皆さんは家庭教師の仕事に対してどんなイメージをお持ちですか?

「時給が高い」「子ども相手でやりがいがありそう」「大学生以上だったら誰でも簡単にできそう」…そんなところでしょうか。

ポジティブなイメージを持たれやすい家庭教師の仕事ですが、当然どんな仕事にもデメリットはあります。

そこで今回は、家庭教師の経験者でもある筆者が、あえて家庭教師のデメリットを紹介いたします。

家庭教師の仕事にご興味のある方は、後で「こんなはずでなかった!」とならないように、デメリットも踏まえて仕事を選択することをおすすめします。

皆さんの就職活動・転職活動の一助となれば幸いです!

家庭教師のおおまかな仕事内容

家庭教師のデメリットに触れる前に、まずは家庭教師の仕事内容を簡単にご紹介します。

家庭教師の仕事内容は、その名の通り、ご家庭に教師として出向き、主に小学生から高校生までの児童を対象に勉強を教えることです。

教える教科は国語、算数(中学以降は数学)、理科、社会、英語(近年では小学生対象でもニーズがあります)となります。

もちろん必ずしも全教科教えるわけではありません。

なかには1教科のみを教えている家庭教師もいます。

通常は家庭教師の派遣会社が、生徒・ご家庭の「苦手教科を克服したい」「理系教科を伸ばしたい」、または中学受験、高校受験、大学受験など「受験形態に合わせた指導を行ってほしい」というような様々なニーズと、家庭教師の資質、得意教科を考慮してマッチングを行い、適切な家庭教師をご家庭に派遣します。

なお、家庭教師の雇用形態は正社員を雇う会社もありますが、多くはアルバイトになります。

そのため空き時間を効率的に利用したい大学生や、主婦の方に特におすすめの仕事であると言えます。

家庭教師のデメリット

家庭教師経験者の筆者より、できるだけ具体的にデメリットをご紹介します。

ぜひ参考にしてください。

自分自身も勉強が必要

筆者が家庭教師のアルバイトをしていたのは大学生時代。

当然、高校までに学んだ知識はあるわけですが、誰しも完璧ではありません。

高校時代、全教科のテストの点数がいつも100点だったという方はいるでしょうか。

一部の超成績優秀な秀才の方を除いて、多くの人は毎回100点を取れていたわけではありませんし、得意な教科もあれば苦手な教科もあった、というのが普通ですよね。

毎回100点ではなかったということは、知識に穴があるということです。

つまり大学生以上の人でも、高校までに習ったことを全て理解できているわけではないということです。

それにも関わらず「教師」になるわけですから、それなりにプレッシャーはあります。

当然、「分からないところを生徒に質問されたらどうしよう」という不安も出てきます。

そのため、より効果的に生徒に勉強を教えることを目指すのであれば、毎回教える前に自分でも疑問点や難点を洗い出し、答えとその理由を調べておくなど、高校までの学習の復習が必要になります。

しかし基本的には、多くの家庭教師派遣会社では、先生用のテキストブックやマニュアルを用意しているので、過度の心配はいりません。

「成果を出さねば」というプレッシャーとの闘い

多くのご家庭はなぜ家庭教師を雇うのでしょうか?

親御さんのなかには「勉強の楽しさを知ってほしい」「勉強する習慣を身につけさせたい」という理由で家庭教師をつけることもありますが、多くの場合もっとはっきりした目的があります。

例えば「〇〇高校合格」であったり「成績(通知表)アップ」であったり、さらに言えば、「次回のテストで〇点以上」など。

親御さんがそうした目的を家庭教師に直接伝えることはないかもしれませんが、「家庭教師をつけたからには目に見える結果がほしい」と内心で願うのは自然なことですよね。

家庭教師という仕事は、そんなご家庭からの期待をひしひしと感じながら行う仕事でもあるのです。

生徒との相性が合わないことも!?

