家庭教師は、大学生のアルバイトとして人気の高い仕事で、私も経験があります。

時給が高い割にさほど重労働でもなく、それまで自分がやってきた勉強の焼き直しにもなるので、かなりメリットの多い仕事です。

もちろん、良いことばかりではありません。

改めて家庭教師の仕事とは何か、というのを見ていきましょう。

併せて、家庭教師になる方法や仕事の探し方も紹介します。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

家庭教師になるには?

家庭教師になるには二つの方法があります。

一つ目は、一般的な家庭教師派遣会社に登録して生徒を紹介してもらう方法です。

家庭教師の「〇〇〇」などの名を聞いたことがあると思います。

派遣会社からの紹介だと、生徒さんの学習における悩みや何を目的として学びたいのかといったデータが既にあるので便利です。

それらのデータから、何をどう教えるのか対策が立てやすくなります。

二つ目の方法は個人で家庭教師を請け負うことです。

この場合は、会社にマージンを取られず自分で報酬を設定で、手取り額が大きくなります

会社が営業や紹介をしてくれない点では大変ですが、効率良く生徒を集めることができれば、おすすめの方法です。

私の場合はどちらも経験があります。

授業が忙しくない大学1年~2年あたりで個人請負、忙しくなった3年~4年で会社に所属していました。

会社に紹介された生徒と直接契約をするようなことになると、横取りしたように思われるのが嫌だったので、その時期には個人での請負はしませんでした。

家庭教師になるためにやっておくべきことは?

会社所属と個人請負でやっておくべきことが異なるので、それぞれについて紹介します。

会社に所属する場合はテストがある

TOEICなどの点数も見られますが、所属前にテストが行われます。

人にものを教える仕事をするのですから、ある程度の学力は必要です。

大体5教科の総合テストで、その結果をもとに担当する教科や生徒の年齢が決まります。

私の場合は高校の現代文や英語の読み書き、中学の5教科全般が可能という結果でした。

中学受験の経験がなかったので、小学生の担当からは外されていました。

自身の受験経験とテストの結果でどういう生徒を担当できるかが決まるので、この担当範囲が狭いと、登録できても生徒と上手くマッチングしないことがあります。

現時点で自信のない方は、応募する前に勉強し直してからテストに臨みましょう。

個人請負なら事前の面談をしっかりやる

個人請負の場合は、契約する前に親御さん、生徒さんとしっかり面談をしておくことをおすすめします。

難易度の高い高校の受験を控えている生徒さんを指導する力があるか、内申点をアップさせたいという生徒さんに対してはどんな指導ができるかなどを把握し、報酬に見合った仕事ができるのかどうかを見極める必要があるからです。

自分の力を過信して請け負うと、結果を出せないだけでなく、信用を失うことになります。

会社とは違って生徒さんのデータや教材をもらえない分、全て自分でマネジメントする必要があります。

自分の頃と変わっている状況を理解しておく

学校で習うことや受験の範囲は年々変わっています。

自分のときには足りていた学習内容が、今の生徒には足りないということも大いに考えられるので、何がどう変わっているかを把握しておかなければなりません。

以前は習っていたことが、今の教科書には載っていないというようなことも起きています。

歴史の学習内容は結構変わるので要注意です。

身だしなみを整えておく(喫煙者も注意)

第一印象、つまり見た目はその人を判断するのに大きな影響を与えます。

家庭教師としてやってきた人がチャラチャラした感じの人だったら、親御さんは不安になるでしょう。

ピアスや金髪、派手過ぎる服装についても、良い印象を持たない人もいます。

親御さんに受け入れてもらえなければ、どんなに教え方が上手くても信頼関係を築くことは相当難しくなります。

プロとして仕事をするんだという意識を持つようにしてください。

家庭教師は手元をよく見られるので、爪先などが汚れていないか気をつけて、生徒さんに不快に思われないようにケアしておきましょう。

タバコについても、最近は厳しい状況です。

一般的なアルバイトと違って休憩の時も喫煙所がありませんし、長時間にわたって喫うことができません。

その場で喫わなくても、髪や服に臭いが残っていることがあります。

家庭教師先に行く前は吸わないようにするという配慮も必要です。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

家庭教師の仕事の探し方は?

