家庭教師は時間の融通が利く・短時間で高収入などの理由で学生や社会人に人気のあるアルバイトです。

教員を目指している学生にとっては、生徒や生徒の家族との信頼関係を築いたり、指導方法を工夫したり見直したりしてたくさんの指導方法を学んだりして実際に教員がしている業務を体験することになり将来に役立つ仕事といえます。

人と接する仕事のため、時には悩んだり行き詰まったりしてしまうこともありますが、嬉しいことや楽しいと感じることもたくさんあります。

今回は家庭教師の仕事内容や、私が実際家庭教師をしてやりがいを感じたこと、大変だと思ったことなどを紹介します。

家庭教師の大まかな仕事内容

指導日の日程調整

定期テストや実力テストの前は回数を増やして指導して欲しいという家庭が少なくありません。

複数の生徒を担当していたり、家庭教師の他にも別なバイトをしていたりすることもある家庭教師も多いでしょう。

双方の都合の良い日に日程を調整して指導日を決定します。

指導内容の確認

どの生徒にどの教科のどの単元を指導をしているか、また指導する予定なのかを確認し、そのポイントを押さえておきます。

生徒が前回解けなかった問題やつまずいた個所を確認して、指導方法を工夫したり見直したりして次回どのような指導をするかを考えます。

参考資料が欲しい時は家庭教師の会社に相談するとコピーを送ってくれることもあります。

指導方法で悩んだり困ったことがあったら会社に相談してみるのもいいでしょう。

指導

生徒の自宅に行き、指導をします。

指導は一対一で行うことが多いですが、兄弟や姉妹を一緒に指導して欲しいという家庭からの要望があれば、複数の生徒を指導することもあります。

こうだからこうなるというように教師が教えこむのではなく、生徒自身に考えさせながら指導をしていきます。

勉強の仕方がわからない、どのように考えていいのかわからないという生徒も少なくありません。

そのような生徒には、問題を噛み砕いて説明したり時間をかけてゆっくり丁寧に指導したりする必要があります。

その日は分数の足し算しか指導ができなかったということもありますが、生徒が理解できるようになるまで焦らずコツコツと指導していくことが大切です。

宿題を出す

その日にやった内容と同じような問題を宿題にし生徒が復習できるようにしたり、次の単元の予習としてドリルや問題を出し次回の指導の時に解けなかった問題について指導したりします。

中には宿題を出しても全くやらない生徒もいます。

単に忘れていたり面倒なだけなのか、やってみたけどわからなかったのか、理由を聞いてその対策をしていく必要があります。

指導内容報告書の作成し家庭に報告

その日にどの教科のどの単元をどのように指導をしたのかを報告書に記入し、家庭に報告します。

その際、どこが苦手なのかを伝えてその対策や今後の課題を家族も交えて話し合っていきます。

家庭教師の会社へ業務報告

家庭に出した指導報告内容に加え、定期テストの結果や指導の反省や今後の見通し・課題などを記入して会社へ報告します。

指導方法の見直しが必要な時にはその生徒を担当している職員に相談して見通しを立て、家庭にもその旨を伝えます。

指導方法をどのようにしたらいいかを家庭教師が一人で抱えこむのではなく、担当者と相談し助言をしてもらうことでより良い方法を見つけることができます。

家庭教師のやりがいを感じる5個のポイント

家庭教師は常に勉強したり、成績を上げるために根気強く教えたり、生徒や生徒の家族とコミュニケーションを取らなければいけなかったりして大変な仕事だと思う人も多いでしょう。

