アルバイトから正社員まで幅広く求人がある「家庭教師」。

生徒を教えるということは誰でも分かる内容かと思いますが、収入やメリット、デメリットなど詳細については知らない人も多いかと思います。

また、実際に家庭教師の仕事をしていた人が辞めたくなった理由などを紹介・解説します。

どんなことが辛いのか確認をして、家庭教師の仕事をより深く理解をし、判断の参考としてください!

「家庭教師の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

家庭教師の大まかな仕事内容

文字通り、生徒さんの「家庭」に直接伺って、勉強を教える「教師」というのが仕事内容です。

塾講師が生徒さんが塾に通って教えてもらうのに対して、教師が家庭に伺うというのが特徴になります。

この部分については、家庭教師を派遣している会社や雇用形態による違いはありません。

教えるのはだれ?

教える対象は幅広いです。

メインになるのは小・中・高校に通う就学児童および学生さんということになりますが、幼稚園や小学校の「お受験」を目的とした未就学児童から、国家資格などの習得を目指す大学生以上を対象とするケースもあります。

教えることは?

教える内容も幅広いです。

最も一般的な内容は「受験勉強」に対する学力アップの指導です。

それ以外には、小学生などを対象とした日常学習のサポートとして、学校での授業に対する予習・復習を行うケースなどです。

家庭教師の募集ではどんな求人が募集されているの?

家庭教師の求人条件に関してはどのようなものがあるのでしょうか?

家庭教師の募集でよくある募集条件とは?

家庭教師の募集条件について先ず重要となるのが「種類」です。

家庭教師には大きく分けて2つの種類があります。

学生アルバイトの家庭教師

家庭教師1つ目の種類が「学生アルバイト」になります。

主に大学生がアルバイトとして家庭教師派遣会社に登録をして、受け持つ生徒さんに派遣されるものになります。

特別な資格やスキルなどは不要で、誰でもなれるものです。

プロの家庭教師

もう1つの種類が「プロ」と呼ばれる家庭教師です。

学生アルバイトと違い、「教師」としての資格やスキルを有した専門性の高い指導が行うことがきる、まさに「プロ教師」です。

教員免許を保有している人や、塾講師として職業教師としての経験やスキルのある人しかなることができません。

家庭教師の募集でよくある仕事内容とは?

家庭教師の仕事内容とはどのようなものになるのでしょうか?

受験対策

家庭教師の仕事内容は、生徒に勉強を教えるということ以外にはありませんが、勉強する「目的」の違いが仕事内容の違いになります。

そのなかで最も多いものが「受験対策」となります。

小・中・高校生に対して、それぞれ「中学受験」「高校受験」「大学受験」に対する受験指導を行います。

受け持つのは主要5教科になりますが、全てを受け持つことはあまりなく、特定の教科を受け持つことが多いです。

学校の授業補足・宿題解説

受験対策と同様に目的として多いものが、日常の授業に対する補足や宿題のフォローになります。

学校の授業だけではなかなか理解が難しい内容を補うために学習支援をすることが役割として求められます。

模試の指導

受験対策にもなりますが、学習塾や大手予備校が開催している「模擬試験」についてのサポートになります。

学習塾などに通っている場合には、塾での採点や解説・指導が受けられますが、通っていない場合の採点などを行うことが仕事内容です。

苦手教科の指導

学習塾などに通っている場合などでも、特定の苦手教科についての更なる強化を目的として家庭教師を付ける場合があります。

家庭教師辞めたいと言う人の3個のよくある理由

家庭教師を実際にやり始めたけれども辞めたいと思う理由にはどのようなものがあるのでしょうか?

よくある辞めたい理由を3つ紹介します!

