近年、進学率の上昇に伴い、家庭教師の需要が増えています。

家庭教師なら、生徒は自分の学習状況に合わせたパーソナルな授業を受けられるので、学習塾よりも好まれることがあります。

物騒なことが多い中、外出せずとも勉強を教えてもらえるという防犯面から選ばれることもあります。

また、家庭教師は働き手の立場からも人気の高いアルバイトの一つです。

時給が良く、時間的にフレキシブルに働けることから、年代や性別を問わず希望する人が多くいます。

そんな家庭教師とは、実際にどのような仕事なのでしょうか?

おすすめの理由や、効率の良い探し方についてご紹介します。

家庭教師ってどんな仕事?

家庭教師は生徒と一対一で授業を行う先生のことです。

基本的には生徒の家庭を訪問して行いますが、希望によっっては家庭ではなく、カフェや図書館を利用して行うケースもあります。

仕事内容は?

生徒側から希望された教科の授業を行います。

契約内容にもよりますが、基本的には通年で同じ科目を教えることがほとんどです。

1人の生徒に対し、1コマあたり60分~90分の授業を、1日1コマ~2コマほど行います。

授業内容は?

授業内容は、生徒のレベルやリクエストに応じ予習を中心に行うのか、復習を中心に行うのかなどを決めます。

基本的には、生徒が学校で使用している教科書に沿って進めることがほとんどです。

授業で使うものの準備は?

生徒のレベルにもよりますが、学校の授業の予習や復習が中心なら、学校で支給されているテキストを使います。

それだけでは理解が進まない場合など、必要に応じて自分でテキストや問題を用意することもあります。

更に発展的な授業を中心に行う生徒の場合には、学校の教材だけでは足りない可能性もあります。

その場合はインターネット上から著作権フリーの問題を探したり、家庭教師として登録している会社に資料を要求したりすることで教材を集めます。

給与体系は?

家庭教師は、基本的には時給計算のアルバイト雇用が多いです。

時給相場は1,500円~2,500円と高額で、コマ単位で計算されるため、授業1コマあたりは、少なくても2,000円前後になります。

上手く時間を組んで1日4コマ程度授業を行うことができれば、日給1万円前後も夢ではありません。

家庭教師の派遣会社に正社員として勤務する場合は、家庭教師として登録しているアルバイトの指導や会社の運営などを行います。

その場合の給与相場は、月20万円前後です。

自分が授業に出向くということは少なく、いわゆる一般的な事務作業を行うことになるため「家庭教師」そのものの仕事とはやや離れてしまうかもしれません。

家庭教師の業務だけを行う正社員というのはほぼないと言っても過言ではありません。

家庭教師になるには?担当科目は?

家庭教師を派遣する会社に登録し、中学生レベルの筆記テストを受けます。

合格すれば、晴れて家庭教師としてデビューです。

基本的には自分の得意科目を教えますが、生徒の希望に合わせて得意科目以外を教えることもあります。

生徒からの希望科目を教える自信がない場合には、断ることも可能です。

勤務地は?

登録した派遣会社が統括するエリア内の家庭へ出向くことになります。

派遣会の統括エリアは細かく分かれていることが多く、大きくて2つ~3つの市、小さいところでは1つの市のみを統括エリアとするところもあります。

登録する派遣会社を上手く選べば、好きなエリアで働くことができるのです。

学生であれば学校や自宅の近く、ダブルワークの方であれば会社の近くなど、ライフスタイルに合わせて選ぶと良いでしょう。

派遣会社との関係は?

オフィスに出向くかどうかは、派遣会社によって異なります。

登録時のみオフィスに行けば良いというところもあれば、定期的に報告のための出社が必要な派遣会社もあります。

フォローが手厚いところであれば、授業で使いそうな教材をオフィスに用意してくれているところもあります。

その場合は自分でテキストや資料を探す必要がなく、オフィスで使いたい資料を印刷して授業を行うことができるので便利です。

繋がりの強さに関しては好みがあるので、登録前に会社のホームページなどで雰囲気をチェックしてみてください。

家庭教師がおすすめな7個の理由とは?

