家庭教師のアルバイトを始める際に気になるのが、辞めたくなったらどうすればいいのだろうという不安。

仕事を始めたばかりで辞める時のことを考えるのはどうなんだ、と思われる方もいると思いますが、事前に辞めたい場合のことも念頭に仕事をしていた方が辞める時もスムーズに、あと腐れなく仕事を終えることが出来ます。

塾などと違い生徒との距離感が近いからこそ辞め時が分からず、ずるずると仕事を続けてしまうという人も多いです。

筆者の経験から、「いつかの時の心構え」をお伝えしたいと思います。

どんなところで家庭教師をしていたの?

家庭教師の仕事は、斡旋会社を経由して生徒と教師をつなぐ場合と、知り合いのお子さんに教えるなど、ご家庭と直接個人契約を結ぶ場合があります。

筆者の場合は後者でしたので、より生徒さんとの距離が密接で辞めたいと言い出すのに勇気が必要でした。

経験者が紹介!家庭教師を辞めたいと思った、辞めると決めた3個の瞬間とは?

家庭教師の仕事に就いた当初は、生徒と二人三脚で目標に向かって頑張るぞ!とやる気に満ち溢れていました。

でも、気づけばこれ以上続けられないかも、もう辞めたいなと考えるように。

生徒さんやご両親とそりが合わない以外にも辞めたい理由というのは出てきます。

家庭教師経験者の筆者が実際に辞めたいと思った瞬間をお伝えします。

生徒の成績が上がらないとき

これが辞めたいと思う大きな理由になることは多いですよね。

筆者の場合もそうで、元々勉強が嫌いで勉強をしたくないという生徒さんだったので、成績を上げるのはとても大変なことでした。

勉強が好きで、よりハイレベルな勉強をしたいというお子さんは少数派ですね。

実際、家庭教師を選ぶ生徒さんは、勉強が苦手だったり嫌いだったりで、学校や塾などの集団授業についていけないお子さんが多いです。

ですが、成績が例え大きく上がらなかったとしても、勉強に少しでも興味を持ってもらう、勉強のやり方を覚えてもらうなど、家庭教師を始める前よりも、上手に勉強と付き合えるようになったよと示すことで、ご両親からの評価は一定のものを頂けます。

ですので、単純に学校の成績を上げることも大切ですが、生徒さんが「勉強すること」に対して抵抗感を無くすにはどうすれば良いか、というところから始めるのも一つの手だと思います。

仕事先が想像よりも遠方だったとき

これは斡旋会社を経由する場合でも、個人契約でも重要な確認事項です。

家庭教師の場合は、生徒の自宅まで通う必要が出てきます。

塾などの場合は、ある程度色々な人が通いやすい立地に建てられていることが多いため、駅前や大通り沿いなど、通うのが大変ということは少ない場合が多いです。

ですが、個人の自宅となると駅やバス停からとても遠かったり、高台の為自転車で通うのも大変だったりということがありますよね。

ちなみに筆者は車で40分弱かかるところで、かつ授業料に交通費込みで90分3000円という契約でした。

授業料自体は問題なくても、単純に通う先が遠いだけで仕事を続けるのが大変になってきますよね。

事前に生徒さんの自宅の場所と通勤方法はしっかり確認しておきましょう。

日程の都合がつかなくなってくる時

家庭教師を始めた当初は、時間に余裕があっても大学生の場合、卒業が迫ってくると卒論や卒研、サークルのイベントも増えてバイト以外の予定が立て込んできます。

卒業以外にも、授業数が増えた、実験が本格化して研究室に泊まり込むようになったなど様々な理由から時間の融通が利かなくなることがあります。

そうなってくると、ただでさえバイトの為に割く時間が惜しくなってきますよね。

家庭教師の場合、生徒さんの都合でいきなり授業がキャンセルになる場合も多く、特に筆者は車で40分かかるということもあり、移動中に「今日はお休みしたいです」と連絡がきて引き返したことも何度かありました。

こうなると給料も発生しないので、途中まで移動した交通費もなく、バイトの為にと断った予定も非常に惜しくなりますよね。

その為これも辞める大きな理由になりました。

ホントに辞める?辞める前にできることとは?