家庭教師の仕事の探し方は、有名な家庭教師派遣会社に登録するのが一般的です。

その他に、個人で生徒を見つける方法にも二つあるので、それぞれ確認してみましょう。

家庭教師派遣会社に登録

家庭教師派遣会社は常に教師の募集をしていますから、そこに応募します。

応募してから数日後にテストを受けるようにと連絡が来るので、ネット上か事務所に出向いてテストを受け、その結果に応じて登録内容が決まります。

時給なども会社が決めいてくれて、生徒の選定もやってもらえます。

生徒が選定されると、「こんな依頼があります。どうですか」と提示してくれるので、条件に合う生徒さんを選ぶことができます。

会社が用意している教材を使うか使わないかは自由という会社もあれば、使う教材がを指定されている会社もあります。

その場合には、自分でも教材を読み込んでおかなければなりません。

また、指定教材の費用が親御さん負担の場合には、それに見合う結果が得られない場合に契約を打ち切られる恐れもあります。

ネットで個人家庭教師の募集情報を見る

個人の家庭教師契約サービスを利用する方法です。

派遣会社とは違って自分で時給を決められるケースが多く、教材の斡旋などもありません。

ネットの掲示板のような形式で運営されているタイプや、運営側が求められる教師を選定するタイプなどがあります。

次に挙げる個人請負と違うのは、サイト側に親御さんが紹介料を払うという点だけです。

自分で募集をかける

大変ですが、時給を一番高く設定できるのはこの方法です。

私の場合は、知り合いの親御さんから頼まれることが多くて募集に困ったことはありませんでしたが、自分でサイトを開設したり地域の掲示板にチラシを貼らせてもらったり、SNSを活用したりしている同期もいました。

家庭教師の募集が多くなる時期は?

