大学生のアルバイトとしてのイメージが強い「家庭教師」ですが、いわゆる「プロの家庭教師」として正社員での雇用などもあります。

家庭教師の給料や雇用条件、就労環境などはどのようなものなのでしょうか?

今回は、そんな「家庭教師」という仕事について解説をしていきます!

「家庭教師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

家庭教師の給料の相場はどのくらい?

家庭教師の給料相場はどのぐらいだと思いますか?

就業形態別にその平均額を解説していきます。

正社員で新卒入社した場合

20代の正社員として家庭教師をする場合の平均的な月収ですが、だいたい19万~25万円程度になります。

正社員で転職した場合

転職をした場合でも新卒入社との差などはあまりないので25万円前後になります。

パート・アルバイト

アルバイトで家庭教師を行う場合の月収ですが、こちらはだいたい5万~10万程度になるかと思います。

アルバイト家庭教師の時給が2,000円前後が相場となるので、1日2人の生徒を1時間ずつ教えた場合だと週休2日として月収が8万円となります。

生徒の数や授業時間によって変動することを考えると5万~10万が相場と言えます。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

正社員での雇用については多くの企業で賞与が支給されています。

多くの場合が、年収に対して2~3割のウェイトを占めるものになるので、年収に与える影響は大きなものになります。

昇給

他の業種や職種と同じように業績などに応じた昇給は家庭教師の場合もありますので、長期的な観点で重要なポイントになります。

各種手当

正社員の場合であれば、福利厚生の条件なども整っている企業が多いです。

給与が高い人は何が違うの?

家庭教師において高い給与を獲得している人にはどのような特徴があるのかを解説します!

スキル

家庭教師という職業は、ある種の「人気業」です。

より多くの生徒を抱えて、より多くの授業を担当することが収入に直結をするので、生徒からの人気というものが収入のバロメーターとなります。

そういう意味で、もっとも重要なスキルはやはり「教え方」で、多くの生徒から支持を受けるような教え方やしっかりと成績アップに繋がる教え方ができる家庭教師は自ずと高い収入を得ることができます。

役職

「家庭教師」という職業においては「役職」というものは、その収入面において大きな要因にはなりません。

ですが、正社員として企業に所属している場合には役職が上がることでの給与アップはもちろんあるのですが、その場合には多くの場合「家庭教師」という生徒に直接指導をする立場ではなく、企業経営に関する役職へのキャリアアップとなるので、純粋な家庭教師としての給与アップということとは異なります。

勤続年数

勤続年数というものも大きく影響することはありません。

地域

地域差は年収に影響を及ぼします。

地方よりも東京を中心とした首都圏での給与相場が高くなるので、大都市や首都圏での就業がより有利な環境と言えます。

「家庭教師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

家庭教師の給料の決まり方

授業数

家庭教師の給料は多くの場合「時給」での換算となります。

受け持つ授業数×時給で計算されるのが一般的となるので、授業数が多くなればなるほど、給料が上がるということになります。

授業単価

人気業でもある家庭教師の給与に及ぼす要素のひとつが「授業単価」です。

人気がある家庭教師については、1コマ当たりの授業料が高く設定されます。

授業単価は給与に直結するので、人気講師となって単価を高くすることが重要となります。

家庭教師で給料をあげるためにやるべきこと

家庭教師として働くうえで、どのようなことが給料アップに繋がるのかを解説します。

今の勤務先でできること

給料アップの交渉をしてみる

先ずは、給料アップに関する交渉を勤務先にしてみることが重要でしょう!

家庭教師など教育に関するビジネスの場合には、最も重要となる事業資産は「教師」になります。

家庭教師がいなければ企業としてはビジネスを展開することはできませんので、一般的な営業職などと比較すると給与アップなどの条件交渉は可能な職業となります。

競合他社との比較などをもとにした条件交渉は重要となります。

スキルアップを図る

家庭教師の給料は、自分自身のスキルや業績に対する評価が直接影響するものです。

生徒からの評判がよく、より多くの生徒を抱えて、高い授業単価設定が可能な家庭教師が、より高い給料を手にすることができます。

そのために、授業内容の工夫や教え方に関するスキルアップを図ることで給料アップを自らの手で実現させることが家庭教師の場合には可能となります。

自分自身が「商品」となる職業ならではの特徴となります。

思い切って転職する

現状での改善が見込めない場合には転職をするということも選択肢として有効になります。

転職先の選び方1:同業他社への転職

先ずは、これまでの経験やスキルをそのまま活かせる転職として、家庭教師として別の家庭教師派遣企業への転職となります。

職業は変更がないので比較的スムースに転職先を探すことが可能です。

転職先の選び方2:塾講師への転職

家庭教師と同じような教師としての職種に「塾講師」があります。

とくに「マンツーマン指導」を行っている学習塾であれば、概ね同じような授業形態となるので、スムースな転職が可能となります。

ただし、複数人の生徒に対してスクール形式での授業を行うスタイルの場合には、家庭教師とは教え方が根本的に異なるので注意が必要です。

教育関連の別職種への転職

家庭教師という教育現場での経験を活かして、教育関連ビジネスにおける別職種への転職というのも奥の手として検討の価値があります。

給料をアップさせるための求人の選び方

家庭教師として給料をアップさせるための求人選びのポイントにはどのようなものになるのでしょうか?

給与相場が今よりも高いところを探そう

授業単価の設定や賞与条件などを軸にして給与水準が高い職場を選択することは基本となります。

残業代はちゃんと出る?

