家庭教師の仕事内容は「生徒さんに勉強を教えること」が主ですが、様々な生徒さんのレベルや目標に合わせて、教え方や学習計画は大きく違ってきます。

例えば、成績を上げる為や、受験の為など、それぞれの家庭教師の授業内容は変わってくるので、生徒さん一人一人とのコミュニケーションがとても大切な職業です。

そんな家庭教師に向いている人や詳しい仕事内容について詳しくご説明します。

勉強を教える職業に就きたい方はぜひこの記事を最後までお読みください。

「家庭教師の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

家庭教師の仕事は大きく2つの役割に分けられる

成績のアップ

成績アップのための家庭教師は、学校での日々の授業の予習・復習や、学校で出された宿題を一緒に行い、学校指定の副教材の解説などを行いながら進めます。

中間・期末試験前には試験対策を行うことが仕事がメインとなります。

学校の勉強についていけないという理由で家庭教師をつけることも多いです。

そのような場合には、理解を進めるために授業が楽しくなるように工夫をし、根気強く教えることが必要です。

受験対策

受験対策のための家庭教師は、難関校の受験では、生徒さんの学年よりも上の学年の勉強を教えることや、難関校に特化した問題集などを解き進めることもあり、日々の学校での授業とは全く別の授業内容となります。

難関校でなくても、受験学年の場合には学校での勉強の他に苦手科目や苦手な分野の重点的な学習や模試対策など、通常の学習にプラスしての勉強が必要となります。

また、進路についての相談を受けると言ったこともあります。

成績を上げるための3つの業務

宿題の解説

学校の授業についていくレベルを目指す生徒さんに対しては、宿題を一緒に解いていき、解けなかった問題や間違えた問題について解説を加え、似たような練習問題を繰り返すなどして定着を図り、成績アップに繋げていきます。

学校の先生の中には、宿題を提出しても答え合わせだけして内容の解説は行わない、あるいは自分で答え合わせまでしたものを提出させ、やったかやらなかったかのチェックしかしないという宿題の出し方をする先生もいます。

そういった場合には、特に念入りに一緒に宿題を進めていく必要があります。

苦手科目の指導

苦手意識のある科目については、生徒さんの気分が乗らず、一度分からないと思ってしまうとなかなか先に進まなくなることがあります。

苦手科目については、非常に簡単なレベルの話や興味を持ちそうな話題から始め、難しい、分からないと思わせない工夫が必要です。

「自分はできる」と思わせること

「自分はできる」と思わせることは大きな効果を発揮します。

以前、その見本となる生徒さんを指導したことがあります。

数学が苦手で常に通信簿は1か2の評価だったお子さんがいました。

初回の授業で数学を一緒に勉強した際、数字に対する感覚がとても良かったので、「数字のセンスがある」と伝えたところ、それがこの生徒さんの自信に繋がったようで、今まで嫌々やっていた数学の勉強を進んで学習するようになり、1年後には一番の得意科目となりました。

生徒さんのやる気を起こさせるためには、「自分はできる」と思わせることが実はとても重要なことなのです。

「家庭教師の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

受験対策のための2つの業務

模試の採点・指導

受験学年では、志望する学校を受験する人の中でどのくらいの順位につけているか見極めるために、模試が重要です。

特定の学校の受験に特化した模試では、採点を一緒に行いながら、どの部分が苦手で学習を深めなくてはいけないかなどを確認する必要があります。

得意科目を伸ばす・苦手科目の克服

得意教科は得点源となるため、些細なミス、勘違いなどによる減点を減らすことに重点が置かれます。

苦手科目については、誰もが正解できるような基本的な問題をいかに落とさず、差を広げられないようにするかが重要となってきます。

塾講師との仕事内容の違い

家庭教師と塾講師の大きな違いは、複数の生徒に対しての授業か、一人に対しての授業かというところですが、このために生徒さんとの関わり方は大きく違ってきます。

塾講師の場合、先生による一方通行の授業がほとんどで、生徒さん全員が理解できるまで何度でも繰り返すことはないのに対し、家庭教師の場合は、生徒さんが理解できるまで何度も説明を繰り返していく必要があります。

家庭教師はどんな人に向いている?