派遣会社への登録は年間を通じて募集が行われていますが、登録ボーナスが出る時期もあります。

個人請負の場合には、契約成立に至りやすい時期があります。

どちらも同じような時期なので、チェックしてみましょう。

新年度

新年度は募集が多くなります。

4月からのスタートが多いですが、新学期に向けて早めのスタートということで、2月~3月にその年度のおさらいから教えてほしいという依頼もあります。

この時期の求人の特徴と応募時の注意点

今年はいよいよ受験だ!となる人が増えたり、前年の内申点が良くなかったので今年からは本気を出す、という人が増えます。

前年度まで塾に通っていたが、契約更新のタイミングで塾を辞めて、家庭教師に切り替えたいという人もいます。

年間計画の提示を求められることもあるので、事前準備の時間が必要かもしれません。

派遣会社への登録の場合では、事前準備は自宅で行うことになりますが、それにかかる時間については時給が発生しないのでちょっと大変ですことを覚えておきましょう。

個人請負なら、交渉によっては事前準備に要した時間の報酬を貰えることもあります。

テスト前

学校の定期テスト(7月、9月~10月、12月頃)の直前1ヶ月あたりも募集が多いです。

とりあえず今度のテストをなんとかしたい、という短期の依頼です。

その結果が良ければ、契約を続行したいというケースが多く見られます。

この時期の求人の特徴と応募時の注意点

直前に控えたテストですぐに結果を出さなければならないので、これはとても大変なケースです。

定期テストを出す先生の癖があるので、それまでにその先生が出したテストの傾向を洗い出して対策しないと、結果を出すことができません。

生徒さん本人が全くやる気がなくて学校でノートも取っていないとなると、出そうな問題を予測して叩き込むしか方法がなく、結果に繋げることは本当に難しいです。

学校の長期休暇期間

中学や高校の長期休暇と大学の長期休暇はだいたい重なっているので、募集も依頼も多くなります。

短期集中補習型が多く、長期休暇中に前学期のおさらいをどれだけできるかで、休暇終了後の継続の判断をされることが多いです。

また、受験に向けて「夏休みにやるべきこと」の選定からして欲しいという依頼も増えます。

この時期の求人の特徴と応募時の注意点

夏休みについては上記の通りですが、中学3年生や高校3年生の春休みについては少し傾向が異なっています。

受験も終わり遊びたい気持ちになりますが、進学先でついていけないと困るので中学や高校3年間のおさらいをしっかりしておきたい、というケースです。

人生の先輩として、おさらいしておくポイントや事前に勉強を進めておくと役に立つポイントの指南も求められます。

家庭教師の転職事情

前職では全然違う仕事をしていながら、勉強が好きになって家庭教師になるという人もいれば、大学卒業と同時に家庭教師の会社に就職する人もいます。

あるいは、教員免許は取得したけれど学校の教師としては採用されなかったので、待機期間に家庭教師をするという人もいます。

一方、家庭教師から別の仕事に就く場合には、家庭教師をしている間に身につけた相手の立場で考えることやコミュニケーションスキルを活用すると同時に、幅広い職種に対応できるよう、資格やスキルを会得しておくと良いでしょう。

経験者が語る!できる家庭教師はこんな人

教師然としていない人

生徒さんが大勢を相手に教えてくれる場所でも勉強ができるなら、塾の方がはるかに安くて家に人を上げる負担もないのに何故家庭教師を選ぶのかと言うと、塾の教育方法が生徒さんに合っていないからです。

淡々と教科書を読み上げ一般的な解説をするだけの授業を家庭教師に求めているわけではありません。

生徒さん一人一人に合った教え方をしましょう。

私の場合は生徒ごとに話し方や話す内容を変えていました。

歴史が大嫌いだという生徒に対しては、わざと脱線して歴史の小噺を面白おかしく話しました。

例えば、おしゃれに興味がある生徒には、各時代のファッションの違いや流行った顔の違いなどを教え、歴史に興味を持ってもらえるようにしました。

導入で興味が持てれば、そこからはついてきてくれます。

数学が大嫌いだという生徒には、フィボナッチ数列の面白さなどの解説から始めて興味を持たせようとしました。

結果として不一致で受け持ちを替えられたことはなく「勉強って結構楽しいんですね」と言ってくれたので、良かったと思っています。

あとは、集中力が切れる前に雑談タイムを小まめに挟んで気分転換をしてもらい、その後再び集中できるように工夫していました。

雑談タイムでは、学校での悩みを聞いたり趣味のことを聞いたりします。

その雑談から「じゃあここまで頑張ったら休憩時間にしよう。好きな動画を見ていいよ」とか、「目標の高校は部活に入ることが必須じゃないから、趣味に没頭できるね」など、勉強のモチベーションを上げることに繋げるようにしました。

このことで生徒さんに親近感が生まれ、良い人間関係が構築できたと思います。

勉強が苦手な人

意外だと思うかもしれませんが、勉強ができる人は教師に向いていないという側面を持っていることがあります。

自分自身に「分からない」という経験がなければ、生徒が何が分からないのかが分からないということもあります。

また、勉強大好き人間だと、生徒のモチベーションが上がらない理由も分からないことがあり、上手くいかないこともあります。

勉強ができて大学を出てそのまま教師になった人は、勉強が好きな人であることが多いので、勉強ができない生徒の気持ちが理解できず、授業が分かりづらいと感じられてしまうこともあります。

