家庭教師のアルバイトは高時給や効率性などのメリットがあり、生徒に勉強を教えるという責任の大きい仕事を通じて自分自身の成長を実感することもできるため、大学生や専門学生を中心に人気の職種です。

今回はこれから家庭教師のアルバイトをしてみようと考えている人のためにいくつか有用な情報をお届けします。

まずはじめに家庭教師のアルバイトをおすすめする理由をいくつか紹介していきますので、魅力に感じるものがあるかどうかを確認してみてください。

次に、たくさん存在する家庭教師会社の中でおすすめな会社はどこなのか、その理由は、といったことを簡潔に解説していますので参考にしてみてください。

最後に求人検索の際の注意点やこの仕事に関してよくある質問・疑問とその回答も掲載しています。

実際に家庭教師の仕事の求人を検索したり応募したりする前に一度目を通してみてください。

家庭教師のおおまかな仕事内容

家庭教師の仕事の特徴は、生徒の「自宅」で主に「1対1」形式で勉強を教えるということです。

他の教育関連業界のアルバイトとの違いは、勤務場所がお客様のご家庭であることと、一つの授業につき受け持つ生徒が一人であることがあげられます。

そのため生徒をはじめとしてその親御さんも含めて他の教育関連職種よりも「濃密」な関係性を築かなければならないことになります。

親御さんからは勉強を教えること以外にも社会人としての当然のマナーも厳しく評価されます。

また高時給な職場だけあって、その仕事に対する責任の重さも認識しておく必要があります。

生徒からすれば勉強ができるようになったり志望校に合格したりすることは今後の人生にとても重要な影響をあたえることになります。

家庭教師は生徒から「プロ」として見られていることを自覚して、模範となるべき指導姿勢を常に維持することが求められる現場といえるでしょう。

家庭教師のバイトがおすすめな4個の理由

はじめに家庭教師のアルバイトの仕事をおすすめする理由をいくつか紹介していきます。

知り合いの中に過去に家庭教師の仕事をした経験がある人や、今現在まさに家庭教師として稼働している人がいればその人たちから聞いたことのある内容かもしれません。

ここでは代表的なものだけに絞って4つあげておきます。

時給が高い

家庭教師のアルバイトが人気の理由で最も頻繁に取り上げられるのが「高時給」という特徴でしょう。

1コマ2,000円~3,000円といった案件も豊富にあり、時給換算すると1,300円~1,500円くらいからスタートというのが給与相場といえます。

家庭教師の仕事が未経験の人で難関校受験とかではなくノーマルな案件を担当してもこれくらいはもらえるので、経験値を積んでいったりレベルの高い案件を紹介してもらったりするとこの倍以上の時給をもらえることも少なくありません。

最近は小売りやサービス業などを中心に人手不足が深刻で、とくに都市部においては多くの業種でアルバイトの時給額が上昇していますが、そのような状況下でも家庭教師の仕事が高時給の部類に入ることは揺るぎなく、それがこの仕事の人気を支えている重要な要素といえます。

シフトの融通が利きやすい

家庭教師として指導する相手となる生徒は主に小学生から高校生になりますが、休日に授業をするのでない限りは平日学校から帰宅した後の授業ということになるでしょう。

そのため勤務時間帯は夕方から夜にかけてが多くなります。

社会人の方であれば本業の終業後、学生であれば授業・部活動の後に勤務するということが可能になることから、他の仕事に比べると自分の予定と時間帯がかぶるようなことが少ない職種といえます。

しかしここでいうところの「シフトの融通」はシフトを自由に組めるという意味ではないことに注意が必要です。

何曜日の何時からという授業のスケジュールは生徒や親御さんと相談して決定しますが、よほど急で重要な用事ができてしまわない限りは家庭教師の方から授業の振り替えを依頼することは認められません。