家庭教師の仕事は勉強を教えることですが、教えるにあたって、まず生徒さんから信頼されなければ、いくら分かりやすく丁寧に勉強を教えたとしても、生徒さんは付いてきてくれません。

成績も思うように伸びないということが起こります。

家庭教師の仕事は、教師自身の学歴が高い、成績が良かった人が必ずしも向いているわけではありません。

生徒さんから信頼されるということがポイントの一つです。

生徒さんに信頼されるには、生徒さんと対等で良好なコミュニケーションを築けることや、責任を持って生徒さんの面倒を見られることなどが必要です。

家庭教師に向いている人1:コミュニケーション能力が高い人

自分よりはるかに歳下の生徒さんに対し、どれだけ生徒さんが理解できる言葉を使えるかが肝となります。

こちらが常識と思っている感覚や言葉が通じないことは多々あるため、生徒さんのレベルに合った話し方ができ、説明ができることが必要です。

だからと言って子ども扱いをすると、心の距離が離れてしまう生徒さんもいます。

子どもだと思わず、一人の人間として対等にコミュニケーションがとれる人が向いているでしょう。

家庭教師に向いている人2:責任感が強い人

家庭教師の仕事は、夏休みなどの短期のものもありますが、基本的には年度ごとの契約です。

途中で生徒さんを投げ出してしまうことなく、1学年をしっかり見てあげられる責任感の強さが必要です。

ちょっと体調が良くないからとか別の用事が入ったからといって予定していた授業をお休みしてしまうことなく、授業を予定通りにしっかりこなすことも大事です。

自分の体調管理やスケジュール管理のできる責任感の強い人が家庭教師の仕事に向いています。

家庭教師の仕事で活かせる経験

家庭教師の仕事は、自分が経験してきたこと全てを活かすことができます。

良かったことはそのままアドバイスとして伝えることができ、悪かったことは反面教師として伝えることができます。

沢山の経験をしてきた人ほど様々な生徒さんに対応でき、深みのある指導ができるでしょう。

家庭教師で活かせる経験1:自分が勉強してきたこと

自分が生徒さんの学年の時にどんなふうに勉強してきたか、どんな覚え方をしてきたかを振り返ることで、生徒さんにより分かりやすく教える方法や確実に覚えてもらえる方法が見つかることがよくあります。

また、私立難関校の受験では、家庭教師自身が受験経験者だとどんな学習をしてどんな対策をしたら良いか分かっているので、自身が経験してきたことをそのまま仕事に活かすことができます。

家庭教師で活かせる経験2:順応力

生徒さん一人一人、個性も能力も全く違い、それぞれに対応していかなければなりません。

年齢に合わせた話し方や授業の進め方など切り替えが必要なため、年齢を問わず気軽に話ができるとか、話をしながら相手の理解度に合わせることができるといった順応力が役に立ちます。

突然宿題を見てほしいと言われたり、自分が準備してきた内容と違うことを教えなければならない状況もよくあります。

瞬時に気持ちを切り替えて対応することが必要なため、どんな状況でも慌てず対応できる能力のある人なら、上手く切り抜けることができるでしょう。

家庭教師の仕事の良いところ

やりがいを感じるポイント

家庭教師の仕事のやりがいは生徒さんとの関わりの中で感じることがほとんどです。

生徒さんの成績が上がるなど、目に見えるやりがいももちろんありますが、生徒さんとの関係性から感じるやりがいも多くあります。

生徒の成績が上がった時

家庭教師をやっていて良かったと思うのは、何と言っても生徒さんの成績が上がった時です。

良い点数を取った時には生徒さんも嬉しそうにテストの答案用紙を持ってきてくれますし、教えるのに苦労した科目ほど、粘り強く教えた甲斐があったと嬉しくなります。

生徒との信頼関係を築けたとき

全然やる気がなく、説明を聞いているのかいないのか分からないといった態度の生徒さんもいます。

ほとんどの場合、生徒さんの心に刺さるような授業ができていないことが多いです。

本人はやる気がなさそうでも、テストの点が良かった時など生徒さんの努力が結果として現れたときに、生徒さんとの距離がぐっと縮まり、授業を真剣に聞いてくれるようになることがあります。

家庭教師のやりがいは、こちらの記事も参考に!