確かに色々と大変なことはありますが、だからこそやりがいを感じることもあります。

そのポイントをいくつか紹介します。

知識が広がる

教科書や問題の解き方は定期的に改訂されています。

そのため自分が小・中・高で習わなかった出来事や単語などが教科書に載っていたり、自分が習った方法とは違う方法で問題を解くようになっていることがあります。

そのため家庭教師は指導する前に教科書に沿った方法で問題を解き、そのポイントとなることを押さえておかなければなりません。

新しい方法を覚えたり知識を広げられたりできることは自分自身も高まりますし、それを教えることはやりがいを感じます。

生徒と信頼関係を築ける

集団への指導をする塾とは違い、生徒の自宅で生徒がリラックスした状態で指導をするので生徒との距離が近く、表情から理解度や体調などがわかります。

指導の合間に雑談などをして生徒の悩みや相談などを聞いたり、楽しかったことや嬉しかったことを共感しながら信頼関係を築いていくことができます。

生徒との信頼関係ができると、学習の理解度や何がどのようにわからないかなどを理解しやすくなります。

生徒とわかったという喜びを共感できる

教師が一方的に生徒に教える方法もありますが、それがその生徒にとってベストな方法ではないこともあります。

生徒ができるだけ自分で考えられるようにヒントを与えたり、生徒と一緒に問題の意図や解く方法を考えてりして、生徒に寄り添った指導方法をすることで生徒と一緒にわかったという喜びを共感することができます。

生徒の成績が上がる

解けない問題を何度も解いたり類題を解いたりして積み重ねた結果、試験の成績が上がった時は生徒と喜びを共感できます。

特に勉強が苦手な生徒に対しては言い回しを考えたり、問題文の中のヒントにマークをつけたり、ノートの取り方をカラフルにしたりしてその生徒の性格や興味・関心を捉えてその生徒に合った方法で指導していくようにします。

その方法を見つけるまでに時間がかかったり、行き詰まって悩んでしまうこともありますが、生徒に合った指導方法を見つけ、生徒がやる気を出して成績が上がった時は喜びもひとしおです。

生徒から頼りにされる

生徒から友達関係の悩みや恋愛の悩みなどを相談された時は、頼りにされていると感じます。

生徒と一緒に考えたり悩んだりして、その悩みが解消されたり解決されたりした時は生徒と感情を共有でき、信頼関係を深めることができます。

ただし、悩みを聞いている時間が長くなり指導ができなかったということにならないように留意しなければなりません。

また、親身になって悩みを聞いているうちに、家庭教師自身もその悩みを解決しなければと躍起にならず、ある程度一線を引いて冷静に対応することが必要です。

やりがいを持って働くために必要なこととは?

家庭教師は勉強を教えるのが主な仕事でありそのためにある程度の学力を要することが前提ですが、ただ教えるだけでは生徒の成績は上がりません。

家庭教師という仕事を続けていくために必要だと思ったことを紹介します。

コミュニケーション能力

勉強が苦手だったり人見知りだったり、生徒の性格や勉強態度は様々です。

子どもは知らない大人に対し色々なことを言ったり、わざと反抗的な態度をとったりして反応を見て、その大人がどういう人かを確かめようとすることがあります。

教師も人間なのでカチンとくることはありますし、生徒との相性が悪いと感じることもあるかもしれませんが、大人として生徒とうまくやっていける距離感をつかみ、コミュニケーションをとりながら指導していくことが大切です。

洞察力

生徒の性格や学力に合わせた指導をするために、生徒がどのような性格なのかを把握し、どのような言い回しが理解しやすいのかを知る必要があります。

最初のうちはどちらも緊張してしまい、言動から性格を把握したり理解したか否かを確認したりするのは難しいと思いますが、どのような会話や言い回しをした時にどのような反応をしたかを覚えておくと、その生徒の指導方法を考える手立てになります。