1.生徒との関係性

家庭教師を行ううえで一番難しいのが「生徒との関係」になります。

また、生徒さんの親御さん含めた家族の人たちとの関係性というもの難しいところです。

辞めたいと思う理由

生徒さんとの関係を最も難しくするのが「成績」と「態度」です。

いかに一生懸命教えようとしても、成績が上がるかどうかについては生徒自身のやる気にかかっています。

生徒となる人が全員勉強熱心で、家庭教師の言うことを文句も言わずに素直に聞くとは限りません。

成績が上がらない場合の親御さんからのプレッシャーや責任と、危機感ややる気のない生徒の態度が辞めたくなる理由となります。

2.スケジュールの問題

家庭教師を続けるなかでネックとなりやすいのが「スケジュール」です。

家庭教師のスケジュールはあくまでも生徒の予定ありきで、自分自身のスケジュールだけで仕事の予定を立てられません。

自分自身の状況変化に応じた予定が組みづらいというのも難点です。

辞めたいと思う理由

生徒の予定にあわせて特定の曜日と時間が常に拘束されることになります。

そこにプライベートの予定を入れることは基本的にできません。

自分自身の状況が変わりプライベートの予定などを優先したい場合などには辞めたいということになります。

具体的には、就職活動や結婚、引っ越しといった大きなイベントが突発的に発生した場合などが当たります。

3.派遣会社の問題

働く先の問題や自分自身の問題と同じくらいに問題となるのが登録をしている家庭教師派遣会社の問題になります。

派遣型の仕事については、直接的な顧客(※この場合は生徒とその家族)とのやり取りはあまりなく、全てのやり取りを派遣会社が管理します。

その派遣会社との関係や管理方法などへの不信や不満などは大きなポイントとなります。

辞めたいと思う理由

派遣会社からのサポートが十分でないケースなどがあります。

担当する生徒の親御さんとのコミュニケーションを仲介したり、直接言いづらいような指摘事項に関するやり取りをサポートしたり、指導内容に関する支援など家庭教師を請け負うなかで必要となる支援体制が整っていない会社を辞めたいというのもよくある理由となります。

「家庭教師の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

経験者が家庭教師を辞めると決めた瞬間と対策は、こちらの記事を参考に!

家庭教師の働き先を選ぶ上での注意点や対策は?

家庭教師として働く場合に気を付けたいポイントにはどんなものがあるのか解説をします。

派遣会社を選ぶ

家庭教師の仕事の多くは「家庭教師派遣会社」に登録をして紹介を受けて行うのが一般的です。

ですので先ずはその派遣会社を選ぶというのが重要になります。

《派遣会社の一例》

  • 家庭教師のトライ
  • 学研の家庭教師
  • 学生家庭教師会
  • 家庭教師のサクシード
  • 家庭教師のノーバス
  • プロ家庭教師の名門会

など

家庭教師の種類で選ぶ

家庭教師には学生アルバイトなどに代表されるような未経験者からはじめられる家庭教師とプロ家庭教師に分けられます。

教員免許を持っていたり、塾講師としてのキャリアがある場合には自分のライフスタイルなどに併せてどちらかを選択することも可能です。

仕事内容から選ぶ

ひと言で家庭教師といっても「仕事内容」にはいくつか違いがあります。

受け持つ範囲は自分の得意教科だけでいいのか?

主要5教科全てを受け持たなければいけないのか?

難関校受験に対する学習指導を行うのか?

学校の授業に追いつけない生徒の学習サポートなのか?

自分にできそうなことや得意な教科などに応じた仕事選びも重要です。

授業スケジュールから選ぶ

家庭教師として生徒を受け持つときに気を付けなければいけないことが「スケジュール」になります。

家庭教師として働く仕事のスケジュールは、授業を受ける生徒やその家族の予定が中心となって設定されます。

また、その担当期間は半年から1年以上と長期間になることが一般的です。

よって、一度担当として受け持つと特定の曜日・時間のスケジュールが半年から1年以上の長期間にわたって拘束されることとなります。

就職や結婚、引っ越しなど仕事の継続に関して変更の可能性などがある場合などは特に気を付けなければいけないポイントです。

家庭教師についてよくある疑問

家庭教師の仕事をはじめるうえでよくある疑問や質問事項について解説をします。

応募方法は?

家庭教師の仕事の応募はインターネットの求人媒体を介して行うか、各派遣会社に直接行うかの2つが一般的です。

応募方法としてはネットからの登録が手軽で確実ですが、電話などで行うことも可能です。

面接でよく聞かれることは?面接合格の秘訣!

志望動機

採用面接で重要なポイントは「志望動機」になります。

家庭教師の仕事は生徒の進路に関わるという点で比較的責任が重い仕事となります。

顧客となる生徒やその親御さんから信頼を得られるような真面目で誠実な人柄かを判断される面接の場で、そのような印象を与えられるような、しっかりとした志望動機を伝えることが面接では重要です。

「給料が高い」「短い時間でできる」といった「仕事のメリット」だけではなく、なぜ家庭教師をやりたいのか?