勉強が苦手で嫌いだった人は自分が克服できた方法を知っているので、そのテクニックを活かすことができるでしょう。

自分とは躓き方が違っても「あぁ、この子はここで引っかかるんだなぁ、なるほどね」と許容できることが重要です。

割り切って教えられる人

受験勉強用なのか内申点を上げるため用なのかで、教え方は異なります。

内申点用の学習なら定期テスト前に詰め込む短期記憶の教え方、受験勉強用の学習なら長期記憶の教え方になるからです。

教える範囲の限定度合も変わります。

定期テストはテスト範囲内で細かいところも沢山出ますが、受験勉強は範囲が広いので傾向と対策によって判断します。

教えた結果、生徒が勉強に興味を持って掘り下げたいという欲求が出てくることがあります。

内申点用の学習では、掘り下げている時間の猶予がないことも多いです。

そのため「今はこれを頭に叩き込もう。テストで点は取れる。今君に必要なのはそのことだ。結果が出た上で、もっと知りたいことを掘り下げる手伝いをする」と伝えて、まずは結果を出してもらいます。

受験用なのか、内申点用なのか、その割り切りを生徒にも納得させることが大切です。

生徒の気持ちを聞いてあげて、生徒に好かれることはもちろん重要ですが、目的達成のためにお金を出しているのは親御さんだということも忘れないでおきましょう。

家庭教師の仕事に興味がある方へ(まとめ)

家庭教師は、大学に入っているか出身者なら、おそらく誰でも仕事にすることができるでしょう。

ただし、学歴が重視される世界でもありますし、テストの結果や生徒や親御さんからの評価によって受けられる仕事量が大きく変わってくるため、仕事における責任は全て自分が負わなければなりません。

だからこその高収入ですから、生徒一人一人の進路に責任を持って、授業内容を充実させ、コミュニケーションを充分に取りましょう。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード

家庭教師求人

家庭教師求人についてもっと深堀りした情報を見る

家庭教師の稼ぎってどうなの?給与のこと、大変なこと、おすすめポイントなどを紹介します

「高収入」や「効率的」といったキーワードで紹介されることの多い「家庭教師」の仕事ですが、「大変」という声も聞こえてきます。今回は私の経験を基に、この仕事の実際の稼ぎや仕事に従事する中で「大変だな」と感じたこと、それでも尚この仕事をおすすめするポイントなどを紹介していきます。この仕事に興味をお持ちの方は、一度以下の内容に目を通してみてください。家庭教師の稼ぎってどうなの?家庭教師の仕事が人気である理由の一つは、「稼ぎが良い」というイメージがあるからだと考えられます。家庭教師の求人情報を覗いてみると、「高収入」「高時給」「効率的に稼げる」という言葉を前面に押し出しているものがほとんどです。では、実

家庭教師って稼げない?給与のことから指導のことまで家庭教師の仕事の裏側を紹介します

家庭教師を利用したことがありますか?ご自身の学生時代や、お子様など、学校の勉強とは別に塾に通うこともあれば、家庭教師を付けることもありますね。そんな家庭教師のお仕事は稼げないのか、実際の給与事情などをお話していきます。家庭教師のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容生徒さんの家庭へ出向き、決められたテキストやワークを使って勉強を教えます。学校の宿題を見たり、テスト勉強のやり方を教えることもあります。家庭教師って稼げない?経験者が語る、家庭教師の給与事情家庭教師の月謝って結構高いですよね。一対一での指導なので、塾などの複数指導の場合より給与が高くなるのは当然です。では、家庭教師の収入は一体いくらく

家庭教師として働くメリット4選。私が感じた良いところをまとめました

学校でも学習塾でもなく、家庭を直接訪問し子どもに勉強を教えるのが家庭教師です。学校や塾での学習についていけない子どもには、まずはその子のペースに合わせて学習習慣を身につけ、学校の宿題のお手伝いやテスト対策をすることがメインになります。一方、学校や塾の授業に加えて、目標校への合格を目指してきちんと受験対策を行いたいという子もいます。どちらにせよ、学校や塾ではカバーできないものを期待して家庭教師をつける家庭がほとんどです。そんな家庭教師の仕事のメリットについて、解説します。私はこんな子どもたちの家庭教師をしました筆者は主に学生時代に家庭教師をし、4年間で5名の子ども達を指導しました。そのうちの4名

