この記事では、家庭教師のアルバイト求人について解説していきます。

人に物を教えるという仕事なんて簡単にできるのか、という不安などあるかと思いますが、特別な資格や経験なども必要なく意外と誰にでもできるお仕事です。

それでは早速お仕事の内容やポイントなどを解説していきます。

家庭教師アルバイトはどんな仕事?

「家庭教師」とはそのものズバリ、生徒の「家庭」に訪問をして「教師」として教える仕事です。

家庭教師アルバイトの大まかな仕事内容

家庭教師の仕事内容について、もう少し詳しく解説します。

誰に教えるの?

教える対象は幅広いです。

メインは小・中・高校に通う就学児童及び生徒ですが、幼稚園や小学校の「お受験」を目的とした未就学児童や国家資格などの取得を目指す大学生以上を対象とするケースもあります。

何を教えるの?

教える内容も幅広いです。

最も一般的なのは「受験勉強」に対する学力アップのための指導です。

他には、小学生などを対象とした日常学習のサポートとして学校での授業に対する予習・復習を行うケースなどがあります。

家庭教師アルバイトでのおすすめ求人の特徴とは?

家庭教師アルバイトに関する求人の特徴やポイントには、どんなものがあるのでしょうか?

おすすめ求人の内容などについて解説します。

アルバイトは「登録制」が多い

家庭教師のアルバイトは家庭教師派遣業を行っている会社へ登録をして、派遣先を紹介してもらう「登録制」が一般的です。

《家庭教師派遣を行っている会社例》

  • 家庭教師のトライ
  • 学研の家庭教師
  • 家庭教師のサクシード
  • プロ家庭教師ウィング

どこの派遣会社に登録をするかは、大きなポイントです。

それぞれ特徴などがありますので、どのような家庭教師事業を行っているのか、各派遣会社のホームページなどで確認することが重要です。

学習指導に関する方法とサポート体制について

家庭教師の仕事で最も気になるのは、「指導方法」です。

多くの人が教師としての特別な研修などを受けたことはないと思います。

どうやって人に教えていくのか、ということが家庭教師を始めるにあたって一番気になることではないでしょうか?

基本的には指導マニュアルや指定されたテキストを用いて授業を進める形になるので、まずは安心して大丈夫です。

そのマニュアルやテキストがどのようなものなのか、テキストの中で難しい内容をどのようにサポートしてもらえるのかが気になりますね。

そのような指導方法に関するサポート体制について確認しておくことが大切です。

指導範囲について

もう一つ重要なポイントが「指導範囲」です。

一般的には「教科」ごとに指導範囲が設定されます。

自分の得意教科のみを教えるということが可能なケースもあります。

指導範囲としては、生徒側と教師側双方に支給される指定テキストの内容をマニュアルに沿って指導するというのが通常ですが、場合によっては、テキストに記載されていること以外にまで指導範囲が及ぶケースなどもありますので、どこまで教えるのかというのもしっかり確認しておきたいポイントです。

家庭教師のアルバイトはこんな人に向いている!

家庭教師の仕事に向いている人とはどんなタイプでしょうか。

人に物事を教えることが好きな人!

言わずもがなといった感じですが、人に物事を教えるのが好き!という人にはピッタリのお仕事です。

将来的に教師を目指していて、大学などでも教育課程を履修しているとか、教育学部に所属しているなど、また人に教えることについてスキルがある人などには、実践経験を積める最高のチャンスとなります。

将来に向けたスキルアップと収入アップという、まさに一石二鳥のアルバイトです。

もちろん上記のような教育に関連するスキルや経験などがなくても、人に教えることが得意というタイプの人にも向いているお仕事です。

子どもが好きな人!

小学生を対象とする家庭教師であれば、子どもの相手をするのが好きという人にも向いているお仕事です。

小学生、特に低学年の子どもが相手となる場合には、勉強を教えるという前に、飽きずに座っていることができるように子どもの相手をするという側面も大切な要素となります。

子どもが集中して機嫌良く勉強をできるようにするためには、子どもの相手が得意、子どもが好きというのは大切な要素です。

得意な教科がある人!

国語や算数、理科、社会といった科目別に勉強を教えていくことになるので、こういった学習科目が得意な人が向いています。

自分の得意なことを活かしたアルバイトとして、考えてみるのも良いでしょう。

家庭教師アルバイト求人でよくある募集内容とは?

