アルバイトから正社員まで幅広く求人がある「家庭教師」。

生徒を教える仕事ということは誰でも分かるかと思いますが、収入やメリット、デメリットなど詳細については知らない人も多いかと思います。

この記事では、まず家庭教師の仕事内容について解説し、次に実際に家庭教師の仕事をしていた人が辞めたくなった理由などを紹介・解説します。

どんなことが辛いのか確認をして、家庭教師の仕事内容をより深く理解し、応募の際の判断の参考としてください!

「家庭教師の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

家庭教師の大まかな仕事内容

文字通り、生徒さんの「家庭」に直接伺って、勉強を教える「教師」というのが仕事内容です。

塾講師が生徒さんが塾に通ってくる生徒さんを教えるのに対して、教師が家庭に伺うというのが特徴になります。

この部分については、家庭教師を派遣している会社や雇用形態による違いはありません。

誰に教えるの?

教える対象は幅広いです。

メインになるのは小・中・高校に通う児童および生徒になりますが、幼稚園や小学校の「お受験」を目的とした未就学児童から、国家資格などの習得を目指す大学生以上を対象とするケースもあります。

何を教えるの?

教える内容も幅広いです。

最も一般的なのは「受験」に対する学力アップのための指導です。

それ以外には、小学生などを対象とした日常学習のサポートとして、学校での授業に対する予習・復習を行うケースなどです。

家庭教師の募集ではどんな求人があるの?

家庭教師の求人条件に関してはどのようなものがあるのでしょうか?

家庭教師の募集でよくある条件とは?

家庭教師には大きく分けて2つの種類があります。

学生アルバイトの家庭教師

家庭教師1つ目の種類が「学生アルバイト」になります。

主に大学生がアルバイトとして家庭教師派遣会社に登録をして、受け持つ生徒さんに派遣されるものです。

特別な資格やスキルなどは不要で、誰でもなれます。

プロの家庭教師

もう1つの種類が「プロ」と呼ばれる家庭教師です。

学生アルバイトと違い、「教師」としての資格やスキルを有した専門性の高い指導を行うことがきる、まさに「プロ教師」です。

教員免許を保有している人や、塾講師として職業教師などの経験やスキルのある人しかなることができません。

家庭教師の募集でよくある仕事内容とは?

家庭教師の仕事内容は、生徒に勉強を教えるということですが、勉強する「目的」の違いが仕事内容の違いになります。

受験対策

最も多いものが「受験対策」です。

小・中・高校生に対して、それぞれ「中学受験」「高校受験」「大学受験」に対する受験指導を行います。

受け持つのは主要5教科になりますが、全てを受け持つことはあまりなく、特定の教科を受け持つことが多いです。

学校の授業補足・宿題解説

受験対策と同様に目的として多いものが、日常の授業に対する補足や宿題のフォローです。

学校の授業だけではなかなか理解が難しい内容を補うために学習支援をすることが役割として求められます。

模試の指導

受験対策にもなりますが、学習塾や大手予備校が開催している「模擬試験」についてのサポートを行います。

学習塾などに通っている場合には、塾での採点や解説・指導が受けられますが、通っていない場合の採点などを行うことが仕事内容です。

苦手教科の指導

学習塾などに通っている場合などでも、特定の苦手教科についての更なる強化を目的として家庭教師を付ける場合があります。

家庭教師辞めたいと言う人の3個のよくある理由

家庭教師を実際にやり始めたけれども辞めたいと思う理由にはどのようなものがあるのでしょうか?

よくある辞めたい理由を3つ紹介します!