家庭教師のデメリットってこんなところ!でもやりがいや嬉しいこともあるから頑張れるんです

皆さんは家庭教師の仕事に対してどんなイメージをお持ちですか?「時給が高い」「子ども相手でやりがいがありそう」「大学生以上なら誰にでも簡単にできそう」…そんなところでしょうか。ポジティブなイメージが多い家庭教師の仕事ですが、当然デメリットもあります。今回は、家庭教師の経験者でもある筆者が、あえて家庭教師のデメリットを紹介いたします。家庭教師の仕事に興味のある方は、後で「こんなはずではなかった!」とならないように、デメリットも踏まえてこの仕事を選択することをおすすめします。皆さんの就職活動・転職活動の一助となれば幸いです!家庭教師のおおまかな仕事内容まずは家庭教師の仕事内容を簡単に紹介します。家庭

家庭教師のやりがいとは?経験者の私が感じる5つのやりがいを感じる瞬間を紹介します

家庭教師は、時間の融通が利く、短時間で高収入が得られるなどの理由で学生や社会人に人気のあるアルバイトです。生徒や生徒の家族と信頼関係を築いて、指導方法の工夫や見直しをすることで、様々な指導方法を学びます。教員を目指している学生にとっては、実際に教員がしている業務を体験することになり将来に役立つ仕事と言えます。人と接する仕事のため、時には悩んだり行き詰まったりしてしまうこともありますが、嬉しいことや楽しいことも沢山あります。今回は家庭教師の仕事内容や、私が実際家庭教師をしてやりがいを感じたこと、大変だと思ったことなどを紹介します。家庭教師の仕事の流れ指導日の日程調整定期テストや実力テストの前には

福岡家庭教師バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

家庭教師は現役大学生や大卒社会人にとって定番のアルバイトの一つです。今回は、家庭教師アルバイトに興味をお持ちの方のために、求められる能力や給与の相場、福岡県での求人などについて詳しく解説していきたいと思います。家庭教師はどんな仕事?家庭教師とはお客様であるご家庭を訪問し、お子様に勉強を教える仕事です。対象は、主に小学生から高校生です。ご家庭が家庭教師を必要とする理由としては、近所に塾がないことや、塾への行き帰りの時間を節約したい、1対1での指導を望むといったものが多いです。家庭教師の仕事は、個人契約で始める方もいますが、ほとんどの場合は家庭教師を派遣する会社に登録します。そ子で派遣先となるご家

家庭教師とはどういう仕事?働く前に良い面・悪い面を確認しておこう!

家庭教師とはどんな仕事内容なのでしょうか?生徒と一対一で勉強を教える仕事なので、人並み以上にコミュニケーション力も必要です。しかし、密なコミュニケーションを取ることで、教え子が成績アップした時の達成感は他の教える系の仕事では味わえないものかと思います。そんなやりがいを持てる仕事ですが、良いところもあれば、悪いところも様々です。今回は、そんな仕事の具体的な内容や家庭教師になるためにやるべきことまでを経験者がご紹介していきたいと思います。家庭教師とはどんな仕事?家庭教師とは学習塾とは違い、その生徒のご家庭に赴いて学習をサポートする仕事です。近年は、大人向けの家庭教師サービスを運営している会社なども

家庭教師がおすすめな7個の理由と、効率のよい仕事の探し方とは?