家庭教師の仕事はシフト通りに勤務するということに関しては、他の仕事に従事するとき以上に意識高く取り組まなければならない職種といえます。

やりがいを感じやすい

家庭教師を続けている人はこの仕事にとてもやりがいを感じるということをよく口にします。

最初は高時給であることや空き時間の有効活用ができそうであるというイメージから応募する人も多いですが、そのような人たちでもしばらく勤務していると生徒に勉強を教えることが想像以上に難しいことに気づき、また困難な壁を打ち破って目標を一緒に達成することの素晴らしさに魅了されていきます。

家庭教師の仕事だけでなく教育関連のアルバイトは達成感ややりがいを比較的感じやすい職場ですが、とくに家庭教師の職場は生徒と1対1であることがほとんどで非常に関係性が濃密になり、生徒に対する思い入れもより強くなりがちです。

そのため生徒との関係性で悩んだり苦労することもありますが、反対に成績が向上したり生徒の成長を感じた時にはとても充実した気持ちになります。

やりがいをストレートに感じられる職場であるということは、家庭教師の仕事の魅力を端的に表すものといえるでしょう。

Wワークしやすい

家庭教師の仕事に従事している人の多くはほかに本業の仕事があったりアルバイトの仕事を複数こなしたりしています。

つまりこの仕事は「Wワーク」が可能であり実際に多くの方がそのメリットを生かしているのです。

その理由としては拘束時間、すなわちこの仕事に従事する時間が短いことがあげられます。

極端にいえば担当する授業の時間のみが家庭教師の仕事の「拘束時間」となります。

実際にはご家庭までの往復の時間はもちろん、授業の準備や日報等報告業務なども付随して発生しますので、授業時間だけ働けばよいわけではありません。

それでもしばらくして要領をつかんでくるとこれらの付随業務に要する時間を短縮していくことも可能でしょう。

そうして家庭教師として働いている時間を短くしていくことができれば、空き時間にほかの仕事を入れたり、学生であれば学業に専念するといったことができるようになるのです。

この点に魅力を感じ家庭教師のアルバイトに応募する人も非常に多いようです。

おすすめの家庭教師会社3選

昨今の「教育ブーム」も相まって家庭教師派遣業を運営する「家庭教師会社」は一昔前と比べて増加傾向にありますが、ここではその中で評判がよかったり人気があって話題に上ることが多い会社をいくつか取り上げておきます。

簡潔に会社の特徴を紹介しておきますので、興味を持った方は実際にこれらの会社のホームページなどから詳しい情報を得ることをおすすめします。

家庭教師のトライ

「家庭教師のトライ」はテレビCMもおなじみであり、家庭教師業界でダントツの知名度を誇る会社といえます。

この会社がおすすめな理由はなんといってもその「ブランド力」にあるでしょう。

家庭教師・個別指導塾の生徒数において全国ナンバーワン(会社サイトより)であり、家庭教師未経験の方でも「トライ」という看板を背負っていればそれだけでお客様からの印象もよくなることが期待できます。

業界最大手の強みはその規模からくる「安定感」であり、家庭教師の仕事の場合は案件が見つかりやすかったり自宅近くでの案件が多かったりということがメリットとして考えられます。

ちなみにトライグループで「個別指導塾」など他形態の事業も運営しており、家庭教師のアルバイトから他業種にスライドする人もいます。

このような「選択肢の豊富さ」というのもこの会社で働くメリットとなります。

家庭教師のサクシード

家庭教師業界の中でも比較的「高時給」な部類に入る会社が「家庭教師のサクシード」です。

会社サイトによるとこの会社で働くメリットとして、高時給のほかに案件紹介のスピードの速さや充実したサポート体制をあげています。

家庭教師の仕事は他職種に比べると高時給ですが、会社によっては研修時給がかなり低く設定されていたり交通費が全額支給されなかったりということもあります。

その点、この会社はウェブサイトにて「交通費全額支給」と掲載しており最低時給も表示されています。

さらにスタート時給は一律に設定されているので、未経験の方でも安心して仕事を始めることができるでしょう。

学研の家庭教師

「学研の家庭教師」は学習塾としてよく知られている「学研」が運営している家庭教師会社です。

その強みは長年にわたる学習塾運営の実績に裏付けられた「学研ブランド」です。

お客様の立場からすれば今まで耳にしたことのないような会社に家庭教師をお願いするよりも、学習塾としてご近所の家庭も利用していることの多い「学研」という名前が冠された会社の方に安心感を感じやすいものです。