面白いポイント

家庭教師の面白いところは、毎回、同じ授業を繰り返すのではなく、生徒さんそれぞれに合ったやり方を模索しながら学習を進めていくところです。

ある程度の生徒数を経験すると、おおよその傾向やタイプは見えてきますが、それでも必ず生徒さんごとに異なる特徴があり、そこを探り出す面白さがあります。

生徒によって理解できない場所が違う

これまでの経験から、どれほどパーフェクトに教材を揃え、生徒さんにベストな教え方を見出しても、全く理解してくれないということも時々起こります。

生徒さんによって理解できない箇所はまちまちで、理解をしてもらうための工夫を生徒さんごとにあれこれ考える楽しみがあります。

1対1なので生徒の成長を感じやすい

一人の生徒さんにつきっきりで教えていくので、前回できなかったところが今回はできているようになったなとか、以前より集中して授業を受けられるようになったなとか、また、成長期のお子さんでもありますので、ずいぶん背が伸びたなとか、自分の弟妹、あるいは子どものように成長を感じることが度々あります。

「家庭教師の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

家庭教師の仕事は1対1で生徒さんに勉強を教えることですが、それを通じて、生徒さんと共に沢山の喜びや苦しみ、人としての成長を一緒に味わえる素晴らしい仕事と言えます。

家庭教師の仕事を検討している方は、是非思い切って飛び込んでみてほしいと思います。




家庭教師求人についてもっと深堀りした情報を見る

家庭教師の稼ぎってどうなの?給与のこと、大変なこと、おすすめポイントなどを紹介します

「高収入」や「効率的」といったキーワードで紹介されることの多い「家庭教師」の仕事ですが、「大変」という声も聞こえてきます。今回は私の経験を基に、この仕事の実際の稼ぎや仕事に従事する中で「大変だな」と感じたこと、それでも尚この仕事をおすすめするポイントなどを紹介していきます。この仕事に興味をお持ちの方は、一度以下の内容に目を通してみてください。家庭教師の稼ぎってどうなの?家庭教師の仕事が人気である理由の一つは、「稼ぎが良い」というイメージがあるからだと考えられます。家庭教師の求人情報を覗いてみると、「高収入」「高時給」「効率的に稼げる」という言葉を前面に押し出しているものがほとんどです。では、実

家庭教師って稼げない?給与のことから指導のことまで家庭教師の仕事の裏側を紹介します

家庭教師は稼げない?そんな疑問を持った方は、この記事で経験者がお教えする実際の給与事情をご覧ください。そもそも皆さんは家庭教師を利用したことがありますか?ご自身の学生時代や、お子様など、学校の勉強とは別に塾に通うこともあれば、家庭教師を付けることもありますよね。今回は教える側の家庭教師の稼ぎ方やおすすめな指導法、この職業のメリットまでしっかりお話しさせていただきます。家庭教師のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容生徒さんの家庭へ出向き、決められたテキストやワークを使って勉強を教えます。学校の宿題を見たり、テスト勉強のやり方を教えることもあります。家庭教師って稼げない?経験者が語る、家庭教師の給