近年、進学率の上昇に伴い、家庭教師の需要が増えています。家庭教師なら、生徒は自分の学習状況に合わせたパーソナルな授業を受けられるので、学習塾よりも好まれることがあります。物騒なことが多い中、外出せずとも勉強を教えてもらえるという防犯面から選ばれることもあります。また、家庭教師は働き手の立場からも人気の高いアルバイトの一つです。時給が良く、時間的にフレキシブルに働けることから、年代や性別を問わず希望する人が多くいます。そんな家庭教師とは、実際にどのような仕事なのでしょうか?おすすめの理由や、効率の良い探し方についてご紹介します。家庭教師ってどんな仕事?家庭教師は生徒と一対一で授業を行う先生のこと

家庭教師の給料や年収はどのくらい?正社員やバイトなど雇用形態の違いについてもご紹介!

大学生のアルバイトとしてのイメージが強い「家庭教師」ですが、いわゆる「プロの家庭教師」として正社員での雇用などもあります。家庭教師の給料の相場はどのくらいなのか、雇用形態や個人の要件によってどのように給料が違ってくるのか、気になる方もいらっしゃると思います。今回は、そんな「家庭教師の給料」について解説をしていきます!家庭教師の給料の相場はどのくらい?家庭教師の給料相場はどのくらいだと思いますか?雇用形態別にその平均額を解説していきます。正社員で新卒入社した場合20代の正社員として家庭教師をする場合の平均的な月収は、19万円~25万円程度です。正社員で転職した場合転職をした場合でも新卒入社との差

家庭教師バイトがおすすめな4個の理由と、おすすめの家庭教師会社3選

家庭教師のアルバイトは高時給や高効率などのメリットに加えて、生徒に勉強を教えるという責任の大きい仕事を通じて自身の成長を実感することもできるため、大学生や専門学生を中心に人気の職種です。今回はこれから家庭教師のアルバイトをしてみようと考えている人のためにいくつか有用な情報をお届けします。まずはじめに家庭教師のアルバイトをおすすめする理由をいくつか紹介していきますので、魅力に感じるものがあるか確認してみてください。次に、たくさん存在する家庭教師会社の中でおすすめな会社はどこなのか、その理由は、といったことを簡潔に解説していますので参考にしてみてください。最後に求人検索の際の注意点やこの仕事に関し

家庭教師の仕事内容5個の業務。向いている人の特徴や活かせる経験についても解説します

家庭教師の仕事内容は「生徒さんに勉強を教えること」が主ですが、様々な生徒さんのレベルや目標に合わせて、教え方や学習計画は大きく違ってきます。例えば、成績を上げる為や、受験の為など、それぞれの家庭教師の授業内容は変わってくるので、生徒さん一人一人とのコミュニケーションがとても大切な職業です。そんな家庭教師に向いている人や詳しい仕事内容について詳しくご説明します。勉強を教える職業に就きたい方はぜひこの記事を最後までお読みください。家庭教師の仕事は大きく2つの役割に分けられる成績のアップ成績アップのための家庭教師は、学校での日々の授業の予習・復習や、学校で出された宿題を一緒に行い、学校指定の副教材の

家庭教師を辞めたいと思った瞬間は?辞めたくなった時のために事前に対策も考えておこう!

家庭教師のアルバイトを始める際に気になることの一つが、辞めたくなったらどうすれば良いのだろうということです。仕事を始めたばかりでもう辞める時のことを考えるというのはどうなの?と思われる方もいるかもしれませんが、予め辞めたくなった場合のことも考えておくと、お互いに嫌な思いをせずに、スムーズに辞めることができるでしょう。塾などと違い、生徒との距離感が近いからこそ辞め時が分からず、ずるずると仕事を続けてしまうという人も多いのです。筆者の経験から、「いつかの為の心構え」をお伝えしたいと思います。家庭教師契約の形態は?家庭教師の仕事は、斡旋会社を経由して生徒と教師を繋ぐ場合と、知り合いのお子さんに教える

家庭教師辞めたい…と言う人の3個のよくある理由とそれの対策とは?