その点を納得性がある理由で伝えることが大切となります。

《志望動機の一例》

  • 人に教えることが好きで、将来教育に携わっていきたいと考えている。
  • 人とのコミュニケーションが好きで、子供も好き。
  • 人に物を教えることを通じて、コミュニケーションスキルを磨きたいと思っている。
  • 自分の受験勉強の経験を活かして、人の進路に関する貢献活動をしたいと思っている。

など

得意科目

志望動機と併せて必ず質問されるのが「得意科目」です。

いわゆる主要5教科目のなかで得意な科目が何かを質問されますので、具体的にどのような内容が得意なのか?

小・中・高校どのレベルまで対応することが可能なのか質問されますので、しっかりと整理をして面接に臨みましょう。

そのほか、教育に関係する履修状況や経験などもある場合にはアピールポイントとなりますので

  • 大学や短大での専攻が「教育」関連の場合
  • 大学で「教職課程」を履修している場合
  • 学習塾などでのアルバイト経験がある場合
  • 教育実習などの経験がある場合

など

未経験でも応募できる?

家庭教師の仕事は未経験でも応募可能です。

学生アルバイトの家庭教師については特別な資格やスキルなども必要なく、家庭教師や教育関連の経験がなくてもはじめることができます。

一方、プロ家庭教師については資格や経験が必要となります。

具体的には、教員免許や塾講師としての教員経験などの資格やスキル、経験が必須となるので注意が必要です。

会社の雰囲気は?

家庭教師の職場は、生徒さんのご自宅となるので勤務先としての会社やオフィスというものはありません。

また、勤務先となるご家庭についても生徒さんのご家庭によって様々なので一概にいうことは難しいのですが

基本的には子供部屋で、生徒とのマンツーマンのなかで90分程度の授業を実施することとなります。

そのなかでいかに勉強に集中した雰囲気を作れるかが、仕事をより長く続けるためのポイントとなります。

正社員、派遣社員、アルバイトの募集があるの?

各種募集がありますが、大きく分けると「正社員」と「派遣型アルバイト」の2つになります。

正社員

家庭教師の雇用形態で「正社員」として採用されるケースの多くは「プロ家庭教師」での雇用となります。

派遣型アルバイト

学生アルバイトに代表されるような経験やスキルが必要のないタイプの家庭教師は、この雇用形態となります。

雇用形態によって給与体系はどう違う?

給与体系はいずれの雇用形態についても「時給換算」になることが多いようです。

雇用形態による時給水準については以下の通りになります。

  • 正社員:1万円以上
  • 派遣アルバイト:1,500~2,000円

給料については、正社員のほうが好条件となります。

残業って多いの?

家庭教師の業務のほぼ全ては「生徒への学習指導」です。

その部分については残業は多くありません。

授業時間が設定されているので若干オーバーすることはあっても長時間に及ぶことはありません。

ただし、授業以外に会社への報告資料の作成や宿題に対する対応、次回以降の授業内容の準備など業務外の対応があることは理解しておきましょう。

シフトの自由度ってどうなの?

業務スケジュールについては自由度があまりありません。

理由は以下の通りです。

  • 担当生徒の決定は派遣会社からの紹介になる。※断ることなどはできます。
  • 授業日程や1回のコマ数などは生徒とその親御さんの要望が優先となる。
  • 担当期間についても生徒側の意向になる。

自分自身のスケジュールで仕事の予定を組むことが難しいことは理解が必要です。

資格って必要なの?

学生アルバイトのレベルで行う分には不要です。

プロ家庭教師として仕事をするためには、教員免許などが必要となる場合があります。

どうやって教えたらいいの?

家庭教師の仕事で最も気になるポイントが「指導方法」になります。

多くの人が教師として特別な研修などを受けたことがないと思います。

そのなかでどうやって人を教えていくのか、ということが家庭教師をはじめるにあたって一番気になるのではないでしょうか?

基本的には指導マニュアルや指定されたテキストを用いて進める形になります。

また、会社によりますが指導内容について不明な点などについてのサポート体制も整っているので問題ありません。

どこまで教えるの?

