家庭教師のアルバイトを始める際に気になるのが、辞めたくなったらどうすればいいのだろうという不安。

仕事を始めたばかりで辞める時のことを考えるのはどうなんだ、と思われる方もいると思いますが、事前に辞めたい場合のことも念頭に仕事をしていた方が辞める時もスムーズに、あと腐れなく仕事を終えることが出来ます。

塾などと違い生徒との距離感が近いからこそ辞め時が分からず、ずるずると仕事を続けてしまうという人も多いです。

筆者の経験から、「いつかの時の心構え」をお伝えしたいと思います。

どんなところで家庭教師をしていたの?

家庭教師の仕事は、斡旋会社を経由して生徒と教師をつなぐ場合と、知り合いのお子さんに教えるなど、ご家庭と直接個人契約を結ぶ場合があります。

筆者の場合は後者でしたので、より生徒さんとの距離が密接で辞めたいと言い出すのに勇気が必要でした。

経験者が紹介!家庭教師を辞めたいと思った、辞めると決めた3個の瞬間とは?

家庭教師の仕事に就いた当初は、生徒と二人三脚で目標に向かって頑張るぞ!とやる気に満ち溢れていました。

でも、気づけばこれ以上続けられないかも、もう辞めたいなと考えるように。

生徒さんやご両親とそりが合わない以外にも辞めたい理由というのは出てきます。

家庭教師経験者の筆者が実際に辞めたいと思った瞬間をお伝えします。

生徒の成績が上がらないとき

これが辞めたいと思う大きな理由になることは多いですよね。

筆者の場合もそうで、元々勉強が嫌いで勉強をしたくないという生徒さんだったので、成績を上げるのはとても大変なことでした。

勉強が好きで、よりハイレベルな勉強をしたいというお子さんは少数派ですね。

実際、家庭教師を選ぶ生徒さんは、勉強が苦手だったり嫌いだったりで、学校や塾などの集団授業についていけないお子さんが多いです。

ですが、成績が例え大きく上がらなかったとしても、勉強に少しでも興味を持ってもらう、勉強のやり方を覚えてもらうなど、家庭教師を始める前よりも、上手に勉強と付き合えるようになったよと示すことで、ご両親からの評価は一定のものを頂けます。

ですので、単純に学校の成績を上げることも大切ですが、生徒さんが「勉強すること」に対して抵抗感を無くすにはどうすれば良いか、というところから始めるのも一つの手だと思います。

仕事先が想像よりも遠方だったとき

これは斡旋会社を経由する場合でも、個人契約でも重要な確認事項です。

家庭教師の場合は、生徒の自宅まで通う必要が出てきます。

塾などの場合は、ある程度色々な人が通いやすい立地に建てられていることが多いため、駅前や大通り沿いなど、通うのが大変ということは少ない場合が多いです。

ですが、個人の自宅となると駅やバス停からとても遠かったり、高台の為自転車で通うのも大変だったりということがありますよね。

ちなみに筆者は車で40分弱かかるところで、かつ授業料に交通費込みで90分3000円という契約でした。

授業料自体は問題なくても、単純に通う先が遠いだけで仕事を続けるのが大変になってきますよね。

事前に生徒さんの自宅の場所と通勤方法はしっかり確認しておきましょう。

日程の都合がつかなくなってくる時

家庭教師を始めた当初は、時間に余裕があっても大学生の場合、卒業が迫ってくると卒論や卒研、サークルのイベントも増えてバイト以外の予定が立て込んできます。

卒業以外にも、授業数が増えた、実験が本格化して研究室に泊まり込むようになったなど様々な理由から時間の融通が利かなくなることがあります。

そうなってくると、ただでさえバイトの為に割く時間が惜しくなってきますよね。

家庭教師の場合、生徒さんの都合でいきなり授業がキャンセルになる場合も多く、特に筆者は車で40分かかるということもあり、移動中に「今日はお休みしたいです」と連絡がきて引き返したことも何度かありました。

こうなると給料も発生しないので、途中まで移動した交通費もなく、バイトの為にと断った予定も非常に惜しくなりますよね。

その為これも辞める大きな理由になりました。

ホントに辞める?辞める前にできることとは?