時間や場所を選びながらフレキシブルに働ける点が、家庭教師の人気のポイントです。

それらも含め、どのような点でおすすめなのかを下記にまとめます。

時給が良い

時給相場は1,500円~2,500円と、飲食店やその他のアルバイトに比べてかなり高めです。

授業1コマあたりに換算すると、2,000円前後稼ぐことができます。

資料の用意や内容の確認など事前の準備は多少必要になりますが、それを考えても効率良く稼げる仕事と言えるでしょう。

時間帯を選べる

勤務時間は、基本的には生徒が学校から帰ってくる夕方以降の活動になります。

家庭の事情にもよりますが、遅いと22時くらいまで授業を希望する生徒もあります。

担当の生徒と都合を合わせながら16時~22時くらいの間で自由に調整することができるので、ダブルワークの方にも都合が良いかもしれませんね。

夕方以降の活動が難しい人なら、夏休み期間や土日をメインに活動することもできます。

休日であれば授業時間を朝から夜までの間で選べるため、よりフレキシブルに働くことも可能です。

コマが決まっているため残業はほぼなく、長時間拘束されないという点ではかなりおすすめです。

勤務地を選べる

派遣会社の統括エリアを考慮して登録すれば、好きな地域で働くことができます。

家の近所、学校の近所、勤務先の近所と自分のライフスタイルに合わせることが可能です。

移動距離や移動時間を減らせるので、時間を無駄にせずに働くことができます。

ダブルワークが可能

家庭教師は時間・勤務地などかなりフレキシブルに働けるため、副業にすることができます。

基本的には平日の夕方~夜に活動することが多いので、会社勤めの方にもおすすめです。

小学生を対象とすればもっと早い時間から活動することもできるので、大学生やフリーランスの方なら1日4コマ以上も可能かもしれません。

基本的なことをもう一度勉強できる

「学校で習ったことなんて、大人になってからは絶対に必要ない」と、学生時代に思っていた方も少なくないと思います。

しかし、漢字や単純な数式が、突然必要になることってありませんか?

就職活動や転職活動をされている方であれば、入社に伴うSPI試験で学力を問われるなんてこともありますね。

そんな時、家庭教師をしていると助けられることがあります。

基本的に求められる科目は英語・国語・数学が多いため、教師にとっても再度勉強する良い機会になることが多いのです。

コミュニケーションスキルを磨くことができる

家庭教師として関わるのは、主に10代の生徒です。

しかし、それだけではありません。

生徒の両親や祖父母など、幅広い年齢の人と関わることになります。

家を訪ねてただ授業をして帰るというだけではなく、生徒や家の人とのコミュニケーションが必須です。

繰り返していく内に、自然とコミュニケーション能力を養うことができます。

これはおすすめポイントの一つです。

マナーが身につく

他所の家を訪問するときのマナーってご存知ですか?

と、突然訊かれたらドキリとする方も多いのではないでしょうか。

小さい頃はよく友人の家に遊びに行ったものですし、大人になってからも仲良しの家を訪れることはありますが、それほどマナーを気にはしていませんよね。

家庭教師ではきちんとしたマナーが必要です。

ここできちんとマナーを学ぶことで、自身の営業マナーや結婚などに伴う挨拶のマナーが磨かれることもあります。

大人としての常識が身につくという点でも、家庭教師はおすすめです。

家庭教師の効率の良い探し方とは?