家庭教師として働くメリット4選。私が感じた良いところをまとめました

学校でも学習塾でもなく、家庭を直接訪問し子どもに勉強を教えるのが家庭教師です。学校や塾での学習についていけない子どもには、まずはその子のペースに合わせて学習習慣を身につけ、学校の宿題のお手伝いやテスト対策をすることがメインになります。一方、学校や塾の授業に加えて、目標校への合格を目指してきちんと受験対策を行いたいという子もいます。どちらにせよ、学校や塾ではカバーできないものを期待して家庭教師をつける家庭がほとんどです。そんな家庭教師の仕事のメリットについて、解説します。私はこんな子どもたちの家庭教師をしました筆者は主に学生時代に家庭教師をし、4年間で5名の子ども達を指導しました。そのうちの4名

家庭教師のデメリットってこんなところ!でもやりがいや嬉しいこともあるから頑張れるんです

皆さんは家庭教師の仕事に対してどんなイメージをお持ちですか?「時給が高い」「子ども相手でやりがいがありそう」「大学生以上なら誰にでも簡単にできそう」…そんなところでしょうか。ポジティブなイメージが多い家庭教師の仕事ですが、当然デメリットもあります。今回は、家庭教師の経験者でもある筆者が、あえて家庭教師のデメリットを紹介いたします。家庭教師の仕事に興味のある方は、後で「こんなはずではなかった!」とならないように、デメリットも踏まえてこの仕事を選択することをおすすめします。皆さんの就職活動・転職活動の一助となれば幸いです!家庭教師のおおまかな仕事内容まずは家庭教師の仕事内容を簡単に紹介します。家庭

家庭教師のやりがいとは?経験者の私が感じる5つのやりがいを感じる瞬間を紹介します

家庭教師は、時間の融通が利く、短時間で高収入が得られるなどの理由で学生や社会人に人気のあるアルバイトです。生徒や生徒の家族と信頼関係を築いて、指導方法の工夫や見直しをすることで、様々な指導方法を学びます。教員を目指している学生にとっては、実際に教員がしている業務を体験することになり将来に役立つ仕事と言えます。人と接する仕事のため、時には悩んだり行き詰まったりしてしまうこともありますが、嬉しいことや楽しいことも沢山あります。今回は家庭教師の仕事内容や、私が実際家庭教師をしてやりがいを感じたこと、大変だと思ったことなどを紹介します。家庭教師の仕事の流れ指導日の日程調整定期テストや実力テストの前には

家庭教師になるには?やっておくべきことは何?仕事の探し方や応募時の注意点も教えます!

家庭教師は、大学生のアルバイトとして人気の高い仕事で、私も経験があります。時給が高い割にさほど重労働でもなく、それまで自分がやってきた勉強の焼き直しにもなるので、かなりメリットの多い仕事です。もちろん、良いことばかりではありません。改めて家庭教師の仕事とは何か、というのを見ていきましょう。併せて、家庭教師になる方法や仕事の探し方も紹介します。家庭教師になるには?家庭教師になるには二つの方法があります。一つ目は、一般的な家庭教師派遣会社に登録して生徒を紹介してもらう方法です。家庭教師の「〇〇〇」などの名を聞いたことがあると思います。派遣会社からの紹介だと、生徒さんの学習における悩みや何を目的とし

福岡家庭教師バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

福岡で家庭教師バイトをお探しの方はぜひご覧ください。家庭教師は現役大学生や大卒社会人にとって定番のアルバイトの一つですよね。今回は、家庭教師バイトを福岡県でお探し中の方のために、求められる能力や給与の相場、業務内容や職種について詳しく解説していきたいと思います。バイトをするなら家庭教師におすすめな会社や知っておくべき事、上手な求人の選び方までしっかり最後まで余すことなくお伝えできればと思います!家庭教師はどんな仕事?家庭教師とはお客様であるご家庭を訪問し、お子様に勉強を教える仕事です。対象は、主に小学生から高校生です。ご家庭が家庭教師を必要とする理由としては、近所に塾がないことや、塾への行き帰

家庭教師とはどういう仕事?働く前に良い面・悪い面を確認しておこう!

