は同じです!

お客様の前でお客様の加入している保険を説明しながら自社商品説明して信頼を得ます。

各種手続きの仕方

給付金の手続きの仕方、名義変更の仕方、給付金の受取人の変更や、引き落とし口座の変更なども覚えていきます。

そして一番大事である保険にご加入して頂く際の手続き方法も、覚えなければなりません。

「なんだか覚えることが沢山でやっぱり私には無理かも」なんて思っていませんか?

大丈夫ですよ。

誰も最初から一人で覚えろなんて言いません。

営業部には新人さんをサポートする役割の人がいます。

一緒に担当地区を回って一緒にお客様と話をしてくれ、しっかりとサポートしてくれます。

「覚えが悪い」と感じている方でも、「覚えることが沢山あって心配」と感じている方でも、一つずつゆっくり覚えていけるよう、そして覚えるまで新人サポート役は付き添ってくれます。

私たちが知識をしっかりと把握し誠意のある行動をすることでお客様にも安心・信頼して頂けますので、お客様に分からないことを質問された時に曖昧な返事をしてしまったり「分かりません」で済ませてしまわぬようにしましょう。

皆さんも、お店で店員さんに質問をした時に曖昧に返事をされたり、「分からない」で済まされてしまったら、不信感を抱きますよね?

それと同じです。

同じ人間ですので怖がらずに、分からないことは確認した後に改めてご回答させて頂くなどして対応しましょう!

手続きの方法や内容はこなした数だけ身につきますよ!

営業トーク

特に大事なのは営業トークだと思われます。

「喋るのは下手だし・・・」とか、「人に説明するのも苦手」なんて最初は思うかもしれませんが、お客様と沢山話す内に勝手に言葉が出てくるようになります。

お客様の意見をしっかり聞きながら、踏みとどまるお客様の背中を押すのも私たちの仕事です。

ガツガツしてしまっては不快感を与えてしまいますので、自分に置き換えてお客様に接することで上手くいきますよ。

沢山覚えることがある分、自分自身の為にもなっていきます。

商品の説明だけをするのではなく、日常会話も混ぜながらの営業トークで上手くいきますよ。

生命保険営業の良いところ

やりがいを感じるポイント

生命保険は、人と人との繋がりだと、私は思っています。

お客様のご家庭事情を聞くこともありますし、金銭的な相談をされることもあります。

やりがいに関しては下記にまとめましたが、お客様のお役に立ちたい方や誰かに寄り添う優しさを持つ方には、きっと合うはずです。

人とのコミュニケーションが増える

これまで関わりのなかった同じ地域の方々とも、一気に距離が縮まります。

知らなかったご近所さんやご年配の方、若年層の方とのコミュニケーションが増え、次第に顔見知りもでき、町で出会った時に世間話ができてしまう程、人を好きになれます。

「保険屋さん」として活動する中でも、やはり「人」であることに変わりはありませんので、町で出会った時にはお互いが「○○さん」というスタンスで会話ができたり悩みを相談し合える仲になったりして、コミュニケーションが苦手な方でも「楽しい!」と感じられるようになることは本当に魅力的です。

時間を有意義に活用できる

一日の予定を自分で決めることができる為、仕事をしながら私用もでき、今まで会社員時代にできなかったこともできるようになります。

会社員でいた時に感じられなかった毎日の充実感がここにはあります。

面白いポイント

様々なお客様の話を聞いていると、自分の励みになるような、自己改善に繋がるような、本当に様々な出会いがあります。

その中で、お客様の知識や経験を日常会話で聞くことができ、自分を見つめ直すキッカケができたり、自分を変えていける出来事もあります。

ある意味お客様から元気を沢山もらえ、刺激にもなることが面白いポイントです!

「生命保険の営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

いかがでしたでしょうか?

生命保険の営業は、全部が全部楽しいことばかりではありません。

ですが、満たされるものがここにはあります。

仕事となれば時には誰でも苦しいこともあるでしょうし、嫌で憂鬱になることもあるでしょう。

生命保険の営業は多くのお客様と出会い、多くの仲間から支えられ、多くの人から必要とされます。

「自分が何の為にここで」「何故この上司に叱られながら」「どうして陰口を言われながら」と、今悔しい思いをしながら働いている人は数えきれない程いるかと思います。

生命保険の営業は、自分との闘いです。

誰かの愚痴を言ったり、何の為になんて考えていては、仕事がはかどりません。

お客様、そして自分の為に頑張れる仕事だからです。

こちらを読んで、この業界に一歩踏み出す勇気づけになればと思います。


関連キーワード

生命保険営業仕事