家庭教師という仕事は、もちろん勉強を必要とする生徒のための仕事です。

同時に、自分のためにもなる仕事でもあります。

効率良く探す・働くためには、自分のライフスタイルに合わせると良いでしょう。

自分の生活に基づいたいくつかのポイントを押さえることで、効率良く探すことができます。

働きたい場所から探す

家庭教師は、働く場所を自由に選ぶことができます。

家にいることが多い方なら、近所の派遣会社に登録すれば家の近くで働くことができるので利便性が高いです。

学生であれば、学校の近くの派遣会社に登録すれば、学校の近くの生徒を見つけることができるかもしれません。

自身の授業後、学校で家庭教師の事前準備をして、生徒宅に向かうというスムーズな流れを作ることができます。

会社員であれば、会社の近くや通勤途中にある生徒を探すというのも良いでしょう。

勤務後に向かうことができるため、無駄な移動が発生しません。

その他、よく行くスポーツジムやカフェの近くなど、自分のルーティンに組み込みやすい場所を中心に考えると、効率良く探すことができます。

働きたい時間から探す

基本的には夕方以降の活動になります。

遅くても21時から90分1コマといった時間帯がほとんどです。

会社帰りに家庭教師をしたいのならば、より遅い時間の授業を希望する生徒を探せばダブルワークにすることができます。

家事の手が空く夕方位も需要は多いので、それぞれのライフスタイルに応じて、都合の良い時間を希望する生徒を探すと良いでしょう。

自分が学びたい教科から探す

家庭教師を行うことで再度自分も学習することができます。

自分が学びたいと思っている科目を希望している生徒を探すというのも一つの方法です。

最近では英語が必要不可欠なものとなってきていますから、家庭教師を機に英語を学び直すのも良いでしょう。

漢字に自信がない方は、国語の家庭教師を必要としている生徒を探せば再度学ぶことができます。

仕事で急に数学的な思考が必要になったという方は、数学を教えるというのも良いですね。

このように、自分のためになることをベースに探すというのもおすすめです。

得意科目から探す

「これなら自信を持って教えることができる!」という科目がある方は、その科目を希望している生徒と効率良くマッチングしてもらえるでしょう。

得意科目であれば事前準備に手間を取られることもなく、生徒にきちんと結果を出してあげられるという点でも良いかもしれません。

派遣会社に登録する際、予め得意科目を伝えておくことで、上手く斡旋してもらえる可能性があります。

得意科目があるという方は、ぜひ伝えるようにしてください。

大人の家庭教師

得意なことを教えるということでは、最近では「大人の家庭教師」というジャンルもあります。

これは勉強ではなく、スポーツや手芸などを教える家庭教師です。

需要は多くはありませんが、自分の得意なことを教えることができるため、楽しく、スムーズに仕事ができるかもしれません。

興味がある方は是非検索してみてください。

生徒の年齢から探す

もし将来的に学校の先生を目指しているのであれば、生徒の年齢から選ぶという選択肢もあります。

小学校教師ならば小学生を、中学校教師ならば中学生から生徒を選んでみてください。

この場合は学習塾でも良いのかもしれませんが、家庭教師の方が密に接することができるため、生徒のことを知るという点ではとても役に立ちます。

この点から、教師を目指す学生さんにとっては、家庭教師のアルバイトは特におすすめです。

まとめ

以上、家庭教師のおすすめポイントや、効率のいい探し方についてまとめました。

残念ながら、家庭教師を正社員として行っていくという選択肢は限りなく少ないのが現実です。

しかし、そのフレキシブルさからダブルワークや副業としてやっていける可能性を秘めています。

今より稼ぎたいという方、ちょっとしたお小遣い稼ぎを探している方には大変おすすめです。

また、英語や漢字を学び直したい、将来の夢に活かしたいという方にも、家庭教師はおすすめの仕事です。

働きながら自分のためになる時間を過ごすことができますから、ぜひ挑戦してみてください。

もちろん、人と関わることが好きという人や自分の得意なことを活かしたいという人も活躍できる仕事です。

少しでも興味が湧いたら、まずは近くの家庭教師派遣会社を調べてみてください。