家庭教師のアルバイト募集で、チェックをしたいポイントについて解説します。

時給相場

未経験者の場合、1,500円~2,000円が最初の時給平均です。

学歴や派遣会社、地域により多少上下します。

担当する生徒が一人で1回の授業が90分程度、週2回程度が一般的なパターンで、時給1,500円で計算するとこの場合の月収は18,000円程度になります。

シフトの入れ具合

シフト制ではありませんが、月にどのくらい働けるのか、という点については、

  • 担当する生徒の人数
  • 生徒一人あたりの授業量(1週間の授業回数と1日の時間数)

概ね上記二つのポイントで調整をする形になります。

派遣会社に希望する業務量を相談したり担当する生徒の親御さんと相談をして調整をするのが一般的です。

求められる人物像

家庭教師のお仕事をする上で求められる人物像について解説します。

真面目で誠実な人

自宅に来てもらうので、大切な息子さんや娘さんを預けるにあたり信頼できる人物が求められます。

学力の高さ以前に、しっかりとした人格が備わっていることが大切です。

熱意をもって熱心に対応できる人

家庭教師のお仕事は「進学」という人生に関わるお仕事です。

生徒さん本人は当然、親御さんなど家族にとっても大切な教育の一環としてお金を払っているのですから、進路や進学について責任を持って熱心に取り組んでくれる人物像が求められています。

いい加減な態度で、中途半端に投げ出すようなことがあってはいけません。

必要なスキルや資格、経験

家庭教師のお仕事をする上で必要となるスキルや資格、経験などは特にありません。

未経験から始められるお仕事として、多くの人が働いています。

大学などでの教育に関する履修経験がありますが必須ではあれば役に立ちますが必須ではありません。

アルバイトは正社員とどう違う?

雇用形態による就業内容の差はあるのでしょうか?

ここではアルバイトと正社員の違いについて解説をします。

仕事の量や責任の度合いは変わる?

正社員として働く場合には大学生のアルバイトと比べて専業での就業なので、その分業務量を多く請け負うことができます。

仕事内容は変わる?

家庭教師として行う業務は同じですので、違いはありません。

それぞれ求められるスキルは?

「正社員」に関しては“プロ”の家庭教師という位置づけとなり、「教員免許を保有している」もしくは「塾講師としての実績がある」といった「教師」としての資格、スキル、実績を持った人で、より専門的で高度な指導を行います。

「アルバイト」に関してはあくまでもマニュアルに沿った学習サポートの位置づけとなり、特別なスキルは必要ではありません。

収入面は?

雇用形態による収入の違いについて解説をします。

正社員

年収にすると平均333万円程度で、月収にして28万円程度というのが相場です。

アルバイト

アルバイトの家庭教師の時給は1,500円~2,000円程度が相場です。

小・中・高校と受け持つ生徒の学習レベルが高くなるにつれて、時給も高くなります。

家庭教師のアルバイトで働くメリット

家庭教師として働くことのメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

短時間で高収入が見込める!

他のアルバイトと比べて時給水準が高いのが特徴です。

肉体労働ではありませんので、時間や身体的な負担が少なく効率的に高収入を見込めます。

高いコミュニケーションスキルを身につけられる!

人に物を教えるということは、高いコミュニケーションスキルを必要とします。

子どもに対して勉強を教えること自体が難易度の高いコミュニケーションとなるため、より高度なコミュニケーションスキルを身につけることができるのもメリットと言えます。

家庭教師のバイトで働くデメリット

家庭教師として働くことのデメリットはあるのでしょうか。

生徒の都合によって収入が減ってしまう

家庭の都合や生徒の体調など、生徒の都合によって予定していた授業がなくなることが結構あります。

当然給料は支払われなくなるので、収入が不安定になることがデメリットの一つと言えます。

長期間、予定が拘束されてしまう

家庭教師として生徒を受け持つ場合その期間は最低でも3ヶ月以上で、一般的には1年間などの単位になります。

プライベートの予定などを理由に、設定されている授業を休むことは難しくなります。

長期間決まった曜日・時間に自分の予定を入れることが難しいのもデメリットと言えます。

家庭教師のデメリットは、こちらの記事も参考に!