発想力

自発的に勉強しようとする生徒もいますが、勉強が苦手な生徒にとっては家庭教師と勉強する時間が苦痛になってしまいます。

そのような生徒の多くはどのように勉強したらいいかがわからないし、勉強は楽しくないと思っています。

そのような生徒を指導する時は、その生徒がどんなことに興味・関心があるかを把握し関連づけるなどして、楽しみながら勉強ができるよう展開をしていきます。

そのためには教科書やテキストに書いてあることをベースに、発想力を膨らませた指導をすると効果的です。

柔軟性

家庭からお金をもらって教えているので、限られた時間内にできるだけ効率良くたくさん問題を解けるように指導したいと思いますが、そういかないこともあります。

生徒が元気がなかったり疲れているようなら話しを聞いたり、ペースを落としたりして生徒に寄り添う必要があります。

定期テストや受験前など、真剣に勉強に取り組まなければならない時期に生徒が勉強が身に入らない状態だと、イライラしたり厳しいことを言ったりしてしまいそうになります。

しかし、その時の生徒の状態に合わせて指導する柔軟性を持って対応すれば、生徒がその場で元気を取り戻したり、信頼される存在になることができます。

家庭教師の仕事で大変なことは?

勉強が苦手な生徒と家族の板ばさみになる

勉強が苦手で全く勉強をしようとせず定期テストで低い点数をとり続けていた生徒が、受験を目前にして夏休み明けから家庭教師を依頼するということもあります。

そのような生徒は小学生レベルの計算や漢字の読み書きも苦手なことが多く、それまでほとんど勉強をしたことがないといった話しをよく聞きます。

学力を底上げするためには時間を要しますが、ほとんど勉強をしたことがない生徒に毎日3時間以上勉強するように言ったところで実行することは難しいようです。

受験に向けて子どもに勉強をさせたい家族と、勉強をしたくない生徒の板ばさみになるとどうしたらいいかわからなくなり難しいと感じます。

スケジュールが合わせられない

スポーツの選手に選ばれたため、その練習や練習試合等で指導日が変更になる場合があります。

担当している生徒が少なかったり、他の生徒の日程調整がしやすければ問題ありませんが、他の生徒が習い事やスポーツをしている場合は日程を調整するのが難しくなってきます。

家庭教師の会社によっては予め1か月の回数を設定しているところもあります。

家庭の事情により回数を消化できない場合は、次の月に持ち越しできるようですが、試合に勝ち進んで県大会や全国大会に行くとなると日程調整が難しい状態が長期化してしまいます。

家庭教師が努力してどうにかなるという問題ではないため、各家庭に日程を聞いて調整していく必要があり、それを不満に思う家庭にうまく説明しなければならない場合は難しいと感じます。