登録後、実際に働くかどうかは自由というところもありますので、説明会だけでも足を運んでみると良いかもしれませんね。


関連キーワード

家庭教師求人

家庭教師求人についてもっと深堀りした情報を見る

福岡家庭教師バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

家庭教師は現役大学生や大卒社会人にとって定番のアルバイトの一つです。今回は、家庭教師アルバイトに興味をお持ちの方のために、求められる能力や給与の相場、福岡県での求人などについて詳しく解説していきたいと思います。家庭教師はどんな仕事?家庭教師とはお客様であるご家庭を訪問し、お子様に勉強を教える仕事です。対象は、主に小学生から高校生です。ご家庭が家庭教師を必要とする理由としては、近所に塾がないことや、塾への行き帰りの時間を節約したい、1対1での指導を望むといったものが多いです。家庭教師の仕事は、個人契約で始める方もいますが、ほとんどの場合は家庭教師を派遣する会社に登録します。そ子で派遣先となるご家

家庭教師バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

この記事では、家庭教師のアルバイト求人について解説していきます。人に物を教えるという仕事なんて簡単にできるのか、という不安などあるかと思いますが、特別な資格や経験なども必要なく意外と誰にでもできるお仕事です。それでは早速お仕事の内容やポイントなどを解説していきます。家庭教師アルバイトはどんな仕事?「家庭教師」とはそのものズバリ、生徒の「家庭」に訪問をして「教師」として教える仕事です。家庭教師アルバイトの大まかな仕事内容家庭教師の仕事内容について、もう少し詳しく解説します。誰に教えるの?教える対象は幅広いです。メインは小・中・高校に通う就学児童及び生徒ですが、幼稚園や小学校の「お受験」を目的とし

家庭教師の時給はどのくらい?私の周りの相場や時給の決まり方を紹介します

家庭教師は、短時間で高収入が得られることで人気のあるアルバイトです。特に教員を目指している学生にとっては、様々な生徒と関わる機会が多く、良い経験になります。教員採用試験の一般教養試験や専門教養試験などの範囲になることもあるので、おすすめのアルバイトになります。今回は家庭教師の時給を中心に紹介します。家庭教師ってどんな仕事?家庭教師とは、直接生徒の家庭に行って勉強を教える仕事です。主な業務内容は受験対策、定期テスト対策、学習習慣定着対策、苦手科目克服対策、検定試験対策などです。成績をアップさせたり、勉強が苦手な生徒にはどのような方法で勉強したら良いのかを教えたり、宿題で分からない問題の解説をした

家庭教師の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

家庭教師の仕事は、自分の学習能力が高いからというだけでできる仕事ではありません。自分が理解していることを、生徒さんが理解できるような言葉で説明する必要があります。そして、生徒さんや親御さんに信用してもらえるような人間でなければ、生徒さんに真面目に授業を受けてもらうことができず、良い仕事はできません。ここでは、どんな人が家庭教師の仕事に向いているかについて解説します。家庭教師はどんな仕事?家庭教師の主な仕事は、生徒さん宅や教室にて1対1で学習指導をすることです。学校や塾の先生のプライベート版と言えるでしょう。担当する生徒さんの成績、能力を伸ばすことが最大の目標です。多数の生徒がいる場合のような、

埼玉の家庭教師バイト求人の時給相場やおすすめな募集内容の特徴、人気な会社を歴4年の経験者が解説!

関東のベッドタウンとしても有名な埼玉県には、単身世帯のみならずファミリー層も多く住んでおり、子どもの数が多いのが特徴です。そのため、塾や家庭教師には常に一定の需要があります。都内へのアクセスも良いことから東京の私立中学・高校へと進学する子どもも多く、学校以外での勉強はもはや必要不可欠な存在です。今回はそんな埼玉県での家庭教師のアルバイト求人についてご紹介します。家庭教師はどんな仕事?家庭教師とは、生徒の自宅で勉強を教える先生のことです。学習塾とは違い、マンツーマンで指導するケースが多いです。家庭教師の派遣会社に登録し、依頼されたお宅へ勉強を教えに行くというのが主な業務内容です。担当する科目につ