まとめ

家庭教師のアルバイトについて解説しました。

他のアルバイトとはちょっと違った経験を積むことができ、短時間で高収入が得られるのが魅力です。

特別なスキルや経験も不要なので、先ずはアルバイトとして登録してみるところから始めてみましょう。


関連キーワード

家庭教師求人

家庭教師バイト求人についてもっと深堀りした情報を見る

福岡家庭教師バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

家庭教師は現役大学生や大卒社会人にとって定番のアルバイトの一つです。今回は、家庭教師アルバイトに興味をお持ちの方のために、求められる能力や給与の相場、福岡県での求人などについて詳しく解説していきたいと思います。家庭教師はどんな仕事?家庭教師とはお客様であるご家庭を訪問し、お子様に勉強を教える仕事です。対象は、主に小学生から高校生です。ご家庭が家庭教師を必要とする理由としては、近所に塾がないことや、塾への行き帰りの時間を節約したい、1対1での指導を望むといったものが多いです。家庭教師の仕事は、個人契約で始める方もいますが、ほとんどの場合は家庭教師を派遣する会社に登録します。そ子で派遣先となるご家

家庭教師の時給はどのくらい?私の周りの相場や時給の決まり方を紹介します

家庭教師は、短時間で高収入が得られることで人気のあるアルバイトです。特に教員を目指している学生にとっては、様々な生徒と関わる機会が多く、良い経験になります。教員採用試験の一般教養試験や専門教養試験などの範囲になることもあるので、おすすめのアルバイトになります。今回は家庭教師の時給を中心に紹介します。家庭教師ってどんな仕事?家庭教師とは、直接生徒の家庭に行って勉強を教える仕事です。主な業務内容は受験対策、定期テスト対策、学習習慣定着対策、苦手科目克服対策、検定試験対策などです。成績をアップさせたり、勉強が苦手な生徒にはどのような方法で勉強したら良いのかを教えたり、宿題で分からない問題の解説をした

埼玉の家庭教師バイト求人の時給相場やおすすめな募集内容の特徴、人気な会社を歴4年の経験者が解説!

関東のベッドタウンとしても有名な埼玉県には、単身世帯のみならずファミリー層も多く住んでおり、子どもの数が多いのが特徴です。そのため、塾や家庭教師には常に一定の需要があります。都内へのアクセスも良いことから東京の私立中学・高校へと進学する子どもも多く、学校以外での勉強はもはや必要不可欠な存在です。今回はそんな埼玉県での家庭教師のアルバイト求人についてご紹介します。家庭教師はどんな仕事?家庭教師とは、生徒の自宅で勉強を教える先生のことです。学習塾とは違い、マンツーマンで指導するケースが多いです。家庭教師の派遣会社に登録し、依頼されたお宅へ勉強を教えに行くというのが主な業務内容です。担当する科目につ


家庭教師バイト求人に関するコラム

家庭教師バイトがおすすめな4個の理由と、おすすめの家庭教師会社3選

家庭教師のアルバイトは高時給や高効率などのメリットに加えて、生徒に勉強を教えるという責任の大きい仕事を通じて自身の成長を実感することもできるため、大学生や専門学生を中心に人気の職種です。今回はこれから家庭教師のアルバイトをしてみようと考えている人のためにいくつか有用な情報をお届けします。まずはじめに家庭教師のアルバイトをおすすめする理由をいくつか紹介していきますので、魅力に感じるものがあるか確認してみてください。次に、たくさん存在する家庭教師会社の中でおすすめな会社はどこなのか、その理由は、といったことを簡潔に解説していますので参考にしてみてください。最後に求人検索の際の注意点やこの仕事に関し

家庭教師のアルバイトをやってて良かった2個のこと。メリットや、そこで身に付く力とは?

家庭教師のアルバイトを通じて学べることはたくさんあります。よかったなと思うこともたくさんありますが、結果を出さないと厳しい仕事でもあります。ここでは家庭教師をしていてよかったことやうれしかったことなどについてお話していきます。私はこんなところで家庭教師のアルバイトをやりました通常の場合、生徒さんのお宅へ伺って、生徒さんのお部屋で1対1で指導をします。家庭教師派遣の会社によってはお教室を設けていて、教室内で1対1の指導をすることもあります。生徒さんのお部屋やお教室内というのは一般的な場合ですが、ちょっと変わったところでは、学生寮の生徒さんのお部屋へ伺ったり、カフェやファーストフード店を指定された