1.生徒との関係性

家庭教師を行う上で一番難しいのが「生徒との関係」です。

また、生徒さんの親御さんを含めた家族の人たちとの関係性も難しい場合もあります。

辞めたいと思う理由

生徒さんとの関係を最も難しくするのが「成績」と「態度」です。

どんなに一生懸命教えようとしても、成績が上がるかどうかは生徒自身のやる気にかかっています。

生徒が全員勉強熱心で、家庭教師の言うことを文句も言わずに素直に聞くとは限りません。

成績が上がらない場合の親御さんからのプレッシャーや、責任と危機感、やる気のない生徒の態度が辞めたくなる理由となることがあります。

2.スケジュールの問題

家庭教師を続ける中でネックとなりやすいのが「スケジュール」です。

家庭教師のスケジュールはあくまでも生徒の予定優先で、自分自身のスケジュールで仕事の予定を立てられません。

自分自身の状況変化に応じた予定が組みづらいというのも難点です。

辞めたいと思う理由

生徒の予定に合わせて特定の曜日と時間が常に拘束されることになります。

そこにプライベートの予定を入れることは基本的にできません。

自分自身の状況が変わりプライベートの予定などを優先したい場合などには辞めたいということになります。

具体的には、就職活動や結婚、引っ越しといった大きなイベントが突発的に発生した場合などがこれにあたります。

3.派遣会社の問題

上記の2つと同じくらいに問題となるのが登録をしている家庭教師派遣会社の問題です。

派遣型の仕事では、直接的な顧客(※この場合は生徒とその家族)とのやり取りを全て派遣会社が管理します。

その派遣会社との関係や管理方法などへの不信や不満などは大きな問題となります。

辞めたいと思う理由

派遣会社からのサポートが充分でないケースなどです。

担当する生徒の親御さんとのコミュニケーションを仲介したり、直接言いづらいような指摘事項に関するやり取りをサポートしたり、指導内容に関する支援など家庭教師を請け負うなかで必要となる支援体制が整っていないというのもよくある理由です。

「家庭教師の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

経験者が家庭教師を辞めると決めた瞬間と対策は、こちらの記事を参考に!

家庭教師の働き先を選ぶ上での注意点や対策は?

家庭教師としてやりがいを感じながら続けるために、気を付けたいポイントについて解説をします。

家庭教師の派遣会社で選ぶ

家庭教師の仕事の多くは「家庭教師派遣会社」に登録をして紹介を受けて行うのが一般的です。

まずは派遣会社を選ぶということが重要です。

《派遣会社の一例》

  • 家庭教師のトライ
  • 学研の家庭教師
  • 学生家庭教師会
  • 家庭教師のサクシード
  • 家庭教師のノーバス
  • プロ家庭教師の名門会

など

家庭教師の種類で選ぶ

家庭教師には学生アルバイトなどに代表されるような未経験者から始められる家庭教師とプロ家庭教師の2種類あります。

教員免許を持っていたり、塾講師としてのキャリアがある場合には自分のライフスタイルなどに合わせてどちらかを選択することも可能です。

授業スケジュールから選ぶ

家庭教師として生徒を受け持つときには、「スケジュール」に気を付けなければいけません。

家庭教師の仕事のスケジュールは、授業を受ける生徒やその家族の予定が中心となって設定されます。

また、その担当期間は半年から1年以上と長期間になることが一般的です。

一度担当が決まると特定の曜日・時間が半年から1年以上の長期間にわたって拘束されることとなります。

就職や結婚、引っ越しなど仕事の継続に関して変更の可能性などがある場合は特に気を付けなければいけないポイントです。

「家庭教師の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

それでも家庭教師で働くメリットとは?

人に教えるという経験を積むことができる。

家庭教師という仕事のメリットの1つは「人に物を教える」という経験を積むことができるという点です。

教員や教育関連の仕事へのキャリアを目指している人にとっては直接的なキャリアのステップアップやスキルアップに繋がります。

その他のキャリアを志望する人たちにとっても「人に教える」という経験から得られることには色々なメリットがあるだけでなく、将来的に子供を育てる場面でも活かせる貴重な体験をすることができます。

短時間で高収入が見込める!

他のアルバイトと比べて時給水準が高いのが特徴です。

また、肉体労働ではありませんので、時間や身体的な負担が少なく、効率的に高収入を見込めることがメリットのひとつです。

1ヶ月の収入例ですが、1回の授業が90分程度、週2回程度が一般的なパターンとなり、担当する生徒が1人であれば、月収は18,000円程度になります。(時給1,500円で計算)

高いコミュニケーションスキルを身に着けられる!

人にものを教えるということは高いコミュニケーションスキルが必要となります。

また、子供に対して勉強を教えるということ自体が難易度の高いコミュニケーションとなるため、より高度なコミュニケーションスキルを身に着けることができるのもメリットと言えます。

人の成長に貢献することの喜び!