もうひとつ気になるポイントになるのが「指導範囲」です。

一般的には「教科」ごとで指導範囲が設定されます。

自分の得意教科のみを教えるということも可能となるケースもあります。

また指導範囲としては、生徒側と教師側双方に支給される指定テキストについてマニュアルに沿って指導するというのが通常ですが、場合によっては、それテキストに記載されていること以外にも指導範囲が及ぶケースなどもあります。

家庭教師のお仕事で知っておくべきこと

生徒やその家族の人生に関わる責任について

学生アルバイトで家庭教師の仕事をする場合、特別な資格やスキル、経験がなくてもでき、就業についてはハードルが低めといえます。

ですが、請け負う仕事の内容としては「生徒の進路」といった人生に関わるものとなり、その責任は重いものです。

何となく面白くないから途中で辞めたいとか、生徒の成績アップへの責任などから逃げるわけにはいきませんので覚悟をもって臨みましょう。

スケジュールに関する自己管理が重要

仕事のスケジュールに関しては生徒の予定に合わせることになります。

また、予定している授業についてはどのような理由があっても、基本的には変更やキャンセルが難しいものとなります。

病気などの体調不良で授業に穴をあけるようなことがないように、日頃からの体調管理はとても重要になります。

また、大学生などの場合に自身の学習スケジュールや就職活動などを理由として突然のキャンセルということがないように、自分自身のスケジュール管理が大切になることもしっかりと意識をして仕事をするようにしましょう。

収入が不安定になるケースがある。

家庭教師の収入は「どれだけ授業を行ったか」によります。

ですが、その授業については家庭の都合や生徒の体調など、生徒の都合によって予定していた授業がなくなることが結構あります。

そうなると当然給料は支払われなくなるので、収入が不安定になることがあるということを頭に入れておきましょう。

単発・短期間での高収入を得ることが難しい。

家庭教師の仕事は時給が高いというメリットがある反面、1回の授業時間を長くすることが難しい仕事になります。

また、担当生徒の授業回数を増やすことも難しいうえに限度があります。

ですので、家庭教師のアルバイトだけで高い月収を手にするというのは難しいのが現実です。

より多くの月収が欲しいという人の多くは、家庭教師以外のアルバイトを掛け持ちしているというケースが多いようです。

真面目さや誠実さを求められる。

自宅の中とはいえ、大切な息子さんや娘さんを預けるうえで信頼ができる人物が求められます。

学力の高さ以前に、しっかりとした人格が備わっていることが大切です。

熱意をもった対応が重要。

家庭教師のお仕事は「進学」という人生にかかわるお仕事となります。

生徒さん本人は当然ですが、親御さんなど家族の人にとっては大切な教育の一環となりますので、進路や進学について責任をもって、熱心に取り組んでくれる人物像を求めています。

いい加減な感じで、中途半端に投げ出すことがあってはいけません。

「家庭教師の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

家庭教師で働くメリットとは?

人に教えるという経験を積むことができる。

家庭教師という仕事のメリットの1つは「人に物を教える」という経験を積むことができるという点です。

教員や教育関連の仕事へのキャリアを目指している人にとっては直接的なキャリアのステップアップやスキルアップに繋がります。

その他のキャリアを志望する人たちにとっても「人に教える」という経験から得られることには色々なメリットがあるだけでなく、将来的に子供を育てる場面でも活かすことができる貴重な体験をすることができます。

短時間で高収入が見込める!

他のアルバイトと比べて時給水準が高いのが特徴です。

また、肉体労働ではありませんので、時間や身体的な負担が少なく、効率的に高収入を見込めることがメリットのひとつです。

1ヶ月の収入例ですが、担当する生徒が1人であれば、1回の授業が90分程度、週2回程度が一般的なパターンとなり、この場合の月収は18,000円程度になります。(時給1,500円で計算)

高いコミュニケーションスキルを身に着けられる!

人に物を教えるということは高いコミュニケーションスキルが必要となります。

また、子供に対して勉強を教えるということ自体が難易度の高いコミュニケーションとなるため、より高度なコミュニケーションスキルを身に着けることができるのもメリットと言えます。

人の成長に貢献することの喜び!

教育という人生に影響を与える責任感がある反面、人の成長や受験への成功といったことへの貢献ができるという点や

その喜びを得られるというやりがいが多く感じられる仕事になります。

\家庭教師のバイトに「やりがい」があると感じた人は/

まとめ

家庭教師という仕事について解説をしました。

人に物を教えることを通じて、人生に関わる進路に対して貢献ができる素敵なお仕事になります。

反面、大きな責任が求められたり、仕事のスケジュールに関する自由度が少なかったりと大変な面があることも事実です。

それ以上に高い給与水準や大きなやりがい、貴重な経験を手にできることも家庭教師の仕事の魅力です。

自分自身のキャリアパスやライフスタイルなどに併せて、アルバイトや正社員として家庭教師のお仕事を考えてみては如何でしょうか。


関連キーワード

家庭教師求人