また学習塾運営によって蓄積された独自のノウハウや合格までのサポート体制というものに魅力を感じる方も多いようです。

この会社で家庭教師として働く場合はこのようなお客様からのポジティブなイメージを存分に活用することができるでしょう。

家庭教師の働き先を選ぶ上での注意点とは?

以上で見てきた会社以外にも家庭教師派遣業を営んでいる会社はたくさんありますが、その中から自分に合った雇用先を選ぶ際にどのような点に注意すればよいのでしょうか。

参考程度に以下の3点を基準に求人探索をしてみてください。

交通費等、給与以外の待遇を確認する

先に見てきたように家庭教師の仕事は「高時給」で知られています。

時給相場に関しては家庭教師会社による差はあまり大きくなく、大方横並びの時給額を提示していることが多いようです。

しかし交通費支給の有無などの給与以外の待遇面に関しては会社によってさまざまに異なる部分があります。

交通費を例にとれば、全額を支給してくれる会社もあれば一定額の給付というかたちをとるところもあります。

私自身は今まで家庭教師の仕事をしていて交通費が支給されないという話を聞いたことはありませんが、会社によって給与体系が異なることは事実ですので、求人を探索する際には給与以外の待遇面についても忘れずにチェックしておきましょう。

派遣される家庭までの距離を確認する

家庭教師会社は営業エリア内のご家庭に限定して家庭教師を派遣しています。

また業界大手など複数の事業所を構えている会社であれば、世帯数などの基準をもとに営業エリアを細かく分けて運営しています。

家庭教師として働く場合は事業所に出勤することよりも派遣先のご家庭へ直行して直帰するというパターンが圧倒的に多いので、求人探索をする際は可能であれば会社の営業エリアを確認しておきましょう。

事業所が家から近い場所にあったとしても派遣先のご家庭が遠方にあれば結局は通勤時間に多くの時間を要することになってしまいますので、事業所までの距離と合わせて営業エリアが自分の通勤可能な距離であるのかどうかを確認しておくことが大切です。

ほかの教師陣のプロフィールをチェックする

ウェブサイトで求人探索をする方におすすめな方法として、興味を持った家庭教師会社のホームページを閲覧してみて、いま現在実際に家庭教師として稼働している教師陣のプロフィールなどが掲載されているかどうかを確認するということがあります。

他の教師陣の顔ぶれを通して、その会社がどのような層をターゲットとして捉えているかといったことがわかります。

たとえば、偏差値の高い大学に在籍している(していた)人が多い、もしくはそのような経歴の教師しか掲載されていないとなると、難関校受験を考えている親御さんをターゲットに据えている可能性が考えられます。

あくまでも可能性の域を出ませんが、これから自身が勤務する現場ではどんな人たちが働いているのかということを把握するだけでも有意義なことといえます。

求人探索の際に参考にしてみてください。

家庭教師についてよくある質問・疑問

最後に家庭教師の仕事全般に関してよくある質問・疑問を掲載しておきます。

私個人の経験や同僚などから聞いた話をもとに簡単に回答も載せておきますので、一度確認してみてください。

応募方法は?

家庭教師の仕事に応募する際には他の仕事と同じように基本的には電話もしくはウェブサイトから応募することになります。

もしくは現在家庭教師として実際に働いている友人・知人の紹介を通じて応募するということも、とくに大学生の間では頻繁に行われているようです。

紹介を通じて応募するケースの方が、紹介者から事前に会社の内情や実際の働き方を聞くこともでき、また家庭教師会社側の採用のハードルも下がる傾向にあるので、もし紹介してくれそうな人がまわりにいるのであればこの方法を検討することをおすすめします。

面接でよく聞かれることは?面接合格の秘訣!