辞めることを決断したらどのタイミングで伝えるか、どんな理由で辞めるのかを考えるようになります。

自分にとっても生徒さんやご両親にとっても納得のいく形で、円満に辞めることが出来るように、日ごろから「その時」に向けて対策を練っておきましょう。

契約の時点でいつまでしか出来ないと伝えておく

これが1番スムーズでかつ、辞めやすい理由になります。

事前に働ける期限を明示しておく方法です。

卒業や進級、研究の本格化など大学生ならではの理由にしておくと相手方も理解を示してくれることが多いです。

筆者の場合は大学4年生の夏ごろから、中学2年生の生徒さんの家庭教師のアルバイトを始めました。

その為、契約を結ぶ時点で、「具体的な日付ははっきりしていませんが12月以降、卒論が本格化してきたらアルバイトを続けることが出来ません」とお伝えしていました。

その為、ご家庭の方でも、「先生、卒論大丈夫?忙しくなってきたら遠慮せずに言ってね」とかなり気遣ってくださいました。

優しいご家庭ということも手伝い、また事前に働くことが出来る期限を明示していたおかげで、自分で辞めるタイミングを決めて円満に退職できました。

生徒の成績が上がること・志望校に合格することをゴールにしない

契約した時点での目標を達成していれば、辞めると言い出すハードルが下がりますよね。

これは契約を結ぶ時点で、どういったスタンスで家庭教師を雇うことになったかが決め手になるので、斡旋会社を経由した場合は確認が難しくなるポイントです。

ですが、必ずどんな目標を掲げるのか生徒さんやご両親と家庭教師との間で意識のすり合わせを行いましょう。

初回の授業で必ず行ってください。

正直、生徒の成績が上がることや、志望校に合格することは家庭教師がどんなに努力してもどうしようもならないことが多いです。

勉強のやる気を出させたり、効果的な勉強方法を教えることが仕事ではありますが、何をしても響かない生徒さんは必ずいます。

そんな中、成績向上、志望校合格というはっきりしたゴールを掲げられると、家庭教師側にはこれ以上何も出来ないと頭を抱えるしかなくなる時がやってきます。

その為、これらの分かりやすい数字を目標にするのではなく、まずは生徒さんに勉強とどう向き合えばいいのか、なんで勉強をしているのかと言った根本的なところを伝えることを目標にすることをお勧めします。