授業時間の超過に対する残業代が実費支払いされる条件があれば、給料アップの大きな要素となるので必ずチェックをしましょう。

交通費や福利厚生は?

交通費の月々の上限設定や家族手当、家賃補助などの福利厚生面での条件というのも、給料に大きな影響を及ぼします。

求人票で明記されている給与額が収入のすべてではないということに注意をして、これら諸条件も細かくチェックすることを忘れないようにしましょう。

「家庭教師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

経験者が教える、実際に給料がアップしたのはこんなとき

生徒の成績がアップしたとき

家庭教師としての査定に関わる業績のひとつは「生徒の成績」になります。

そのため、各学期末の成績発表のタイミングが給与査定の重要なタイミングということになります。

昇給金額や水準などについては契約内容などにもよるために一概には言えませんが、中学生を教えているアルバイト家庭教師の場合で、時給120円以上アップするといったこともあります。

人気アップによる昇給

家庭教師としての人気というものも給料アップに影響します。

担当する生徒が増えたり、口コミなどによって新たな生徒獲得などが行えれば、授業単価(時給)アップへと繋がっていきます。

雇用形態ごとに違いは出てくる?

月給や年収

月給や年収について、正社員とアルバイト、契約社員とでは大きな違いが発生します。

とりわけ、正社員とアルバイトでは非常に大きな差があります。

正社員については教員免許などを保有している「プロの家庭教師」という形になることが一般的なため、対象となる生徒が高校生以上となることや、その授業範囲についても広くなる点など、業務内容に大きな違いがあるため、給与面での違いが大きくなることは仕方がありません。

教員免許などを保有しており、より高いレベルでの生徒指導が可能な人であれば正社員として働くことが給料の面では大きなメリットが得られます。

給料以外における良い点と悪い点

正社員

キャリアパスがある点が正社員のメリットと言えます。

アルバイトや契約社員での家庭教師よりも幅広いキャリアパスを検討することが正社員には可能です。

家庭教師の管理を行うようなマネージャーであったり、企業経営を行う管理職へのキャリアパスを正社員の場合には描くことが可能となるので、より堅実で確実なキャリア形成を希望する人には正社員が適正と言えます。

反面、アルバイトや派遣での家庭教師に比べて業務量が多くなるために、自分自身のライフスタイルを優先した自由な働き方をすることは難しくなります。

契約社員

契約社員としての働くことのメリットは、自分自身のライフスタイルに合わせた自由な働き方ができるという点です。

家庭教師の場合には、拘束時間などが短く、最短であれば1コマ分(一般的には60分~90分)から働くことができる職業となります。

自分自身の空いたスケジュールなどで、短時間での就業を望む人に向いている働き方となります。

その分、安定的な就業を求めることは難しく、生徒の都合で授業がキャンセルとなった場合や、契約破棄となった場合などには収入がなくなるリスクがあることを理解しておく必要があります。

アルバイト

アルバイト家庭教師のメリットは教員免許や特別なスキル、経験がなくてもできるという点になります。

教える内容も自分自身が教えられる教科に限定されますし、マニュアル化された教材に沿って教えることができるので、負担も少ないのがメリットです。

アルバイト家庭教師のデメリットとしては、教える対象が小学生や中学生となるため、授業のキャンセルであったり、契約の途中解約などが多く発生するために、思っていた収入を得ることが意外と難しい点にあります。

きっちりと決まった収入を安定して得たいという人にはリスクがある働き方と言えます。

この働き方は、こんな人におすすめ!

正社員

正社員としての家庭教師の魅力は「高い給与水準」と「安定した収入」になります。

正社員の家庭教師は「プロの家庭教師」という形で、大学生などが中心となるアルバイト家庭教師とは区別がされており、授業単価が高めの設定がされています。

また、正社員の場合には学生アルバイトなどよりも多くの授業を安定して担当することができるので、より安定した収入を見込むことが可能です。

家庭教師を生業として、安定した収入を得て、生計を成り立たせたいという人にオススメの雇用形態となります。

契約社員

副業(サイドビジネス)として、自分の空いたスケジュールなどで柔軟な働き方をしたい人にオススメなのが「契約社員」です。

家庭教師という職業の魅力は、空いた時間に短時間で高収入を得られるという点にあるので、副業として家庭教師を行っている人も少なくありません。

そのような場合には、正社員ではなく契約社員として、限定的な働き方が適していると言えます。

アルバイト

大学生などで、教育関連の資格や経験などがない場合でも可能となるのがアルバイト家庭教師です。

対象となる生徒も小学生や中学生が中心となり、教える範囲も限定されることで、学生の人でも十分に行うことが可能です。

その分、授業単価(時給)は正社員よりも低めになることには理解が必要です。

派遣

家庭教師の仕事については、所属企業から各家庭に派遣される形式となるので、基本的には「派遣業」の一種となります。

この点においては、正社員やアルバイトなどの就業形態によっての違いは発生しません。

まとめ

家庭教師の給料相場について解説をしてきました。

家庭教師という職業は、一般的な企業勤めの営業職や事務職などとは異なり、自分自身を商品として教えるスキルを評価してもらう一種の人気業となります。

そのため、企業に所属せずにフリーの家庭教師を生業とする人の中には、1,000万円を超える高年収を得るような人気家庭教師も存在する世界になります。

一方で、人気如何によっては生徒数が激減したり、授業単価が低い状態でとどまってしまったり、収入が不安定となるリスクもある職業です。

自分自身のスキルやライフプランをしっかりと考えて、どのような形で家庭教師を行っていくのか考えてみるのが大切となります。


関連キーワード

家庭教師求人