家庭教師とはどんな仕事内容なのでしょうか?生徒と一対一で勉強を教える仕事なので、人並み以上にコミュニケーション力も必要です。しかし、密なコミュニケーションを取ることで、教え子が成績アップした時の達成感は他の教える系の仕事では味わえないものかと思います。そんなやりがいを持てる仕事ですが、良いところもあれば、悪いところも様々です。今回は、そんな仕事の具体的な内容や家庭教師になるためにやるべきことまでを経験者がご紹介していきたいと思います。家庭教師とはどんな仕事?家庭教師とは学習塾とは違い、その生徒のご家庭に赴いて学習をサポートする仕事です。近年は、大人向けの家庭教師サービスを運営している会社なども

家庭教師がおすすめな7個の理由と、効率のよい仕事の探し方とは?

近年、進学率の上昇に伴い、家庭教師の需要が増えています。家庭教師なら、生徒は自分の学習状況に合わせたパーソナルな授業を受けられるので、学習塾よりも好まれることがあります。物騒なことが多い中、外出せずとも勉強を教えてもらえるという防犯面から選ばれることもあります。また、家庭教師は働き手の立場からも人気の高いアルバイトの一つです。時給が良く、時間的にフレキシブルに働けることから、年代や性別を問わず希望する人が多くいます。そんな家庭教師とは、実際にどのような仕事なのでしょうか?おすすめの理由や、効率の良い探し方についてご紹介します。家庭教師ってどんな仕事?家庭教師は生徒と一対一で授業を行う先生のこと

家庭教師の給料や年収はどのくらい?正社員やバイトなど雇用形態の違いについてもご紹介!

大学生のアルバイトとしてのイメージが強い「家庭教師」ですが、いわゆる「プロの家庭教師」として正社員での雇用などもあります。家庭教師の給料の相場はどのくらいなのか、雇用形態や個人の要件によってどのように給料が違ってくるのか、気になる方もいらっしゃると思います。今回は、そんな「家庭教師の給料」について解説をしていきます!家庭教師の給料の相場はどのくらい?家庭教師の給料相場はどのくらいだと思いますか?雇用形態別にその平均額を解説していきます。正社員で新卒入社した場合20代の正社員として家庭教師をする場合の平均的な月収は、19万円~25万円程度です。正社員で転職した場合転職をした場合でも新卒入社との差

家庭教師バイトがおすすめな4個の理由と、おすすめの家庭教師会社3選

家庭教師のアルバイトは高時給や高効率などのメリットに加えて、生徒に勉強を教えるという責任の大きい仕事を通じて自身の成長を実感することもできるため、大学生や専門学生を中心に人気の職種です。今回はこれから家庭教師のアルバイトをしてみようと考えている人のためにいくつか有用な情報をお届けします。まずはじめに家庭教師のアルバイトをおすすめする理由をいくつか紹介していきますので、魅力に感じるものがあるか確認してみてください。次に、たくさん存在する家庭教師会社の中でおすすめな会社はどこなのか、その理由は、といったことを簡潔に解説していますので参考にしてみてください。最後に求人検索の際の注意点やこの仕事に関し

家庭教師を辞めたいと思った瞬間は?辞めたくなった時のために事前に対策も考えておこう!

家庭教師のアルバイトを始める際に気になることの一つが、辞めたくなったらどうすれば良いのだろうということです。仕事を始めたばかりでもう辞める時のことを考えるというのはどうなの?と思われる方もいるかもしれませんが、予め辞めたくなった場合のことも考えておくと、お互いに嫌な思いをせずに、スムーズに辞めることができるでしょう。塾などと違い、生徒との距離感が近いからこそ辞め時が分からず、ずるずると仕事を続けてしまうという人も多いのです。筆者の経験から、「いつかの為の心構え」をお伝えしたいと思います。家庭教師契約の形態は?家庭教師の仕事は、斡旋会社を経由して生徒と教師を繋ぐ場合と、知り合いのお子さんに教える

家庭教師辞めたい…と言う人の3個のよくある理由とそれの対策とは?