教育という人生に影響を与える責任感がある反面、人の成長や受験の成功への貢献ができ、その喜びを得られるといったやりがいが多く感じられる仕事です。

\家庭教師のバイトに「やりがい」があると感じた人は/

まとめ

家庭教師という仕事について解説をしました。

人にものを教えることを通じて、人生に関わる進路に対して貢献ができる素敵なお仕事です。

高い給与水準や大きなやりがい、貴重な経験を手にできることも家庭教師の仕事の魅力です。

人間関係に悩んだり、スケジュールに自由度が少なかったり、派遣会社とうまくいかないなど、辞めたいと思うような場面に遭遇することも事実です。

そんな状況に陥らないように、自分のスタイルに合った派遣会社・種類・仕事内容・スケジュールをうまく選んでください。

生徒さんのステップアップと同時に、自分自身のステップアップ・キャリアアップができるような家庭教師のお仕事を考えてみてはいかがでしょうか。

仕事内容から選ぶ

一言で家庭教師といっても「仕事内容」には違いがあります。

受け持つ範囲は自分の得意教科だけでいいのか?

主要5教科全てを受け持たなければいけないのか?

難関校受験に対する学習指導を行うのか?

学校の授業についていけない生徒の学習サポートなのか?

自分の能力や得意教科などに応じた仕事選びが重要です。


関連キーワード

家庭教師求人

家庭教師求人についてもっと深堀りした情報を見る

福岡家庭教師バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

家庭教師は現役大学生や大卒社会人にとって定番のアルバイトの一つです。今回は、家庭教師アルバイトに興味をお持ちの方のために、求められる能力や給与の相場、福岡県での求人などについて詳しく解説していきたいと思います。家庭教師はどんな仕事?家庭教師とはお客様であるご家庭を訪問し、お子様に勉強を教える仕事です。対象は、主に小学生から高校生です。ご家庭が家庭教師を必要とする理由としては、近所に塾がないことや、塾への行き帰りの時間を節約したい、1対1での指導を望むといったものが多いです。家庭教師の仕事は、個人契約で始める方もいますが、ほとんどの場合は家庭教師を派遣する会社に登録します。そ子で派遣先となるご家

家庭教師バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

この記事では、家庭教師のアルバイト求人について解説していきます。人に物を教えるという仕事なんて簡単にできるのか、という不安などあるかと思いますが、特別な資格や経験なども必要なく意外と誰にでもできるお仕事です。それでは早速お仕事の内容やポイントなどを解説していきます。家庭教師アルバイトはどんな仕事?「家庭教師」とはそのものズバリ、生徒の「家庭」に訪問をして「教師」として教える仕事です。家庭教師アルバイトの大まかな仕事内容家庭教師の仕事内容について、もう少し詳しく解説します。誰に教えるの?教える対象は幅広いです。メインは小・中・高校に通う就学児童及び生徒ですが、幼稚園や小学校の「お受験」を目的とし

家庭教師の時給はどのくらい?私の周りの相場や時給の決まり方を紹介します

家庭教師は、短時間で高収入が得られることで人気のあるアルバイトです。特に教員を目指している学生にとっては、様々な生徒と関わる機会が多く、良い経験になります。教員採用試験の一般教養試験や専門教養試験などの範囲になることもあるので、おすすめのアルバイトになります。今回は家庭教師の時給を中心に紹介します。家庭教師ってどんな仕事?家庭教師とは、直接生徒の家庭に行って勉強を教える仕事です。主な業務内容は受験対策、定期テスト対策、学習習慣定着対策、苦手科目克服対策、検定試験対策などです。成績をアップさせたり、勉強が苦手な生徒にはどのような方法で勉強したら良いのかを教えたり、宿題で分からない問題の解説をした

家庭教師の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

家庭教師の仕事は、自分の学習能力が高いからというだけでできる仕事ではありません。自分が理解していることを、生徒さんが理解できるような言葉で説明する必要があります。そして、生徒さんや親御さんに信用してもらえるような人間でなければ、生徒さんに真面目に授業を受けてもらうことができず、良い仕事はできません。ここでは、どんな人が家庭教師の仕事に向いているかについて解説します。家庭教師はどんな仕事?家庭教師の主な仕事は、生徒さん宅や教室にて1対1で学習指導をすることです。学校や塾の先生のプライベート版と言えるでしょう。担当する生徒さんの成績、能力を伸ばすことが最大の目標です。多数の生徒がいる場合のような、

埼玉の家庭教師バイト求人の時給相場やおすすめな募集内容の特徴、人気な会社を歴4年の経験者が解説!