面接時によく聞かれることは、自分自身の勉強・受験にまつわる経験や過去の職歴などになります。

とくに受験体験談やどのように勉強時間や方法を工夫して作り上げていったか、ということをスムーズにアピールすることができれば、面接官に好印象を抱いてもらえることでしょう。

加えて、この仕事に応募した理由やこの仕事で生かすことができるであろう自身の長所なども事前に回答内容を精練しておく必要があるでしょう。

未経験でも応募できる?

家庭教師の仕事に応募する人の中には未経験者もたくさんいます。

むしろ過去に家庭教師をしていた経験があるという人の方が珍しいくらいです。

そのため未経験であるからといって特になにか不都合があることはないでしょう。

しかしながら経験者の場合はスタート時給が高めであったり案件紹介までのスピードが迅速であったりというメリットは考えられます。

ほかの職場同様に経験者は優遇される傾向があるといえるでしょう。

それでも多くの家庭教師の求人が「未経験者歓迎」と掲げていますし、しっかりとしたサポート体制を整えている会社が多いので、興味があれば応募してみるべきでしょう。

会社の雰囲気は?

会社の雰囲気というのは事業所によってまちまちですが、成績・結果にシビアな教育関連の業種でありサービス単価も高めであることから、和気あいあいとしたにぎやかな雰囲気の職場よりもピリピリしたシビアな雰囲気がイメージできます。

しかし私が所属していた家庭教師会社は社員みなさんで仲良く仕事をされていましたし、一律にシビアな雰囲気で仕事をしている事業所ばかりということではないでしょう。

正社員、派遣社員、アルバイトの募集があるの?

家庭教師の求人情報は主に「アルバイト」形態で募集をかけています。

正社員や派遣社員などの雇用形態で働いている家庭教師の先生もいますが、多くの家庭教師はアルバイトとしてこの仕事に従事しています。

とくに未経験から始めようとしている人はアルバイトとして働く方が責任や仕事の範囲などを考慮すると無難な選択といえるでしょう。

雇用形態によって給与体系はどう違う?

他職種同様に雇用形態の違いによって給与体系も異なってきます。

アルバイトや派遣社員は「時給制」で働いていますが、正社員は「月給制」で働く人が多いでしょう。

会社により給与体系ならびにその額に違いは見られますが、この仕事の特徴である「高時給」や「効率性」という点を最大限にいかすことができるのはアルバイトとして働く場合ではないでしょうか。

複数の生徒を担当し週に複数回授業を行うことを前提に考えると、月給制で働く正社員よりも稼ぎが多くなることは十分にありえます。

残業って多いの?

家庭教師の仕事において「残業」という概念はほぼないに等しいです。

なぜなら授業時間がもともと決められていて授業時間の延長などは認められず、また一つの授業につきいくらという給与額も明確に決められているからです。

そのため、万が一生徒の質問に対する答えに時間がかかってしまったり、授業後に親御さんとお子様の将来や受験についてお話をしたりしても、その時間が「残業」として認められることはほとんどありません。

少なくとも私の経験上、家庭教師の仕事をしていて「残業代」が発生したことはないですし同僚からそのような話を聞いたこともありません。

この仕事に従事する場合は残業代で稼ごうとは考えず、地道に授業コマ数や担当生徒数を増やしていくことで収入増を狙うという姿勢が大切です。

シフトの自由度ってどうなの?

家庭教師にとっての「シフト」とは生徒にとって「授業」のことですので、家庭教師のシフトは生徒もしくは親御さんと相談して決めた授業スケジュールに沿うことになります。

基本的には週回数や授業曜日・時間は契約時に決定した内容で固定されており、週ごと・月ごとに柔軟にスケジュールを変更するということはできません。

どうしても予定が合わないときは親御さんと相談の上、別の日に授業を振り返ることになりますが、会社側からすれば信用問題にも関わってくるのであまり振替授業を多用してほしくないというのが本音です。

そういう意味では家庭教師の仕事はシフトの自由度が低い職種といえるでしょう。

資格って必要なの?