辞めることを決断したらどのタイミングで伝えるか、どんな理由で辞めるのかを考えるようになります。

自分にとっても生徒さんやご両親にとっても納得のいく形で、円満に辞めることが出来るように、日ごろから「その時」に向けて対策を練っておきましょう。

契約の時点でいつまでしか出来ないと伝えておく

これが1番スムーズでかつ、辞めやすい理由になります。

事前に働ける期限を明示しておく方法です。

卒業や進級、研究の本格化など大学生ならではの理由にしておくと相手方も理解を示してくれることが多いです。

筆者の場合は大学4年生の夏ごろから、中学2年生の生徒さんの家庭教師のアルバイトを始めました。

その為、契約を結ぶ時点で、「具体的な日付ははっきりしていませんが12月以降、卒論が本格化してきたらアルバイトを続けることが出来ません」とお伝えしていました。

その為、ご家庭の方でも、「先生、卒論大丈夫?忙しくなってきたら遠慮せずに言ってね」とかなり気遣ってくださいました。

優しいご家庭ということも手伝い、また事前に働くことが出来る期限を明示していたおかげで、自分で辞めるタイミングを決めて円満に退職できました。

生徒の成績が上がること・志望校に合格することをゴールにしない

契約した時点での目標を達成していれば、辞めると言い出すハードルが下がりますよね。

これは契約を結ぶ時点で、どういったスタンスで家庭教師を雇うことになったかが決め手になるので、斡旋会社を経由した場合は確認が難しくなるポイントです。

ですが、必ずどんな目標を掲げるのか生徒さんやご両親と家庭教師との間で意識のすり合わせを行いましょう。

初回の授業で必ず行ってください。

正直、生徒の成績が上がることや、志望校に合格することは家庭教師がどんなに努力してもどうしようもならないことが多いです。

勉強のやる気を出させたり、効果的な勉強方法を教えることが仕事ではありますが、何をしても響かない生徒さんは必ずいます。

そんな中、成績向上、志望校合格というはっきりしたゴールを掲げられると、家庭教師側にはこれ以上何も出来ないと頭を抱えるしかなくなる時がやってきます。

その為、これらの分かりやすい数字を目標にするのではなく、まずは生徒さんに勉強とどう向き合えばいいのか、なんで勉強をしているのかと言った根本的なところを伝えることを目標にすることをお勧めします。

元々勉強が苦手だった生徒が、勉強って思っていたよりも楽しいかもと感じるようになったら大きな成果だと言えますよね。

筆者の場合は、成績にこだわらず、まずは勉強の習慣をつけること、勉強に興味をもつようになることを目標にしますと宣言したうえで契約しました。

実際に生徒さんとは他愛もない会話をしながら、勉強を進めることで、勉強に対する抵抗感をなくし、結果的に成績向上に繋げることができました。

こういった経験からも最初の目標設定が、生徒の為にも家庭教師自身の為にも大切だと言えます。

まとめ

何事も最初が肝心です。

いつか辞めることが分かっているのであれば、最初からその時のことを考えて仕事に取り組むようにしてみてください。

特に家庭教師は、お客様である生徒やご家庭との距離感が近くなり、自然と責任も大きくなるので辞めたいと思ったときに中々言い出せないということになりかねません。

また、最初から目標を大きく掲げてしまうと、まだ目標が達成できていないのに、と生徒を裏切るような罪悪感も生まれ益々辞め時が分からなくなります。

小さな目標を段階的にクリアしていく、そして道半ばで辞めることを決意した場合は、生徒さんやご両親と真摯に向き合いつつ、辞める決意を貫き通してください。

引き留められるがままに続けてしまうと、ズルズルした関係が益々辞め時を見失わせてしまいます。

一度辞めると口にしたらその意思を曲げない。

もしくは、口にする前に続けられない理由を改めて明確にして、きちんと伝えられるようにしましょう。


関連キーワード

家庭教師求人