家庭教師求人に関するコラム

家庭教師の稼ぎってどうなの?給与のこと、大変なこと、おすすめポイントなどを紹介します

「高収入」や「効率的」といったキーワードで紹介されることの多い「家庭教師」の仕事。しかし「大変」という声も聞こえてきます。そこで今回は私の経験を元に、この仕事の実際の「稼ぎ」や仕事に従事する中で「大変だな」と感じたこと、それでもこの仕事を「おすすめ」するポイントなどを紹介していきます。この仕事に興味をお持ちの方は一度以下の内容に目を通してみてください。家庭教師の稼ぎってどうなの?家庭教師の仕事が人気である理由の一つは「稼ぎがいい」というイメージからきていると考えられます。家庭教師の求人情報を覗いてみればわかりますが、「高収入」「高時給」「効率的に稼げる」という言葉を前面に押し出しているものがほ

家庭教師って稼げない?給与のことから指導のことまで家庭教師の仕事の裏側を紹介します

家庭教師を利用したことがありますか?ご自身の学生時代や、お子様など、学校の勉強とは別に塾に通うこともあれば、家庭教師を付けることもありますね。そんな家庭教師のお仕事は稼げないのか、実際の給与事情などをお話していきます。家庭教師のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容生徒さんの家庭へ出向き、決められたテキストやワークを使って勉強を教えます。学校の宿題を見たり、テスト勉強のやり方を教えることもあります。家庭教師って稼げない?経験者が語る、家庭教師の給与事情家庭教師の月謝って結構高いですよね。一対一での指導なので、塾などの複数指導の場合より給与が高くなるのは当然です。では、家庭教師の収入は一体いくらく

家庭教師として働くメリット4選。私が感じた良いところをまとめました

学校でも学習塾でもなく、家庭を直接訪問し、子どもに勉強を教える家庭教師。学校や塾では学習についていけず、まずはその子のペースで学習習慣を身につけたり、学校の宿題のお手伝いやテスト対策をすることがメインになる子もいれば、学校や塾の授業では物足りず、目標校への合格を目指してきちんと受験対策を行いたいという子もいます。どちらにせよ、学校や塾では補えないものを期待して、家庭教師をつける家庭がほとんどです。そんな家庭教師の仕事のメリットについて主に解説します。私はこんな子どもたちの家庭教師をしました主に学生時代に家庭教師をしており、4年の間で5名の子ども達を指導してきました。そのうち4名は家庭教師の派遣

家庭教師のデメリットってこんなところ!でもやりがいや嬉しいこともあるから頑張れるんです

皆さんは家庭教師の仕事に対してどんなイメージをお持ちですか?「時給が高い」「子ども相手でやりがいがありそう」「大学生以上なら誰にでも簡単にできそう」…そんなところでしょうか。ポジティブなイメージが多い家庭教師の仕事ですが、当然デメリットもあります。今回は、家庭教師の経験者でもある筆者が、あえて家庭教師のデメリットを紹介いたします。家庭教師の仕事に興味のある方は、後で「こんなはずではなかった!」とならないように、デメリットも踏まえてこの仕事を選択することをおすすめします。皆さんの就職活動・転職活動の一助となれば幸いです!家庭教師のおおまかな仕事内容まずは家庭教師の仕事内容を簡単に紹介します。家庭

家庭教師のやりがいとは?経験者の私が感じる5つのやりがいを感じる瞬間を紹介します

家庭教師は、時間の融通が利く、短時間で高収入が得られるなどの理由で学生や社会人に人気のあるアルバイトです。生徒や生徒の家族と信頼関係を築いて、指導方法の工夫や見直しをすることで、様々な指導方法を学びます。教員を目指している学生にとっては、実際に教員がしている業務を体験することになり将来に役立つ仕事と言えます。人と接する仕事のため、時には悩んだり行き詰まったりしてしまうこともありますが、嬉しいことや楽しいことも沢山あります。今回は家庭教師の仕事内容や、私が実際家庭教師をしてやりがいを感じたこと、大変だと思ったことなどを紹介します。家庭教師の仕事の流れ指導日の日程調整定期テストや実力テストの前には