家庭教師の仕事に就くにあたって必須となる資格や経験はありません。

未経験の方や今まで教育関連の仕事に従事したことがない方であっても応募はできますし、他職種よりも比較的高確率で採用される傾向にあります。

家庭教師会社からすれば豊富に教師をそろえておくことでお客様の要望になるべくマッチする教師をあてがうことができるので、よほどのことがない限り採用されると考えてよいでしょう。

しかしながら教員資格や授業科目に関連するような資格をもっていればより重宝されるでしょうし、案件紹介の頻度も上がることは十分考えられます。

そのため何かしらの資格を保持している人にとってはその資格を有効活用できる職場といえるかもしれません。

まとめ

家庭教師の仕事は時給等待遇以外にも、よくやりがいを感じることがメリットである職場といわれます。

1対1でつきっきりで指導している生徒の成績が目に見えるかたちで向上していったり、当初は勉強することに興味がなかった子が意欲的に取り組むようになったりしたときには、とても大きな喜びと充実感、また自分の仕事が誰かのためになっているという実感を抱くことができます。

アルバイト先に求めることは「稼ぎ」であることは当然ですが、家庭教師の仕事はそれ以上のもの、たとえば自分自身を成長させる機会が得られる職場といえます。

興味をお持ちの方はまずは求人検索から始めてみてください。


関連キーワード

家庭教師バイト求人

家庭教師バイト求人についてもっと深堀りした情報を見る

福岡家庭教師バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

家庭教師は現役大学生もしくは大卒社会人にとって定番アルバイトの1つです。今回は、家庭教師アルバイトに興味をお持ちの方のために、求められる能力や給与の相場など、福岡県の求人について詳しく解説していきたいと思います。家庭教師はどんな仕事?家庭教師とはお客様であるご家庭を訪問し、お子様に勉強を教える仕事です。教える対象になるのは、主に小学生から高校生までとなります。ご家庭が家庭教師を必要とする理由としては、近所に塾がないことや、塾への行き帰りの時間を節約したい、1対1での指導を望むといったところです。家庭教師の仕事は個人契約で始める方もいますが、ほとんどの場合まず家庭教師を派遣する会社に登録します。

家庭教師の時給はどのくらい?私の周りの相場や時給の決まり方を紹介します

家庭教師のアルバイトは短時間で高収入が得られるので人気があります。特に教員を目指している学生にとってはいろいろな生徒と関わる良い機会になります。教員採用試験の一般教養試験や専門教養試験などの範囲になることもあるので、おすすめのバイトになります。今回は家庭教師の時給を中心に紹介します。家庭教師ってどんな仕事?家庭教師とは、直接生徒の家庭に行って勉強を教える仕事です。主な業務内容は受験対策、定期テスト対策、学習習慣定着対策、苦手科目克服対策、検定試験対策などがあります。成績をアップさせたり、勉強が苦手な生徒にはどのような方法で勉強したらいいのかを教えたり、宿題でわからない問題の解説をしたりします。

埼玉の家庭教師バイト求人の時給相場やおすすめな募集内容の特徴、人気な会社を歴4年の経験者が解説!

関東のベッドタウンとしても有名な埼玉県。単身世帯のみならずファミリー層も多く住んでおり、子供の数が多いのが特徴です。そのため、塾や家庭教師には常に一定の需要があります。また、都内へのアクセスもいいことから、東京の私立中学・高校へと進学する子供も多く、学校以外での勉強はもはや必要不可欠な存在。今回はそんな埼玉県での家庭教師のアルバイト求人についてご紹介します。家庭教師はどんな仕事?家庭教師とは、生徒の自宅で勉強を教える先生のこと。学習塾とは違い、マンツーマンで行うケースが多いです。基本的には家庭教師の派遣会社に登録し、必要とされたお宅へ勉強を教えに行くというのが主な業務内容です。担当する科目は選