アルバイトから正社員まで幅広く求人がある「家庭教師」。生徒を教える仕事ということは誰でも分かるかと思いますが、収入やメリット、デメリットなど詳細については知らない人も多いかと思います。この記事では、まず家庭教師の仕事内容について解説し、次に実際に家庭教師の仕事をしていた人が辞めたくなった理由などを紹介・解説します。どんなことが辛いのか確認をして、家庭教師の仕事内容をより深く理解し、応募の際の判断の参考としてください!家庭教師の大まかな仕事内容文字通り、生徒さんの「家庭」に直接伺って、勉強を教える「教師」というのが仕事内容です。塾講師が生徒さんが塾に通ってくる生徒さんを教えるのに対して、教師が家

家庭教師バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

この記事では、家庭教師のアルバイト求人について解説していきます。人に物を教えるという仕事なんて簡単にできるのか、という不安などあるかと思いますが、特別な資格や経験なども必要なく意外と誰にでもできるお仕事です。それでは早速お仕事の内容やポイントなどを解説していきます。家庭教師アルバイトはどんな仕事?「家庭教師」とはそのものズバリ、生徒の「家庭」に訪問をして「教師」として教える仕事です。家庭教師アルバイトの大まかな仕事内容家庭教師の仕事内容について、もう少し詳しく解説します。誰に教えるの?教える対象は幅広いです。メインは小・中・高校に通う就学児童及び生徒ですが、幼稚園や小学校の「お受験」を目的とし

家庭教師の時給はどのくらい?私の周りの相場や時給の決まり方を紹介します

家庭教師は、短時間で高収入が得られることで人気のあるアルバイトです。特に教員を目指している学生にとっては、様々な生徒と関わる機会が多く、良い経験になります。教員採用試験の一般教養試験や専門教養試験などの範囲になることもあるので、おすすめのアルバイトになります。今回は家庭教師の時給を中心に紹介します。家庭教師ってどんな仕事?家庭教師とは、直接生徒の家庭に行って勉強を教える仕事です。主な業務内容は受験対策、定期テスト対策、学習習慣定着対策、苦手科目克服対策、検定試験対策などです。成績をアップさせたり、勉強が苦手な生徒にはどのような方法で勉強したら良いのかを教えたり、宿題で分からない問題の解説をした

家庭教師のアルバイトをやってて良かった2個のこと。メリットや、そこで身に付く力とは?

家庭教師のアルバイトを通じて学べることは沢山あります。家庭教師は、結果を出さないと厳しい仕事ですが、やっていて良かったなと思えることも数多くあります。ここでは、家庭教師をしていて良かったことや嬉しかったことなどについてお話していきます。私はこんなところで家庭教師のアルバイトをやりました一般的には、生徒さんのお宅へ伺って生徒さんのお部屋で1対1で指導をします。家庭教師派遣会社によっては教室を設けていて、教室内で1対1の指導をすることもあります。ちょっと変わったところでは、学生寮の生徒さんのお部屋へ伺ったり、カフェやファーストフード店を指定されたりということもありました。また、生徒さんのお宅へ伺っ

埼玉県の家庭教師バイト求人でおすすめの募集条件をご紹介!気になる時給相場も教えます!

関東のベッドタウンとしても有名な埼玉県には、単身世帯のみならずファミリー層も多く住んでおり、子どもの数が多いのが特徴です。そのため、塾や家庭教師には常に一定の需要があります。都内へのアクセスも良いことから東京の私立中学・高校へと進学する子どもも多く、学校以外での勉強はもはや必要不可欠な存在です。今回はそんな埼玉県での家庭教師のアルバイト求人についてご紹介します。家庭教師はどんな仕事?家庭教師とは、生徒の自宅で勉強を教える先生のことです。学習塾とは違い、マンツーマンで指導するケースが多いです。家庭教師の派遣会社に登録し、依頼されたお宅へ勉強を教えに行くというのが主な業務内容です。担当する科目につ