アルバイトから正社員まで幅広く求人がある「家庭教師」。生徒を教える仕事ということは誰でも分かるかと思いますが、収入やメリット、デメリットなど詳細については知らない人も多いかと思います。この記事では、まず家庭教師の仕事内容について解説し、次に実際に家庭教師の仕事をしていた人が辞めたくなった理由などを紹介・解説します。どんなことが辛いのか確認をして、家庭教師の仕事内容をより深く理解し、応募の際の判断の参考としてください!家庭教師の大まかな仕事内容文字通り、生徒さんの「家庭」に直接伺って、勉強を教える「教師」というのが仕事内容です。塾講師が生徒さんが塾に通ってくる生徒さんを教えるのに対して、教師が家

家庭教師バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

家庭教師バイト求人についてここでは詳しく解説していきます。「人に教えるという職業なんてバイトで簡単にできるのか」という不安などあるかと思いますが、特別な資格や経験なども必要なく意外と誰にでもできるのが家庭教師のアルバイトなんです。それでは早速、家庭教師の向き不向きについてや、業務内容やポイントなどをお話しさせていただきます。メリットも多い家庭教師バイトはおすすめですよ。家庭教師アルバイトはどんな仕事?「家庭教師」とはそのものズバリ、生徒の「家庭」に訪問をして「教師」として教える仕事です。家庭教師アルバイトの大まかな仕事内容家庭教師の仕事内容について、もう少し詳しく解説します。誰に教えるの?教え

家庭教師の時給はどのくらい?私の周りの相場や時給の決まり方を紹介します

家庭教師は、短時間で高収入が得られることで人気のあるアルバイトです。特に教員を目指している学生にとっては、様々な生徒と関わる機会が多く、良い経験になります。教員採用試験の一般教養試験や専門教養試験などの範囲になることもあるので、おすすめのアルバイトになります。今回は家庭教師の時給を中心に紹介します。家庭教師ってどんな仕事?家庭教師とは、直接生徒の家庭に行って勉強を教える仕事です。主な業務内容は受験対策、定期テスト対策、学習習慣定着対策、苦手科目克服対策、検定試験対策などです。成績をアップさせたり、勉強が苦手な生徒にはどのような方法で勉強したら良いのかを教えたり、宿題で分からない問題の解説をした

家庭教師のアルバイトをやってて良かった2個のこと。メリットや、そこで身に付く力とは?

家庭教師のアルバイトを通じて学べることは沢山あります。家庭教師は、結果を出さないと厳しい仕事なので、「家庭教師バイトはきつい」なんてことを聞いたりしますが、実際は「やっていて良かったな」と思えることも数多くある、やりがいを持てるアルバイトなんです。ここでは、そんな家庭教師バイトのメリットや身に付くスキル、実際に働いてみて嬉しかったことなどについてお話していきます。私はこんなところで家庭教師のアルバイトをやりました一般的には、生徒さんのお宅へ伺って生徒さんのお部屋で1対1で指導をします。家庭教師派遣会社によっては教室を設けていて、教室内で1対1の指導をすることもあります。ちょっと変わったところで

埼玉県の家庭教師バイト求人でおすすめの募集条件をご紹介!気になる時給相場も教えます!

関東のベッドタウンとしても有名な埼玉県には、単身世帯のみならずファミリー層も多く住んでおり、子どもの数が多いのが特徴です。そのため、塾や家庭教師には常に一定の需要があります。都内へのアクセスも良いことから東京の私立中学・高校へと進学する子どもも多く、学校以外での勉強はもはや必要不可欠な存在です。今回はそんな埼玉県での家庭教師のアルバイト求人についてご紹介します。家庭教師はどんな仕事?家庭教師とは、生徒の自宅で勉強を教える先生のことです。学習塾とは違い、マンツーマンで指導するケースが多いです。家庭教師の派遣会社に登録し、依頼されたお宅へ勉強を教えに行くというのが主な業務内容です。担当する科目につ