家庭教師の仕事は基本的に、教師と生徒の1対1の関係の中で行うものなので、大勢の生徒に同時に向き合う塾講師とは異なり、1人の生徒に集中して向き合うことになります。

そのため、教師の指導の仕方が生徒のやる気・モチベーションに直結するのです。

生徒が「この先生のおかげでやる気が出る」と思ってくれるよう、生徒のペースに合わせて分かりやすく教える工夫をしたり、生徒の精神面をサポートするような言葉をかけたりと、親身にならなければ家庭教師は務まりません。

ただ、いくら教師と生徒の関係とはいえ、基本的には人間と人間ですから、どうしても相性はあります。

こちらが一生懸命最善を尽くしても、相手の生徒から「気に入ってもらえない」ということもあり得ます。

かけもちできないと高額は厳しいかも…

一般的に正社員は少なく、多くをアルバイトが占めているのが家庭教師の雇用状況です。

例えば1人の生徒を週1回教えるというようなシフトでは、いくら時給が高いとはいえ、生活に十分な月給に達しません。

もし家庭教師の仕事だけで高額の給与を得ようと思ったら、正社員にならない限りは、生徒のかけもちが必要です。

生徒のかけもちが簡単にできればいいのですが、こればかりは地域の人口や教える教科のニーズ、各ご家庭とのスケジュールが合致するかなど、様々な条件次第になります。

かけもちができない場合は、家庭教師のアルバイトだけで生活するのはかなり難しいでしょう。

もちろん、お小遣い程度の金額を稼ぎたいという方、副業として家庭教師をお考えの方、他のアルバイトと掛け持ちしたいという方には最適です。

学歴・学力が仕事内容・時給に影響することも

これは一概にデメリットとは断定できないことですが、自分の学歴あるいは学力次第で教える対象や内容、時給が変わってきます。

例えば東大を目指す高校生に、東大に通らなかった大学生が教える、というのはちょっと違和感がありますよね。

高い偏差値の大学や高校を目指す生徒には、派遣会社もそれなりの学歴がある人材を派遣する傾向がありますので、派遣会社に登録したからといって、必ずしも自分の好きなように仕事を選べるわけではありません。

在籍している大学や卒業した大学などの学歴が、そのまま時給に影響することはあまりありませんが、結局は自分の学力によってカバーできる仕事範囲が違ってくるため、間接的には時給も変わってくると言えます。

とはいえ、多くの家庭教師派遣会社の間口は広く、幅広い人材の登録を募っているので、まずは実際の求人をたくさん見てみることをおすすめします。

準備の時間や行き帰りの時間は時給に含まれない

他の仕事でもそうですが、自宅から派遣先のご家庭までの行き帰りにかかる時間は、稼働時間としてカウントされません。

なぜわざわざそんなことをデメリットとしてピックアップしたかというと、家庭教師の仕事は時給が高いので、求人を見た時に「あっ、1時間で〇〇〇円か~!時給が高くていいな!」と飛びつきがちなのですが、いざ始めてみると、派遣先まで距離があって予想以上に移動時間がかかる場合もあり、「結局移動時間を含めると1回2時間かかっているから、時給に換算すると〇〇〇円か~。」などとガッカリしてしまう恐れがあるからです。

ちなみに、生徒により良く教えるために、事前準備に時間をかけることもありますが、それも当然、稼働時間には換算されません。

家庭教師の時給が高いのは、そういった稼働時間外の手間暇に対する配慮が、あらかじめ含まれているからだと言えるでしょう。

経験者が語る!家庭教師をしていてやりがいを感じたこと

デメリットをいろいろと語りましたが、やっぱり時給が高めで、肉体的疲労も少なく、魅力的な家庭教師の仕事。

そこでここからは、家庭教師を経験した筆者が家庭教師していて感じたやりがいをご紹介します。

頑張る生徒に逆に励まされる

家庭教師になると「生徒を励まして、勉強にやる気をだしてもらわねば」という気持ちでご家庭に出向くわけですが、毎週毎週、時間を重ねて生徒に向き合っているうちに、成績が良い子も悪い子も、自分なりに勉強に取り組んでいるのが伝わってきます。