突然苦手な科目も指導しなければならない時

定期テストや実力テストが近いと普段指導している教科以外の教科も指導してほしいと依頼されることがあります。

その教科が得意であれば考え方や知識を教えることができますが、苦手科目だとある程度の準備をしておかないと難しいと感じます。

家庭教師としてどの科目もある程度の知識があることは必須ですが、苦手な科目の問題を解けることと教えることは全く違います。

何の準備もなく生徒の自宅に行ってから苦手としている科目を教えてほしいと言われると、指導が難しいと感じます。

まとめ

家庭教師の仕事は勉強を教えるのが主な仕事ですが、単に勉強を教えこむだけでなく生徒とコミュニケーションをとり生徒が楽しく勉強できる環境を整えることも大切です。

そのためには生徒の性格や興味・関心を把握し生徒の言葉に耳を傾けたり気持ちに寄り添うなどして信頼関係をつくっていく必要があります。

しかし、家庭教師と生徒の相性もありますから、全ての生徒とうまくコミュニケーションが取れるとは限りません。

その場合はお互いが嫌にならない距離感をつかんで指導に当たるのが無難です。

家庭教師は生徒の家族に対しても信頼関係を作らなければなりません。

生徒と先生の家族との人間関係を築いていかなけれならないため、時にはその人間関係に悩むこともありますが、やりがいがあると感じることもたくさんある仕事です。

生徒や生徒の家族からも学ぶことが多いので、真摯に受け止め生徒や生徒の家族とコミュニケーションを取り、家庭教師自身も楽しんで生徒を指導するようにしましょう。


関連キーワード

家庭教師求人

家庭教師求人についてもっと深堀りした情報を見る

福岡家庭教師バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

家庭教師は現役大学生もしくは大卒社会人にとって定番アルバイトの1つです。今回は、家庭教師アルバイトに興味をお持ちの方のために、求められる能力や給与の相場など、福岡県の求人について詳しく解説していきたいと思います。家庭教師はどんな仕事?家庭教師とはお客様であるご家庭を訪問し、お子様に勉強を教える仕事です。教える対象になるのは、主に小学生から高校生までとなります。ご家庭が家庭教師を必要とする理由としては、近所に塾がないことや、塾への行き帰りの時間を節約したい、1対1での指導を望むといったところです。家庭教師の仕事は個人契約で始める方もいますが、ほとんどの場合まず家庭教師を派遣する会社に登録します。

家庭教師バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

家庭教師のアルバイト求人について今回は解説をしていきます。人に物を教えるという仕事を簡単にできるのか?という不安などあるかと思いますが、特別な資格や経験なども必要なく誰でもできるお仕事になりますので、内容やポイントなどを解説していきます!家庭教師バイトはどんな仕事?「家庭教師」とはそのものズバリ!生徒になる人の「家庭」に訪問をして「教師」として教える仕事になります。家庭教師バイトの大まかな仕事内容家庭教師の仕事内容についてもう少し詳しい解説をここではしようとおもいます。教えるのはだれ?教える対象は幅広いです。メインになるのは小・中・高校に通う就学児童および学生さんということになりますが、幼稚園

家庭教師の時給はどのくらい?私の周りの相場や時給の決まり方を紹介します

家庭教師のアルバイトは短時間で高収入が得られるので人気があります。特に教員を目指している学生にとってはいろいろな生徒と関わる良い機会になります。教員採用試験の一般教養試験や専門教養試験などの範囲になることもあるので、おすすめのバイトになります。今回は家庭教師の時給を中心に紹介します。家庭教師ってどんな仕事?家庭教師とは、直接生徒の家庭に行って勉強を教える仕事です。主な業務内容は受験対策、定期テスト対策、学習習慣定着対策、苦手科目克服対策、検定試験対策などがあります。成績をアップさせたり、勉強が苦手な生徒にはどのような方法で勉強したらいいのかを教えたり、宿題でわからない問題の解説をしたりします。

家庭教師の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

家庭教師の仕事は自分の学習能力が高いからというだけでできる仕事ではありません。自分が理解していることを生徒さんが理解できるような言葉で説明をしなければいけません。まずは、生徒さんや親御さんに自分を信用してもらえるような人間でなければ、授業を真面目に受けてもらうことができず、いい仕事はできません。こちらではどんな人が家庭教師の仕事に向いているかについて解説します。家庭教師の仕事はどんな仕事?家庭教師の仕事は、生徒さん宅やお教室にて1対1で学習指導をすることが主な仕事です。学校や塾の先生のプライベート版といえるでしょう。担当する生徒さんの成績、能力を伸ばすことが最大の課題です。多数の生徒がいる場合

埼玉の家庭教師バイト求人の時給相場やおすすめな募集内容の特徴、人気な会社を歴4年の経験者が解説!

関東のベッドタウンとしても有名な埼玉県。単身世帯のみならずファミリー層も多く住んでおり、子供の数が多いのが特徴です。そのため、塾や家庭教師には常に一定の需要があります。また、都内へのアクセスもいいことから、東京の私立中学・高校へと進学する子供も多く、学校以外での勉強はもはや必要不可欠な存在。今回はそんな埼玉県での家庭教師のアルバイト求人についてご紹介します。家庭教師はどんな仕事?家庭教師とは、生徒の自宅で勉強を教える先生のこと。学習塾とは違い、マンツーマンで行うケースが多いです。基本的には家庭教師の派遣会社に登録し、必要とされたお宅へ勉強を教えに行くというのが主な業務内容です。担当する科目は選