関東のベッドタウンとしても有名な埼玉県には、単身世帯のみならずファミリー層も多く住んでおり、子どもの数が多いのが特徴です。そのため、塾や家庭教師には常に一定の需要があります。都内へのアクセスも良いことから東京の私立中学・高校へと進学する子どもも多く、学校以外での勉強はもはや必要不可欠な存在です。今回はそんな埼玉県での家庭教師のアルバイト求人についてご紹介します。家庭教師はどんな仕事?家庭教師とは、生徒の自宅で勉強を教える先生のことです。学習塾とは違い、マンツーマンで指導するケースが多いです。家庭教師の派遣会社に登録し、依頼されたお宅へ勉強を教えに行くというのが主な業務内容です。担当する科目につ


家庭教師求人に関するコラム

家庭教師の稼ぎってどうなの?給与のこと、大変なこと、おすすめポイントなどを紹介します

「高収入」や「効率的」といったキーワードで紹介されることの多い「家庭教師」の仕事。しかし「大変」という声も聞こえてきます。そこで今回は私の経験を元に、この仕事の実際の「稼ぎ」や仕事に従事する中で「大変だな」と感じたこと、それでもこの仕事を「おすすめ」するポイントなどを紹介していきます。この仕事に興味をお持ちの方は一度以下の内容に目を通してみてください。家庭教師の稼ぎってどうなの?家庭教師の仕事が人気である理由の一つは「稼ぎがいい」というイメージからきていると考えられます。家庭教師の求人情報を覗いてみればわかりますが、「高収入」「高時給」「効率的に稼げる」という言葉を前面に押し出しているものがほ

家庭教師って稼げない?給与のことから指導のことまで家庭教師の仕事の裏側を紹介します

家庭教師を利用したことがありますか?ご自身の学生時代や、お子様など、学校の勉強とは別に塾に通うこともあれば、家庭教師を付けることもありますね。そんな家庭教師のお仕事は稼げないのか、実際の給与事情などをお話していきます。家庭教師のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容生徒さんの家庭へ出向き、決められたテキストやワークを使って勉強を教えます。学校の宿題を見たり、テスト勉強のやり方を教えることもあります。家庭教師って稼げない?経験者が語る、家庭教師の給与事情家庭教師の月謝って結構高いですよね。一対一での指導なので、塾などの複数指導の場合より給与が高くなるのは当然です。では、家庭教師の収入は一体いくらく

家庭教師として働くメリット4選。私が感じた良いところをまとめました

学校でも学習塾でもなく、家庭を直接訪問し、子どもに勉強を教える家庭教師。学校や塾では学習についていけず、まずはその子のペースで学習習慣を身につけたり、学校の宿題のお手伝いやテスト対策をすることがメインになる子もいれば、学校や塾の授業では物足りず、目標校への合格を目指してきちんと受験対策を行いたいという子もいます。どちらにせよ、学校や塾では補えないものを期待して、家庭教師をつける家庭がほとんどです。そんな家庭教師の仕事のメリットについて主に解説します。私はこんな子どもたちの家庭教師をしました主に学生時代に家庭教師をしており、4年の間で5名の子ども達を指導してきました。そのうち4名は家庭教師の派遣

家庭教師のデメリットってこんなところ!でもやりがいや嬉しいこともあるから頑張れるんです

皆さんは家庭教師の仕事に対してどんなイメージをお持ちですか?「時給が高い」「子ども相手でやりがいがありそう」「大学生以上だったら誰でも簡単にできそう」…そんなところでしょうか。ポジティブなイメージを持たれやすい家庭教師の仕事ですが、当然どんな仕事にもデメリットはあります。そこで今回は、家庭教師の経験者でもある筆者が、あえて家庭教師のデメリットを紹介いたします。家庭教師の仕事にご興味のある方は、後で「こんなはずでなかった!」とならないように、デメリットも踏まえて仕事を選択することをおすすめします。皆さんの就職活動・転職活動の一助となれば幸いです!家庭教師のおおまかな仕事内容家庭教師のデメリットに

家庭教師のやりがいとは?経験者の私が感じる5つのやりがいを感じる瞬間を紹介します

家庭教師は、時間の融通が利く、短時間で高収入が得られるなどの理由で学生や社会人に人気のあるアルバイトです。生徒や生徒の家族と信頼関係を築いて、指導方法の工夫や見直しをすることで、様々な指導方法を学びます。教員を目指している学生にとっては、実際に教員がしている業務を体験することになり将来に役立つ仕事と言えます。人と接する仕事のため、時には悩んだり行き詰まったりしてしまうこともありますが、嬉しいことや楽しいことも沢山あります。今回は家庭教師の仕事内容や、私が実際家庭教師をしてやりがいを感じたこと、大変だと思ったことなどを紹介します。家庭教師の仕事の流れ指導日の日程調整定期テストや実力テストの前には