勉強の早い・遅いといったスピードや、教科ごとの得意・不得意といった資質の差はあれど、生徒はまじめに勉強に向き合っています。

そんな姿に逆に励まされて「こっちも頑張らなければ。もっと勉強の面白さも味わってほしい。どうしたら楽しく教えることができるだろうか」と自然に前向きになるものです。

知識を誰かに伝える面白さ

自分が長年かけて学んできた知識を人に教えるという仕事には、コミュニケーションの面白さがあります。

特に生徒が分からない問題で、どう答えを導くのか、その過程を語ることは、まるでマジックの種明かしを教えるような楽しさがあります。

教材のテキストには載っていないけれど、本筋の知識に関連するちょっとした豆知識などを、教養として教えるのも楽しいものです。

そしてその楽しさが生徒に伝わると、和やかな雰囲気で学習が進み、生徒もだんだん問題を解くことが好きになったり、あるいは知的好奇心が刺激されて、大人があれこれ言わなくても自ら主体的に勉強するようになります。

学生時代の努力が社会で評価される

家庭教師経験者の多くが、大学生時代に初めて家庭教師のアルバイトをしています。

筆者の場合もそうでした。

まだ社会人ではない、しかしもう子どもではない「大学生」という稀有な時期に、自分がそれまで継続してきた勉強に対する努力が社会で認められ、さらにお金までいただけるということが、とても嬉しかったことを覚えています。

家庭教師は、大学生をはじめとする様々な人ができる間口の広い仕事でありながら、子どもの将来に貢献し、社会で評価されるやりがいのある仕事なのです。

就職活動や転職活動でアピールできる

これはやりがいとは少し違うかもしれませんが、家庭教師の経験があることは、その後の就職・転職活動でも役に立ちます。

生徒に教えるなかで、難しいことを分かりやすく伝えたり、相手のペースに合わせて指導したりと、試行錯誤することで鍛えられたコミュニケーション力は、同じ教育の仕事だけではなく、他業界・他職種の様々な仕事で活かせます。

また、小・中学校や高校の教員を目指す方にとっては、家庭教師のアルバイトは実際に子どもに接して勉強を教えるという点で、訓練になります。

アルバイトの家庭教師をしばらく続けて、その後、正社員の塾講師になる人もいます。

経験者が語る!家庭教師をしていてうれしかったこと

最後に、家庭教師経験者の筆者が、実際にアルバイトのなかで体験した嬉しい出来事を紹介させていただきます。

生徒の信頼が感じられたこと

家庭教師という仕事では、最初から生徒の信頼を得られることは少ないと思います。

筆者の場合も、なかなか生徒が自分になついてくれなくて、学習もスムーズに進まない時期がありました。

かといって途中で匙を投げるわけにはいきませんから、あれこれ教え方の工夫をしたり、勉強以外の学校の話も聞いてみたりと、試行錯誤しているうちに、いつの間にか生徒からの質問が増え、勉強に対して前向きな言葉が聞かれるようになりました。

そしてある時「先生のおかげでテストの点数が上がった」と言われた時に「信頼してくれているんだなぁ、私についてきてくれているんだなぁ」と感じることができました。

志望校に合格してくれたこと

受験生の生徒さんに教えていたことがあり、家庭教師としてのプレッシャーを感じながらの1年間でしたが、無事、志望校の1つに合格してくれた時にはホッとするとともに、生徒さんの新しい未来が開かれたことが自分のことのように嬉しく感じられました。

生徒の進学が決まったということは、自分は役割を終えて仕事を1件失うということなので、それは残念なことではありましたが、その残念さよりも、受験生に向き合って1年間指導を続けてきた達成感の方が大きかったです。

学習後のご家族との団らん

ちょっとしたことですが、勉強を教えた後、生徒のお母様が毎回お茶とお茶菓子を出してくれていました。

生徒はもちろんですが、筆者もひそかに楽しみにしており、雑談しながらお茶とお菓子をいただいて、ホッと一息つける寛ぎの時間を過ごしていました。

こうした時間は、生徒と仲良くなったり、親御さんとの信頼関係を築くためにも大事だったと思います。

まとめ

いかがでしたか?