家庭教師求人に関するコラム

家庭教師の稼ぎってどうなの?給与のこと、大変なこと、おすすめポイントなどを紹介します

「高収入」や「効率的」といったキーワードで紹介されることの多い「家庭教師」の仕事。しかし「大変」という声も聞こえてきます。そこで今回は私の経験を元に、この仕事の実際の「稼ぎ」や仕事に従事する中で「大変だな」と感じたこと、それでもこの仕事を「おすすめ」するポイントなどを紹介していきます。この仕事に興味をお持ちの方は一度以下の内容に目を通してみてください。家庭教師の稼ぎってどうなの?家庭教師の仕事が人気である理由の一つは「稼ぎがいい」というイメージからきていると考えられます。家庭教師の求人情報を覗いてみればわかりますが、「高収入」「高時給」「効率的に稼げる」という言葉を前面に押し出しているものがほ

家庭教師って稼げない?給与のことから指導のことまで家庭教師の仕事の裏側を紹介します

家庭教師って利用したことがありますか?ご自身の学生時代、お子様など、学校の勉強とは別に、塾に通うこともあれば家庭教師をつけることもありますよね。そんな家庭教師のお仕事は稼げないのか、給与事情などお話していきたいと思います。家庭教師のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容生徒さんの家庭へ出向き、決められたテキスト・ワークを使って勉強を教えます。学校の宿題を見たり、テスト勉強のやり方を教えることもあります。家庭教師って稼げない?経験者が語る、家庭教師の給与事情家庭教師を雇ったことがある方はご存知かもしれませんが、家庭教師の月謝って結構高いんですよね。もちろん一対一での指導になるので、塾などの複数指導

家庭教師として働くメリット4選。私が感じた良いところをまとめました

学校でも学習塾でもなく、家庭を直接訪問し、子どもに勉強を教える家庭教師。学校や塾では学習についていけず、まずはその子のペースで学習習慣を身につけたり、学校の宿題のお手伝いやテスト対策をすることがメインになる子もいれば、学校や塾の授業では物足りず、目標校への合格を目指してきちんと受験対策を行いたいという子もいます。どちらにせよ、学校や塾では補えないものを期待して、家庭教師をつける家庭がほとんどです。そんな家庭教師の仕事のメリットについて主に解説します。私はこんな子どもたちの家庭教師をしました主に学生時代に家庭教師をしており、4年の間で5名の子ども達を指導してきました。そのうち4名は家庭教師の派遣

家庭教師のデメリットってこんなところ!でもやりがいや嬉しいこともあるから頑張れるんです

皆さんは家庭教師の仕事に対してどんなイメージをお持ちですか?「時給が高い」「子ども相手でやりがいがありそう」「大学生以上だったら誰でも簡単にできそう」…そんなところでしょうか。ポジティブなイメージを持たれやすい家庭教師の仕事ですが、当然どんな仕事にもデメリットはあります。そこで今回は、家庭教師の経験者でもある筆者が、あえて家庭教師のデメリットを紹介いたします。家庭教師の仕事にご興味のある方は、後で「こんなはずでなかった!」とならないように、デメリットも踏まえて仕事を選択することをおすすめします。皆さんの就職活動・転職活動の一助となれば幸いです!家庭教師のおおまかな仕事内容家庭教師のデメリットに

家庭教師になるには?やっておくべきこと、仕事の探し方まで経験者が解説!

大学生のアルバイトとして人気の高い家庭教師。私もやってました。とにかく時給が高いわりに重労働でもなく、今まで自分がやってきた勉強の焼き直しにもなるので、かなりおいしい仕事です。ただ、思っていたより難しいこともあるので、改めて家庭教師の仕事とはなんぞや、というのを見ておきましょう。合わせて、家庭教師になるにはどうすればいいかや、仕事の探し方もご紹介します。家庭教師になるには?家庭教師になるには2つの方法があります。まずは、一般的な家庭教師派遣企業に登録して出向く方法です。家庭教師の〇〇〇あたりが有名ですね。企業に登録しておくと、既にそのお子さんの悩みや、何を目的として学びたいのかといった資料があ