元々勉強が苦手だった生徒が、勉強って思っていたよりも楽しいかもと感じるようになったら大きな成果だと言えますよね。

筆者の場合は、成績にこだわらず、まずは勉強の習慣をつけること、勉強に興味をもつようになることを目標にしますと宣言したうえで契約しました。

実際に生徒さんとは他愛もない会話をしながら、勉強を進めることで、勉強に対する抵抗感をなくし、結果的に成績向上に繋げることができました。

こういった経験からも最初の目標設定が、生徒の為にも家庭教師自身の為にも大切だと言えます。

まとめ

何事も最初が肝心です。

いつか辞めることが分かっているのであれば、最初からその時のことを考えて仕事に取り組むようにしてみてください。

特に家庭教師は、お客様である生徒やご家庭との距離感が近くなり、自然と責任も大きくなるので辞めたいと思ったときに中々言い出せないということになりかねません。

また、最初から目標を大きく掲げてしまうと、まだ目標が達成できていないのに、と生徒を裏切るような罪悪感も生まれ益々辞め時が分からなくなります。

小さな目標を段階的にクリアしていく、そして道半ばで辞めることを決意した場合は、生徒さんやご両親と真摯に向き合いつつ、辞める決意を貫き通してください。

引き留められるがままに続けてしまうと、ズルズルした関係が益々辞め時を見失わせてしまいます。

一度辞めると口にしたらその意思を曲げない。

もしくは、口にする前に続けられない理由を改めて明確にして、きちんと伝えられるようにしましょう。


関連キーワード

家庭教師求人

家庭教師求人についてもっと深堀りした情報を見る

福岡家庭教師バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

家庭教師は現役大学生もしくは大卒社会人にとって定番アルバイトの1つです。今回は、家庭教師アルバイトに興味をお持ちの方のために、求められる能力や給与の相場など、福岡県の求人について詳しく解説していきたいと思います。家庭教師はどんな仕事?家庭教師とはお客様であるご家庭を訪問し、お子様に勉強を教える仕事です。教える対象になるのは、主に小学生から高校生までとなります。ご家庭が家庭教師を必要とする理由としては、近所に塾がないことや、塾への行き帰りの時間を節約したい、1対1での指導を望むといったところです。家庭教師の仕事は個人契約で始める方もいますが、ほとんどの場合まず家庭教師を派遣する会社に登録します。

家庭教師バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

家庭教師のアルバイト求人について今回は解説をしていきます。人に物を教えるという仕事を簡単にできるのか?という不安などあるかと思いますが、特別な資格や経験なども必要なく誰でもできるお仕事になりますので、内容やポイントなどを解説していきます!家庭教師バイトはどんな仕事?「家庭教師」とはそのものズバリ!生徒になる人の「家庭」に訪問をして「教師」として教える仕事になります。家庭教師バイトの大まかな仕事内容家庭教師の仕事内容についてもう少し詳しい解説をここではしようとおもいます。教えるのはだれ?教える対象は幅広いです。メインになるのは小・中・高校に通う就学児童および学生さんということになりますが、幼稚園

家庭教師の時給はどのくらい?私の周りの相場や時給の決まり方を紹介します

家庭教師のアルバイトは短時間で高収入が得られるので人気があります。特に教員を目指している学生にとってはいろいろな生徒と関わる良い機会になります。教員採用試験の一般教養試験や専門教養試験などの範囲になることもあるので、おすすめのバイトになります。今回は家庭教師の時給を中心に紹介します。家庭教師ってどんな仕事?家庭教師とは、直接生徒の家庭に行って勉強を教える仕事です。主な業務内容は受験対策、定期テスト対策、学習習慣定着対策、苦手科目克服対策、検定試験対策などがあります。成績をアップさせたり、勉強が苦手な生徒にはどのような方法で勉強したらいいのかを教えたり、宿題でわからない問題の解説をしたりします。

家庭教師の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

家庭教師の仕事は自分の学習能力が高いからというだけでできる仕事ではありません。自分が理解していることを生徒さんが理解できるような言葉で説明をしなければいけません。まずは、生徒さんや親御さんに自分を信用してもらえるような人間でなければ、授業を真面目に受けてもらうことができず、いい仕事はできません。こちらではどんな人が家庭教師の仕事に向いているかについて解説します。家庭教師の仕事はどんな仕事?家庭教師の仕事は、生徒さん宅やお教室にて1対1で学習指導をすることが主な仕事です。学校や塾の先生のプライベート版といえるでしょう。担当する生徒さんの成績、能力を伸ばすことが最大の課題です。多数の生徒がいる場合

埼玉の家庭教師バイト求人の時給相場やおすすめな募集内容の特徴、人気な会社を歴4年の経験者が解説!

関東のベッドタウンとしても有名な埼玉県。単身世帯のみならずファミリー層も多く住んでおり、子供の数が多いのが特徴です。そのため、塾や家庭教師には常に一定の需要があります。また、都内へのアクセスもいいことから、東京の私立中学・高校へと進学する子供も多く、学校以外での勉強はもはや必要不可欠な存在。今回はそんな埼玉県での家庭教師のアルバイト求人についてご紹介します。家庭教師はどんな仕事?家庭教師とは、生徒の自宅で勉強を教える先生のこと。学習塾とは違い、マンツーマンで行うケースが多いです。基本的には家庭教師の派遣会社に登録し、必要とされたお宅へ勉強を教えに行くというのが主な業務内容です。担当する科目は選