今回はあえてデメリットも含めてお伝えしましたが、家庭教師は基本的には一度始めたら安定して長く続けられる仕事です。

勉強が好きな人、子どもが好きな人にはやりがいを感じられる仕事だと思ますので、興味がある方は、ぜひ引き続き情報を集めてみてくださいね。


関連キーワード

家庭教師求人

家庭教師求人についてもっと深堀りした情報を見る

福岡家庭教師バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

家庭教師は現役大学生もしくは大卒社会人にとって定番アルバイトの1つです。今回は、家庭教師アルバイトに興味をお持ちの方のために、求められる能力や給与の相場など、福岡県の求人について詳しく解説していきたいと思います。家庭教師はどんな仕事?家庭教師とはお客様であるご家庭を訪問し、お子様に勉強を教える仕事です。教える対象になるのは、主に小学生から高校生までとなります。ご家庭が家庭教師を必要とする理由としては、近所に塾がないことや、塾への行き帰りの時間を節約したい、1対1での指導を望むといったところです。家庭教師の仕事は個人契約で始める方もいますが、ほとんどの場合まず家庭教師を派遣する会社に登録します。

家庭教師バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

家庭教師のアルバイト求人について今回は解説をしていきます。人に物を教えるという仕事を簡単にできるのか?という不安などあるかと思いますが、特別な資格や経験なども必要なく誰でもできるお仕事になりますので、内容やポイントなどを解説していきます!家庭教師バイトはどんな仕事?「家庭教師」とはそのものズバリ!生徒になる人の「家庭」に訪問をして「教師」として教える仕事になります。家庭教師バイトの大まかな仕事内容家庭教師の仕事内容についてもう少し詳しい解説をここではしようとおもいます。教えるのはだれ?教える対象は幅広いです。メインになるのは小・中・高校に通う就学児童および学生さんということになりますが、幼稚園

家庭教師の時給はどのくらい?私の周りの相場や時給の決まり方を紹介します

家庭教師は、短時間で高収入が得られることで人気のあるアルバイトです。特に教員を目指している学生にとっては、様々な生徒と関わる機会が多く、良い経験になります。教員採用試験の一般教養試験や専門教養試験などの範囲になることもあるので、おすすめのアルバイトになります。今回は家庭教師の時給を中心に紹介します。家庭教師ってどんな仕事?家庭教師とは、直接生徒の家庭に行って勉強を教える仕事です。主な業務内容は受験対策、定期テスト対策、学習習慣定着対策、苦手科目克服対策、検定試験対策などです。成績をアップさせたり、勉強が苦手な生徒にはどのような方法で勉強したら良いのかを教えたり、宿題で分からない問題の解説をした

家庭教師の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

家庭教師の仕事は、自分の学習能力が高いからというだけでできる仕事ではありません。自分が理解していることを、生徒さんが理解できるような言葉で説明する必要があります。そして、生徒さんや親御さんに信用してもらえるような人間でなければ、生徒さんに真面目に授業を受けてもらうことができず、良い仕事はできません。ここでは、どんな人が家庭教師の仕事に向いているかについて解説します。家庭教師はどんな仕事?家庭教師の主な仕事は、生徒さん宅や教室にて1対1で学習指導をすることです。学校や塾の先生のプライベート版と言えるでしょう。担当する生徒さんの成績、能力を伸ばすことが最大の目標です。多数の生徒がいる場合のような、

埼玉の家庭教師バイト求人の時給相場やおすすめな募集内容の特徴、人気な会社を歴4年の経験者が解説!

関東のベッドタウンとしても有名な埼玉県。単身世帯のみならずファミリー層も多く住んでおり、子供の数が多いのが特徴です。そのため、塾や家庭教師には常に一定の需要があります。また、都内へのアクセスもいいことから、東京の私立中学・高校へと進学する子供も多く、学校以外での勉強はもはや必要不可欠な存在。今回はそんな埼玉県での家庭教師のアルバイト求人についてご紹介します。家庭教師はどんな仕事?家庭教師とは、生徒の自宅で勉強を教える先生のこと。学習塾とは違い、マンツーマンで行うケースが多いです。基本的には家庭教師の派遣会社に登録し、必要とされたお宅へ勉強を教えに行くというのが主な業務内容です。担当する科目は選


家庭教師求人に関するコラム

家庭教師の稼ぎってどうなの?給与のこと、大変なこと、おすすめポイントなどを紹介します

「高収入」や「効率的」といったキーワードで紹介されることの多い「家庭教師」の仕事。しかし「大変」という声も聞こえてきます。そこで今回は私の経験を元に、この仕事の実際の「稼ぎ」や仕事に従事する中で「大変だな」と感じたこと、それでもこの仕事を「おすすめ」するポイントなどを紹介していきます。この仕事に興味をお持ちの方は一度以下の内容に目を通してみてください。家庭教師の稼ぎってどうなの?家庭教師の仕事が人気である理由の一つは「稼ぎがいい」というイメージからきていると考えられます。家庭教師の求人情報を覗いてみればわかりますが、「高収入」「高時給」「効率的に稼げる」という言葉を前面に押し出しているものがほ

家庭教師って稼げない?給与のことから指導のことまで家庭教師の仕事の裏側を紹介します

家庭教師って利用したことがありますか?ご自身の学生時代、お子様など、学校の勉強とは別に、塾に通うこともあれば家庭教師をつけることもありますよね。そんな家庭教師のお仕事は稼げないのか、給与事情などお話していきたいと思います。家庭教師のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容生徒さんの家庭へ出向き、決められたテキスト・ワークを使って勉強を教えます。学校の宿題を見たり、テスト勉強のやり方を教えることもあります。家庭教師って稼げない?経験者が語る、家庭教師の給与事情家庭教師を雇ったことがある方はご存知かもしれませんが、家庭教師の月謝って結構高いんですよね。もちろん一対一での指導になるので、塾などの複数指導

家庭教師として働くメリット4選。私が感じた良いところをまとめました

学校でも学習塾でもなく、家庭を直接訪問し、子どもに勉強を教える家庭教師。学校や塾では学習についていけず、まずはその子のペースで学習習慣を身につけたり、学校の宿題のお手伝いやテスト対策をすることがメインになる子もいれば、学校や塾の授業では物足りず、目標校への合格を目指してきちんと受験対策を行いたいという子もいます。どちらにせよ、学校や塾では補えないものを期待して、家庭教師をつける家庭がほとんどです。そんな家庭教師の仕事のメリットについて主に解説します。私はこんな子どもたちの家庭教師をしました主に学生時代に家庭教師をしており、4年の間で5名の子ども達を指導してきました。そのうち4名は家庭教師の派遣

家庭教師のやりがいとは?経験者の私が感じる5つのやりがいを感じる瞬間を紹介します

家庭教師は、時間の融通が利く、短時間で高収入が得られるなどの理由で学生や社会人に人気のあるアルバイトです。生徒や生徒の家族と信頼関係を築いて、指導方法の工夫や見直しをすることで、様々な指導方法を学びます。教員を目指している学生にとっては、実際に教員がしている業務を体験することになり将来に役立つ仕事と言えます。人と接する仕事のため、時には悩んだり行き詰まったりしてしまうこともありますが、嬉しいことや楽しいことも沢山あります。今回は家庭教師の仕事内容や、私が実際家庭教師をしてやりがいを感じたこと、大変だと思ったことなどを紹介します。家庭教師の仕事の流れ指導日の日程調整定期テストや実力テストの前には

家庭教師になるには?やっておくべきこと、仕事の探し方まで経験者が解説!

大学生のアルバイトとして人気の高い家庭教師。私もやってました。とにかく時給が高いわりに重労働でもなく、今まで自分がやってきた勉強の焼き直しにもなるので、かなりおいしい仕事です。ただ、思っていたより難しいこともあるので、改めて家庭教師の仕事とはなんぞや、というのを見ておきましょう。合わせて、家庭教師になるにはどうすればいいかや、仕事の探し方もご紹介します。家庭教師になるには?家庭教師になるには2つの方法があります。まずは、一般的な家庭教師派遣企業に登録して出向く方法です。家庭教師の〇〇〇あたりが有名ですね。企業に登録しておくと、既にそのお子さんの悩みや、何を目的として学びたいのかといった資料があ