家庭教師求人に関するコラム

家庭教師の稼ぎってどうなの?給与のこと、大変なこと、おすすめポイントなどを紹介します

「高収入」や「効率的」といったキーワードで紹介されることの多い「家庭教師」の仕事。しかし「大変」という声も聞こえてきます。そこで今回は私の経験を元に、この仕事の実際の「稼ぎ」や仕事に従事する中で「大変だな」と感じたこと、それでもこの仕事を「おすすめ」するポイントなどを紹介していきます。この仕事に興味をお持ちの方は一度以下の内容に目を通してみてください。家庭教師の稼ぎってどうなの?家庭教師の仕事が人気である理由の一つは「稼ぎがいい」というイメージからきていると考えられます。家庭教師の求人情報を覗いてみればわかりますが、「高収入」「高時給」「効率的に稼げる」という言葉を前面に押し出しているものがほ

家庭教師って稼げない?給与のことから指導のことまで家庭教師の仕事の裏側を紹介します

家庭教師って利用したことがありますか?ご自身の学生時代、お子様など、学校の勉強とは別に、塾に通うこともあれば家庭教師をつけることもありますよね。そんな家庭教師のお仕事は稼げないのか、給与事情などお話していきたいと思います。家庭教師のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容生徒さんの家庭へ出向き、決められたテキスト・ワークを使って勉強を教えます。学校の宿題を見たり、テスト勉強のやり方を教えることもあります。家庭教師って稼げない?経験者が語る、家庭教師の給与事情家庭教師を雇ったことがある方はご存知かもしれませんが、家庭教師の月謝って結構高いんですよね。もちろん一対一での指導になるので、塾などの複数指導

家庭教師として働くメリット4選。私が感じた良いところをまとめました

学校でも学習塾でもなく、家庭を直接訪問し、子どもに勉強を教える家庭教師。学校や塾では学習についていけず、まずはその子のペースで学習習慣を身につけたり、学校の宿題のお手伝いやテスト対策をすることがメインになる子もいれば、学校や塾の授業では物足りず、目標校への合格を目指してきちんと受験対策を行いたいという子もいます。どちらにせよ、学校や塾では補えないものを期待して、家庭教師をつける家庭がほとんどです。そんな家庭教師の仕事のメリットについて主に解説します。私はこんな子どもたちの家庭教師をしました主に学生時代に家庭教師をしており、4年の間で5名の子ども達を指導してきました。そのうち4名は家庭教師の派遣

家庭教師のデメリットってこんなところ!でもやりがいや嬉しいこともあるから頑張れるんです

皆さんは家庭教師の仕事に対してどんなイメージをお持ちですか?「時給が高い」「子ども相手でやりがいがありそう」「大学生以上だったら誰でも簡単にできそう」…そんなところでしょうか。ポジティブなイメージを持たれやすい家庭教師の仕事ですが、当然どんな仕事にもデメリットはあります。そこで今回は、家庭教師の経験者でもある筆者が、あえて家庭教師のデメリットを紹介いたします。家庭教師の仕事にご興味のある方は、後で「こんなはずでなかった!」とならないように、デメリットも踏まえて仕事を選択することをおすすめします。皆さんの就職活動・転職活動の一助となれば幸いです!家庭教師のおおまかな仕事内容家庭教師のデメリットに

家庭教師のやりがいとは?経験者の私が感じる5つのやりがいを感じる瞬間を紹介します

家庭教師は時間の融通が利く・短時間で高収入などの理由で学生や社会人に人気のあるアルバイトです。教員を目指している学生にとっては、生徒や生徒の家族との信頼関係を築いたり、指導方法を工夫したり見直したりしてたくさんの指導方法を学んだりして実際に教員がしている業務を体験することになり将来に役立つ仕事といえます。人と接する仕事のため、時には悩んだり行き詰まったりしてしまうこともありますが、嬉しいことや楽しいと感じることもたくさんあります。今回は家庭教師の仕事内容や、私が実際家庭教師をしてやりがいを感じたこと、大変だと思ったことなどを紹介します。家庭教師の大まかな仕事内容指導日の日程調整定期テストや実力